単語記事: 坤

編集

とは、易の八卦の一つ。また六十四卦の一つ(為地)。

概要

純陰の卦である。☷。、陰を表し、方位は南西を表す。純陽の卦であるとはを成す。

南西が、十二支の方位での間にあたることからひつじさるとも読む。

漢字として

Unicode
U+5764
JIS X 0213
1-26-5
部首
土部
画数
8画
意味
八卦の一つ。
説文解字〕には「地なり。易の卦なり」とある。
説文〕はで、「土位は申に在り」と、十二支によって解説する。もっぱら易で使われる字でもともとの意味や字形の由来は不明。
音訓
読みはコン、訓読みは、つち、ひつじさる。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第一準。
元・軸・輿

異体字

𡿦
Unicode
U+21FE6
部首
画数
3画
𡿭
Unicode
U+21FED
部首
画数
6画
𠔜
Unicode
U+2051C
部首
八部
画数
11画
𡘩
Unicode
U+21629
部首
大部
画数
10画
𠔧
Unicode
U+20527
部首
八部
画数
12画
Unicode
U+5803
JIS X 0213
23-90
部首
土部
画数
11画
  • 𡿦は、の碑や〔広〕にある古文だが、もと別義。とは別の字。
  • 𡿭は、〔篇〕にある異体字。
  • 𠔜は、〔集韻〕や〔説文〕の注にある古文
  • 𡘩は、〔康煕字典〕に「𠔜の譌」とある字。
  • 𠔧は、〔字彙補〕にある異体字。〔帰蔵易〕に見られるという。
  • は、〔字彙〕にある異体字。JIS X 0212補助漢字

関連項目

六十四卦

小過
未済
大過
噬嗑
明夷 既済 同人
大畜 小畜 大壮 大有

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%9D%A4
ページ番号: 4145378 リビジョン番号: 2391839
読み:コン
初版作成日: 09/08/22 23:16 ◆ 最終更新日: 16/08/07 14:17
編集内容についての説明/コメント: 六十四卦
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ



この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

坤について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2009/10/24(土) 23:11:26 ID: rn6jnhGYEX


タイトル:坤
画像をクリックして再生!!
  Twitterで紹介する

2 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 05:05:21 ID: eWo5vuGt9h
「易」の記事はいのか
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829