単語記事: 声優

編集

声優(せいゆう)とは、で演技をする俳優のことである。「ボイスアクター」とも呼ばれる。

概要

活動範囲は広く、アニメ日本語吹き替えゲーム人形劇着ぐるみショーラジオドラマCDドラマナレーションラジオパーソナリティアナウンスなどにおよぶ。それらにを当てることが仕事内容である。

基本的にはのみの出演となるが、顔出しCMなどに出演している声優も存在する。

演技だけでなく歌唱も要されることもある。特にキャラクターソングではキャラクターになりきって歌うことが要される。
最近はアイドル声優と呼ばれる存在もあり、舞台でイベントを行うため、容姿も要されるようになってきている。

特にアニメゲームにおいて、キャラクターおよびその担当声優のことをキャラクターボイス和製英語CVと略す)という。

劇団の俳優や、歌手を兼業する声優も多い。

歴史

歴史的には、日本映画会社がTV局を敵視して、映画提供しなくなったために、米国TVドラマを買ってきて放映するようになって「アテレコ」という仕事と「声優」という職業が生じたのが始まり。当時は効果音も含めて生で演じていた。1980年代まではアテレコやアフレコは、舞台俳優の余技もしくはアルバイトであり、故にテレビ明期から活躍してきた多くのベテラン役者は「声優である以前に俳優」「声優役者演技の一種」と唱えており、中には山田康雄納谷悟朗のように「声優」と呼ばれることを毛嫌いする役者もいた。
一方で一部のベテランの中には声優は専門的な職業と考えている人物もおり、神谷明は同所属劇団の先輩であった山田と納とは正反対に「"声優ではなく俳優"と言ったところで、実際に自らの生計を立てたのは仕事ではないか」としている。池田昌子プロデューサーに「吹き替えなんて裏街道じゃないか。女優だったら表街道歩け」という声優業を蔑視する発言にを立て、「裏街道で結構じゃない」と反論している(但し、役者としての基礎が固まっていなければ意味がないという見解は他の同世代の人物と同意見である)。若山弦蔵は放送劇団出身である故に舞台の経験がなく、「吹き替え業が始まってから、劇団で活動していた俳優の多くが兼任して仕事をやっていたことが立たしかった」と声優専業者と劇団俳優との違いを交えながらっている。若本規夫は舞台の経験はあるものの、「それらの経験は声優業において役に立つこともなければ上達することもなかった」と皮を述べていたことから「声優役者と別物」「声優アーティストである」と捉えている。
このように職業としての声優の価値観が分かれやすいが、中には榎本温子の様にその両方を重んじている者もおり、役者として高いプライド声優の専門性を重要視する考えを併せ持っている(それ故にある著名人声優スキルアップに疑問視するツイートに対して反論のツイートをしてしまったこともある)。

声優ブーム

第1次声優ブームは、アラン・ドロン=野沢那智クリント・イーストウッド=山田康雄トニーカーチス=広川太一郎といった具合に、TV局が俳優吹き替え声優を固定したことで、を当てる側にも人気が出たことから始まった。

第2次声優ブームは、1977年宇宙戦艦ヤマトのリバイバルヒットから始まるアニメブームと直結した。古代進=富山敬ルパン三世=山田康雄ひびき=神谷明など、ヒーロー役を演じる声優たちに人気が集まった。古谷徹アムロ・レイ)、古川登志夫諸星あたる)らが、バンドスラップスティック」を結成したり、水島裕レコードデビュー戸田恵子マチルダアジャン、カララ・アジバ)や小山茉美ミンキーモモ)が出演したアニメテーマソングを歌うなど、声優音楽活動が立ち始めた。

ただしこのころまでは、アニメキャラクターと演じる声優の年齢・容姿がかけ離れているのが一般的であり、一部の熱心なファンを除けば、まだアイドル的なブームとは言えなかった。

1990年代になると、桜井智などアイドル出身、もしくはアイドル的容姿を備えた声優が登場し、椎名へきる武道館ライブを行うなど、アイドル声優声優アーチストの時代が幕をあけ、人気の中心も若手の女性に移っていった。

2000年代後半になって、水樹奈々平野綾田村ゆかり堀江由衣茅原実里坂本真綾戸松遥など、声優業と音楽活動を並行して行うアイドル声優が数多く活躍する時代になり、雑誌モデルVシネマ女優から転身する者など、多な人材が入り乱れるようになった。朴璐美のような舞台俳優兼業の声優は、現在ではしくなりつつある。

2008年水樹奈々新宿コマ劇場でイベントを行った際に、親しい声優仲間に出演を呼びかけた。その際の反応の多くが「舞台なんてできない」「私がコマに立つなんておこがましい」であったという。このことが時代の変遷を徴している。もっとも、実際に若手声優たちがコマで演じた舞台は、とても素人が本業の合間に作ったとは思えない完成度と自由奔放なアドリブで観客を楽しませた。今でも声優本質役者であることを明した出来事だったともいえる。

モーニング娘。を最後に'70〜'80年代アイドル歌手TVの中でほぼ絶滅した現在において、アイドル声優は、音楽的にもマーケット的にも、それに代わる存在となりつつある。SME系のアニプレックスミュージックレインフジサンケイ系のポニーキャニオンが「かんなぎ」や「けいおん!」のCDスマッシュヒットを飛ばしたことも、声優アイドル歌手化を表す動きのひとつである。

関連動画

ニコニコならではのプロによる朗読・アフレコ風景

イベント風景

類似品 アナウンスは声優かも/ゆりかもめ

声優への道

関連商品

関連項目

声優を題材とした作品(大百科記事)


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A3%B0%E5%84%AA
ページ番号: 146179 リビジョン番号: 2499118
読み:セイユウ
初版作成日: 08/05/25 02:18 ◆ 最終更新日: 17/06/12 22:55
編集内容についての説明/コメント: 前回の編集でミスがあったので修正、度々すいません・・・。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

声優について語るスレ

4136 : ななしのよっしん :2017/06/23(金) 23:45:52 ID: wxspxE7BrN
>>4131
それは美形しか出てこないようなアニメしか見てないからそう感じるのでは…?
妖怪ウォッチとか見れば不細工キャラ3枚キャラなんて沢山出てくるが
4137 : ななしのよっしん :2017/06/24(土) 00:05:09 ID: SPLVh1Vt7J
中堅レベルまで生き残ってる方々は皆ちゃんとした個性を十分確立してると思えるけどね
すぐにそのとわかるくらいの個性育ててなきゃオールラウンダー以前の問題よ
実際なんだかんだで個性ないままの若手は順当に消えていってる
まあ消える若手の数は昔とは較にならないほど多いわけだが

言われてる若手のラインがどこまでかって部分もあるけどね
そもそもみんなどのくらいまでを若手として認識してるんだ?中堅ベテランにしても同様

ていうかこのベテラン勢への反論に「今の若手も十分凄いですけどね」的な論調で
その例として子安の演技を持ち出してた人がいたりして失笑した
いやその人もうベテランもいいとこだから!w つーかその世代を未だに若手と認識してる時点で
むしろ声優より先に、お前自分のこといつまで若いと思ってるんだよとw
4138 : ななしのよっしん :2017/06/24(土) 00:13:19 ID: gblCUFIRoz
すぐにそのだとわかるのはそれだけ聴き込んでるってだけだぞ
別に個性があるから聞き分けられるわけじゃない

ニコニココメントでも「この○○?」って全然違う声優の名前出してるのとか見かけることはしくないし
4139 : ななしのよっしん :2017/06/24(土) 00:26:00 ID: Remoj868Cq
昔は個性=実だったのかもしれないが
今は個性=実とは限らない
昔は個性的でさえあれば充分やっていけたのかもしれないが
今はある程度オールラウンドな上手さがないと話にならない
大御所の言うことだけでは現状通用しない時代になってるというのは現場の声優たちが一番わかっていると思う
がたつから言い返さないだけで
4140 : ななしのよっしん :2017/06/24(土) 01:14:53 ID: +NsOXWzqOd
>>4137
の認識だと若手の定義は、デビュー5年未満

中堅は芸歴5年以上15年未満

ベテランは芸歴15年以上、30代後半~

芸歴30年以上の、たとえば玄田哲章とか野沢雅子みたいなのは大御所


ただ、あるていどコンスタント仕事がある人じゃないと当てはめにくい
デビューから7~8年経ってるけど、名前のある役は片手で数えるほど、って人はどう扱ったらいいかわからん
4141 : ななしのよっしん :2017/06/24(土) 01:49:55 ID: dHaGFkqVKn
昔のアニメゴールデンの放送が当たり前で年単位で続けることがスタンダードだったのに対し、今のアニメは1クールが基本でしかも深夜
今の声優クールごとに違う役を演じないといけないし、売れっ子なら1クールで複数の役をこなさないといけない。その違いは頭に入れないと建設的な議論にはならないとは思う

今のアニメではどちらかというとキャラに寄せていくことがめられるから、個性を発揮するのが難しい。で、いわゆる若手の声優も個性を出した演技ができる人もいるのだが、それを発揮する場が少ないと思う。
4142 : ななしのよっしん :2017/06/24(土) 22:49:15 ID: 6oYmptUg6R
時代の流れやニーズってものがあるし、どのジャンルでも時代によってあり方や立ち位置が変化はあるものだが、声優に対してはなぜか顔出し異常なまでに毛嫌いする層など、変化を嫌う人がネットには一定数いるよね。
4143 : ななしのよっしん :2017/06/24(土) 23:52:24 ID: bUbRVXBJMu
個人的には仕事が本分であるべきというのはその通りだが、声優が他のジャンル仕事に進出するのは悪いことじゃないと思うし、他の業界の人と関わることがいい刺になると思う。

ただ、最近一部話題になってた新人の女性声優たちに水着グラビアをさせるのはどうかと思うんだけどな。戸松遥井口裕香みたいにある程度軌に乗ったところでチャレンジするのはありだと思うのだが

事務所の意向でやらされてる感がどうしても出てしまうし、水着になって顔と名前を覚えてもらおうという意図としても、それが声優仕事プラスになっていくのだろうか?批判というか心配にはなる

4144 : ななしのよっしん :2017/06/25(日) 01:02:11 ID: +NsOXWzqOd
言いたいことはわからないでもないが、水着になるならなるべく若いうちにやってほしいって気持ちもある
4145 : ななしのよっしん :2017/06/25(日) 23:57:37 ID: 0sOhA+2c9F
人気声優水着は喜んでたは何度もいるのは密かに密かに…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015