単語記事: 夏目漱石

編集  

夏目漱石とは、明治大正時代期の日本小説家・英文学研究東京帝国大学文学教授・英文学博士詩人・英詩人である。

一般常識が長けている人は「日本小説家評論家、英文学者」と言い、

前者のコトバが出てこない人は「昔の千円札のおじさん」と言う。

概要 

夏目漱石【本名・之助/夏目之助】 (1867~1916)享年49歳(数えで50歳)。生きた時代は江戸明治大正

文学の研究であり、かつ数多くの小説漢文俳句・英を残した文人。現代日本語を築き上げた人物の一人でもあり、司馬遼太郎は漱石の文体を「恋愛から難しい論文まで書くことの出来る万の文体」といった評価をしている。現に漱石以外の同時代の作家泉鏡花森鴎外などの文は古文調か漢文調の固い文体であったが、漱石一人が口的であり、かつ約150年を経た現在でも普通に通用する文体である。日本小説は漱石以前と以後で別れると言っても間違いではない。その一方で、にも通し、病(漢文における禁忌)や・韻など中国人ぐらいにしか理解出来ないよなの決まりをきっちりと守った良作を多数残しており、中国でもそのが評価されている、更に、幻想的な英も残している。文学神様のような人物である。

ただ、漱石は若い頃から被害妄想しく、精病にっていた形跡がある。英国に留学してからは追跡症という、常に自分がかに監視されているといった被害妄想を抱く精病を患い、一生を通して精病患者であった。この精異常天才的な文学の才との間に何らかの関係があったのではないかという、病跡学的な摘もある。ただ、病気の多い人物であり精病の他に、トラホーム膜炎・腸炎・痔・糖尿病なども患っていた。

  • 以下経歴

1867年明治元年)1月5日(旧)、大政奉還の年に名門武士夏目に生まれる(この年の12月に大政奉還が行われているため、漱石は江戸時代の生まれである)。本名・夏目之助。生後数ヶ後に貧しい物売りのに養子に出されるが、その姿に憐れんだのお陰で夏目に帰る。ただし、はなおも之助(漱石)を養子に出すことを考えていた。

1868年、之助1歳(以後、名前を省略して年齢だけ表記)。が親友の之助の元に之助を養子に出す。その為、之助姓。

1874年に之助の浮気により養夫妻が不和となり、養と共に養を去る。そして、養夫妻の離縁により養夏目に引き取られる。

1876年、9歳。養が職を失い、之助は之助のままで実家である夏目に帰ることになる。紆余曲折の末、実家にまたも舞い戻った。この年、布される。

1878年、11歳。学校上等小学を卒業。錦学校小学尋常科に入学

1879年、12歳。小学尋常科を卒業東京府第一中学校正則科に入学

1880年、13歳。東京馬場下の火災で実家が土蔵を除き、全焼。

1881年、14歳。実夏目千枝が逝去。また、東京府第一中学中退して学塾二学舎に転校。

1882年、15歳。二学舎を中退

1883年、16歳。成立学舎に入学。この年、鹿鳴館が落成。

1884年、17歳東京大学予備門予科に入学する。が、入学直後に盲腸炎を患う。

1886年、19歳の頃に膜炎を患い、卒業試験を受けることが出来ず落第する。不幸続きな人生ながら、同年18に塾教師として働きながら、第一高等中学校に入校することに。頑之助。この年、大学予備門は第一高等中学称される。

1887年、之助が20歳の頃に敬愛していた長夏目大助と次が肺結核により相次いで逝去。更に、9月には第一高等中学予科へ進学・英文学を学ぶも、トラホーム(の疾患)を患い通院する羽になる。何処までも上手くいかない。

1888年、21歳。この頃から多少運が開けてくる。それまで「之助」であったが、実・直が養之助に手切れを支払い之助を夏目に復籍させ夏目之助に帰名する。

1889年、22歳。第一高等中学校予科で後の親友・子規と知り合う大日本帝国憲法が発布

1890年、23歳にして文部貸費学生(奨学生)となり、帝国大学文科大学文学科に合格する。この年、第一回総選挙が行われる。

1891年、24歳。三の妻・登世が死去。

1892年、25歳の頃には、学生の身分で東京専門学校教師となる。また、戸籍を北海道に移し、兵役を逃れる(北海道民は開拓民として兵役を免除されていた)。更に、この年に高虚子に出会う。

1893年、26歳。大学卒業して大学院に進学。高等師範学校英語嘱託となる。

1894年、27歳。日清戦争勃発

1895年、28歳で愛媛第五高等学校に赴任。子規と同居する。子規はこの頃から肺病を病んでおり、感染を恐れて余り人が近寄らなかったが、之助は気な顔で同居していた。

1896年、29歳の頃に熊本の第五高等学校に赴任。愛媛れしい人々に辟易としていた之助は熊本学生教師を尊敬し、敬慕する態度に満足し、一生熊本に居ても良いとご満悦だった。この年、中根重一の長女鏡子と婚約し、同年に結婚

1897年30才。実・直が逝去。

1899年に長女・筆子が誕生。鏡子が字が下手だったことから、字が上手い子になるようにと名付けた名だったが、鏡子に輪を掛けた悪筆で笑いの種になる。

1900年、33歳にして、文部給費留学生として大英帝国へ留学することとなった。留学中に之助の妻のである中根重一が職を失い、また、之助の給与もほとんど入らなくなったため、夏目計は火のとなり、着物を着潰し、食うにも困る暮らしとなった。が、鏡子はこの窮状を留学中の夫・之助には一切知らせずに耐え抜いた。

1901年、34歳。英国でヴィクトリア女王の葬儀を見学する。大英帝国の衰退が始まる年である。また、この年、次女・恒子が誕生する。

1902年、35歳。之助が英国に留学中に親友の子規が死去。子規が死去する直前に夏目之助の妻・鏡子は子規を見舞っており、之助はこの妻の行動を大いに喜んだ。また、この年に日英同盟協約ロンドンで調印される。

1903年、36歳の頃に日本に帰乞食のような貧乏生活をしていた家族の姿に愕然とする。文部を通して、熊本の第五学校の給料を貰い、また、留学費も貰っていたのだが、之助は神経の病を理由に第五学校の職を辞す。これは、違約であり大分揉めたようだが、之助の精病は、この頃には周知のことで自殺さえ噂されていたためか、異例の待遇で第五学校を辞し、東京へ帰る。しかし、精病を理由に職を辞したくせに東京帝国大学文学部教授となり、更に、第一高等学校英語教師も兼任する。ただ、この年の暮れには、神経病により夫婦関係が冷え込み、妻・鏡子は里に追い返され、一時離別した。離別中、三女・栄子が誕生。

1904年、37歳。明治大学高等予科講師を兼任。この年、日露戦争が勃発。

1905年、38歳。四女・愛子が誕生。ここまで子供は全部女の子だったポーツマス条約により日露が講和。

1907年之助は40歳にして、遂に教師を辞し、破格の給与と待遇を受けて朝日新聞社に入社(社長よりもかに高い給与と自分勝手な用件を押しつけた)。東京帝国大学教授という栄職を捨てて一介の作家になる。プロ作家夏目漱石」が誕生したのはこの時からであるまた、この年に、ようやく長男純一を得る。男の子が誕生したことで之助は大喜びし、祝い品のを見ながら子供の名前を「一」にしよう、などと戯れ言を言いつつ上機嫌で、また、「男の子だ男の子だ」と言いながらを歩き回っていたらしい。

1908年、41歳。次男・申六を得る。

1909年、42歳。朝鮮旅行する。また、元養である之助に銭を支払い義絶する。

1910年、43歳。五女・雛子が誕生。しかし、頃に体調を崩し、修善寺にて病床に伏す(この際、避暑地の修善寺で療養していた)。そのため、妻・鏡子や知人が相次いで修善寺に駆けつける。が、病症思わしくなく、同年8月24日500ラムのおびただしい血を吐き、人事不に陥る。この時に、長与病院から駆けつけて来ていた掛かり付けの医師が、壊れた注射器を武器にして、懸命の延命治療を与え、奇跡的に生還。之助自信は、血を吐いてからを覚ますまで、一秒の間もなく感じていたが、後から実際は30分以上仮死状態だったと聞いて衝撃を受ける。有名な修善寺の大患である。

1911年44歳。五女・雛子が逝去。末っ子の死を憐れみ、「他の子が死ねばよかったのに」「考えてみると雛子が一番可かった」と言いふらし家族を辟易させる。

1914年、47歳。8月第一次世界大戦勃発

1916年12月9日6時45分、潰瘍のために自宅で逝去。享年49(数えで50歳)。同12日に青山斎場にて葬儀が行われる。死後、鏡子許可を得て之助の解剖され、いまでもが保存されている。

1916年12月28日、雑墓地埋葬される。

夏目漱石」は多くの傑作を残したが、プロ作家として活動したのは僅かに9年である。 

 

作品一覧

 

トリビア

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%8F%E7%9B%AE%E6%BC%B1%E7%9F%B3
ページ番号: 2566798 リビジョン番号: 2406132
読み:ナツメソウセキ
初版作成日: 09/03/28 12:16 ◆ 最終更新日: 16/09/15 20:59
編集内容についての説明/コメント: 記事冒頭を太字化。「トリビア」の「ヴ」関連が疑わしい(江戸時代使用例有と)ため削除。「関連項目」に「月が綺麗ですね」を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

夏目漱石について語るスレ

68 : ななしのよっしん :2016/03/27(日) 21:13:18 ID: 2VSNukfXsg
>>sm21395092
69 : ななしのよっしん :2016/04/02(土) 21:02:39 ID: yi0AywmTGO
本当は文語から口への移行は夏目漱石一人の手柄じゃないけどね。
二葉亭四迷、硯友社門下(尾崎紅葉山田美妙)の悪戦苦闘があったからこそだし、段階的なもの。
70 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 19:10:06 ID: 7r0gX9mexD
いくらなんでもAV監督なわけはないけどね
明治から東大文学科は存在していたけど今AV学科がないことからも自明
71 : ななしのよっしん :2016/07/13(水) 02:11:39 ID: heAl+cLx++
夏目漱石は他のお金の人とも意外な繋がりがある
夏目漱石スコットランドのグラスゴー大学で試験官を勤めていたときに受験に来たのが福沢諭吉の三男
夏目漱石痛を抑えるためによく飲んでいた胃腸薬を開発販売した会社に勤めていたのが野口英世
夏目漱石と縁談の話が持ち上がった相手が樋口一葉
72 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 15:06:17 ID: 3HO/Y5+7yP
寺田の随筆で夏目漱石先生の追憶なんかを読むと、またちょっと印が変わったな。
寺田夏目漱石を慕っていたっていうのと、俳句講座に掲載するために書いたものだからか
ネガティブな面を意図的に描写していないっていうのはあるけど、
一緒に音楽会に行った時にカエルの鳴きとかそんな妙な音を使った表題曲があって
それがツボに入って帰るカエルの鳴きまねをしては笑ってたりとか、
大患後に絵を描いてるときにその絵を批評したら何とも言えない渋い顔をしたけど
案外聞き入れてくれたみたいな話だとか。
73 : ななしのよっしん :2017/01/01(日) 19:43:22 ID: dyLskwyC6k
大学予備門の同期には南方熊楠もいるんだよね(二人とも落第しちゃったが)
74 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 03:13:30 ID: yycd7s5/g6
没後100周年、のわりには、あまり盛り上がってないんじゃね
75 : ななしのよっしん :2017/04/27(木) 23:49:31 ID: cz6V/0G9DQ
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im6636867
76 : ななしのよっしん :2017/06/03(土) 22:02:15 ID: HUzqmFIE5M
個人的には暗いシーンよりかはお気楽なシーンの方が好き
であるとか坊っちゃんとか、虞美人だと宗近さんと甲野さんのコントじみたやりとりとかつい笑ってしまう
77 : ななしのよっしん :2017/07/30(日) 18:51:33 ID: NlqERNf4VJ
大逆転裁判夏目漱石好き。あれは神経質そうだ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829