編集  

夜神月単語

ヤガミライト

夜神月(やがみ ライト)とは、漫画DEATH NOTE』の主人公である。

アニメ宮野真守実写映画藤原竜也ミュージカル井健治・澤勇人、テレビドラマ窪田正孝

概要

高校の全模試で1位を取り、後に東応大学現実世界東京大学に相当)へ首席入学するほどの頭を持つ。また、中学テニス大会で二度優勝するほどスポーツも万
その上、作中人物や原作者、アニメファンブックなどに「イケメン」「特に整った顔」「端整な顔立ち」などと評されるようにかなりの美形である。原作者によると当時の山ピーこと山下智久のルックスをイメージして作画をしてもらったとか…。また、社交性に優れることもあって非常にモテる。

全てにおいて並外れたスペックの持ちだが、それゆえに退屈な高校生活を送っており、犯罪が後を絶たない腐った世の中に絶望していた。
そんな折、他者をルールに則って殺できる死神ノートDEATH NOTE」を偶然拾ったことで世界を変革する使命感に覚め、次第に狂気的な青年へと変貌していく。

原作開始時点では高校生だが、その後、大学入学大学院(書類上)を経て、第二部に社会人となり警察庁へ入庁。情報通信局・情報管理課の技官となる。

家族・総一郎、幸子・粧裕。

ノートの所有者となってからは死神界のルールにより、特定時期を除いて死神リュークが常に憑りついている。おやつリンゴを与える他、2人でマリオゴルフなどを楽しんでいるらしい(ゲームの話は原作のみ)。

性格とその変貌

ノート入手前は、冷めた性格ながらも純正義感を内に秘めていた。
しかし、ノート入手後はそのに影され、表面上は穏やかな優等生を演じつつ、裏ではドスい思念を巡らせるというしい二面性が生まれていく。

表向きの性格は優しく家族想いの好青年だが、内面は非常にプライドが高い。どんなにリスクが高い策でも実行に移す度胸と、それを成功させるという自信を持っている。反面、自身と同等の頭を持つLの登場以降は(Lく自分にそっくりな)稀に見る負けず嫌いで幼稚な性格、煽り耐性がないという内面が露呈していく。
女性を見下す節も多々見られ、学生時代は利用的で複数の彼女キープしていた。自分への好意も「扱いやすい女」「女なんて簡単なもんだ」「女を殴りたいと本気で思ったのは生まれて初めてだ」「まったく女というのは…」などとしか思っていない。

時にはんだ正義感を優先するあまり善人すら犠牲にする冷酷さを持つ。本人やLくいざとなったら家族すらも殺すつもりでいるが、原作者によると「家族や人間への情はあり、友達も多い」。親を殺す必要性に迫られた際も(保身優先かつ散々葛した末に「殺したら自分が疑われる」という考えから)最後まで殺さなかった。

作中の流れ

高校の授業中に落下するノートを発見し、馬鹿らしいと思いつつ持ち帰る。その後二度の検証によりノートの効果を確信し、死神リュークと出会う。

ノート天才的な頭、整った容姿、優れた人心握術、抜群の演技を駆使し、犯罪者を意図的に同じ死因(心臓麻痺)で大量に殺。世間に心臓麻痺で人を殺せる者、俗称「キラKIRA」の存在を認知させ、新世界の神になろうと企む。

だが探偵Lの挑発や居場所の摘を受けて敵視し、Lと「正義」をかけた戦いを始める。

その後は傲慢な性格が表面化しはじめ、犯罪者だけではなく、Lなどのキラ向かう者や、キラにとって将来の邪魔・障になる者も容赦なく殺としていった。特にLとの勝負に区切りをつけた第二部以降は、たとえ協的な人物でも、不要となれば足がつかないよう容赦なく殺している。

単独で活動していた時には最後まで確を握らせなかったキラことだが、終盤にはその慢心する性格と殺してきた人たちがとなり、ニアに確たる拠を突き付けられる。最期は、普段のスマートな振る舞いからは想像できないほど見苦しく、みっともないあがきを見せ、血と泥にまみれ散々命乞いした末、絶命する。

セリフ

その他

実写映画版

最初から大学生となっている。原作よりも冷徹な性格で、家族の名前を書くこともせず、人の詩織も利用するために気で殺している。

2016年現在映像出演のみのスピンオフ作「L change the WorLd」以外の全劇場作品に登場している。

テレビアニメ版

基本的には原作に忠実。ただし最期の流れが少し変更され、魅上がその場で自殺するように変されたことで周囲がそれに気を取られ、その隙に倉庫から逃走を試みるようになっている。だがやはりリュークに見放されてしまい、ノートに名前を書かれ心臓麻痺で一人孤独に死亡した。

凄惨な表情で死亡した原作とは違って落ち着いた表情で死に、死亡間をもって放送も終了する。

テレビドラマ版

2015年7月から9月日本テレビ系列で放送された実写ドラマでは、

など原作とは設定が大幅に異なるに限った事ではないが、このような変更要素は原作ファン達の間で大きな物議を醸した。特に人形にされたメロとか。

杉並経済大学に通い公務員就職を大学生居酒屋アルバイトする傍らイチゴBERRYのライブへ赴くなど、原作よりずっと人間臭さが立つ。特にミサミサこと弥海砂ファン
あるとき、高校時代のいじめっこ不良・佐古田バイト先に現れ、直後には偶然DEATH NOTEと書かれたノートを拾う。は佐古田から友人を守るため半信半疑で佐古田の名前を書くが、ノートは本物で本当に殺してしまう。
自らの行為を悔やみ一度はノートを手放すも、佐古田の死を喜ぶ周囲の人間が多かった事に加え、・総一郎が犯罪に巻き込まれるなど数々のきっかけから原作同様、犯罪者に裁きを下すようになる。

幼くしてを亡くし、その死に・総一郎が現れなかった事が起因となり、良くも悪くも「普通」をめる青年として育つが、原作と同様に内には総一郎譲りの正義感を抱いている。テレビ越しのLの挑発に対し「犯罪がなくならないからキラが生まれた」と昂したシーンからも取れるように、原作とは違い犯罪者を裁くキラという存在を尊んでおり、それを守るために打倒Lを決意する。しかし物語が進むにつれて脚本の都合で的と手段が逆転し始め、Lが死亡した事をきっかけに原作同様「新世界の神」をし始める。

凡人という設定ゆえ危なっかしい行動が立ち幾度となく窮地に立たされるが、その都度砂や魅上の助けによって切り抜けていく。しかしそれらはあくまで「運がよかった」だけであり、結局ドラマはLに敗北したという形で人生に幕を引いている。

なおを演じた窪田原作の大ファンであり、本作の演に抜された事でアニメ版・映画版を何度も見直して役作りをしており劇中でリスペクトしている。特に昂するシーンのドスの利いた音、最終回松田に撃たれた際の言い回しは一聴の価値がある。

余談だが、「凡人デスノートを手にしたらどうなるか?」というテーマに関しては既に2本の読切漫画版で描かれており(太郎、Cキラ)、原作ニアも「まともな人間なら最初の一度以来、二度とノートは使わないだろう」と発言している。
しかし、ドラマ版の場合は上記のような強いきっかけがあった上での展開であるため、一般人でもきっかけがあればでもキラになりうる、という一つの例と言えるかも知れない。

関連動画

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%9C%E7%A5%9E%E6%9C%88
ページ番号: 143731 リビジョン番号: 2495714
読み:ヤガミライト
初版作成日: 08/05/24 21:28 ◆ 最終更新日: 17/06/02 13:02
編集内容についての説明/コメント: 関連静画欄の空白削除、文章微編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

夜神月について語るスレ

592 : ななしのよっしん :2018/04/11(水) 10:53:04 ID: 2lxCRemB2C
作者の思想が正しいとか間違ってるとかより頭戦に焦点おくようにしたって言ってたからね
それこそがデスノの魅だし正しい描き方だと思う

エンタメはくどくなりすぎないのが一番楽しめる、思想とかはあくまで添え物感覚のがバランスとれてる
593 : ななしのよっしん :2018/04/13(金) 14:42:31 ID: UhGKzP7wQE
>>586
マジレスすると、少なくとも闇遊戯デスノートで殺することは難しいと思う。
彼を殺するにはアテムという本名で書かないとダメだから、少なくとも原作終盤までだと本名が不明なのでアウト
また、仮に遊戯の名前を書いたとしても、マインドシャッフルで人格が闇遊戯になった場合、効になる可性もある。

闇のゲームデュエルするならワンチャンあるかもね


ttp://elephant.2chblog.jp/archives/52067019.html
594 : ななしのよっしん :2018/04/18(水) 18:11:40 ID: j+iNXUgNIP
>>590
確かに社会人になっても根本は幼稚ってのが少年向けとしての体裁を取ってた感はある
そもそも少年向けだからこそ義思想のぶつかり合いよりも主人公が追いつめられる→どうアクション起こしていくかの方が重要だしね

余談だけど個人的には漫画の死に方が一番好きだなぁ、変に綺麗に臨終するよりも思い上がった自称も所詮はただの人間だった的な流れで皮が利いてるし
595 : ななしのよっしん :2018/04/21(土) 15:58:27 ID: LpMHRaaPig
>>593
マジレスマジレスで乗ってみるけど、そもそも本編中のアテムは「死者の霊」であり、生きた人間という範疇から外れており、「残りの寿命」なんてものも存在してない
なので名前がわかろうがなんだろうがどうだろうが 王様ターゲットでは効かない

ただし「武藤遊戯」と書けばアテムは宿るべき体をなくすので、ダメージは与えられる
まあ、バクラがいる世界キラとして活動したらを付けられて先に殺されるだろうけど
(と言うか、死者の霊が存在している遊戯王世界デスノートを使いまくるのは極めて危険)
596 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 14:32:05 ID: qSj176XmSh
質問だけどもしがL死んだ後に警察辞めても最後はニアに捕まったかな?
597 : ななしのよっしん :2018/06/13(水) 00:11:09 ID: 7tJXKrukxh
もしヒロアカ世界の住人で強な個性を持ったキャラクターならどんな行動するだろ?
ヴィラン専門の殺チームでも結成するのかな
598 : ななしのよっしん :2018/06/13(水) 00:22:03 ID: pO45sMjpQ+
先生レベルのぶっ壊れでもない限り数人の活動じゃすぐに限界くるだろうから
警察官が個性使えるように働きかけていくんじゃねーの?

599 : ななしのよっしん :2018/06/13(水) 12:00:28 ID: 2ljZihb2Op
>>597
ライト君は悪党の殺的ではない。犯罪者死すべし慈悲はないっていう思想は、どっちかってーと、魅上の思想。
な性格ゆえに罪の重さに耐えきれずキラに逃げたという側面は今は置いておくとして、
原作映画ドラマと共通してライト君は「どんなに逃げ回ろうとも罪人は裁かれる」という周知徹底、「既存秩序へのテコ入れと新秩序の構成」という点を重視してる。

総個性社会に対応できて尚且つ自分の100%治安維持に活用できる職業ヒーロー制度と、アメコミ刑務所ラフトみたいな、ガッガチの懲罰閉施設が存在してる時点で悪党殺しには走らん。
やるとすればヒーロー資格を得た上で、裏でステインのような”ヒーロー間引き”をするか、
あの口八丁と頭政治的・社会的に革していくか、
あるいはその両方。
600 : ななしのよっしん :2018/06/23(土) 00:27:28 ID: LpMHRaaPig
な性格ゆえに罪の重さに耐えきれずキラに逃げたという側面は置いちゃいかんと思うぞ
的な行動原理なんだから

ヒーローがいる世界にいたら、そのヒーロー理やりなにがしかの問題を見つけて世直しに走り、最後はヒーロー粛清される流れだと思われる
とりあえず世界になにがしかの問題点を見つけて行動しないと第一的である「逃避」ができない
601 : ななしのよっしん :2018/07/07(土) 23:48:45 ID: DXlUbbF1bR
人を殺してしまった罪の意識から逃避する為に初めた裁きだもんな
それがインターネットキラ因果応報だと崇められるようになって増長した結果あんな末路を辿ったけど

よくこんな主人公少年漫画を描けたと思う、良い意味で
性格がだいぶ悪くなった第二部でも「心優しい人間の為の世界」という理想は捨てていない
過去含め徹底して犯罪絶対に許さない魅上に苦言を呈して軌修正を図っている
「怠け者の粛清は""まだすぎる""」って怖いことも言い出してるけど

こいつの殺人には情状酌量の余地があるから名前書かなくてOKとか結局ライト個人の判断による私刑
それ以前に自分の身に危険が及べば気で殺している
最後の惨めな死に方の通り極悪人なのは間違いない
でも法律じゃカバーしきれていない被害者の感情に寄り添おうとしているから憎みきれない
映画親子の「法じゃもう救えない世の中」「正しくあろうとした人間の努の積み重ねが法律」のやり取りは秀逸だと
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829