単語記事: 大奥記

編集

大奥記とは、
2008年6月5日にグローバル・A・エンタテインメントから発売されたプレイステーション2用ゲームソフトである。

概要

ゲーム雑誌最大手の『ファミ通』内のクロスレビューにおいて3・3・4・3の計13点という低得点を獲得したことで、発売前から一気に話題となる(1996年発売の伝説のクソゲー『デスクリムゾン』が同点。最低点はPS版『修羅の門』の12点)。
※同年10月にWii版『プロゴルファー猿』が12点をたたき出す

時は江戸時代。
主人公の時子は小藩の姫君だったが幕府の外様取り潰し政策によりお家は断絶、父親も切腹の憂き目を見る。
それから10年後、出自を隠し幕府に復讐を果たすため大奥に出仕し立身出世を目指す時子。
権謀術数渦巻く大奥の中での運命は・・・


ゲームの流れは逆転裁判に近い。各話の最初に身に覚えの無い容疑が主人公に降りかかり、前半のアドベンチャーパートで大奥の中を探索し無実の証拠(切り札)を入手、後半の申し開き(裁判パート)でそれら切り札を適切に切ることで嫌疑を晴らすというもの。

逆転裁判では「物的証拠」を突きつけるのが基本戦術となるが、このゲームで物的証拠が見つかることは殆ど無い。切り札となるのは同僚たちの「証言」であり、より人間関係に重点を置いたシナリオとなっている。また、常に大奥が舞台となるため登場人物の入れ替わりが少なく、犯人への処罰も謹慎程度のため普通に再登場してくるのも特徴。



話自体はドラマティックで面白く、前述のアドベンチャーパートではリアルタイムでの時間経過と連動したフラグや見張りに気づかれぬようにスニーキングミッションを行うメタルギアソリッド的な要素などもあり、着眼点は悪くない。

しかし膨大な数の各部屋を移動する際のロードが長く(10秒程度はざら)、ポリゴンが荒すぎて当たり判定に不具合が生じるなどまるでプレイステーション1黎明期の作品のようであり、またフリーズも頻発する等々欠点を挙げればきりが無い程ゲームとしての完成度が著しく低く、各方面から酷評を受けた作品である。

元々延期を繰り返した2年越しの作品で、当初は映画版『大奥』の公開に併せる予定であった。しかし延期したことで大河ドラマ『篤姫』の放映期間となり世間的なタイミングは最良であった。しかし・・・

登場人物

  • 時子
    主人公。千歳藩の藩主の娘だったが、数年前に幕府によって廃藩にされ、藩主の父は切腹となってしまった。
    父の仇である将軍を討つために大奥に入った。
    毎月のように事件に巻き込まれては濡れ衣を着せられる。

  • 役職「御次」の良家の生まれ。詳しくは「茜(大奥記)」で。
  • 綾子
    役職「御台所」で強い権力を持つ。一人称は麻呂で、動画内では麻呂が呼び名となっている。
    顔が特徴的でわかりやすい。 
  • 桃乃
    役職「御中京都弁で喋る。将軍との間に子供がいるため綾子と同じく強い権力を持つ。
    呼び名はピーチが多く、本名で呼ばれることはほとんど無い。
  • 芳松君
    将軍と桃乃の子供。詳しくは「芳松くん」で。トキコドノー
  • 森田 帯刀
    幕府の幕臣。まともな人物なのだがある事件からクマ吉と呼ばれ変態扱いされている。
  • 望春院
    将軍の母親で、最高権力者。柔和な性格で、時子が濡れ衣を着せられた時、たまに助けてくれる。
    ゲームオーバーでのナレーションもする。
  • 御切手
    名無しのモブだが、話しかけたりしないとなにがあっても通さない鉄壁からATと呼ばれている。

関連動画

 

クソゲー」の名を冠してはいるが、ニコニコ動画では各女中に固定のファンがついたり、
妙なSEや変な顔の敵役キャラ、主人公の超鬼才っぷりや一部のバグなどから意外と愛されているようだ。

だがやはりロードの長さや移動の遅さのせいで「見てる分にはおもしろい」程度に留まっている。

関連商品

関連項目

  • 充実した設定
  • 月刊濡れ衣
  • 釘宮茜
  • 芳松くん
  • 瑞沢渓
  • 悪代官 大奥記と同じ人物がプロデューサーについていた作品。この人物はとある2chスレ主に大奥記の制作に関するインタビューを受けている

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A7%E5%A5%A5%E8%A8%98
ページ番号: 590827 リビジョン番号: 2401888
読み:オオオクキ
初版作成日: 08/09/24 18:33 ◆ 最終更新日: 16/09/04 08:33
編集内容についての説明/コメント: 関連項目修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大奥記について語るスレ

64 : ななしのよっしん :2014/05/09(金) 19:02:38 ID: wduZCzGUen
>>63
(ksゲーとしての)特徴ですねわかります。
ってか尻‥そんな充実してるか? めっちゃポリゴンやん。

ストーリーとか演出とか、見るだけなら悪くないんだけどね~。
数箇所程度でも、ワープ機能的なのがあれば評価全然違ったかも。
65 : ななしのよっしん :2014/08/12(火) 14:33:04 ID: rYiqAcbFCE
2008年4月10日にGAEから発売されたDSソフト『ものしり江戸名人』という学習ゲームに
『大奥記』に登場した女中が江島生島事件で有名な絵島として講師役で出演していた。
本来であれば『大奥記』の方が先に発売されていた筈が、結果的にそれに先駆ける形となった。
なお、『ものしり江戸名人』には『悪代官3』に登場した正義の味方が多数講師役で出演している。
66 : ななしのよっしん :2014/10/07(火) 15:56:09 ID: ChqeBkU4KO
BGMは良いだろ
67 : ななしのよっしん :2014/10/20(月) 15:16:13 ID: eo4kulZH/Z
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-584.html
スレでも何度か上がってるがピックアップしておく
このゲームが全く見どころの無いただのクソでない理由がよく分かる
あらゆる意味で惜しい作品。きちんと予算をつけて、インディーとしてリメイクしてほしい
68 : ななしのよっしん :2015/10/21(水) 04:01:41 ID: ZhYJyd1Cm3
クソゲーには違いないがKOTY大賞候補とまで言われたのがイマイチ理解できない。パーフェクトクローザーどころかジャイロボールにも及ばない気がするのだが、いい意味で。
69 : ななしのよっしん :2015/12/23(水) 00:29:52 ID: C8o7rIG9ac
まあ、ファミ通レビューで13点ってなったから入っただけだよね
正直2008年のクソの化け物たちに並ぶようなクソではない
ファミ通レビューが全くあてにならない証拠だよ
70 : ななしのよっしん :2016/01/22(金) 20:17:36 ID: FNcfM5WuIK
ゲームはやっぱしゲーム部分がだめだとどうしようもないとか、演出って大事だなとか、良質なものを作れた可能性があっても、がないとどうしようもないなとか、色々思うゲーム
71 : ななしのよっしん :2016/02/08(月) 21:47:34 ID: l3BVUvwr1o
キャラデザと内容次第で場合によっては萌え豚の男性層も釣れたんじゃね?
72 : ななしのよっしん :2016/02/11(木) 06:50:12 ID: w2W5Blr5Bp
正直リアル申し開きする程のクソゲーとは思えんかった
73 : ななしのよっしん :2017/01/27(金) 13:53:14 ID: F3MNynPeHR
面白くは無いだろうがクソクソ言われるほど酷いゲームだとは思えない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015