単語記事: 大日本帝国海軍

編集

大日本帝國海軍とは、かつて大日本帝國に存在していた軍、の軍隊である。

タグ動画検索大日本帝國海軍 or 帝國海軍 or 大日本帝国海軍 or 帝国海軍 
あるいは(旧)日本海軍といえばこの帝国海軍をさす。

概要

大日本帝國」を守る大日本帝國海軍は、現在海上自衛隊海上保安庁の前身である。

明治4年(1872年)に「兵部」から「」として設立され、昭和20年1945年)に解体されることになる。
創設当時は幕府軍の残余艦艇及び各の艦艇を合わせて創設されており、日清戦争における戦、日露戦争における日本海戦など要な戦に勝利。また幾度かの軍拡計画に基づき艦艇を配備し、大東亜戦争突入前で艦艇385隻。航空機3,260機を擁する世界有数の軍組織となっていた。

三笠@三笠公園

しかし日中戦争から大東亜戦争終戦時における実戦参加可な艦艇数は駆逐艦30隻・潜水艦54隻という有様で、往年の雄姿からは想像もつかないものとなってしまっていた。
(この他の艦艇は襲などにより損をうけ実戦参加が難しい状態であった。例えば艦艇は戦艦長門」(中破)、軽巡酒匂」(小破)。空母は「葛城」「隼鷹」も中破の状態。「鳳翔」は事だったが小のため実戦には向かなかった。他の艦艇も同様で大なり小なり損をうけており、沈まなかったもののその大多数が大破着底というかたちである。)

帝国海軍を代表する艦艇としては日露戦争における連合艦隊旗艦であり今も横須賀にある「三」。46cmサンチを搭載した戦艦大和」「武蔵」の他、休日(ネイバルホリディ)の間、ビッグ7とたたえられた「長門」「陸奥」、空母の「赤城」「加賀」などがあげられるだろう。航空としては、零式艦上戦闘機九七式艦上攻撃機九九式艦上爆撃機局地戦闘機紫電改一式陸上攻撃機などがあげられる。

また、大日本帝国陸軍との仲は閥争い的意味で良くなかった。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E6%B5%B7%E8%BB%8D
ページ番号: 4305094 リビジョン番号: 1834944
読み:ダイニホンテイコクカイグン
初版作成日: 10/03/11 04:05 ◆ 最終更新日: 13/06/16 21:17
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加、入替。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

喇叭譜:課業始め
喇叭譜:食事
喇叭譜:点呼・分隊...
喇叭譜:海軍起床

大日本帝国海軍について語るスレ

308 : ななしのよっしん :2016/08/31(水) 18:19:01 ID: bn9UMEsVBR
実は戦後も大日本帝国海軍は地下組織として存続はしていたらしい
皇統護持作戦が代表例だが、事態が好転して必要なくなった後は帝国海軍が再び未来日本で再編出来るよう各所に根回しを続けてたみたいだ
どこまで本当かは分からんがかつて田に直接導を受けた元自衛隊将校が言ってた事だからある程度は確かだと思う
309 : ななしのよっしん :2016/08/31(水) 18:31:14 ID: 8PtmiXnSld
そりゃまあいまは厚生労働省になってるからな……ってそういうことじゃないか
310 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 09:33:11 ID: bn9UMEsVBR
そういう事ではなくて、必要であれば数人、千人規模でのゲリラ戦をやる用意と揮系統が戦後もそのまま生きてたという事
言葉は濁してたけど、ある程度の装備もどこかに備蓄してた可性が高い
311 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 22:29:53 ID: 93lr0SPB4y
>>301
その辺は探照と同じく使い方次第、ってのにか気づけばよかったんだが……
312 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 22:41:56 ID: 1LfPl6jngZ
優秀なアンテナがあってもそれ以外の部品がね・・・
313 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 10:28:18 ID: 93lr0SPB4y
>>312
「レーダーを使おうとしなかった」ってこと以外にも、「レーダーを価値なものと放り出した」点も問題なんだよ。

自分たちで高性なレーダーが作れなかったとしても、その有効性が分かってりゃ、情報を秘匿して連合軍の開発をいくらか遅らせられたのかもしれない。
314 : ななしのよっしん :2016/11/25(金) 13:56:47 ID: /esk5WuGUA
「闇に提」論で電探を否定した割には、逆探開発に勤しんだ訳でもいからなぁ
ドイツからの情報でようやく逆探の有用性に気づいて配備したのが1943年、遅すぎる

というか陸軍も軍より数年先行してたのに(つっても英独から見れば大分遅れてるが)
軍のレーダー研究ってもっぱらドイツ経由ばっかりだったりする辺り
セクト義も大概にせいよと
315 : ななしのよっしん :2017/03/10(金) 01:56:28 ID: WryGoZLwUw
>>314
戦闘機の防弾も一説では、「うちら軍の戦闘機だって20mm機積んでんだし、どうせ敵も積んでくる。20mm弾クラス対応の防弾なんて現実的じゃない、防弾なんて0でえーべ」なんて理論だが、実際の米軍は12.7mm。
ソロモン戦辺りで熟練搭乗員を失いまくって、ようやく雷電や後期零戦に背面防弾版積んだと思ったら、よりによって7.7mm弾対応の8mm厚防弾版。これならただ重くなるだけで搭載しない方がマシレベル
ソナー開発もそうだし、軍てただの怠慢を合理的に解釈してそれが裏に出て後手に回るってこと多すぎ
316 : ななしのよっしん :2017/05/08(月) 19:43:52 ID: DurwSwmjeT
レーダーは闇に提の話は、元々は自分で電波を出すよりも相手の熱などを感知した方がいいんじゃないかという話だったというのを見たけど実際どうなんだろう。
その研究が行われたけど有効距離が短い問題を解決できず敵の感知には使えなくて、代わりに通信に使用しようとして二式信儀が生まれたらしい。
レーダーは闇に提の話の元になった発言は何に載っているのだろうか。
317 : ななしのよっしん :2017/06/24(土) 01:57:47 ID: 93lr0SPB4y
>>316
に提ってのは割と普通に思いつく話。「電波はやたらにばらまくもんじゃねーよ」ってのは現代の軍隊でも共通認識であるのだし。

しかしながら、「それならそれで使い方はあるよね」とアメリカは考え、日本海軍は考えなかった。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015