単語記事: 大艦巨砲主義

編集  

大艦巨砲主義(たいかんきょほうしゅぎ)とは、20世紀前半の軍戦略において支配的であった、「でっかい船にでっかい大砲積めば最強じゃね?」という考え方である。

概要

単純に言えば、「強を搭載し堅固な装甲によって防護された『最強軍艦』である『戦艦』の質と量が上戦の優位を決定する」という思想である。
ただし、その思想の全盛期20世紀のうち前半だけであった。

20世紀初頭、1906年にイギリス海軍が建造した戦艦ドレッドノート級が大艦巨砲主義の先駆けであるとされる。
本級は複数配置された同一口径のを一元的に管制する方式を採用し、従来戦艦とは較にならないを得たことに加え、蒸気タービンの採用による優れた速度も併せ持っていた。また防御についても列が(そしてイギリス自身も)運用・建造中の戦艦を一気に陳腐化させ、列ドレッドノートしう戦艦を「(ド)級戦艦」(の字は当て字)、駕する戦艦を「(ド)級戦艦」と呼ぶようになった。
こうして、列強は大建艦競争の時代に突入していくことになる。

自己のを防ぐだけの装甲を持った戦艦は、より優れたを持つ戦艦をもってしか撃破し得ない。
つまり、強戦艦がどれだけ保有するかが的となり、実際に火を交えることなくそのの持つ明されると考えるに至った。

以後、世界の列強各では戦艦建造が猛な勢いで始まることとなる。建造されるたびに艦のサイズは大きくなり(と、同時に口径も増大し)、国家財政を転覆させかねないほどの建造費を必要とするにいたってようやく列強各は頭を冷やして1921年、ワシントン軍縮条約による中断期間(休日)を迎えることとなる。
1937年の条約明け後もこの建造レースが続くかと思われたが、その直後に発生した第二次世界大戦において大艦巨砲主義に基づいて建造された戦艦の優位性は、発展著しい航空機及び空母に覆されることになった。
またこれら一連の流れをもって、過去の成功経験に基づくものの時勢にそぐわなくなりつつある手法などを揶揄する言葉として「大艦巨砲主義」が使われる場合がある。

大艦巨砲主義の終焉

一般的には、大艦巨砲主義軍戦略の航空義への転換に伴って終焉をみたとされる。
しかし実際には、それ以前に大艦巨砲主義の没落は始まっていたとする解釈もある。
第一次大戦においてドイツ英国戦艦巡洋戦艦隊が入り乱れたジュットランド(ユトランド)戦において発生した予想だにしない中・遠距離戦は双方に多大な損をもたらした。
それまで巨費を投じてこつこつと培ってきた戦艦がわずか数時間、一日の戦によりの藻と化す。この現実に衝撃を受けたのか、ドイツ軍は艦隊保全義により傾倒し、艦隊は「そこにいるだけ」であれば良いと考え、潜水艦などを使った通商破壊戦に注することなる。対する英国ドイツ通商破壊戦に対して上護衛戦を行っていくことになった(この背景にはドイツ英国との戦差があまりにも大きかったということもある)。
これはWW1の戦いの有様が国家(経済など様々な点)を必要、あるいは阻するためのとなったため、局所的な上支配権を獲得するための手法として「戦」という方法がコストパフォーマンスに合わなくなってきたととしてみるべきかもしれない。

またジュットランド(ユトランド)戦の戦訓は、「遠距離撃戦における大度で落下する弾を防ぐためには、より一層の装甲化が必要」ということであり、結果として戦艦に対する建造・維持コストの増大をさらに促した。
戦艦が実戦ではあまり意味のない食いであるという認識を各軍関係者がどれほど共有していたかはともかく、国家財政が傾くほど巨額な経費がかかる戦艦の建造を抑えるべく、戦間期に戦艦の建造は条約によって規制されることとなり「休日」と呼ばれる時期を経て、第二次大戦へと至る最後の建艦競争に突入した。

もっとも、この時点で戦艦の攻撃手段である大砲による攻撃というのは限界に達しようとしていたのも事実である。すなわち、どれだけ巨を搭載したとしても観測できる見通し距離は(地球は丸いので)線を越すことは出来ないという現実にぶつかることになった。
観測できない距離での撃を可にするため、戦艦に弾着観測用の航空観測機を搭載しようという手法も生み出されたが、当時芽しつつあった航空機の集中運用プラットフォーム、すなわち空母に搭載されている艦載機によって阻されることは眼に見えていた。

ここで諸外軍関係者の中から、観測機を蹴散らすための航空機爆弾を積めば、より遠距離での攻撃が可になるのでは?というアイデアに達する者が出てくるのは時間の問題だったといえるだろう。
もっとも、この時点では航空攻撃によって行動中の戦艦を撃破することが可だとはまだ確信されていなかったのであるが。

第二次大戦が始まると、タラン襲、次いで真珠湾攻撃において、空母航空戦艦を撃破しうることが明された。さらにはマレーで航行中の戦艦巡洋戦艦航空攻撃によって撃破される事態に至り、航空兵理論は大艦巨砲主義に対する優位を確立した。「戦艦を発揮するための偵察役」あるいは「偵察役である観測機を撃破する」ためであった空母機動部隊の地位が、従逆転したのである。

日本海軍大和戦艦を建造したことを「時代錯誤な大艦巨砲主義」と評することもあるが、大和建造計画が立案された当時はまだ航空機流ではなかったので、注意が必要である。結果だけを見るならば、日本海軍に先見の明がなかったとも言える(その日本海軍が前述の真珠湾攻撃空母の有性を世界明してしまったのがなんとも皮)。余談だが、大和級三番艦「信濃」は建造中に戦艦から空母に変更されている。

一方、諸外ではどうだったかというと、アメリカではルーズベルト大統領経済政策による一つとして、戦艦建造計画がスタートしていた。雇用対策、すなわち共事業としての戦艦(だけではなく空母まで)量産が行われていたわけで、もはやの差はいかんともしがたいものがあり泣ける始末である(日本海軍アメリカ海軍に対して優越することが出来たのは、開戦の有に関わらず1943年前後だというのが日本海軍の判断で、この背景があったからこそ山本五十六の「一年、二年であれば…」という有名な発言につながっている)。
もっとも最後の戦艦アイオワ級大艦巨砲主義というよりは日本金剛級を意識したような巡洋戦艦進化として誕生している。
英国ではキングジョージ5世級戦艦戦争前に建造開始されたものの、生き残った四隻は戦争が終わるとあっという間に訓練艦、予備役艦艇扱いとなってしまった。戦争中に建造されたのはヴァンガード戦艦だけ。さらに言えばヴァンガード級の建造的も未使用の身があったので、もったいないから…というもので、建造されたのは一隻にとどまる(ただし英国戦艦技術のを結集して作られたのはいうまでもない)。

しかし、大艦巨砲主義が覆されたとしても戦艦の存在意義が否定されたわけではない。そのを生かして沿撃で活躍した事実もある。金剛ガダルカナル・ヘンダーソン飛行場撃)、ガングート級(レニングラード攻囲)、アメリカ海軍戦艦によるノルマンディ上陸作戦硫黄島沖縄などの上陸戦で有効な撃を行っている。陸軍が運用する大砲サイズはせいぜい口径120mm~210mmであり、これは駆逐艦サイズといってもいい。かたや戦艦305mm~400mmという大きさである。戦艦がいかに巨大な大砲を扱っているかわかるだろう。
金剛型戦艦による沿撃の成果は一個師団に匹敵する、という報告があがるのもむべなるかな、ということだ。

戦後も、米海軍アイオワ級戦争のたびに沿撃用に引っり出し、後にトマホークCIWSを搭載する魔改造やらかしたお前はどこのウォーシップコマンダーだ。
もっとも、当時はトマホークを集中運用するプラットフォームがなく、「戦艦引っりだすならついでに乗せちゃえば?」みたいなノリだったとは思うが…そのアイオワ級現在はすべて退役し、記念艦や博物館として余生を過ごしている。

余談ではあるが、アイオワ級最大の功績と言えばスティーブン・セガールと沈黙シリーズを世に送り出したことである。

大艦巨砲主義とロマン

シンプルに強く、堅く!を志向する大艦巨砲主義は、々の意識の単純な部分に強く訴する。

そもそも、つるん、ぺたん、な航空母艦フラットトップ)よりも豊満でメリハリの利いた戦艦の構造そのものにに惹かれてしまう部分があるのは否めない。いや、両方好きですけど。

「あれ、戦艦に飛行甲つけたら最強じゃね?」
「あれ、空母にでっかい積んだら最強じゃね?」

妄想が膨らんでしまった人のために、「こうくうせんかん」というものがある。

かつて日本海軍が保有していたが、2009年3月海上自衛隊が「重航空護衛艦ひゅうが」としてリメイク。巨というには若干ものたりなくもあるが、せっかく予算を組んで建造してもらったのだから、ロマンを楽しんでみて欲しい。

個人的な領域における大艦巨砲主義

強く、硬く、太く、長く、多く、そして…
よりもい!

・・・という大艦巨砲主義の理想を全に達成することは、現実的には様々な制約から不可能であることは歴史の教訓からみて自明である。

(´・ω・`)

関連動画 

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A7%E8%89%A6%E5%B7%A8%E7%A0%B2%E4%B8%BB%E7%BE%A9
ページ番号: 821577 リビジョン番号: 2228959
読み:タイカンキョホウシュギ
初版作成日: 09/01/05 10:36 ◆ 最終更新日: 15/07/07 10:17
編集内容についての説明/コメント: 日本に先見の明がなかったいうけど、じゃあ真珠湾攻撃はどうなの。そこんとこ前後文に合わせて一文追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大艦巨砲主義について語るスレ

264 : ななしのよっしん :2018/04/03(火) 02:03:58 ID: mOhwVuSTA6
短絡的な大艦巨砲主義批判は割とどこにでも返ってくるので気を付けた方が良い
戦艦と言うハードウェアに拘らない概念的に言えば、スケールメリットにより優位性をす事をさし
同様に大艦巨砲主義の失敗と言う句は、
巨大化による硬直化で新機軸についていけなくなったり、肥大化するコスト面で崩壊する事に使われる
つまり衰退する大抵のものに当て嵌まる(最近だとシャープ破綻をして言われたりもする)

空母に取って代わられた戦艦をして軽々にこの言葉を使う人が実に多いが、
当の空母とて、航空機の大化等によりめられる規模がコスト面で肥大化して行き
次々と空母を持つが減っていく、と言うある意味大艦巨砲主義的な失敗を辿っている。
もっと狭義に「複数の正規空母を核とし護衛艦艇で重厚に護衛する機動部隊」を例にとれば
コストが肥大化し過ぎてアメリカしか持ちえないレベル絶滅しちゃったわけで。
265 : ななしのよっしん :2018/04/13(金) 02:13:42 ID: Py46Oby5N/
>>260
大艦巨砲主義的なミサイル基地となるとより強ミサイル基地を持った方が優位と言える
でも小規模なミサイル基地、あるいは移動可航空機、秘匿可SLBMにそこそこの性ミサイルを多数分散配置する方がいいんじゃないかな

第一標になるのは「生き残っていれば脅威」なのと「標にすれば一撃で大量の脅威を減殺できる」ため
大艦巨砲主義はリソースを集中するから敵方の攻撃効率が上がるのが弱点だ。戦艦の時代は防御リソース(装甲と反撃)集中の恩恵が被害集中の効果を上回っていたし、攻撃面も多方面からの小規模火力の投射より単艦に大火力を投射させる方が攻撃効率が良かった
266 : ななしのよっしん :2018/04/13(金) 03:35:09 ID: Py46Oby5N/
第二次大戦の頃の大艦巨砲主義が直面した問題は集中分散の要素だけでなく、航空戦が地形と補給の要素を持った事にもあったと思う
ポートモレスビーやガダルカナル陸上航空基地は日本側が上戦的に優位な時期でも攻略できなかった
陸上航空基地は優位な兵器で攻撃していくら損を与えても、地上部隊を送りこんで占領しない限り、較的くに回復してしまう。輸送艦の送り合いが勝敗を決する。制権は個別の艦や部隊の優劣だけでなく、全体でどれだけその地域で継続して活動できるかも重要になる
陸上航空基地への補給や周辺域の航空部隊の相互連繋などは地理的な影をかなり受ける。空母を西太平洋から追い出したのにポートモレスビーがいつまでも攻略できない事態が起き得る
戦艦の時代は守るも攻めるも最終的に戦艦上戦の中心として影を与えたが、航空部隊の場合、陸上基地と空母でそれぞれ一長一短があり、また、特定の基地航空部隊の優位性も戦況次第で流動してしまう(進攻側に頭堡を築かれると優位性が相殺され、占領されると逆転してしまう)ので単艦、単一部隊の交戦の高さだけでは決
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
267 : ななしのよっしん :2018/04/15(日) 05:09:21 ID: S6wxMQc0jG
大艦巨砲主義って、言葉の意味だけで考えると装甲について何も言及してないから、
でかい船にでかい大砲乗っけただけのモニター艦大艦巨砲主義って分類できそうな気がする
268 : ななしのよっしん :2018/04/16(月) 21:07:46 ID: Py46Oby5N/
モニター艦って小さい船体に重装甲重火力じゃなかったっけ?っと思ったら別の時代か
どころか戦闘用でもなくなってるけど…
269 : ななしのよっしん :2018/04/29(日) 16:42:52 ID: KlMgmhlrHn
そういえば魚雷が全く発展せずに大艦巨砲主義が残ったという設定の仮想戦記があったな。

魚雷いから潜水艦がない、駆逐艦もないから水上戦で戦艦を沈めるのは戦艦以外ほぼ理、飛行機爆撃機だけだから沈めるのは困難という理由だったっけ。

最後は日本ジェット機で投下できる航空魚雷を発明して沈めた(襲側も被害甚大だけど)はず。
270 : ななしのよっしん :2018/06/08(金) 14:18:23 ID: Py46Oby5N/
大艦巨砲主義以前
→遠距離大口は当たらない。速射いっぱい、近距離で数の勝負。戦艦は沈まないから上部構造を如何にく燃やすか
→口径勝負をしない。補助艦の中小口も戦計算に入る。多少強い艦艇よりは、数をえたり集中や整備など運用の工夫にを割いた方がいい

ドレッドノート以降
→遠距離大口は当たる。当たれば装甲不足の艦は沈む。
おまけに高速なのでこちらが劣勢なら襲われ、優勢なら逃げられる。航洋性も十分で昔のモニター艦と違いどの戦場にも現れ得る。

その結果列強諸が傾くほどの建艦競走が起きる。もし手を抜いた場合
→制権取られる→植民地を失い収入減→予算が減ってさらに戦減るか国家が破綻、のスパイラルに陥るのではないかと思う。
ライバルが手を抜かない限り手を抜けない。かといってそのままを疲弊させたらライバル以外のとのリード差が縮まってしまう。そこで利が一致し軍縮条約が成立したのだろうと思う
271 : ななしのよっしん :2018/06/09(土) 18:50:02 ID: Py46Oby5N/
ただ、ドレッドノート級は列強の建艦思想に影を与えたが、大艦巨義」と言う程に強く意識してるのは近での艦隊決戦の結果が死活問題に直結する日本くらい(大艦巨砲主義に該当する英語がない)、という考察も見た事がある
WW1に本格関与せず、条約で戦艦だけになったせいもあるかも知れない(級艦や前級艦も戦価値は大きく下がったが化したわけではない)
欧州軍事情は戦場が広域分割されてたり非対称だったり同盟関係が複雑だったり、緩やかに変化したのかもしれない
272 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 17:36:50 ID: LkNZRhjb8t
日本海戦の成功体験を忘れられなかったって面もあるんじゃないかと思う
273 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 17:58:46 ID: M2dIJtux1q
日本大艦巨砲主義と言うには、世界で最も戦艦に頼らない戦備を考えてたぞ。
日本海戦の影がデカすぎたのは正しいが、大艦巨砲主義と言うより艦隊決戦義。
そうなったのも仮想敵(アメリカ)が分不相応に巨大で遠い相手だったと言うのが大半の要因だが
決戦してさっさと決着をつける以外勝てる体かった
・対決戦できる戦備を整えようとした結果、他の戦備に手が回らなかった
・「軍は政治に関わるべからず」を悪い意味で解釈し、日対以外の構図を想定していなかった

ただこう書くと的外れに見えるが、実際は太平洋と言う広大過ぎる洋を挟んでるから
決戦の内容次第では講和はともかく戦況がかなり大きく動く構図だった事は忘れちゃいけない
実際、世界最大規模の軍戦を投入された戦が3度も起こってるしね。
問題は、日本は3度(ミッドウェー・マリアナ・レイテ)とも負けちゃった事だし
決戦しか考えないと言っても、どの決戦に負けるとシーレーンごと遮断されちゃうからね
何にせよ、日本ほど戦艦
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829