編集  

大谷翔平単語

オオタニショウヘイ
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
今週のおすすめ この記事は第433回の今週のオススメ記事に選ばれました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。

大谷翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日-)とは、岩手県出身のプロ野球選手投手外野手)である。2018年からロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムに所属。

野球選手においてはしく投手と野手の両方で出場する選手である。

概要

小学校3年時から野球を始め、中学時代には一関リトルニアに所属し、全大会に出場する。

菊池雄星に憧れ巻東高等学校に進学したが、1年まで野手として育成される。その後はエースとなり、ストレート球速は1年次に147km/h、2年次に150km/hと徐々に上がり、3年次の岩手県大会準決勝でアマチュア史上最速の160km/hマークした。しかし決勝戦で敗れたため、3年夏の甲子園出場はわなかった。甲子園大会には2年、3年と2回出場したが、いずれも1回戦で敗れた。2年には帝京高校、3年大阪桐蔭高校藤浪晋太郎森友哉が所属)と強校と当たったことも不運であった。

2012年ドラフト会議直前にメジャー挑戦を表明していたにも関わらず、ドラフト会議前日に北海道日本ハムファイターズ1位での名を表明し、交渉権を獲得。日本ハムが訪れても当初は面会を拒否していた。その後監督栗山英樹も交え、4度も入団交渉が行われた末に、日本ハム入りを決断した(その際は30ページにも及ぶ資料が使われ、日本ハムの球団公式サイトでも一部開されている)。背番号ダルビッシュ有がつけていた11

高校通算56本塁打と長打もあるため、投手と野手の二刀流で育成されることになり、どこまで通用するかが注される。

現在の最速は公式記録では164km/h非公式ではクライマックスシリーズ165km/h

日本ハム時代

2013年(1年目)

開幕戦(埼玉西武ライオンズ戦)で「7番ライト」でスタメン出場した。オールスターにも選出され、第1戦では投手。第2戦では外野手として出場した。成績は投手としては3勝敗、野手としては打率.238、3本塁打20打点だった。

2014年

オールスター第2戦に出場し、162km/hを計測。9月7日オリックス・バファローズ戦で日本プロ野球史上初の10勝10本塁打を達成した。MLBでもベーブ・ルースしか達成していない偉業であった。10月5日シーズン終戦となる東北楽天ゴールデンイーグルス戦では初回に銀次に対し、162km/hを計測。これがマーク・クルーンに並ぶNPBシーズン公式タイ記録となる。また、パ・リーグ速記録、由規の持つ日本人NPBシーズン速記録を次々に更新した。オフ日米野球に出場した。シーズン11勝4敗、防御率2.61だった。

2015年

自身初の開幕投手を務め、勝利投手になった。また、チームでは1979年高橋直樹以来となる開幕6連勝を飾った。オールスターでは投手と野手の両方でファン投票選出された。全日程終了時点で15勝、防御率2.24、勝率.750でそれぞれ最多勝利、最優秀防御率、最高勝率となり自身初の投手三冠いた。しかし沢村賞は、
前田健太藤浪晋太郎クリス・ジョンソンと争い、最終的に前田健太に譲ることになった。
オフWBSCプレミア12日本代表に選出された。大会では2試合に登板し、13回失点の活躍でベストナインを受賞した。

2016年

開幕後はなかなか勝てなかったが、打撃では5試合連続ホームランなど、前年よりいい成績を残す。5月29日楽天戦では6番投手でスタメン出場。6月5日読売ジャイアンツ戦では5番投手でスタメン出場し、ルイス・クルーズとの対戦でNPB速記録の163km/hマークした。7月3日福岡ソフトバンクホークス戦では「1番投手」として先発起用され、中田賢一の投じた初球を右中間スタンドへと運んで自身初となる初回先頭打者本塁打を記録。投手による先頭打者ホームランは史上初である。
オールスターでは投手としてファン投票選出されるも右手マメの怪のため登板を回避し、野手として異例の出場をすることとなった。第1戦試合前のホームランダービーでは一回戦で山田哲人、決勝戦で柳田悠岐を破り、優勝を果たした。第2戦では5番指名打者で出場し、自身初のオールスター本塁打を含む3安打2打点と活躍し、オールスターMVPに選出された。
9月13日オリックス戦でこれまた最速記録を更新する164km/hストレートを投げたが、糸井嘉男に打たれた。9月28日西武戦では9回1安打15奪三振封勝利を挙げ、日本ハムの4年ぶりのリーグ優勝を達成。胴上げ投手となった。この勝利により10勝に到達し、日本プロ野球史上初の10勝20本塁打を達成した。

クライマックスシリーズ

第1戦に先発登板し、7回1安打失点の好投を見せた。
勝てば日本シリーズ進出となる第5戦では3番指名打者先発出場していたが、9回からDH解除で救援登板吉村裕基に対しての初球で、最速記録を更新する165km/hを記録した。この回を三者退に抑え、日本ハム日本シリーズ進出を決めた(詳細は大谷の15球を参照)。

日本シリーズ

第1戦に8番先発ピッチャーとして出場。6回を投げ11奪三振、打っても3打数2安打とするも、カープダブルチール(セカンド送球カットをしなかった大谷エラーとの見方もある)と、プロ入り初ホームランを打たれている松山竜平、さらにはブラッド・エルドレッドホームランによって3失点を喫し、敗戦投手となる。
第3戦では同点で迎えた延長10回裏に見逃せばボール球というインローの球を打って1,2塁間を破るサヨナラタイムリーを放った。「ボール球が来るのはわかっていたから、ボール球を打った」という趣旨の発言をしている。意味が分からない
第6戦では先発登板を回避。8回表2アウト満塁バッタ中田翔の場面でネクストバッタズサークルに登場したが、中田が押し出しを選ぶとベンチへと戻るという、栗山監督作戦によって打席に立つことはなかった(詳細は見せ大谷を参照)。

オフ

ベストナイン投手部門と指名打者部門で獲得。さらにパ・リーグMVPを獲得した。

2017年

ワールド・ベースボール・クラシックWBC2017では日本代表選手として選抜された。ところが前年の日本シリーズで痛めた足首が回復しなかったため、出場を見送った。

開幕からは怪の影もあり指名打者で出場したが、4月8日オリックス戦で左太もも裏の離れを発症し戦線離脱。6月23日に一軍に昇格し、27日のソフトバンク戦で復帰した。オールスターにも選ばれたが、第2戦で代打で出場し左飛だった。7月31日には4番指名打者先発出場した。
8月30日にはメジャースカウトが見守る中、ソフトバンク戦で先発160km/hをマークしたが、4回4失点でKO負けした。9月8日西武戦で1年ぶりの1試合2本塁打を記録した。
10月4日オリックス戦では4番投手(66年ぶり、パ・リーグ史上初)で先発出場し、10奪三振で3勝を挙げ、シーズン最後の登板を締めくくった。打つ方では4回に初安打を放ってチャンスメイクすると、大田泰示タイムリーで3点を先制し、この3点を守った。オフポスティングシステムを使用しメジャーリーグベースボールに挑戦する意向を固めているという報道もあり、ファンからは「跳べ!大谷の向こう側へ」というメッセージも挙げられた。11月11日に正式にポスティングシステムを行使してメジャー挑戦を表明した。

エンゼルス時代

大谷メジャー挑戦を表明すると、メジャーリーグの各球団からはなんと30球団ものオファーがあり、内16球団は「二刀流OK」という条件を提示していたという。各球団の代理人との面接の後「1次審」である書類選考が行われ、2017年12月3日には7球団に補が絞られた事が報じられた。名門球団ニューヨーク・ヤンキースもこの段階で落選しているが、落選した各球団は東海であること、DHのないナ・リーグであること、そして先発起用でなく代打中継ぎ起用と起用条件が折り合わないこと等が落選の要因として挙げられた。
こうして大谷は渡し、残った7球団と12月4日以降直接交渉に臨んだ。交渉内容には徹底した情報規制が敷かれ、一時はサンフランシスコ・ジャイアンツシカゴ・カブスと報じられるなど情報は錯綜したが、2017年12月8日ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムと合意した。背番号17

10日に本拠地エンゼルスタジアム前にて開入団会見が行われ、ソーシア監督、モレノオーナー、エプラーGMが同席し、更に日本同様メジャーでも二刀流挑戦を表明するなど、異例尽くしの会見となった。
なおエンゼルスタジアムのロッカールームでは、かつて9年連続二桁勝利を挙げるなど長年チームのエースで前年に引退した、ジェレッド・ウィーバーが使っていたロッカーが与えられている。

2018年

プリントレーニングオープン戦)では初出場で初安打を記録したものの、最終的に投手としては防御率27.00、打者としては打率.170と精を欠いたため、開幕前までの全スポーツ各誌は、当初大谷に懐疑的な記事が立っていた。

しかし開幕をメジャーで迎え8番・指名打者として起用されると、3月31日に敵地OACコロシアムでのオークランド・アスレチックス戦で初打席初安打を記録した。翌日2日には投手として同球場先発登板し、3ランホームランを打たれたものの、6回6奪三振と試合を作りメジャー初勝利を挙げた。
そして本拠地開幕戦となった4月4日クリーブランド・インディアンス戦では第1打席でメジャーホームランとなる3ランホームランを記録。更に翌5日、そして7日と3試合連続のホームランを放ちチームの勝利に貢献すると、全各誌も一転して「打者としても投手としても試合に出るたびに懐疑的な人々を黙らせる(yahooスポーツ)」といった報道がなされ、一気に驚きと注を集めるようになる。
エリック・ヒンスキー打撃コーチによれば、開幕前の不振を一蹴したきっかけとして「打つときに少しの位置がズレていて小さい変化をするボールに対応できない事を助言したところ、次会った時に大谷は自分の判断でノーステップ打法に切り替えていた」ことだったといい、驚異的なアジャストに驚いたという。

そして本拠地初先発となった4月9日アスレチックス戦では、球場修した1998年以降最多となる44742人が詰めかける中、7回失点・被安打1・12奪三振という圧倒的な投球を披露。本拠地初勝利となる2勝を飾るなど二刀流としての活躍を続け、5月2日には4月のア・リーグ新人のMVPに選ばれている。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
日本ハム 応援歌のピコカキコ一覧#320 9321
9321

成績

年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2013年 日本ハム 77 204 189 14 45 15 1 3 20 4 0 2 12 1 64 3 .238 .284
2014年 86 234 212 32 58 17 1 10 31 1 0 1 21 0 48 4 .274 .338
2015年 69 118 109 15 22 4 0 5 17 1 0 2 8 0 43 1 .202 .252
2016年 104 382 323 65 104 18 1 22 67 7 0 4 54 1 98 7 .322 .416
2017年 65 231 202 24 67 16 1 8 31 0 0 3 24 2 63 0 .332 .403
NPB:5年 403 1170 103 150 296 70 4 48 166 13 0 12 119 4 316 15 .286 .358

年度別投手成績

年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
2013年 日本ハム 13 0 0 3 0 0 0 1.000 61.2 33 46 30 29 4.23 1.46
2014年 24 3 2 11 4 0 0 .733 155.1 57 179 50 45 2.61 1.17
2015年 22 5 3 15 5 0 0 .750 160.2 46 196 40 40 2.24 0.91
2016年 21 4 1 10 4 0 1 .714 140.0 45 174 33 29 1.86 0.96
2017年 5 1 1 3 2 0 0 .600 25.1 19 29 9 9 3.20 1.26
NPB:5年 85 13 7 42 15 0 1 .737 543.0 200 624 162 152 2.52 1.08

年度別守備成績

年度 球団 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2013年 日本ハム 投手 13 2 7 0 1 1.000
外野手 54 75 7 1 1 .998
2014年 投手 24 8 23 1 1 .969
外野手 8 15 0 0 0 1.000
2015年 投手 22 15 29 1 0 .978
2016年 投手 21 9 23 1 2 .970
2017年 投手 4 2 4 0 0 1.000
NPB 投手 84 36 86 3 4 .976
外野手 62 90 7 1 1 .990

初記録

初出場 2013年3月29日 埼玉西武ライオンズ1回戦 西武ドーム
安打 埼玉西武ライオンズ1回戦 岸孝之から
初打点
登板 2013年5月23日 東京ヤクルトスワローズ2回戦 札幌ドーム
奪三振 東京ヤクルトスワローズ2回戦 ウラディミール・バレンティンから
初勝利 2013年6月1日 中日ドラゴンズ4回戦
盗塁 2013年6月29日 埼玉西武ライオンズ11回戦
本塁打 2013年7月10日 東北楽天ゴールデンイーグルス10回戦 永井怜から クリネックススタジアム宮城

2014年5月13日 埼玉西武ライオンズ7回戦 函館オーシャンスタジアム

タイトル・表彰

タイトル
最多勝 1回 2015年
最優秀防御率 1回 2015年
最多勝率 1回 2015年
MVP 2回 2015年4月2016年6月
最優秀バッテリー 1回 2015年大野奨太
札幌ドームMVP 2回 2015年2016年
WBSCプレミア12ベストナイン 1回 2015年
セ・パ交流戦 日本生命賞 1回 2016年
オールスターゲームMVP 1回 2016年
ベストナイン 2回 2015年投手
2016年投手指名打者同時受賞)
MVP 1回 2016年

関連動画

日本ハム時代

エンゼルス時代

関連商品

ニコニコ市場で「大谷翔平」と検索

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E7%BF%94%E5%B9%B3
ページ番号: 5051205 リビジョン番号: 2588533
読み:オオタニショウヘイ
初版作成日: 13/03/03 12:12 ◆ 最終更新日: 18/05/11 22:44
編集内容についての説明/コメント: エンゼルス時代加筆、月間MVPなど
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大谷翔平について語るスレ

1409 : ななしのよっしん :2018/07/11(水) 17:37:21 ID: xrhCtLT0mv
二刀流辞めて欲しいのか欲しくないのか・・・
大谷の身体考えると二刀流して欲しくないが、やるなら理してでも成績出せ
そう捉えられるけど
理せずスぺ体質に折り合いつけて頑ってくれじゃダメなんか
1410 : ななしのよっしん :2018/07/11(水) 18:46:18 ID: IprSNwwIUf
個人的にはどっちかに絞ってほしいとは思う
確かに両方一流の才は持ってるけど時間だけは人間はみな限られてる
中小企業では専門分野でもゼネラリストスペシャリストを上回ることはあるけど
大企業ではそうもいかないのと同じ、実際打率2,70くらいまで落ちてるしこのままじゃ2,5下回って気が付いたらマイナー落ちしてましたなんてことになりかねん
1411 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 02:09:12 ID: xrhCtLT0mv
なるほど
大谷のことを考えるとく1本に絞る方が調整しやすいし当然の考えだと思う
く1本に絞って欲しいという気持ちは同じだよ
ただ自分はそれが可ならば大谷二刀流として標(メジャー10勝10本なら嬉しい)を達成してからであって欲しいので貶さず応援してくというだけで、限界まで二刀流でいて欲しいわけじゃないんだ

ありがとう
大谷の長期に渡る活躍を思って色々考えてることが分かって良かったよ
1412 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 09:42:32 ID: 8KELkqTxIj
>>1411
大谷の長期に渡る活躍を思って色々考えてることが分かって良かったよ
大谷が怪してからの首を取ったように湧いてきたID:xrhCtLT0mvがそんな殊勝な考えを持ってるわけないだろw
そいつがただの対立煽りなのはレスを追えば明らか
何度も言われてるように、大谷二刀流をやりたくて、エンゼルスはそれを受け入れたんだから、外野が一本に絞れと言うのは余計なお世話以外の何物でもない
1413 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 09:45:19 ID: 8KELkqTxIj
大谷が怪してからの首を取ったように湧いてきたID:xrhCtLT0mvがそんな殊勝な考えを持ってるわけないだろw
すまん間違えた
ID:xrhCtLT0mvじゃなくてID:IprSNwwIUfね
1414 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 10:55:56 ID: swds0E1oT7
打者に専念すればトリプルスリーを狙える才だよな
投手としては肘を壊してしまったからな、なかなか厳しいと思うよ
1415 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 14:53:54 ID: IprSNwwIUf
>>1411
別に大谷のこと思ってるわけじゃないよ、ノムさん大谷に対する意見で
「類稀な才を持っているからこそ心をにしてでも導者が止めなければいけなかった、もう手遅れだが」の意見にほぼ同意で大谷のことは正直もう手遅れだと思ってる。
どっちかというと心配しているのは大谷本人ではなくメディアに持ち上げられることであっさり乗せられて大谷真似をするのが後世に増えて欲しくない。
高校生くらいまではピッチャーで4番とかも夢があって良いとは思うけどプロになったらそういうのは割り切ろうぜって感じ、チームの貢献の為なら必要な場面でヒッティングも出来るピッチャーとかなら良いと思うけどね、大谷チームの為じゃなくて自分の為だけに野球やってるって感じだから
1416 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 15:18:21 ID: XuJbbiP0OE
>>1415
最後の一言だけは取り消した方が良い
1417 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 16:46:25 ID: xrhCtLT0mv
>>1412
正直怪してる時の内容だけならIprSNwwIUfさんは煽りたいだけかなと思うよ
とはいえ根拠もあるし理解出来る
大谷が決断して限界まで二刀流やり続けるなら支持するし、外野が1本に絞れとどうこう言っていいものではなく悪かった
同時に悪戯に1本にしてくれというものでなく、スぺ気味で離脱しやすい大谷二刀流がどれだけ諸刃の剣チームの負担なのか不安視する自分みたいな人がいるのも分かってもらえないだろうか
ユーティリティープレイヤーの一種として考えたら、分業化が進んだ中で離脱しやすいんじゃ期待してる起用より埋めの負担の方が大きいのも確かだし

に長年苦しんだ選手、若くして引退せざるをえなかった選手をしも見てきたと思う。その中で大谷が一般的な引退する歳までずっと活躍して欲しい
それを思うとIprSNwwIUfさんが大谷のこと思ってないのは残念だし二刀流は個人的に見続けたい夢だが、野球選手大谷としたら二刀流は優先すべきことではない点は一致する
1418 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 19:16:17 ID: IprSNwwIUf
>>1417
大谷が憎いと言うよりは大谷本人の事に関しては自身の才を同意できない形で使いチームに貢献していないくらいの認識で、
本当に憎んでるのは煽るメディアとか大谷の才を認めた上で心配してやり方を摘する先人の意見を老害嫉妬として記事偽造とかまでしてアフィブロの連中なんだよね、
特にハム速見たいなのが一番許せない、大谷の事は素直に一本に絞って記録を塗り替えるような一途さを見れば素直に応援するかな。
まあエンゼルス大谷のやり方を許容する代わりにやっすい年俸なんだろうけど
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829