単語記事: 大谷翔平

編集
今週のおすすめ この記事は第433回の今週のオススメ記事に選ばれました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。

大谷翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日-)とは、岩手県出身のプロ野球選手(投手外野手)である。現在は北海道日本ハムファイターズに所属。

概要

北海道日本ハムファイターズ #11
大谷翔平
基本情報
国籍 日本日本
出身地 岩手県水沢市
生年月日 1994年7月5日
身長
体重
193cm
86kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 投手、外野手
プロ入り 2012年ドラフト1位
経歴
国際大会
代表チーム 日本
日米野球 2014年
プレミア12 2015年
プロ野球選手テンプレート

小学校3年時から野球を始め、中学時代には一関リトルシニアに所属し、全国大会に出場する。

菊池雄星に憧れ花巻東高等学校に進学したが、1年夏まで野手として育成される。その後はエースとなり、ストレートの球速は1年次に147km/h、2年次に150km/hと徐々に上がり、3年次の岩手県大会準決勝でアマチュア史上最速の160km/hをマークした。しかし決勝戦で敗れたため、3年夏の甲子園出場は叶わなかった。甲子園大会には2年夏、3年春と2回出場したが、いずれも1回戦で敗れた。2年夏には帝京高校、3年春は大阪桐蔭高校(藤浪晋太郎、森友哉が所属)と強豪校と当たったことも不運であった。

2012年ドラフト会議直前にメジャー挑戦を表明していたにも関わらず、ドラフト会議前日に北海道日本ハムファイターズが1位での指名を表明し、交渉権を獲得。日本ハムが訪れても当初は面会を拒否していた。その後監督の栗山英樹も交え、4度も入団交渉が行われた末に、日本ハム入りを決断した(その際は30ページにも及ぶ資料が使われ、日本ハムの球団公式サイトでも一部公開されている)。背番号はダルビッシュ有がつけていた11。

高校通算56本塁打と長打力もあるため、投手と野手の二刀流で育成されることになり、どこまで通用するかが注目される。

現在の最速は公式記録では164km/h、非公式ではクライマックスシリーズの165km/h

プロ入り後

2013年(1年目)

開幕戦(埼玉西武ライオンズ戦)で「7番ライト」でスタメン出場した。オールスターにも選出され、第1戦では投手。第2戦では外野手として出場した。成績は投手としては3勝無敗、野手としては打率.238、3本塁打、20打点だった。

2014年

オールスター第2戦に出場し、162km/hを計測。9月7日のオリックス・バファローズ戦で日本プロ野球史上初の10勝10本塁打を達成した。MLBでもベーブ・ルースしか達成していない偉業であった。10月5日のシーズン最終戦となる東北楽天ゴールデンイーグルス戦では初回に銀次に対し、162km/hを計測。これがマーク・クルーンに並ぶNPBシーズン公式タイ記録となる。また、パ・リーグ最速記録、由規の持つ日本人NPBシーズン最速記録を次々に更新した。オフに日米野球に出場した。シーズン11勝4敗、防御率2.61だった。

2015年

自身初の開幕投手を務め、勝利投手になった。また、チームでは1979年の高橋直樹以来となる開幕6連勝を飾った。オールスターでは投手と野手の両方でファン投票選出された。全日程終了時点で15勝、防御率2.24、勝率.750でそれぞれ最多勝利、最優秀防御率、最高勝率となり自身初の投手三冠に輝いた。しかし沢村賞は、
前田健太、藤浪晋太郎、クリス・ジョンソンと争い、最終的に前田健太に譲ることになった。
オフにWBSCプレミア12の日本代表に選出された。大会では2試合に登板し、13回無失点の活躍でベストナインを受賞した。

2016年

開幕後はなかなか勝てなかったが、打撃では5試合連続ホームランなど、前年よりいい成績を残す。5月29日の楽天戦では6番投手でスタメン出場。6月5日の読売ジャイアンツ戦では5番投手でスタメン出場し、ルイス・クルーズとの対戦でNPB最速記録の163km/hをマークした。7月3日の福岡ソフトバンクホークス戦では「1番投手」として先発起用され、中田賢一の投じた初球を右中間スタンドへと運んで自身初となる初回先頭打者本塁打を記録。投手による先頭打者ホームランは史上初である。
オールスターでは投手としてファン投票選出されるも右手マメの怪我のため登板を回避し、野手として異例の出場をすることとなった。第1戦試合前のホームランダービーでは一回戦で山田哲人、決勝戦で柳田悠岐を破り、優勝を果たした。第二戦では5番指名打者で出場して、自身初のオールスター本塁打を含む3安打2打点と活躍し、オールスターMVPに選出された。
9月13日のオリックス戦でこれまた最速記録を更新する164km/hのストレートを投げたが、糸井嘉男に打たれた。9月28日の西武戦では9回1安打15奪三振で完封勝利を挙げ、日本ハムの4年ぶりのリーグ優勝を達成。胴上げ投手となった。この勝利により10勝に到達し、日本プロ野球史上初の10勝20本塁打を達成した。

クライマックスシリーズでは第1戦に先発登板し、7回1安打無失点の好投を見せた。その後、勝てば日本シリーズ進出となる第5戦では3番指名打者で先発出場していたが、9回からDH解除で救援登板。吉村裕基に対しての初球で、最速記録を更新する165km/hを記録した(吉村は空振り)。結局この回を三者凡退に抑え、日本ハムは日本シリーズ進出を決めた(詳細は大谷の15球を参照)。

日本シリーズでは第1戦に8番先発ピッチャーとして出場。6回を投げ11奪三振、打っても3打数2安打とするも、カープのダブルスチール(セカンド送球をカットをしなかった大谷のエラーとの見方もある)と、プロ入り初ホームランを打たれている松山竜平、さらにはブラッド・エルドレッドのホームランによって3失点を喫し、敗戦投手となる。
第3戦では同点で迎えた延長10回裏に見逃せばボール球というインローの球を打って1,2塁間を破るサヨナラタイムリーを放った。「ボール球が来るのはわかっていたから、ボール球を打った」という趣旨の発言をしている。意味が分からない
そして当初先発が見込まれていた第6戦では登板を回避。同点で迎えた8回表2アウト満塁、バッター中田翔の場面でネクストバッターズサークルに登場したが、中田が押し出しを選ぶと何食わぬ顔でベンチへと戻るという、栗山監督の作戦によって打席に立つことはなかった(詳細は見せ大谷を参照)。

オフにベストナインを投手部門と指名打者部門で獲得。さらにパ・リーグのMVPを獲得した。

2017年

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2017では日本代表選手として選抜された。ところが前年の日本シリーズで痛めた足首が回復しなかったため、出場を見送った。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
日本ハム 応援歌のピコカキコ一覧#320 9321
9321

年度別成績

(2016年終了時点)

野手成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2013年 日本ハム 77 204 189 14 45 15 1 3 20 4 0 2 12 1 64 3 .238 .284
2014年 86 234 212 32 58 17 1 10 31 1 0 1 21 0 48 4 .274 .338
2015年 69 118 109 15 22 4 0 5 17 1 0 2 8 0 43 1 .202 .252
2016年 104 382 323 65 104 18 1 22 67 7 0 4 54 1 98 7 .322 .416
NPB:4年 336 938 833 126 229 54 3 40 135 13 0 9 95 2 253 15 .275 .347

投手成績

年度 球団 登板 完投 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 与四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
2013年 日本ハム 13 0 0 3 0 0 0 1.000 61.2 33 46 30 29 4.23 1.46
2014年 24 3 2 11 4 0 0 .733 155.1 57 179 50 45 2.61 1.17
2015年 22 5 3 15 5 0 0 .750 160.2 46 196 40 40 2.24 0.91
2016年 21 4 1 10 4 0 1 .714 140.0 45 174 33 29 1.86 0.96
NPB:4年 80 12 6 39 13 0 1 .750 517.2 181 595 153 143 2.49 1.07

青文字はリーグ最高。

守備成績

年度 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2013年 投手 13 2 7 0 1 1.000
外野手 54 75 7 1 1 .998
2014年 投手 24 8 23 1 1 .969
外野手 8 15 0 0 0 1.000
2015年 投手 22 15 29 1 0 .978
2016年 投手 21 9 23 1 2 .970
NPB:4年 投手 80 34 82 3 4 .975
外野手 62 90 7 1 1 .990

初記録

初出場 2013年3月29日 対埼玉西武ライオンズ1回戦 西武ドーム
初安打 対埼玉西武ライオンズ1回戦 岸孝之から
初打点
初登板 2013年5月23日 東京ヤクルトスワローズ2回戦 札幌ドーム
初奪三振 東京ヤクルトスワローズ2回戦 ウラディミール・バレンティンから
初勝利 2013年6月1日 中日ドラゴンズ4回戦
初盗塁 2013年6月29日 対埼玉西武ライオンズ11回戦
初本塁打 2013年7月10日 東北楽天ゴールデンイーグルス10回戦 永井怜から クリネックススタジアム宮城
初完投
初完封
2014年5月13日 対埼玉西武ライオンズ7回戦 函館オーシャンスタジアム

タイトル

  • 最多勝:1回
  • 最優秀防御率:1回
  • 最高勝率:1回

表彰

  • 月間MVP賞:2回(投手部門:2015年4月、2016年6月)
  • 最優秀バッテリー賞:1回(2015年)
  • 札幌ドームMVP賞:2回(2015年、2016年)
  • WBSCプレミア12ベストナイン(2015年)
  • セ・パ交流戦 日本生命賞(2016年)
  • オールスターゲームMVP(2016年)
  • ベストナイン(2015年投手、2016年投手・指名打者同時受賞)

関連動画

関連商品

ニコニコ市場で「大谷翔平」と検索

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E7%BF%94%E5%B9%B3
ページ番号: 5051205 リビジョン番号: 2459665
読み:オオタニショウヘイ
初版作成日: 13/03/03 12:12 ◆ 最終更新日: 17/02/15 21:06
編集内容についての説明/コメント: 【修正】2017年のすぐに古くなりそうな表現を手直し
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大谷翔平について語るスレ

857 : ななしのよっしん :2017/02/08(水) 18:50:44 ID: zTM0IGdInC
まあこれで評価下げない方が異常と言えるから別にそれで叩くのは真っ当なことだ。
今回のことは菅野智之だろうと藤浪晋太郎だろうと叩かれてる。大谷だからまだこの程度で済んでるだけ。
こういう時はもう実力で黙らせるしかないわな。雄弁は銀、沈黙は

858 : ななしのよっしん :2017/02/08(水) 19:09:05 ID: 47CxPaZ407
どんだけ才能があろうとも、心は普通の若者と変わらないんだよな
大谷も人間だということをちゃんと理解する良い機会だ
859 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 12:30:53 ID: 7yFaQmpx/N
これで大谷が悪役扱いになるならいいけど
マスコミはそれでも持ち上げるだろうからなぁ
叩かれても仕方ない
860 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 13:44:20 ID: zTM0IGdInC
少なくとも大谷翔平凄いんだぞ芸人はやらんでよかったな
狩野がやらかしたのもあるけど最悪のタイミングで放送になったし
861 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 17:39:48 ID: 6p1ny4TCJx
怪我による離脱は仕方ないとは思うし皆もそうだと思うが、
一番問題なのは事が発覚するの遅すぎじゃねってことなんだと思う
862 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 23:34:33 ID: AGzZ2WrHIb
なんでヱ
863 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 04:37:04 ID: mr+zteNz/+
大谷好きなんだが大谷ファンの他選手ディスがマジでひどすぎ
今までの色んな選手のファンも多少そういう点はあったが、大谷ファンは多少どころじゃなく最悪
凄い選手なのにファンが残念だわ
864 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 05:12:26 ID: 47CxPaZ407
はたしてそれは本当にファンなのか
865 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 13:20:44 ID: nklRurmtfp
まあ怪我が本当だとしてなんでここまで最終選考が済んだ状態で話すのかが分からん
日本シリーズの時点で分かってたのなら強化試合の時に休めよ、せめて小久保に伝えたれよ
まあこれは大谷じゃなくハム側がクソって話になるが
本当に怪我してるのかも正直怪しいと思うけどまあそこは置いとく
866 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 06:49:10 ID: zTM0IGdInC
>>864
最近はファンでもナチュラルに選手見下す奴は増えたな
ダルビッシュ有や田中将大を否定し始めたときは流石にたまげた
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015