単語記事: 天元突破グレンラガン

編集  

おまえが信じる、おまえを信じろ!!

天元突破グレンラガン(てんげんとっぱー)は、ガイナックス製作ロボットアニメである。

概要

天元突破グレンラガン
ジャンル SFファンタジーロボット
原作 GAINAX
監督 今石洋之
シリーズ構成 中島かずき
キャラクターデザイン 錦織敦史
メカニックデザイン 吉成曜
アニメーション制作 GAINAX
製作 テレビ東京KDE-J、電通ANIPLEX
放送局 テレビ東京系
放送期間 2007年4月1日 - 9月30日
話数 全27話 +NDS版特典番外編1話
CopyRight ©GAINAXANIPLEXKDE-J、
テレビ東京電通

ガイナックス今石洋之が打ち立てた「『ドリル』を核に据えた物語」というコンセプトが、劇団☆新感線の座付作家である中島かずきに委ねられ、そこから「一人の男とドリル進化宇宙」というテーマが膨らませられて完成した、正義と信念とドリル物語

タイトルにもなっている「天元」とは万物生育の根という意味があり、また囲碁の用では盤の中央(中心)をす。

この名が示す通り中央突破王道作品をして作られており、物語は前編(1部・2部)と後編(3部・4部)の2部2編で構成され、主人公シモンの生き様を描いている。

2007年4月1日から同年9月30日まで全27話が放送され、2008年2009年にはTV版の総集編に新たなカットが加わった劇場版』『』がそれぞれ開された。

2007年に「文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」優秀賞、「東京国際アニメフェア2008・第7回東京アニメワードテレビ部門」優秀賞・個人賞(キャラクターデザイン)をそれぞれ受賞。題歌である中川翔子の『空色デイズ』は、紅白の曲にも選ばれた。

niconicoにおけるグレンラガン

ニコニコ動画アニメ規制較的緩かった頃に放送されていたため、本編動画はかなりの再生数を誇った。 また、放送時間が日曜だった為、見逃した層がニコニコで見るパターンも多かったと思われる。 MADも数多く作られ、1万再生える人気作も沢山出ている。劇場版DVD発売以降は、そちらのカットテーマ曲を組み込んだものも制作され、ニコニコユーザーの本作ファンを喜ばせた。2014年1月にはニコニコ生放送にて、TVシリーズの一挙見生放送が行われた。

そして、2015年12月下旬から2016年1月上旬まで、「天元突破グレンラガン 再始動!!」というプロジェクトキャンペーンの一環として、1話~27話までの全話(総集編である第16話を除く)が期間限定で無料配信されていた。

あらすじ

かな未来

人々は地中にを掘ってを造り畜を飼い、 時折起きる地震と落盤に怯えながら何年も息を潜めるように暮らしてきた。そんな村の一つ・ジーハ。 村を広げるための掘りをしていた少年シモンは、 ある日、掘り進んだ先で偶然、不思議にる小さなドリルを見つける。そして、シモン兄貴分である青年カミナ。彼は、村の上には「地上」があることを信じ、 グレン団というチンピラグループを率いて天井を突き破って外へ出ようと論んでいた。そんなある日、地震と共に村の天井が崩れ巨大なロボットが落ちてくる!

カミナは確信する「やっぱり地上はあった!」 そして、謀にも村で暴れるロボットに立ち向かおうとする。その時、更に地上から何かがやって来た。それは、巨大なライフルを持った少女ヨーコだった。彼女は、ロボットを地上から追って来たのだ。しかし、ライフルの威では、倒すどころか足止めをするのが精一杯。そんなピンチの中、シモンは、以前、地中から掘り出したモノをカミナヨーコに見せる。

それは、顔だけのロボットだった…。

主な登場人物

シモン(CV:柿原徹也)

本作の主人公ドリルを掘ることだけが取り柄の愚直な少年グレンラガンパイロットで後に大グレンリーダー物語初期は非常に臆病で気弱な人物であったが、兄貴分のカミナの影や数々の戦いをくぐり抜けることで、次第に戦士としてもリーダーとしても一人前の男に成長してゆく。また螺旋と呼ばれる自然エネルギーを操るうえで未曾有の才を有している。

カミナ(CV:小西克幸)

主人公シモン兄貴分にして、螺旋王ロージェノム対する抵抗組織=大グレン団の創設者。シモンとともにグレンラガンを操る。楽天的でな性格だが、その破りな行動と前向きで情熱的な人となりから、シモンを始め多くの若者たちを惹きつける魅を持つ人物。シモンを始め大グレン団のメンバーに巨大な精的影を与えた。

ヨーコ・リットナー(CV:井上麻里奈)

本作のヒロインの一人。ビキニスタイルの刺的な装と電動ライフルをぶっ放す姿が印的な美少女シモンカミナを地上へと導いたのが彼女。卓越したスナイパーであり、大グレン団の戦いに様々な局面で多大な貢献をした。

ロシウ・アダイ(CV:斎賀みつき)

ダイという貧しい村出身の少年。とある経緯でシモンたちと行動を共にするようになる。直情的で理性より衝動を優先しがちな大グレン団にあって、例外的に慎重で合理的な判断ができる人物である。ただ、それ故大グレン団内部では浮いてしまい、それが後々重大な事件を招くことになるが・・・。あまりにすぎて多くのモノを一人で背負い込む傾向がある。

ニア・テッペリン(CV:福井裕佳梨)

本作のヒロインの一人。底に投棄されたの中からシモンが保護し、その後行動を共にすることになる。実は螺旋王ロージェノムのであり、それ故か浮世離れした言動を繰り返すおさま。礼儀正しくフワフワした性格だが、意外にも自己は明解で根性も座っている。そしてよりもシモンを信頼している。

ヴィラル(CV:檜山修之)

ロージェノムに仕える獣人戦士カスタムガンメン・エンキを駆ってシモンカミナと度々死闘を演じ、その因縁から彼らを執拗につけ狙う。シモンカミナライバル的存在。誇り高くサムライ的な性格。そして強い正義感の持ちでもある。

キタン・バチカ(CV:谷山紀章)

キヨウ・キヤル・キノンの3人とともに兄弟名乗り獣人に対してゲリラ活動を行っていた。後にたちともども大グレン団に合流し、副リーダー的な存在として活躍、リーダーシモンを支える。機はキングキタン。短気な性格だが陰湿さや根に持つような事はないサッパリした性格。

リーロン・リットナー(CV:小野坂昌也)

オカマのような言動をする怪しげな技師。優れた技術を持ち、損傷したガンメンの修復や敵の解析、新兵器の開発などを一手に引き受ける。大グレン団の参謀的存在。後に宇宙ロケットグレンラガンタイプ(グラパール)の量産化、新たな敵=ムガンへの対抗兵器の開発など技術面で縦横尽の活躍をする。物語の進展とともに彼の技術科学的な知識も非常識なまでの急な進歩を遂げるが、彼はそれを螺旋覚醒の一つの形ではないかと自己分析していた。

螺旋王ロージェノム(CV:池田成志)

地上を支配する獣人の王にしてニア。人類を地下に押し込め、孤立した狭い村で貧しい暮らしを強いている本人。筋々たる体を誇る中年男性のような貌だが実際には1,000年もの間生き続けている。人間の自我を嫌い、女や自分の子供人形のように玩しては棄てるという非情な行為を続けている。彼が人間を地下に押し込めているのは彼なりの考えがあってのことなのだが……。

関連動画

関連チャンネル

関連商品

Blu-ray&DVD

音楽

ファンブック

原画集&設定資料集

ノベライズ

コミカライズ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A9%E5%85%83%E7%AA%81%E7%A0%B4%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%B3
ページ番号: 74021 リビジョン番号: 2312677
読み:テンゲントッパグレンラガン
初版作成日: 08/05/18 01:07 ◆ 最終更新日: 16/01/14 08:51
編集内容についての説明/コメント: 無料配信期間終了につき微修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


シトマンドラ

Simon & Nia

なんとなくニア

コアドリル

シモン ニア ヨーコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天元突破グレンラガンについて語るスレ

1126 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 11:54:03 ID: hFtiXQ6fAG
ウィキとかに全キャラの名前の元ネタとか嫌ってほど書いてあったな(多分今も)>>1125
四天王の名前はいつものATGC4基を加えたものってのが印に残ってる
1127 : ななしのよっしん :2017/07/27(木) 11:58:11 ID: KFz3UyOn6C
9話からの辛い展開もニアのかわいさを救いに見てたから三部以降でシモンの隣にニアが居ない寂しさと、やっと助け出したのにハッピーエンドにならない感のがしんどかった
物語的にはこれで正しいんだろうけど視聴後の感覚はもっと痛快なものであって欲しかったなあ
1128 : ななしのよっしん :2017/07/27(木) 12:10:58 ID: sC3nCvxsQP
その辺善したのがキルラキルだな
まぁ最後の最後は似たようなもんだけど後味は良かったし
1129 : ななしのよっしん :2017/08/10(木) 16:20:01 ID: Ago9gA8MyL
>>1126
サンクスDTのまま結婚式場でさん失ったというのはガンソードヴァンに通じるものがあるな。この二人の絡みをスパロボで見てみたいもんだ。
1130 : ななしのよっしん :2017/09/07(木) 09:49:28 ID: 8kmvLHDGh6
ニアは生き返らせられるけどシモンが良しとしなかったって事だから
感とは違うような…

理を蹴っ飛ばしはするが意のままにしたい訳じゃないんだよな
1131 : ななしのよっしん :2017/09/07(木) 22:48:01 ID: 2dcx4vMpyM
>>1127
何だろ、うまく言えないけど
カミナキタンもシモンも、容姿や性格がちょっと違うだけで根っこにあるものは同じだと思うんだよな
だからカミナキタンがああなったのに、シモンだけ幸せラブラブ新婚生活ってのは何か違う気がするし
はあの終わり方で納得してるよ

あ、ダヤッカはいいんだあれで
カミナキタン・シモンみたいなのだけだと組織回っていかないしな
何となくみんなを支えて何となく頼りにされて何となく幸せになるはそれはそれで必要
1132 : ななしのよっしん :2017/09/28(木) 00:58:58 ID: h7Ys4SVUJP
螺旋王になる前のロージェノムが何でアンチスパイラルに負けたのかが知りたい。
カミナ達が発掘されたオーパーツだけで最終的にあれだけの反乱をしてのけたの
だからロージェノムが戦士だった頃の螺旋族絶頂期(?)のは計り知れないものがある。
何でその先螺旋族を滅ぼしたアンチスパイラルがあっさりと負けたのか?
まあシモンが極端な螺旋を秘めたジャックポットみたいなモンだったと言って
しまえばそれまでだが。
1133 : ななしのよっしん :2017/10/14(土) 16:59:21 ID: w3XJGAsWvB
グレパラを何処まで正史にするかってのはあるけど、アレ見る限りアンチスパイラルが見せた絶対的絶望でロージェノムは同じものを背負わされたんじゃないかと思ってる。
部下皆殺し&地球の文明と残った人類を滅ぼして、自分よりも強者になり得る可性を消し去ると同時に地下に潜った人類を敢えて見逃すことで世代間の伝言ゲームみたいにして地上の恐ろしさを教え込ませた。倦怠を感じていたロージェノムとアンチスパイラルシモンとの戦いの中で熱くなるっていうのもあったし同じような虚無感を覚えていた可性はあると思う。
まあそれでも、カミナみたいに地上をヨーコの村みたいに地上へ上がらざるを得なかったもいたわけだけど。
1134 : ななしのよっしん :2017/10/28(土) 10:30:09 ID: 3P/5eqlVNt
頼むのも失礼なんだけどダーリンイン・ザ・フランキスの記事作ってくれないかな
1135 : ななしのよっしん :2017/11/06(月) 22:23:50 ID: Pb1oAcvx1I
凄い好きなんだけど、ドリルの回転になんでも関連付けちゃったのが残念。
螺旋死者蘇生もできるとか、でもそういう「」は通さないシモンカッコイイけどさ。生なんかできない設定の方が熱くスッキリ見れた気がする
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829