単語記事: 天才

編集

天才(てんさい)とは、から与えられたを持っていること。賦の。頭が良い人。知識がある人。

概要

天才とは、「とてつもなく頭が良い人物」のこと、また「あることについてとてつもなく優れたを持っている人」のことをなどをす。

天才と比較

天才は実は他人と較することで初めて天才かどうか判断ができる。

もし、地球にたった一人しか人間がいない場合は、「天才」「馬鹿」という考えが存在する事が絶対にできない。

しかし地球に人間が二人いる場合は、頭の良さに優劣が付けれるようになる。ここで初めて「天才」「馬鹿」という概念を人間に当てはめることができる。

さらに、人、千人、一万人と数が増えれば増えるほど、人間はその中で頭の良さに優劣を付ける事ができる。「天才」「才」「秀才」「馬鹿」など様々な呼び名で呼ぶことも可である。

そうしたことから「天才」と「自分以外の全てが馬鹿」というのはほぼ同義であると考えることができる。

また、「馬鹿」と「自分以外の全てが天才」もほぼ同義である。

較して初めて「馬鹿」という単が生まれるので、将来的にはアインシュタインのような人間も「馬鹿」と呼ばれるような時代が来るかも知れない。

天才」とはそんなものである。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A9%E6%89%8D
ページ番号: 222379 リビジョン番号: 2256195
読み:テンサイ
初版作成日: 08/06/09 21:23 ◆ 最終更新日: 15/09/03 05:31
編集内容についての説明/コメント: 関連項目を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


11

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天才について語るスレ

312 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 03:55:15 ID: LWKGVhTMLE
何処かの本で「天才は近代以降の概念である」みたいな事を書いていた気がする。中世とかだと「天才」ではなく「の言葉を聞いた(預言者)」みたいな扱いだったらしい。

天才」の定義は難しいけど、個人的には、ジャンルを新しく開いたような人が天才と呼ばれているとは思う。なぜジャンルを新しく開けたか?というと、「優秀+(何か)」な人だったからと思う。論その「(何か)」が一体何なのか?というのが一番重要なんだが。それが簡単に説明出来たら苦労しないという感じでもある。
というか、その「(何か)」というものは正にその領域に『固有』の特異的な物でさ。『固有』であることが非常に重要なんだと思う。逆に言うとその領域でしか通用しないというかね。世間一般では恰も「優秀」とか「天才」だとかを汎用的な性質のように言うけど、本当は違うと思うんだよな。

だから「天才」という実体は本当はいというか、特異性を持って新しい領域を開けた人を「天才」と呼んでいるだけだとも思う。なんか「天才」という概念だけが1人歩きしている感じはある。
313 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 04:12:38 ID: LWKGVhTMLE
もう少し言わせてもらうと、↑で書いた「(何か)」というのは、「(優秀)の方」というか既存の知識・技の体系全体を根本的に変えるものであるはずだと思う。そうでなければ新しいジャンルなど開けない。
単純に個別に新しい物を生みだすのではなく、既存の体系の「解釈」、結果として概念の「再定義」をするものであるはずだと思う。かっこつけた言い方だけど。
314 : ななしのよっしん :2016/04/09(土) 12:01:21 ID: G/nBUcivx0
genius"守護霊"という言葉に徴的なんじゃないすかね。
でgeniusgignoは「招く」、優秀ってのはハイエンドスペックって事だからある種の「推奨環境」が整ってるって事な訳で。
それだけってのは仕上げが難しいという事でしょう

315 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 20:25:04 ID: 2OWgiFLZjb
難しいものですよね、この言葉も。自身を天才と称する人も居れば、他人から天才と称される事もある。
英雄」という言葉も同じで類似なのかもしれませんね。
ドラマゲームといったのにも当然そういったキャラは居るけど一部台詞引用させてもらうと…

VPアリューゼ「天才?そんなの大昔の負け犬が作った言葉だろ。 とは違う。『特別』だってな。
を持て。たちは一歩ずつ進んでいくしかないんだぜ。」

リーガルハイ2 7話「だって天才なんかじゃない。よりも必死に働き、階段を一つ一つ踏みしめてきただけだ。振り向いたら、も付いてきてない。怠けた連中が麓でこうく『あいつは天才だから』…冗談じゃない」

人は何処までの域に達すれば天才と呼べるのか、呼ばれるのか…私も昔には仕事等で上のフォローや
思いついた事を提案して、それを褒められた時は嬉しくて舞い上がって心の中で「天才かも!」と
思った事は有ります(滅多に評価されたり褒められたりした事がないので(苦笑))
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
316 : ななしのよっしん :2016/06/01(水) 14:22:40 ID: G/nBUcivx0
>>315
そこには、どういうタイプが守護霊の「お気に入り」なのかっていう非常に難しい問題がありますんでね。
例えば幾何学文様を多用した文化背景を持つイスラムから数学天才がどんどん輩出されたり、仏教徒では大閥である宗や創価から学術的に優秀な者が次々と出て来たりしないのは、一体何故なのかというような疑問がある訳でして。

何故かその、ユダヤの様などちらかいえばマイナー教団や、世界宗教であっても少数の方からその割合にして圧倒的に多くの天才と呼ばれる人々が出て来るんですね。

宗教というのはそれだけパワーを持っているから当然信徒に対する分け前も大きいかのように考えられるものですが、殊才に関しては何故こうもマイナー所を好むのか、やはり血筋の問題もあるでしょうし、大閥というのはそこに属しているだけである種の限界構築作用のようなが働くんですかね。
その点少数の組織の方が人材の開発リソースコントロールしやすいというメリットがあるのかも知れません。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
317 : ななしのよっしん :2016/06/02(木) 21:08:32 ID: tiMqk8QjL9
天才について知りたければ「認知的脱抑制」で検索すると良いよ
「巨大な前頭葉」「高IQ」が伴わないとただの出来損ないだけど
318 : ななしのよっしん :2016/06/03(金) 09:42:59 ID: G/nBUcivx0
>>317
よく一教的な思想文化が人々に前頭葉の肥大をす/したみたいな説をにするんだけど「巨大な前頭葉」「高IQ」だけなら単に確率の問題でそういう個体が出て来るんじゃない?
だからイスラム15億とかもっと天才的人物をバンバン輩出してもおかしくないと思うんだけど。内だと創価とかも

319 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 00:27:09 ID: tiMqk8QjL9
>>318
ゴメン宗教はよく分からないんだ。

「認知的脱抑制」「巨大な前頭葉」「高IQ」はいずれも遺伝、環境、経験等の原因があって結果的に生じるものだから
確率の問題でそういう個体が出て来るのは正解だと思う。
ではなぜ宗教によって天才の偏りがあるかと言ったら以下のような感じだと思う。
>>316ユダヤで天才が多い。「ユダヤ 音読」で検索する。KY記事の※227を見る。そういう事。
宗教によって天才の傾向はいけど、それに関わっている環境教育が偶然天才に必要な要素を一部満たしてた。
故に天才の輩出に偏りが生じたって感じじゃね

見えない何かのが働いて偏りが生じる事もあるかもしれないけどね
320 : ななしのよっしん :2016/06/24(金) 22:06:08 ID: dU6J9a+0gv
天才になりてえけどなぁ
321 : ななしのよっしん :2016/06/24(金) 23:31:25 ID: tiMqk8QjL9
>>320
根拠のい勝手な予測だけど、認知的脱抑制がく「巨大な前頭葉」「高IQ」を持てば>>36で言う秀才タイプ天才になると思うけどなぁ。たとえなれなくても、ハイスペック人間になれんじゃね。

そうだ、もし認知的脱抑制、もしくは傾向を持ってそうて人がいたらとりあえず前頭葉鍛えてみない?
は多分認知的脱抑制持ちだけど前頭葉鍛えたら、現実じゃどう使えば良いかよく分からないクソ微妙が育ってきたし、大分生きやすくなったよ。
「でも時間かかるんでしょ?」て思うだろうけど多分大丈夫
は遺伝的要因(認知的脱抑制傾向)に後的要因(子供の時左前頭葉辺りをやっちゃった)が重なって変な事になってるだけだと思うから。普通はもっとくハンデをできると思う。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015