単語記事: 天才バカボン

編集

天才バカボンとは、赤塚不二夫1967年に発表したギャグ漫画である。

塚にとっては「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」と並んで最も勇名な代表作の一つ。タイトルになっている主人公よりもその父親の方が立っていることで有名。4度(5度?)アニメ化された。

の共通点は不条理が基本で、劇画、メルヘン、前衛なんでもござれだった。

概要

原作となる漫画版は1967年より週刊少年マガジンで連載を開始。途中に週刊少年サンデー、週刊ぼくらマガジン月刊少年マガジンと掲載誌を渡り歩いて、1978年に一度完結している。その後も後述の再アニメ化の際にコミックボンボンで再執筆されるなど断続的に新作の発表が行われた。

基本設定としては、東京都新宿区落合に住む四人家族物語という一応の設定がある。
当初はこれに沿ったホームコメディであったが次第に暴走していき、バカボンパパを中心に繰り広げられるナンセンスギャグ漫画へ変貌。当時の子供~若者に爆発的な人気を獲得した。

アニメ

上述の通り4回のTVアニメ化がされている(それとは別に2015年DLEによって天才バカヴォン〜フランダースの犬〜という映画が作られている)。

天才バカボン

題歌がこれでいいのだーぼんぼんばかぼんばかぼんぼんの方。1971年9月25日から1972年6月24日までの全40回放送された。制作トムスこと東京ムービーだが、協にのちのシンエイ動画のAプロダクションがおり、両方の70年代を代表するスタッフが多く参加している。

初期は較的原作そのものをアニメにしていたが、後半になるにつれてホームドラマめいた日常コメディが中心となり、バカボンパパの性格もそこまでブラックではなく、また全シリーズのうち無職ではない。

最終回ではバカボン一家がはじめのために渡したが、もちろん「元祖~」を筆頭に後の作品とは全くつながっておらず後年の作品では1話は普通日本から始まる。なお、35話Bパートパパママケンカをしたのだ」はママを北子が代わり、全TVシリーズ増山江威子ママを演じない回となっている。

元祖天才バカボン

題歌がたりらりらーんのこにゃにゃちわーの方。1975年10月6日から1977年9月26日までの全103回放送され、シリーズの中では最も長寿となった。

無印べると不条理な展開が多く、長寿シリーズだったこともあって一般的なバカボン像は無印よりこちらの方が近い。シーンが描かれた1枚絵が挿入される演出など後のアニメに踏襲されるものも多い。

制作は前回に引き続き東京ムービーだが、美術の小林七郎や演出のさきまく・・・出崎統を筆頭に直前に手掛けていたガンバの冒険スタッフが多く続投している(なお前作同様Aプロダクションスタッフも多いがこちらはシンエイ動画称した際東京ムービーとの提携を終了させたので途中降している)。本官さんの声優肝付兼太に変わったほかウナギイヌが今作から登場する。

平成天才バカボン

題歌がたりらりらんたりらりらんろくんろーるの方。1990年1月6日から12月29日までの全46回放送され、放送がフジテレビに、制作スタジオぴえろに移ったがノリは大体いっしょ。

パパを筆頭にママ以外の声優はそう入れ替えとなっている(同じくぴえろ製作したおそ松くん2作を受けて本官さんとレレレおじさん千葉繁の兼ね役となった)。近年一般的に起用されるバカボン声優は大体この作品のものとなっている。スタッフには笹川ひろしうえだひでひとなどぴえろを代表するメンバーが多い他、脚本にたびたび浦沢義雄が起用されている点はニコニコ動画的に強調しておく。

どちらかというと話は1作や2作リメイクが多いが、ほとんどプロットを共通するのみで途中の展開やオチが異なるものとなることが多い。

レレレの天才バカボン

題歌が笑うが出るの方。1999年10月19日から2000年3月21日までに全24回放送され、制作ぴえろはそのままだが放送がテレビ東京に移った。

前作同様声優はほぼ総入れ替えだが、今作ではママに加え本官さんとレレレおじさんの兼ね役である千葉繁もそのまま続投している(ママに至っては赤塚不二夫の「ママだけは変えないでほしい」という要望があった)。時代が時代だけあってスタッフはのちに幻想魔伝最遊記NARUTOに携わる伊達勇登、大和屋暁都留稔幸などがいる他、メインライター浦沢義雄を筆頭に「平成~」以来のスタッフもあちこちで続投している。なお一応デジタル制作アニメなのだが、まだ移行期のためか全体の4分の1くらいはセルアニメのみの回となっている。

トーリはどちらかといえば3作で見かけた話のリメイクが多く、全シリーズを通してみると3回似たような話を見ることになるわけだが、やはりこちらもプロットを共通するのみで途中の展開やオチが3作ともさらに異なることが多い。

天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜

2015年5月23日開された劇場版タイトル通りフランダースの犬日本アニメーション版)とコラボしており、死後人間に対する復讐心をため込んだネロパトラッシュが現代に復活するものとなっている。

監督FROGMAN制作DLEからもわかる通り、スタッフ声優秘密結社鷹の爪などのメンバー。そのためシリーズを通してママが違う作品。

登場人物

第1作=無印、第2作=「元祖~」、第3作=「平成~」、第4作=「レレレの~」、劇場版=「フランダースの犬

バカボンパパ
雨森雅司(第1作・第2作)、富田耕生(第3作)、小倉久寛(第4作)、FROGMAN(劇場版)

作中一切働かず、常に警察のやっかいになっている。1作職業植木職人だが、2作以降は無職で、時折だが植木職人仕事をしている。生活保護を受けている可性がある。
突っ走ることが多いので彼が事実役となっている。語尾は「〜なのだ
早稲田大学の隣にあるバカ田大学を出ている。一芸入試を行っているらしく、一芸に秀でた同級生たちがよく父親の元を訪れていたりパパが会いに行ったりする。

4作品は、策略高い所が多く、パパバカじゃなくて周りの人物がバカなんじゃないのというくらい博学な時もあった。

メルヘンになると鼻ひげカールがかかる。

実はこう見えてパパ天才児として生まれてきた逸話がある。やはり天才バカ一重なのだろうか。ちなみに生まれて初めて喋った言葉は『天上天下独尊』である。

バカボン
山本圭子(第1作・第2作)、林原めぐみ(第3作)、亀井芳子(第4作)、犬山イヌコ(劇場版)

本来の主人公役に関しては不は言わないが「CR天才バカボン4 決断の間」ではこのことをネタにしている。

も関係なく浴衣を着ているがその事に対しては文句を言ったことがないようなので、自分の環境経済環境については十分熟知しているようだ。

たまにパパケンカするがそこも親子である。

ハジ
貴家堂子(第1作・第2作)、坂本千夏(第3作)、ゆきじ(第4作)、せいら(劇場版)

まだ年端もいかぬ子供だが頭明晰、大人顔負けの日本語を操るほどである。長男と同じく庭の経済環境にしては理解しているらしい。アニメ1作は数少ないはじめちゃんが生まれる以前からスタートしている。

博学すぎて、子供なのにパソコンタイムマシンを扱うことが出来る。先述の通りパパ天才児として生まれてきた過去がある為、ハジメちゃんはパパ天才的な部分の血の方を色濃く受け継いたと思われる。

ママ
増山江威子(第1作~第4作)、北子(第1作での代役)、上野アサ(劇場版)

バカボンパパ結婚したいきさつはデート中、酔っ払い親父ママにすりよったとき、パパが「その男がいいのか」「君はオカメチンコ(オカチメンコの間違い)なのだ」などその他、ママ罵倒してしまうが、去っていくパパママの方から告白した。

辛抱さとやさしさを兼ね備えた、理想の妻ではないだろうか?
でも怒らせると怖い。

オデカケおじさん(別名:レレレおじさん
槐柳二(第1作・第2作)、千葉繁(第3作・第4作)、上島竜兵(劇場版)

掃除だけが趣味小父さん。晩構わずで掃いている。3作以降は本官さんと中の人が同じ。
「おでかけですかーレレレのレー」がお決まりの台詞
バカボンパパの冗談に乗っかってしまうことが多い。

メンタマつながりのおまわりさん(本官さん)
田の中勇(第1作)、肝付兼太(第2作)、千葉繁(第3作・第4作)、岩田光央(劇場版)

タイホするー!!」と叫びながら拳銃趣味としているが、アニメ4作規制モデルガンに差し替えられている。交番に住んでいるところを見ると駐在所らしい。き巣犯などを良く捕まえているが出世していないところを見ると、出世と引き換えに発許可をもらっているようだ。

ウナギが好物だがホクロが特徴の本官さんのデートした彼女はウナギが大嫌いであった。

拳銃をぶっ放してる時点でボケ役だがツッコミ役に徹している。一応彼を褒めるところは運動が他とべる高いところである。

ウナギイヌ
池水通洋(第2作)、田原アルノ(第3作)、塩屋浩三(第4作)、秋本(劇場版)

近くのに半分没したに住み着いている。何回か食われたことがあるけど多分気のせい。

両棲生物であるのだが、中でエラ呼吸できるらしいことからほ類ではいらしく、早急な調が望まれる。
浜名湖出身らしく、年齢は「天才

4作ではシロウナギイヌ仲になる。パチンコでは様々な亜種系なウナギイヌ、果てにはウナギイヌ恐竜や、惑星界がある。

影響

関連動画・関連チャンネル

公式動画・公式チャンネル

天才バカボン

元祖・天才バカボン

通常動画

 

関連商品

関連静画

関連漫画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A9%E6%89%8D%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%B3
ページ番号: 427238 リビジョン番号: 2429970
読み:テンサイバカボン
初版作成日: 08/08/03 21:36 ◆ 最終更新日: 16/11/20 19:02
編集内容についての説明/コメント: 語尾について追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天才バカボンについて語るスレ

74 : ななしのよっしん :2016/02/14(日) 10:54:30 ID: qQR3A7DESn
無印や元祖のハジメのCVタラちゃんなんだよね。

レレレハジメのCVは、第一回の時だけ泣きそうなにしか聞こえなかった。
中の人、何かあったのだろうか。
75 : ななしのよっしん :2016/02/16(火) 22:42:08 ID: qQR3A7DESn
連投すまんが、実写化すると聞いて

実写化で一番心配なのは、パパがどういう扱いになるかだ・・・

鼻毛として扱われることが多いから余計に・・・
76 : ななしのよっしん :2016/02/20(土) 19:32:57 ID: TQdtAjdyKk
>>74
それを言ったら無印と元祖のバカボン沢さんと同じ声優じゃんwww
77 : ななしのよっしん :2016/03/11(金) 14:34:57 ID: rdQRdAOXft





>>lv254877084
78 : ななしのよっしん :2016/03/12(土) 14:03:19 ID: wvsLVzjxc+
実写、悪くなかったなー
って書くと何か微妙そうな言い回しだけど、もう1回くらいやってもいいんじゃないかなって思うくらい好きになった
1000円を1080円で買って15円で売るネタとかいい具合に不条理で面かった
最後のウナギイヌが複製禁止だったのが一番ツボだったけど
79 : ななしのよっしん :2016/03/14(月) 20:13:12 ID: Ub9SJf8N9U
実写割と面白かったね
それこそまたやって欲しい
80 : ななしのよっしん :2016/03/29(火) 02:35:14 ID: 6CuEcjc/r6
当時バカボン加トちゃんケンちゃんごきげんテレビは親に見るとアホになるという理由であまり見せてもらえずwwwww

隠れてみてますた
81 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 00:46:39 ID: zPd7CmNN6s
バカボン仏教でお釈様のこと
82 : ななしのよっしん :2017/04/22(土) 03:53:08 ID: ZHvyREk8Hy
記事の文章がひどいので一通り校正&修正してもらえないかな。「プロットを共通する」とか「辛抱さ」とか「亜種系な」とかいろいろひどい。
書いた人はこのままだと将来恥をかく可性が高いので、もっと本を読むことをおすすめする。煽りじゃなくおせっかいだけど本気で。
83 : ななしのよっしん :2017/07/27(木) 21:46:42 ID: zsEd1Eknu8
小学生の頃、単行本に「この点を顕微で見るとバカボンパパのノミ取りしてる絵が見られる」とか書かれてたけど、今思えば当時の印刷技術的に理だろうなw
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829