単語記事: 天津風

編集

天津風あまつかぜ/アマツカゼ)とは、高く、を吹くを意味する単僧正遍昭の作になる名歌、風雲の通ひ路吹き閉ぢよ女の姿しばしとどめむ』で知られる。

における「つ」は現代の「の」に相当する上代日本語奈良時代以前の日本語)の格助詞であり、「」は「つ」の万葉仮名表記である。従って、現代に直訳するととなる。

格助詞「つ」は中古日本語安時代の日本語)以降は複合の中で慣用的に用いられるのみとなっている[1]
なお、「つ」を用いた複合には「時津風(ときつかぜ)」、「天津(あまつかみ)」、「(くにつかみ)」、「綿見(わたつみ、つ霊)」、「原中((あしはらのなかつくに)[2]」などの例があげられる。「毛(まつげ)」も元は「つ毛」が[3]であり、現代でも日常的に用いられている用例である。

ちなみに、中国都市天津」は明の時代に王・朱棣こと後の皇帝(=天子)・永楽帝が靖難の変の折りに軍勢を率いて河を渡った港(=)「天子」から来ており、天津風とは全く関係ない。

曖昧さ回避

脚注

  1. *「つ」が往々に万葉仮名で表記されるのは平仮名片仮名の成立以前の古であるためなのかもしれない(編集者の想像)
  2. *」は表記ぜずに「中国」と書いて「なかつくに」と読むことの方が多い。
  3. *「ま」は「」の意味。同様の例に「まぶた(瞼、は“蓋”)」「まなこ(眼、は“な子”)「まゆ(は“上”?)」」「まばたき(き、は“叩き”)」など

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A9%E6%B4%A5%E9%A2%A8
ページ番号: 5223403 リビジョン番号: 2149336
読み:アマツカゼ
初版作成日: 14/04/24 01:28 ◆ 最終更新日: 15/01/22 10:54
編集内容についての説明/コメント: 力士の天津風を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天津風について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/09/27(土) 13:45:24 ID: YMikn5uCQ2
「てんしんふう」って読むとなんかおいしそう
2 : ななしのよっしん :2014/10/22(水) 18:19:22 ID: AOiuM+4RFu
それ天津飯
3 : ななしのよっしん :2015/03/28(土) 21:26:59 ID: zahGovYplt
ドラクエ10怪獣プスゴンと戦う場所の名前が「天ツ風の間」って名前だったはず
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829