単語記事: 天海春香

編集

天海春香(あまみ はるか)は、バンダイナムコゲームスゲームアイドルマスター』(The Idolm@ster)の登場人物で、765プロダクション所属アイドル補生の一人である。

タグに「春香」。or検索天海春香 or 春香 or はるるん or はるかっか or 春香さん

プロフィール

アイドルマスターにおけるキャラクター

アイドルマスターシリーズにおけるメインヒロイン的な存在。

称は「はるるん」「はるかっか」などだが、単純に「春香」または(敬を込めて)「春香さん」と呼ばれることが多い。TVアニメ15話天海春香&ゆうパック包装事故 by ID: 4vcTcWUV0F アイドルマスター(アニメ)スレ#4019

素直で明るく前向きな性格(アニメ版では善澤記者に「良い意味で楽天」と評され、映画版で、亜美真美に「はるるんは全なお方」、美希には「大甘だからこそ私のライバル」と評された。)であり、仲間を気遣い励ます優しさも併せ持つ。
トップアイドルしひたむきに頑る努だが、その行動は若干天然ボケが入っている。また、感情が高ぶると手がつけられなくなるらしい。
おっちょこちょいで、何もないところでもよく転ぶ(詳細は後述)。
美少女キャラというよりは、一昔前のドジっ娘を想起させる人格の持ちと言える。

公式によるキャッチコピー
かわいくって、やさしくって、そしてちょっぴりドジな正統派アイドル!」(アイドルマスターSP
歌とお菓子と友達が大好きっ!前のめりに元気な女の子!」(アイドルマスター2

を結んだ2つのリボントレードマーク
また後ろが少し跳ねているのが特徴的であるが、基本的には「どこにでもいる普通の女の子」である。

都心からやや離れたに両親と共に住んでおり、765プロへは始発電車で2時間かけて通勤している(※)。

アニメ版第1話及び第14話でJR東海二宮駅によく似たから始発らしき電車に乗るシーンが登場しているが、公式に地名は表されていない。なお、アニメコミカライズ版である「THE IDOLM@STER(REX版)」第1巻においても二宮駅と思われる描写がある。

両親以外の家族については、田舎に住んでいる祖以外はいない様子。

装や言動からもあまり都会的なタイプではなく、休日イベントプロデューサーとの食事の約束を取り付けた際は、ファミレスかどこかに行くと思ったらしく普段着のまま出てきてしまった(実際に連れて行かれたのは高級レストランである)。しかし食欲は普段と変わらず旺盛だったらしい。

趣味のお菓子作りは実益も兼ねており、ケーキ等には(種類を問わず)い。
子供の頃はパティシエに憧れていたらしく、その腕前はなかなかのものだが、MA01トークで作ったクッキーの生地をひっくり返してしまうなど、ドジが元で料理を失敗してしまうことはあるようだ。
また、『アイドルマスター2』において普通料理母親がついていないと上手くいかないとられているが、アニメ版第4話での描写を見る限り、特に苦手というわけではないようだ。

運動は好きではあるものの基本的に苦手。 だが何故かかきだけは得意である(しかも相当速い)。
また意外と身体は柔らかく、足を180度開く程度の事はできる。この辺りは流石アイドルと言ったところか。

子供の頃から歌が好きで、近所の公園でよく歌を歌っていたお姉さんと一緒にギャラリーの前で歌い、褒めてもらった経験がアイドルを志した原点。
千早のように特に歌に賭ける強い情熱があるというわけではないが、「(みんなで一緒に楽しく)大好きな歌を歌いたい」という自身の歌に託した思いは(当人の性格も反映してか)シンプルかつ純なものである。

プロデューサーのことが大好きで、765プロ所属のアイドルの中では最も積極的にプロデューサーへのアプローチを(不器用ながらも)試みるが、彼女のはやがて思わぬ結末を迎えることになる。(『アイドルマスター』において)

特に口癖はないが、作中での名台詞プロデューサーさん!ドームですよっ!ドームっっ!」はもはやアイドルマスター徴する台詞といえる。そのためかアイドルマスター関連では「~ですよ、~!」という言い回しが多用されるようだ。 

 ,。、_,。、
く/!j´⌒ヾゝ
ん'ィハハハj'〉
ゝ∩^ヮ゚ノ) <プロデューサーさん!ドームですよっ!ドームっっ!
 人`rォt、
 f'くん'i〉)
  `し'

アイドルマスターDS』(THE IDOLM@STER Dearly Stars)では有名アイドルとして登場。
特別審員として参加したオーディション日高愛の歌に何かを感じ取り、知り合いである876プロを紹介している。

何もないところで転ぶ

春香くも初ミーティングから、「どんがらがっしゃーん!」の擬音とともに転ぶ。

その後も多くのコミュで転倒を繰り返し、CD等の関連商品でも春香が登場した場合には高確率で転倒シーンがある。「団結」の歌詞「一日一回 転びます♪」は、大じゃない(むしろ見積もりが甘い)と言えよう。

THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 01』のボーナストラックでは、「いくつの時からの特技なんですか?」という質問に対して「中学校はよく転んでいた」「幼稚園の時にいきなり転んで前を歩いていた前田くんズボンをずり下ろした記憶がある」「生まれた時からの・・・特技?」などと答えている。

何もないところで転ぶ」ため、それを逆手にとって「転びそうな(周囲に物がある、足場が不定などの)場所なのに転ばない」というネタがしばしば用いられる。

しかし、転びそうな場所で転んでいる場面もある。「何かあるところでは絶対に転ばない」というわけではないようだ。


[左]チェアに足を引っ掛け、周辺の撮影機材を破壊。
[右]セットに足を引っ掛け、足を捻る。

ゲーム内のステータス特性

アイドルマスター』においては、初期減衰傾向ともに標準的(ダンス値がやや低い)で、テンションメインサブどちらに据えても上がりやすく下がりにくい。概して扱いやすく、コミュニケーション(会話シーン)の選択肢も素直なため、定した活躍を期待できる初心者向けキャラクターである。
反面、スコア重視のエッジプレイ(敢えて低テンションにする、序盤・終盤での集中攻勢等)には若干不向きか。

なお、アーケード版・Xbox360版・PSP版(パーフェクトサンのみ)での初回プレイ時、最初に出会うことになるアイドル補生でもある。ゲームプレイに慣れる意味で推奨するキャラクター、という意味合いもあるのだろう。

アイドルマスター2』でもボーカル値が全キャラ2位タイボーカルキャラとしてのは健在である。
しかしゲーム攻略において、ボーカル重視のユニットボーカルビジュアルのレッスンを重点的に行うため、難度の低いダンスレッスンをこなせない。 この結果、初心者向けキャラではなくなってしまったといえる。

受賞歴

ニュータイプアニメアワード2012 (→参考リンク

女性キャラクター賞を受賞。

併せて監督賞・キャラクターデザイン賞(錦織敦史)、脚本賞(待田堂子)、題歌賞(READY!!)、マスコット賞(ハム蔵)、女性声優賞(中村繪里子)を受賞するなど、アニマス関連が圧倒的な強さを見せた。

NHKテレビアニメ放送開始50周年企画「わたしの大好きな♥ヒロインたち」 (→参考リンク

見事、第1位を獲得。その得票率は44と圧倒的であった。

そうそうたる面々が居並ぶ中でこれほどまでの強さを見せたのは、アニマスの成功のみならず、アーケード版から続く長い積み重ねと、それを支え続けたプロデューサーたちの団結によるものなのかもしれない。

ニコニコ動画における天海春香

元々「普通女の子」という設定だったためか「個性」「特徴がない」「メインヒロイン(笑)」などと呼ばれることもあったが、その反動からか、実はであるとして「春閣下黒春香)」と呼ばれたり(原作準拠の春香は「黒春香」との対から「白春香」と呼ばれることがある)、その特徴的なの動き(→「のヮの」)から「ののワさん」というキャラ生するなど、強な個性を持った二次設定を(ファンから勝手に)付与された。

作品シリーズ全体におけるメインヒロイン的な存在ということもあり、ニコニコ動画の初期においても彼女の人気は決して低いわけではなかったが、正統派の人気キャラとは言い難い面があった。

原作の彼女にスポットを当てた作品は公式曲を使用したMAD等が中心であったが、上記したような「春香は没個性である」という先入観がファンの間に存在したのみならず、そこから生した二次創作設定である「春閣下黒春香)」が本来の彼女を食ってしまうほどに強な印と人気を誇ってしまったからである。
また、ゲーム中で幾つかの曲(「蒼い鳥」等)において音程を外したように聞こえる部分があったことから、その音痴ぶりを揶揄されることも多かった。

しかし、「春閣下黒春香)」の人気ぶりは結果的にニコニコ動画からの新規参入プレイヤーによる春香の認知度と使用率の高さを生むなど、2007年10月頃には「春閣下黒春香)」人気も含めた天海春香というキャラクターの総合的な人気の高さは広く認められる状態になっていた。(参考までに、2007年10月1週の「週刊アイドルマスターランキング」では、春香ソロ作品数は8作、その他の出演も総合すると合計24作と、他のアイドルべてダントツの人気を誇った。現在においても春香出演作品の割合は高準をキープしている。)
(未だ賛否両論が絶えない)『アイドルマスター』における他のキャラクターとは異なる特殊なエンディングの内容や、彼女が持つ本来の魅めて注され、おおよその二分法では片付けられない複雑な表現の作品が増え始めたのもこの時期である。

ネタキャラ、色物キャラとして注されたことがガチンコの人気キャラへの布石となったしい例と言えるだろう。

2008年に入ってからも「のヮの」等ネタキャラとしての人気を維持しつつ、新規収録曲「relations(REM@STER-A)」が新たなブーム(→「うー、わっほい!」)を巻き起こすなど、公式非公式ともに定したパフォーマンスを見せた。
また、2008年以降作品数が増加したNovelsM@sterのようなジャンルでは、本来の普通少女っぽいキャラから、いわゆる春閣下系、Pを付け狙う悪女、ドジっぷりを強調されたネタキャラまで幅広い役回りを演じ分けており、どんな色にでも染まれる万ぶりをいかんなく発揮した。

架空戦記では、閣下を含め、メインヒロイン...という位置づけ?のせいか大名、太守、令長官とかいったトップの地位になっているものが立つ(あくまでも立つだけであって、貧乏くじばっかの場合もあり、前述されたような多様性がある)。

多くのファンたちにされ、その願い全てを受け入れ昇することによって、アイドル天海春香が誕生したといっても過言ではないだろう。


[左]gouzouPによるキャラクター紹介シリーズ
   春香の魅からニコニコ動画におけるキャラクターの変遷、オススメ動画までを網羅。参考にされたい。
[右]くろむPによる春香コミュ集。
   噛めば噛むほど天海が増す春香の魅が満載。のヮの成分も満載。でもアイキャッチ自重しよう。

他アイドルとの関わり

ドラマCDなどの設定や声優である中村繪里子関連のネタを反映してか、ペアを組んだり友人関係になるのは千早が最も多く、次いでやよい雪歩美希が多い傾向にある。
特に千早春香が「ちゃん」付けで呼ぶ数少ない存在(→「アイドルマスター:呼称表」)であり、対照的とも言えるキャラクター性の持ちであることも相俟ってか極端に親しげな描写も多い。(→「はるちは」)

春閣下ネタを用いた動画では、悪の権化である春閣下に対して立ち向かう、ないし支配者である春閣下に付き従うような構図が採用されることが多い。

春香と春閣下(黒春香)の区別

基本的に原作ゲーム中の春香に「春閣下黒春香)」的な本性を匂わせるようなシーンは存在しない。
ゲーム中では(しーなP編集によるプレイ動画で見られるように)普段の天然系のイメージに反して計算尽くで自分に有利な回答を引き出そうとする春香の(小悪魔的?な)一面こそ描かれているが、「Im@s架空戦記シリーズ」のようなニコニコ動画で人気の二次創作MADにおける「春閣下」の性格は、往々にして小悪魔どころではない冷酷非悪人であったり、また女王様・支配者といったイメージも付きまとうが、顔と名前が一緒なだけの全な別人と言って差し支えないと思われる。
ドラマCDScene.06 EXTRA STAGE 2』(メイドカフェ編)では性格変更アイテムにより毒舌になってしまっているが、それでも計算ずくで他人を陥れるようなことは決して行わないのが春香本来の性格なのである。

ニコニコ動画において春香が「春閣下」(あるいは「閣下」)と呼称される場合、それは必ずしも冷酷非な人物としての「春閣下」をし示しているとは限らず、公式曲『I Want』等を使用したMADを含め、単にダークイメージがある春香(の映像)に対して「春閣下」と呼称する場合、いはただの称(律子における「りっちゃん」のような)として「春閣下」と呼称する場合も見られるため、「春閣下」や「黒春香」の解釈が人によって多種多様である以上、どのような春香であっても「春閣下」と呼び表すことは不可能ではないと言える。

ともあれ、やもすればアイマスの登場人物の中でも最もステレオタイプキャラクターだと言われる春香に、善悪が同一のイメージ上で交錯しているような複雑な付けを与え、結果的に原作春香像をより掘り下げて描いた行為は誰にも否定できるものではないだろう。

Master Artist 01』で登場した「I Want」は公式曲でありながら「春閣下」の設定を援用したような歌詞及び曲調は当時ショッキングなものであった。(繪里子ーッ!俺だーッ!結婚してくれー!の名台詞まで生み出してしまった)しんたろPによるMADはその代表格である。

これはバンダイナムコ社が「春閣下」のイメージを商業利用しているのではという説もあるが、ニコニコ動画の影というよりは「超ポジティブ!守銭奴ver.」から続く公式の悪乗り路線の延長線上にあるものと見なすこともできる。

関連動画


[左]ぽりぺくんP作。公式カバー曲を使い、ニコニコ動画初期における春香不遇の時代を支え続けた名作。
[右]しーなPによるプレイ動画。通称「拗ね春香」。BADコミュにもかかわらず「最強コミュ」と言われる。


[左]RidgerP作品。「覚醒カタルシス」「さよならを教えて」と合わせて「春閣下」路線のパイオニアと言われる。
[右]マキュロP作。「春閣下MADの代表作であり「閣下ファン愚民」の構図を確立した。


[左]こんにゃくP作。Sexy or Cute?のどちらにも振れない春香の多な魅を表現。
[右]771P作。公式曲のアレンジ版を使用したMAD。「うー、わっほい!」は新たな弾幕に。どうしてこうなった


[左]まこたんP作。ほぼノーマルPVだが、秘めた破壊は計り知れず。春香ッ!だーッ!結こn(ry
[右]わるつP作。その歌唱・表現原曲イメージ全に覆すまでに。そして迎える衝撃のラスト


[左]deadblue238PhikePによる合作謎の技術満載の映像ヘッドホン推奨の音はもはや芸術域か。
[右]museP作。春香本来の可らしさ・爽やかさをステレートに表現した、リクエスト放送定番の弾幕動画


[左]傭兵P作。デビュー作とは思えぬ秀逸さに「もう適当に振り込む」を具現化してしまった運営の貯金箱
[右]エコノミーP作。公式によるカバーが切に望まれる名曲PV。こういう夢だしもう一度懸けたい、いつか・・・


[左]KenjoP作。が舞う中、和に身を包み和を手にした春香自然なのが不自然なご存じないDLCである。
[右]淫のP作。「今を走る覚悟、明日歩く勇気」まさに春香プロデューサー情熱大陸。あと信頼の俺率


[左]ふらいんP作。17歳になっても春香の可らしさは健在。謎の幻聴が聞こえてくるのはしかたないね
[右]すっきりぽんP作。する天使子で、イモで、可愛いハニワ。こんなクラスメイトが欲しかった。


[左]ぺけ丸P作。アニメアイドルマスター素材に使用した良作MADのひとつ。作者コメ以外は最高である。
[右]P名し。謎の努力によるまさかの春香クインテットSPのアイドラしかり、天海春香の分裂はもはや公式か。


[左]ゆず介P作。ぼくは知っている、ちゃんと見ている、ずっと守っていく、世界で一番頑っている君を。
[右]はるばむP作。可らしさと色気の絶妙なバランスが生み出した奇跡笑顔。よろしい、ならば結こn(ry

関連静画

ニコニコミュニティ

お絵カキコ

天海春香のお絵カキコの一覧1」「天海春香のお絵カキコの一覧2」を参照。

関連商品

フィギュア

CD

映像

GAME

その他

外部リンク

関連項目

アイドルマスターのタグの一覧」も参照のこと。

参照

アイドルマスター(登場人物)

765プロ
961プロ出身含)
天海春香 如月千早 萩原雪歩
高槻やよい 秋月律子 三浦あずさ
水瀬伊織 菊地真 双海亜美・真美
星井美希 我那覇響 四条貴音
876プロ 日高愛 水谷絵理 秋月涼
その他 音無小鳥 登場人物の一覧

過去記事のリビジョン


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A9%E6%B5%B7%E6%98%A5%E9%A6%99
ページ番号: 552 リビジョン番号: 2009788
読み:アマミハルカ
初版作成日: 08/05/14 01:10 ◆ 最終更新日: 14/04/21 01:23
編集内容についての説明/コメント: 映画版での春香評を加筆。春香を考える上で重要。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

天海春香について語るスレ

1232 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 09:48:59 ID: ZzWFFiz8W0
誕生日おめでとう
1233 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 19:35:06 ID: 6NximBe8re
春香さん誕生日おめでとうわっほい!!
1234 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 22:24:52 ID: KT/3M3yWF9
春香さん誕生日おめでとう
1235 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 22:42:22 ID: Rdvz24tclW
誕生日おめでとう!!春香さん!!
1236 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 23:13:37 ID: 9t2a0Hz7Y7
春香さん、お誕生日おめでとうございます
1237 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 23:26:14 ID: 9z0x+5vCN2

                「私は」


タイトル:天海さん、お誕生日おめでとうございます。
画像をクリックして再生!!
この絵を基にしています!
Twitterで紹介する

1238 : ななしのよっしん :2014/04/04(金) 11:15:32 ID: Mk64XIqILR
一日遅れだけど誕生日おめでとう
春香さんぐらい『アイドル』という言葉が合う人はいません
これからもファンの人たちを笑顔にしてください
1239 : ななしのよっしん :2014/04/06(日) 17:34:35 ID: RH9O+LAx3C
静画は確認不足だったと認めざるを得ない。
>>im3899579

天使かと思った春香さんだった。
1240 : ななしのよっしん :2014/04/06(日) 18:21:43 ID: +NnZphCfNh
>>1239
春香さん天使だから最初からなにも間違ってない
1241 : ななしのよっしん :2014/04/08(火) 15:20:55 ID: /SGkzqg9vF
そうだぜ!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015