単語記事: 天皇賞(春)

編集  

天皇賞(春)とは、競馬レース名である。日本中央競馬会(JRA)催の重賞競走。詳細は右下のとおり。

概要

コース 京都競馬場
距離 3200m
出走条件 4歳以上
1着賞 本賞1億5000万円
格付け GⅠ
負担重量 定量
・せん58.0kg
56.0kg

本競走は1905年から開催されていた室御賞典を前身として、
1938年に創設されたGⅠ競走である。
第14回まではそのまま「室御賞典」をレース名として使用、
15回のみ「平和賞」として開催された。

通称は「」や「」。

「古(4歳以上の)として最高の栄誉」と称されるレース
大阪杯宝塚記念と並びの古中長距離三冠として注される。

内で、3200mは重賞では3番、GⅠでは最も長いレースである。
さらに、同競走はスタート後に3コーナーへ向けての急な上り坂と
4コーナーへと続くなだらかな下り坂(通称:の坂)があるため、
スタミナや集中を切らさない精など絶対的な長距離適性が
必要不可欠である。

 90年代までは上位人気が順当に優勝する較的堅いレースであったが、近年は長距離路線が重要視されなくなったためか、00年代以降は1番人気が3勝しかしていない一方で二桁人気が4勝したり上位入線したりしてヒモ荒れするなど、予想が難しいレースになっている。

スタートから外回りの3コーナーまで直線が約420m、2回のの坂の昇降を含めてコーナーを6回周り、最後の直線が約400m。最初の直線も最後の直線も十分に長いため、脚質的な有利不利は少ない。有馬記念コースと同様にコーナーを6回周るコースのため、内側をロスなく回れる内が明に有利。16番以降の優勝1979年のカシュウチカラまで遡る。

主な前走・前哨戦

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔 優先出走権
阪神大賞典 GII 阪神競馬場 3000m 6週 1着
日経 GII 中山競馬場 2500m 5週 1着
大阪杯 GI 阪神競馬場 2000m 4週

歴代優勝馬

と年2回開催しているので回数は1つ飛ばし。戦後から()は奇数

馬場状態が「良」の場合は欄とする。
の場合のみ齢欄にと記載。齢は開催年を問わず満年齢(新表記)である。

開催年 優勝 騎手 馬場 タイム 出走 人気 単勝(円)
157 2018 レインボーライン 5 岩田康誠 3:16.2 17 2 600
155 2017 キタサンブラック 5 武豊 R3:12.5 17 1 220
153 2016 キタサンブラック 4 武豊 3:15.3 18 2 450
151 2015 ゴールドシップ 6 横山典弘 3:14.7 17 2 460
149 2014 フェノーメノ 5 蛯名正義 3:15.1 18 4 1150
147 2013 フェノーメノ 4 蛯名正義 3:14.2 18 2 620
145 2012 ビートブラック 5 石橋 3:13.8 18 14 15960
143 2011 ヒルダムール 4 藤田伸二 稍重 3:20.6 18 7 1690
141 2010 ジャガーメイル 6 C.ウィリアムズ 3:15.7 18 2 590
139 2009 イネルキッツ 6 松岡正海 3:14.4 18 12 4650
137 2008 アドマイヤジュピタ 5 岩田康誠 3:15.1 14 3 580
135 2007 メイショウサムソン 4 石橋 3:14.1 16 2 450
133 2006 ディープインパクト 4 武豊 3:13.4 17 1 110
131 2005 スズカマンボ 4 安藤勝己 3:16.5 18 13 3510
129 2004 イングランディーレ 5 横山典弘 3:18.5 18 10 7100
127 2003 ヒシミラクル 4 角田 3:17.0 18 7 1610
125 2002 マンハッタンカフェ 4 蛯名正義 3:19.5 11 2 290
123 2001 テイエムオペラオー 5 和田竜二 3:16.2 12 1 200
121 2000 テイエムオペラオー 4 和田竜二 3:17.6 12 1 170
119 1999 スペシャルウィーク 4 武豊 3:15.3 12 1 230
117 1998 メジロブライト 4 河内 3:23.6 14 2 230
115 1997 マヤノトップガン 5 田原 3:14.4 16 2 370
113 1996 サクラローレル 5 横山典弘 3:17.8 16 3 1450
111 1995 ライスシャワー 6 的場 3:19.9 18 4 580
109 1994 ビワハヤヒデ 4 岡部幸雄 稍重 3:22.6 11 1 130
107 1993 ライスシャワー 4 的場 3:17.1 15 2 520
105 1992 メジロマックイーン 5 武豊 3:20.0 14 2 220
103 1991 メジロマックイーン 4 武豊 3:18.8 18 1 170
101 1990 スーパークリーク 5 武豊 3:21.9 16 1 150
99 1989 イナリワン 5 武豊 3:18.8 18 4 930
97 1988 タマモクロス 4 南井 稍重 3:21.8 18 1 440
95 1987 ミホシンザン 5 柴田政人 3:20.4 10 1 130
93 1986 シロキング 4 岡部幸雄 3:25.4 16 3 1100
91 1985 シンボリルドルフ 4 岡部幸雄 3:20.4 15 1 130
89 1984 モンテファスト 6 吉永正人 3:22.3 19 6 以下不明
87 1983 アンバーシャダイ 6 加藤 3:22.3 15 1 -
85 1982 モンテプリンス 5 吉永正人 3:19.2 16 1 -
83 1981 カツラノハイセイコ 5 河内 3:20.6 14 2 -
81 1980 ニチドウタロー 4 村本善之 3:18.7 18 3 -
79 1979 シュウチカラ 6 郷原洋行 3:20.2 21 4 -
77 1978 グリーングラス 5 岡部幸雄 稍重 3:20.8 16 1 -
75 1977 テンポイント 4 鹿戸明 稍重 3:21.7 14 1 -
73 1976 エリモジョージ 4 福永洋一 不良 3:27.4 17 12 -
71 1975 イチフジイサミ 5 郷原洋行 稍重 3:22.1 18 2 -
69 1974 タケホープ 4 嶋田 3:22.6 15 2 -
67 1973 タイテエム 4 3:25.0 15 1 -
65 1972 ベルワイ 4 加賀武見 3:20.4 17 1 -
63 1971 メジロムサシ 4 横山富雄 不良 3:33.5 12 2 -
61 1970 リキエイカン 4 高橋成忠 3:25.8 13 2 -
59 1969 タケシバオー 4 古山 3:29.1 7 1 -
57 1968 ヒカルタカ 4 3:24.6 9 1 -
55 1967 スピードシンボリ 4 稍重 3:24.2 13 1 -
53 1966 ハクズイコウ 5 保田 3:19.4 16 1 -
51 1965 アサホコ 5 加賀武見 不良 3:27.1 7 1 -
49 1964 ヒカルポーラ 5 高橋成忠 3:26.8 9 3 -
47 1963 コレヒサ 4 安重勝 3:22.5 13 1 -
45 1962 オンスロー 5 山岡 3:27.6 6 1 -
43 1961 ヤマニンモア 4 浅見 3:22.6 6 4 -
41 1960 クリペ 5 保田 3:25.0 5 1 -
39 1959 トサオー 4 3:23.1 9 3 -
37 1958 オンワードゼア 4 好男 3:23.4 12 2 -
35 1957 キタノオー 4 勝尾竹男 3:21.3 7 1 -
33 1956 メイヂヒカリ 4 蛯名五郎 3:22.3 13 1 -
31 1955 タカオ 4 古山 3:24.3 11 1 -
29 1954 ハクリヨ 4 保田 3:24.2 6 1 -
27 1953 レダ 4 佐藤 3:24.2 8 1 -
25 1952 ミツハタ 4 渡辺正人 3:23.1 7 1 -
23 1951 タカクラヤマ 4 田俊三 3:24.3 7 3 -
21 1950 オーエン 4 土門健 稍重 3:34.3 9 8 -
19 1949 ハルオ 4 土門健 3:26.2 12 1 -
17 1948 シーマ 4 長浜三郎 3:25.3 6 5 -
15 1947 オーライト 4 元石正雄 不良 3:34.1 10 1 -
1945,1946年は中止
14 1944 ヒロサクラ 4 渋川久作 3:29.0 10 - -
12 1943 グランドライト 4 阿部太郎 3:28.1 13 4 -
10 1942 ナミモア 4 佐藤邦雄 3:25.1 9 1 -
8 1941 マルタ 5 清水茂次 3:25.4 10 1 -
6 1940 トキノチカラ 4 岩下密政 3:25.2 7 2 -
4 1939 スゲヌマ 4 伊藤正四郎 稍重 3:31.0 5 1 -
2 1938 ハセパーク 3 者斤奉 2:53.1 7 1 -

※第2回は2700m

※第145回の単勝払い戻し額は、天皇賞史上最高額である。

関連動画

各年度、個別のレースについては歴代勝ちの「第~回」の欄にある数字をクリックしてください。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E8%B3%9E%28%E6%98%A5%29
ページ番号: 4351110 リビジョン番号: 2598097
読み:テンノウショウハル
初版作成日: 10/05/02 05:26 ◆ 最終更新日: 18/06/14 01:30
編集内容についての説明/コメント: 85年の単勝配当追加(書籍、名馬列伝シンボリルドルより参照)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天皇賞(春)について語るスレ

19 : ななしのよっしん :2014/05/10(土) 16:18:41 ID: DD0cgg8WyO
距離で高速馬場で良馬場を一気に駆け降りるコースは負担が大きいに決まってる
20 : ななしのよっしん :2015/09/21(月) 23:07:58 ID: Vuzn5HM8hL
最近の異常レベルだから、もう一頭くらい天皇賞(春)出てきてもいいのにとか思う

64年ぶりのダービー制覇も37年ぶりの有馬記念制覇も史上初の三歳JCJC連覇も達成されたんだ、だって・・・(´・ω・`)
21 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 16:15:09 ID: PApltG23LZ
ゴール時のNHK実況カレンミロティックが1着だと決め付けてたけどめっちゃ怒られるだろうな…
実際キタサンブラックが勝ってたわけだし
まあ逃げが差し返すなんて想定しなかったんだろうけど並んでゴールしたんだから断言するなよ
22 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 18:57:17 ID: /3YgZOUKuM
今年も1番人気が勝てず、二桁人気券になりました
23 : ななしのよっしん :2017/04/30(日) 20:44:12 ID: GadvyA3H+1
に強いジンクスは通用しない、はっきりわかんだね
24 : ななしのよっしん :2017/04/30(日) 21:45:34 ID: DD0cgg8WyO
人気は人が作るものだから何の標にもならんよ
そういえばの1番人気連敗ジンクスなんて阿呆なものもあったな
25 : ななしのよっしん :2017/04/30(日) 23:00:56 ID: PApltG23LZ
距離軽視の潮の中で初勝利G1菊花賞同士の対決でがこれだけ盛り上がったのは喜ばしい
26 : ななしのよっしん :2017/05/03(水) 00:45:54 ID: g8//oHv47L
距離不要のが上がって久しいけど今年は長距離走れる横綱同士の戦いで熱かったなぁ
27 : ななしのよっしん :2017/05/10(水) 09:31:03 ID: URsAowp1KW
が一番面
28 : ななしのよっしん :2018/04/29(日) 16:07:13 ID: OIvLICB0xX
なんかよくわからないレインボーラインが故障しそうな予感がしたから本命から外したんだが
外れてほしい方だけ的中してしまうとは…
本当に事を祈る、せめて命は助かってほしい
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829