単語記事: 天空戦記シュラト

編集

天空戦記シュラトとは、1989年に放送開始されたテレビアニメである。

概要

天空戦記シュラトは、タツノコプロ製作したテレビアニメである。1989年4月6日から1990年1月25日まで、テレビ東京系で毎週木曜19:0019:30に全38話(総集編を含めると全40話)が放送された。

異世界を舞台にしたファンタジーアクション作品。80年代機甲創世記モスピーダ赤い光弾ジリオンなど、バトルものにSF色が強かったタツノコプロが一転、東洋系のモチーフ、スポ根、美少年アニメの要素を取り入れた作品である。

前年放送開始の鎧伝サムライトルーパー女性ファンの人気を獲得するなど、聖闘士星矢に始まる集団美少年装着アニメは一大ムーブメントを巻き起こしていた。そこにタツノコプロも加わった形ではあるが、シュラトと星矢スポンサーは同じバンダイであり、しかも星矢シュラト放送開始の前週に最終回を迎えていた。つまり、バンダイの意向も相当大きかったとみるのが妥当であろう。

キャストは、1987年放送の赤い光弾ジリオン役三人(関俊彦井上和彦水谷優子)がそのままメインキャラに起用されている。特に井上和彦は初のヲネエキャラとあって、大変な話題を集めた(実は結構男らしいキャラなのだが)。
他にも、ブレイク直前の林原めぐみが起用されていたり(本編ではあまり扱いは良くなかったが、キャラ人気は高かった)、ド新人の子安武人が準役級キャラに抜されたりしている(本人く、あまりにも下手過ぎていい思い出がないそうだが)。

インド神話モデルにしているが、原典では男性であるヴィシュヌ女性になっていたり(当時「実は男」という噂もファンの間では流れていた。ヲカマも居るしね)、原典ではヴィシュヌの妻であるラクシュミーが、ヒロインのラクシュとマスコットキャラのミーに分割されてたりする(合体してラクシュミー・・・にはならない)。

清水咲斗子の歌うOP/ED(前期後期共に)はロックテイストで熱く、名曲いである。隠れた名曲になっているきらいがあるので、まずは前記OP「SHINING SOUL」から聴いてみよう。
挿入歌「オンシュラ・ソワカ」(石原慎一)正直なところ本編からはちょっと浮いていたが(笑)駄な熱さが楽しい一曲である。
ラクシュが自己犠牲(未遂)した回で流れた挿入歌「言わない”Good bye Dear"」(木村真紀)は、いい曲ではあるけど・・・、う~ん全に浮いてたなあ。

また、番組後半における作画崩壊についても話題に挙げられることが多い作品でもあり、詳細は後述するが、前半についてだけはこの時代にあってはかなりのハイクオリティであることをを大にして言っておきたい。逆に言うと、全体的に酷かったら後半の作画崩壊が後世にり継がれることもなかったのではなかろうか?

神甲冑(シャクティ)

今作は聖闘士星矢二番煎じであるがゆえに、当然、敵も味方も衣的なを身にまとって戦う。
それこそが甲冑(シャクティ)である。

携帯時は護符(ヴェーダ)と呼ばれるの守護像であるが、将が流( ソーマ)を注ぎ込むことにより巨大化して甲機(バルダ)という高速移動形態になる。大きなスケートボードみたいなものである(タツノコ的には、ペガスに乗るテッカマンか)。そして、これは分割して装着することも出来る(すなわちシャクティ)。

バンダイから発売されたプラモデルでも、甲冑から甲機への変形機構が再現されている。可動域は狭い(というかほとんど動かない)が、この時代にしてはプロポーションは悪くはない(というか、個人的にはむしろ良い方だと思う)。

さらに、当時バンダイミニ四駆のパ○リ商品として発売していたハイパーレーサー4WDシャーシに装着出来るというギミックも売りであった(ただし、パーツのかみ合わせが悪いので、盛大にパーツを撒き散らせながら……ではあるが)。

発売されたプラモデルは、修羅シュラト、叉王ガイヒュウガリョウマの4種類(八部全員とまでは言わないが、せめて迦楼羅レイガくらいは出して欲しかった)。今からでも遅くないんで、アーマープラスとかで発売してくれませんかね?バンダイさん。

あらすじ

人間界で普通高校生として生活していたシュラトとその親友ガイは、突如、界へと召喚されてしまう。
シュラトは、そこで界を統べる調和ヴィシュヌと対面し、シュラトは界のために戦う宿命を負った戦士であることを告げられる。
しかし、その、調和ヴィシュヌは側近であった雷帝インドラにより石化させられ、その濡れ衣をシュラトに着せられてしまう。こうしてシュラトと仲間たちは、雷帝インドラを倒し、ヴィシュヌを救い出すに出るのであった。

天空界用語

人間界の上位にある世界、今作の舞台である。人間界とは表裏の関係にあるので、界の危機は人間界にも影する。
界にいる戦士達の総称。
デーヴァ
調和心ヴィシュヌを筆頭にして、界の調和を将たちの総称。
八部
デーヴァ軍のなかでも特別な8人の将に与えられる称号。作中ではシュラト、ガイレイガ、ヒュウガリョウマ、レンゲ、ダン、クウヤをす。
アス軍 
いわゆる悪の軍団、破壊神シヴァに率いられ、界の調和を乱す者達。
先の大戦で敗北し封印されていたのだが、物語中盤以降に本格的に復活しデーヴァ軍と全面戦争に突入することとなる。
異動宮
アス軍の本拠地。モチーフリンガ。つまりチ○コ。
星矢で言うところの小宇宙に相応する。
小説版によると界の物質は流を基本として構成されており、それはちょうど人間界の物質の最小単位が原子で構成されるようなもの。
ちなみに流とかいてソーマと読む。聖乳とは関係ない。
曼荼羅
八部衆が協して繰り出す合体技。最低3人から繰り出すことができる。
3人では「紫風曼荼羅」、4人では「獣王曼荼羅」、5人では「宝珠曼荼羅」、6人では「智慧曼荼羅」、7人では「金剛曼荼羅」、8人では「曼荼羅」と名称が変わる。
ただしアニメ本編では「獣王曼荼羅」しか使わないので、それ以外は覚えておく必要なし。 

登場人物

修羅シュラト(CV 関俊彦) 
本名 日高亜人(小説の新装版では日高修羅人)
本作の主人公。 前世は赤い光弾ジリオンJJ。 性格は明るく直情的な熱血、ついでにお調子者で美人に弱い。しかし責任感は人一倍強い。
とまぁ、性格の長所も短所もJJと重なる部分が多い。
なお、彼の必殺技は「修羅体当たり」(笑)
叉王ガイCV 子安武人
本名 黒木
人間界にいた頃は穏やかで優しい性格で、シュラトとは親友だった。
界に召喚されてからは、冷酷で残な性格となり執拗にシュラトを付け狙う最大の敵となる。
来世では双子に対して、憎複雑な思いを抱いて戦う宿命を背負うこととなる。
ラクシュ(CV 水谷優子
本作のヒロインシュラトに一惚れして以降、シュラトと行動を共にする。前世は赤い光弾ジリオンアップルなのだが、こちらは性格が全然違う。本作での性格は爛漫でブリっ子。
余談だが、当初は彼女も甲冑を纏って戦うという案もあり、専用甲冑(一角獣モチーフ)のデザインもあったんだが。甲冑を纏ったら性格が変わりそうという理由でボツ。
残念。戦うヒロインアリだと思うんだがなぁ。
迦楼羅レイガ(CV 井上和彦
オカマ
脳筋の多い八部衆にはしく沈着冷静。インドラの謀反にもいちく気付いた。だがオカマだ。
彼の必殺技迦楼羅」はチート技。おそらく彼こそが八部最強の男だろう。だがオカマだ。
彼の前世は赤い光弾ジリオンチャンプなのだが、表面的な態度はチャンプとは全くの別物(本質的な部分の仲間思いな所などは一緒だが)。
裏話として、元々はレイガのキャラクターオカマ口調ではなかったのだが、井上和彦が冗談でオカマ口調で演じてみた結果、公式に採用されたという経緯がある。もし井上和彦の冗談がなかったら、ジリオンチャンプみたいな感じのキャラクターになっていたのかもしれない。
裏話その2、彼の技の1つ。「迦楼羅カルラよくしらん)」の由来は、レイガの技っていろいろ種類あってよくわからないから→よくしらない→よく知らんというタツノコスタッフの会話から生まれたらしい。
筆者のお気に入りであり、それはこの項だけやたら気合が入っていることからも察することができよう。
ヒュウガCV 堀内賢雄
性格は生インドラの謀反の現場に居合わせたせいで、ヴィシュヌ石化の罪を着せられてしまうことになる。 
なお、来世は「キャッ党伝てやんでぇ」のナレーション(「てやんでぇ」のCDドラマシュラトパロがある)。
リョウマ(CV 山寺宏一
ヒュウガの親友、性格もヒュウガ同様の堅物。そして八部最強の男(笑)
その割に結構いろんなヤツにボコられてるような印があるが、これは倒されても立ち上がるそのタフさが最強という意味だろう。
界で一、ヒュウガと「熱血しりとり」ができる。
レンゲ・ダン・クウヤ(CV 林原めぐみ飛田展男中田和宏
八部衆の残り。
十把一絡げで申し訳ない。
何しろこいつら、前半はシュラトと敵対するし、後半の戦いには置いてけだわ。挙句、コピー怪人だったとはいえ、レイガの「迦楼羅」で三人まとめて消し炭になるわで、非常に印が薄い。
一応、3人掛りとは言え、アカラナータに勝ちあげたのは見事。 
不動明王アカラナータ(CV 松本保典
インドラ配下のアス将。
強い。絶対に強い。
そして残
必殺技は「アカラナータビーム」もとい「獣牙裂弾」。  
雷帝インドラ(CV 鈴置洋孝
ヴィシュヌの側近にして、界のNO2。配下のデーヴァ軍の将たちからも信望厚い。
ヴィシュヌを石化した本人だが、その罪をシュラトとヒュウガに擦り付ける。
なお、ヴィシュヌを石化した際「これからはオレ様がデーヴァ軍のニューリーダーだ!!」と言ったとか言わないとか。
ちなみに、小説版では敵ながら優遇されたキャラで、あかほりく「インドラにはめちゃくちゃ思い入れがあります」とのこと。  
破壊神シヴァ(CV 若本規夫
アス軍の首領。
見た女性しかし声優若本、従っては非常に野太い。
余談だが、彼(彼女?)の座っている玉座こそが甲冑であり、そのデザインは複雑にして巨大でありまさにラスボスに相応しい威容がある……という設定はあったのだが、作画が大変になるのでボツになったらしい。
番組後半の作画状況から考えると当然の結果である。 
調和ヴィシュヌ(CV 島本須美
界のトップ文字通りに界の守護でもあり、彼女がいなくなると界は非常にマズイことになるが、物語冒頭でインドラに石に変えられてしまう。
ぶっちゃけ星矢でいうとこの沙織さんポジションの人であり、レイアースで言うとこのエメロード

本作の影響

聖闘士星矢の影をモロに受けた作品であるが、パクリアニメと切り捨てるには惜しい独自要素もあり、後に与えた影も少なくない。

例えば、シュラトの同人誌からCLAMPが登場したこと、あかほりさとる小説家デビュー作がシュラトだったり(あかほりの小説シュラト7巻はいつ出るんだろ?)、水谷優子にとって天然ボケキャラを演じることになったハシリであり、子安武人の出世作でもある。

本作の翌々年に放送されたタツノコ作品テッカマンブレードへの影も強く、同作の視聴者であれば、シュラトとテッカマンブレードの共通点や類似点を見出して楽しむこともできるだろう。

作画について

先述のとおり、シュラト(後半)は絶な作画崩壊アニメであるが、何しろもう20年以上前のアニメなので許してもらいたい。特にシュラファンシュラトを作画崩壊アニメとしてるときというのは、シュラトの作画崩壊を含めて面いもの。としてっている場合がある(というか筆者のこと)ので注意が必要。

作画崩壊は、アス軍の復活が迫り、界の調和が乱れている状態をアニメーション的に表現した高度な演出技法くらいに思ってもらえるとちょうど良いかも知れない。実際、物語前半の作画は高品質で、中盤以降に徐々に悪化、異動宮でのシヴァとの最終決戦で最高潮を迎え、界に平和が訪れた最終回とその1つ前で劇的に回復している(これは見事に界の危機をなぞっているではないか)。

ただ、最終回作画監督菊池(麻宮騎亜)が務めており、それまでと全く顔が似てないキャラで話が展開するため、ある種の「作画崩壊」と感じる人も居るかも知れない。

また、本編終了後に発売されたOVA(全6話)はキャラクターデザイン奥田万つ里に近づけた作画になっているが、むしろテレビアニメ本編からキャラ絵が離れるというが生じていた。

関連静画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E6%88%A6%E8%A8%98%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%88
ページ番号: 5067429 リビジョン番号: 2290172
読み:テンクウセンキシュラト
初版作成日: 13/04/06 19:47 ◆ 最終更新日: 15/11/19 17:04
編集内容についての説明/コメント: 昨日の編集でガイの本名が本文の方に入ってしまったので修正(もうしわけないです)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天空戦記シュラトについて語るスレ

19 : ななしのよっしん :2015/02/09(月) 10:51:10 ID: EvYhiDC0NB
>>18
ニコニコ大百科は個人のも認められている
観を入れてはいけないとはも言っていないぞ
性がどうのと言うんならお前Wikipediaにでも移動するべき
少なくともこの記事はシュラトの特徴と魅を充分に記された良記事だろう
20 : ひろポン :2015/08/22(土) 13:19:48 ID: xeo2n4T2yU
実は関俊彦子安武人の長きに渡る因縁(新機動戦記ガンダムWサクラ大戦2、そして機動戦士ガンダムSEEDなど)の原点がこれだったりする(笑)
それにしても偉大なる林原閣下が演じた八部衆の紅一点・ナーラ王レンゲの扱いが小さいのは許せん(笑)(序盤インドラ方に付いて主人公達に敵対したから仕方ないとはいえ)とりあえず「来世は美少女天才魔導士として活躍する」の記述を追加してもらえればいいです
(あと婆王ダンのところに「前世は人格崩壊したMSパイロット、来世は悪魔ガンダム黒幕」、不動明王アカラナータのところに「来世はレンゲと一緒にをして、そのまた来世で何をやっても駄な子供の父親になる」の記述も追加してもらえるとありがたい)
そういやサムライトルーパー二番煎じというが、実は滸のシン中の人アス族十二将(でもアニメでは12人全員出てこない)の一人のCVやっていたりする(それ以前にアカラナータの中の人自体、闇魔将の人だったりするのだが)
それとTVシリーズの後日談に当たるOVAの記述も追加してくれるとありがたい。
21 : ななしのよっしん :2015/11/15(日) 20:08:39 ID: iW6gNQs2DQ
ちょいとばかし概要を修正しますた。

シュラトにはそんな興味ないけれど、>>19が随分乱暴な理屈を唱えてるんで、ムッとなって文章を整理。は18の言いたいことは何となく分かるけどなぁ?

この記事の内容、確かに的を得ているしユーモアはあると思う。編集者が事情に詳しいという感じもする。だけど観を強調し過ぎだろ。
特に概要の要約が「パクリアニメ」「同人には一石を投じた」「作画崩壊」って、ちょっと酷いだろww
笑い話にしても概要なんだから、記事の最期にるくらいのもんだろう。

この作品がどんなものか、というので動画やらから飛んできた新参者もいるかもしれないし、少なくとも概要くらいはそういう人に興味を持たせる内容であって欲しいわ。概要からのっけからレッテル貼りはどうかと思うわ。編集者はキット化を推しているが、こんな概要を見てが再評価しようと思うかね。
22 : ななしのよっしん :2015/11/15(日) 20:15:12 ID: iW6gNQs2DQ
それと記事作成者のフリーダムっぷりというかオタクぶりを徴している文章で笑えるのが

>この場合、甲機の上に人間が乗るような形になる(ペガスに乗るテッカマンを思い浮かべると良い)。

…これ知らないには訳わかんねぇだろw

この記事作成から編集まで一人しかしてないらしいんで、こういうフリーダムな内容になってしまったんだろうけど、それが現在のシュラトの評価なら少しさみしい気もする。

まぁともかく、>>19が記事作成者と邪推してしまうくらい乱暴な事をしてるんで、概要はこのくらいにしといた方がいいと思いました。
別にこの記事の作成者みたく別格シュラトのファンではないけれども、>>18のような気分にはなったんで、削除はせずとりあえず文章を整理させてもらいまった。
23 : ななしのよっしん :2016/03/09(水) 20:45:03 ID: dnSIeBujU3
役者声優として不動の地位を築いた子安にもこんな時代があったのか

作品の積み重ね数って大事だな
24 : 記事主 :2016/03/24(木) 23:04:50 ID: 5gJ16fokKr
 記事主です。
 元々、大百科シュラトの記事がいことに愕然とし、ならば自分でつくるしかない。でも作ってもも読まないだろう(今まで大百科に記事がかったくらいだから)とタカをくくり、思いつく限りのネタを詰め込んだカオスな記事にしたのですが、悪ふざけが過ぎました。
 申し訳ありません。
 当方の書いた文章で気分をされたのならば申し訳ないと思いますし、それによって記事が妥当な方向に修正されるのであれば依存もありません。
 さらに付け加えると、私は自分の書いた文章に特にこだわる気もありませんので、記事の編集をされるというのであれば大歓迎です。
 
 以上が、この記事を執筆した者の本心です。今後、私の記事を読んで不快な思いをされた方がいれば参考にしてくださると助かります。
25 : ななしのよっしん :2016/04/23(土) 16:39:33 ID: iW6gNQs2DQ
亀レスですが。

>>24
気になったのですが、あなたのユーザー記事にこの記事の編集前の当該文章を抜して乗っけているのは、何か意味があるのでしょうか?

>一口にいってしまうと、聖闘士星矢の典的な二番煎じアニメ
申し訳ないのですが、概要のっけからこういう文章を載せるという事に関しては正直は納得いきませんでした。
ただでさえこの作品に関して、ニコニコ動画的には作画崩壊事実だけが突出して認知されている現在、あなたはそれでいいのかもしれないけれども、のっけからレッテルを貼った上で作品の解説を入れるようでは、もこの作品を素直に見ようとなんて思いませんよ

だからあなたの文章は差し戻したりせず、概要から独立させて移動したのですが、不満でしょうか。
26 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 11:36:50 ID: 5gJ16fokKr
 >>25
 記事主です。
 こちらも亀レス申し訳ありません。

 自分のユーザー記事については、言われて初めて気が付きましたし、そもそも言われるまで「ユーザー記事」って何だっけ?という感じでした。
 ですので、こちらもわざわざ変更前の記事を自分のユーザー記事転載しているというような面倒なことはしておりません。
 ではなぜユーザー記事に変更前の記事が残っているのか?というのは自分でもよくわかりません。
 が、自分の性格を考慮して当記事作成当時の状況を推測すると、初めての記事作成に勝手がわからず、また何かあった場合のバックアップの意味も兼ねて、まず練習でユーザー記事に当記事と同じものを作成したからではないか?
 そして根が不精なので、記事が完成した後は、ユーザー記事をそのまま放置していたからではないか?と推理しております。
 ですので、別に他意や不満があるわけではないです。   
27 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 11:49:20 ID: 2pEwtACoWP
小説版についてまったく触れてないのが気になるな。
28 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 01:16:05 ID: iW6gNQs2DQ
>>26
そうでしたか。
ですがそんなことをせずとも、過去の記述はこの記事の「編集履歴を閲覧」からいつもで確認できますよ。それをユーザー記事にわざわざ乗っけているというのは、厳しく言えば誤解を生みかねないと言えるのではないか…。
しかし、違うのであればそれは、こちらの勘違いでした。申し訳ありません。

それとこれは余計なお節介ですが、ユーザー記事は基本的に自分に関することのみを残しておいた方がいいですよ。メモなんかに使うと、今回のように誤解を生みかねませんからね。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015