単語記事: 太刀

編集

太刀とは、

  1. 日本刀の形式の一つである。
  2. モンスターハンターシリーズに登場する武器カテゴリーの一つである。

本記事では、1と2両方解説していく。

概要(1)

基本的には、身の長さが2尺(60cm)以上3尺(約90m)以下の湾し、安時代中期~戦国時代中ごろまで使用されたが、(日本刀の代名詞ともいえる)打に取って代わられた。

2尺~2尺1寸7分(約60cm65cm)以内のものは小太刀、およそ2尺8寸(約85cm)程度以上は大太刀(野太刀または背負い太刀とも)と呼ぶ。

全体的な傾向として、騎戦を想定しているためか打較して渡りが長めで身のカーブが深い。また、個体差はあるが柄も反り返っており、騎乗での片手使用を考慮し滑り止めの的があるといわれている(時代が下るごとにっ直ぐになっていく)。その他の特徴として、打に締めた帯にを上に向けるようにして携帯するのに対し、太刀はその帯から部側を下に向けてるす。これを佩くともいう。
ちなみに、よく日本刀は茎(柄に収まる部位)に、銘(身製造者あるいは製造集団名)を彫ることがあるのだが太刀と打は表裏逆である場合が多い。

に、乱暴にりつけたり突いたりした他、戦場では、しばしば相手の動きを鈍らせたり、かぶっている兜を脱落させる的で敵の頭部を兜ごと殴りつけることもあった。(これが原因で南北朝時代の頃には兜の内側にクッションを付けるようになった。)

戦向けであったといわれているが、出現当初~鎌倉時代初期までは騎乗ができない下級兵士の(薙刀と並ぶ)兵装であり、騎武者が何らかの理由で下した際に使用することを重視する(騎乗ではに使用)等、徒歩戦で使う場合が多く騎戦のための形状ではなく、上述の打撃用ではないかという説もある。
の内乱以降は、戦闘規模の増大により、上でを扱うのは苦手な者を多く戦闘に取り込んだため騎乗での太刀による兵戦が増えていったとされる。

(また南北朝の内乱の直前にはこれまで皆無だった太刀薙刀兵装とする騎武者も多く現れ、太刀も大太刀とも呼ばれる大ぶりな太刀が使われるようにもなり、その大太刀も操作性を高めた長巻へと発展・生していく。その後、室町時代~戦国時代中期に打流になっても太刀及びそのは一部の武士たちに使用された。江戸時代に入ると全にれたが、祭などの儀式等では打太刀携帯する事もあった。)

なお、あまり注されることはないが、当時(中世)は自救済の世界であり、法律警察機関等が極々狭い範囲しか機していなかった。そのため治安が悪く、細なもめごとでも傷沙汰や同士の抗争に発展する場合が多々あったようで、不当・正当問わず(強盗や暗殺、喧、処刑などの)暴力行為にもよく使われた。そのため、日常の護身としても(自分の要を通す器としても)非常に重要であった。

関連動画

関連項目


以下、この記事では、2.について(モンスターハンターに登場する太刀に関して)記述する。

概要

ガンナー

初期では大剣と同じ括りであったが、後に独立したカテゴリーとなった。所謂カタナである。
リーチの長さはそのままに軽量化されている。機動は大幅に上昇したが、ガードはできなくなった。(構造が精密である為)
錬気ゲージという固有のゲージを持つ。攻撃を当てるとゲージが溜まり、最大まで溜めると攻撃が上がる(作品によってはれ味も)。またゲージを消費して強な気りが使える。気りは最大3回まで連続で出す事ができる。

攻撃動作が素いので手数を稼ぎ易く、リーチが長く隙の小さい突き攻撃を持つ事から攻撃のチャンスは多い。り下がりで攻撃と離脱を同時にこなせるというのも特長である。
りによるラッシュは強だが、フィニッシュの攻撃動作が長く、カウンターを貰い易い。転倒中など確実に決められる状況でもない限り、1~2発で止めておくが吉。連携の中に気りを1発織り交ぜるだけでも火力アップは十分見込める。
一方で納がやや遅く、ガードもできないため、離脱の判断はややシビア。モンスターの挙動・攻撃範囲には常に気を配ろう。
以上から、「敵の隙をいかにして突き、そこから被弾せずにどれだけ攻撃を叩き込み、そして離脱するか」とう、高い判断と技術が要される武器である。外見に似合わず、要されるのは実は地な研鑽とダメージ蓄積だったりする。

パーティプレイ時は、リーチの長さに注意した立ち回りを要される。
攻撃範囲の広さが裏に出てしまい、近くの味方を転ばせてしまいやすいためである。
特にり下がり攻撃は、後ろを含め広範囲に攻撃判定が発生してしまうため、非常に巻き込みやすい。
ランスガンランスといった、敵にり付いての攻撃を体とするスーパーアーマー効果のある攻撃に乏しい武器との共存には細心の注意を払う必要がある。
MHP3では、ボウガンに硬化弾を撃ってもらう、狩猟笛にのけぞり効旋を吹いてもらう、といった対処方法もある)
手数で攻めつつ、周囲に気を払う繊細な立ち回りができて、初めて一人前の太刀使いと呼ぶ事ができるだろう。
ちなみにMHFではいたわりスキルで対策可であり、他の武器種のスーパーアーマーも強化されている。

外見の格好良さなどから実の伴わない使用者が後を絶たず、特にMHFの初期は大きな問題となった。
巻き込み上等な立ち回りでは自分はおろか、味方まで危機してしまうため非常に嫌われる。
知り合いとのアドホック通信プレイならともかく、オンラインプレイ時は自分の実を見つめる事が第一である。

MHF

ベースMH2
練気ゲージMAX(以下気状態)では武器倍率が+10されたあと1.2375倍されるため維持が基本。
基本の立ち回りとしては攻撃を当てつつ回避か追撃を選択という動きを繰り返すことになるが、これは地極どの秘伝書スタイルでも同じ。
PTの中で足りない部分(部位破壊、転倒狙い、状態異常、対近距離攻撃の誘発など)を補いつつ戦えるのが太刀の強み。
そのため操作はシンプルだが可な立ち回りは多岐に渡り、モンスターやPT構成に応じた知識・経験が重要になってくる武器種。

秘伝防具が実装されたフォワード後期からGの初期までイカ玉鋼として広場を埋め尽くし猛威を振るったが、G中盤からは最下位に近い状態となっていた。

そのため行われたG9での調整は以下の通り。

しかし、上述の通り状況を打破しきるには至らずMHF-Zの全武器バランス調整で以下のように上方修正され、同時に実装された秘伝書の新スタイルも他の武器種にべ追加要素が多い(そちらの詳細は後述)。

また、元は1.125倍であった気状態の倍率上昇がこれらの調整の前後に1.2375(1.125*1.1)になっている。
これは兼ねてから言われていた太刀は秘伝スキル必須という状況を変えるためである(詳細は秘伝スキルの項)。

オリジナルアクション

大きく分けるとシーズン10、G1で追加されたアクションと、シーズン8.0と10、MHF-Z実装された秘伝書によるアクションの差し替えの二種類がある。
前者は全てのランク帯で条件に使用する事ができ、後者HR5(かつては500300)やG級昇格という条件を満たすと手に入る秘伝書を装備しスタイルを変更する事で既存のアクションの一部が差し替えられる。

追加アクション

シーズン10

・ステップ
左右任意の方向へステップし、縦りを行う。
スタミナや練気ゲージは消費しないため、位置や方向の調整に重宝する。
従来は気りからのみ生であったがG1から地ノのみ生元アクションが増えた。
また、気りからの生の場合段階が維持されており、 気り1→ステップり→気り2→ステップり→気り3と生する。

・前転突き
前転回避中に突きを入すると若干回避モーションをキャンセルして突きを行う。
貫刺し及び左右の回避でもキャンセル突きは可

G1

・気放出
ボタン長押しで発動可。3hitする。
本来の日本刀から抜するようなモーションで溜め動作の後、手なエフェクトと共に斜め方向に斬り上げる。
錬気状態でなくても発生できるが、錬気ゲージ50必要。
コンボ中だけでなく抜・納状態からでも使用可
しかしながら全錬気ゲージを消費する、強制納状態になる、回避キャンセル不可などかなり扱いが難しい。
りのコンボ回数によって本体の威が、練気ゲージの残量によってオーラの威が強化されるという特性があり、気り中の突き・斬り上げ・ステップりを行っても本体の威は低下しないが、避けりはコンボ中断扱いになる。
G8まではゲージの消費後は練気状態自体も解除されていたが、G9の調整により練気状態が解除されなくなり、この気放出り自体を当てても練気ゲージを回収可になった。

・突き下がり
地ノ専用追加モーション。
通常の突きよりやや大きいモーションでの前を突き刺しながら大きく後ろに下がる。
り下がりを除くモーションからの生が可で周囲を巻き込みにくい上に、後退距離り下がりより1.5キャラ分ほど大きいため離脱に有用。
り下がり同様回避にのみ生可

秘伝書スタイル

MHFにおけるスタイルシステムではなく一部のアクションが置き換わる事で、狩りの体感や立ち回りが変化するというものであり、で一部アクションが変化、から更に一部アクションが変化となっている。

また、MHF-Zで全武器に新しいスタイルである極ノが追加されGR1(当初はGR300だった)から使用可になった。
地・はそれぞれ個性が強く使い分けるという趣であったが、極ノG級から使用可と言うことで既存のを併せ昇させたという性質が強く、物によっては他ののほぼ上位互換となっている。
しかし、そのため逆にできるアクションが多すぎて(コマンドの兼ね合いもあって)使いこなすのが難しかったりスキルが足りなくなったりする武器種もある。
全武器(元からできる武器は除く)にスタミナを使用しての抜ダッシュとふっ飛ばされ時の任意受け身が追加されている。
ダッシュは立ち状態から以外に多くの攻撃アクション後の隙をキャンセルして出すことができる。

天ノ型

り下がり→避け
スタミナを消費して一無敵時間を発生させてから斬り上げる。
り等多くのモーションから生でき、り下がりにべて周囲を巻き込まないのでランス等との共存もしやすい(現在は他の武器種のSAがかなり強化されているが)。
手数が増え咄嗟の回避にも使えるものの、り下がりと異なり前進するためどんどん前へ行ってしまい位置調整には気を付ける必要がある。
また、避けりから気り1を含めた全てのモーションに生できるため、気り1→気り2→避けり→気り1→...というループコンボが可
ちなみに的時間は普通の回避より短いので回避的で使い場合は回避性を付ける事が推奨される。

実装から長らく流とされたのがこのであり、高い技術を持つ太刀使いはモンスターに密着しつつ避けりやステップりで攻撃を回避してり続ける事が可
現在は極ノを習得後はそちらに移行することになるだろう。

嵐ノ型

・突き→貫刺し
突きが多段ヒット刺しになる。通称ガトチュ。
練気ゲージが満タンの場合溜めから貫刺し【強】を放つ事ができる。
一見強そうに見えるがスキルなどの上乗せがければ火力微妙
しかも発動の際の溜め時間、攻撃後の隙、打点の低さ、横判定の弱さなども相まって非常に扱いづらく、実用性が低いためロマン技と見られている。
ちなみに剣術+2を発動させるとヒット数はそのままにモーション値が上がり、シジルで貫刺しを強化する事も可
併用した場合威が1.5倍強になるので扱い辛さに注意すれば実用ラインとなる。

極ノ型

ベースだが後のアップデート普通の突きも使えるようになった。
また、回避や抜ダッシュからの突き入斬り上げになっていることに注意。
ダッシュ速度は納状態のダッシュよりやや遅い程度であり、そこからは縦り、回避、いなし、解放連撃、ダッシュ溜めに生できる。
更にゲージというシステムが追加される。
ゲージは攻撃を当てたりいなしを成功させたりすることで溜まっていき納すると消える。

ダッシュ溜め
太刀を地面に擦らせて火を散らしつつ走る。
ダッシュ溜めりに生可

ダッシュ溜め
ダッシュ溜めを解放し広範囲を薙ぎ払う。
練気が一定以上ある状態で一定時間溜めると太刀り、その状態で解放すれば練気を消費して攻撃する。
練気がい状態や溜める前に解放しても技は出せるが練気を消費するとしないとでは3倍以上の威差があり、溜め威+2(溜め攻撃の威を上げるスキル)発動時の練気消費ダッシュ溜めりは気り1,2の合計値をえるようだ。

・いなし
ようはスラッシュアックスFガード吸収のようなプロキングタイプガードだが、あくまで「いなし」である。
ほぼ全ての攻撃から生可で納状態からもだすことができ、攻撃の受け流しに成功した場合は回避や再度のいなしの他、いなし突きか生できる。

・いなし突き
溜めしで放つ貫刺し【強】。
状態でなくとも使用可で練気ゲージを消費しないどころか回収できるが、貫刺しと違って移動距離がほぼないため近接していないと当たらない。


ミドガロンのように高速で踏み込みつつりつける。
こちらも練気ゲージを消費せずかなり回収できるほか、ビジュアル的には瞬間移動である踏み込み中は無敵(回避がトリガーになっているスキル効果も反応する)。
移動距離は固定でモンスターをすり抜けることや生時スティックで方向を変えることもできる(180反転も可)。
の攻撃判定は踏み込み後のりつけではなく踏み込み軌上にモンスターいれば発生するため密着状態でも当たる。
は避けりと同じため普通に回避攻撃として使うことになる。

・解放連撃
ゲージを消費して繰り出す大技。
発動時にゲージを全消費しそのゲージ量によって挙動が変化する(ゲージが0の時は発動不可)。
ゲージMAXであれば斬り上げ*2→振り向きり、半分以上だと斬り上げ→振り向きり、半分未満だと単発の振り向きりとなり、の振り向きりの後に向き直ると同時にモンスターに蓄積された練気が解放され追加ダメージを与える。
練気解放による追加ダメージは連撃中最初にりつけた部位に対して発生するが、向き直るまでに被弾してふっ飛ばされると追加ダメージが発生しないので注意。
コンボの威は低く開放する練気に威が集中しているが、これも解放時のゲージ量で変化する。
ゲージMAXの追加ダメージは凄まじい威を持つが、ゲージ半分以上ではその1/3、半分未満ではそのさらに1/6(=MAXの1/18)となってしまう。
故にできるだけMAXで放ちたいところだが、3連撃と向き直りを了できるだけの隙を見て使う必要がある。

太刀技【刀神】

太刀の秘伝スキル

という太刀に特化した効果を持つが、まずもって練気状態での非秘伝との攻撃差が1.2*1.1=1.32倍であり、ゲージ消費半減効果によって気1→2→避けりの気ループ永久に行えた事から、机上DPSが重視されていた実装当時のMHFでは太刀は秘伝スキルがなくてはいけないという潮があった。

さらにそのフォワード後期、保護スキルを入れるためには火力を落とさなければいけなかった他の武器種の秘伝防具は、当時の最新コンテンツである覇種に対応できなかった。
しかしそんな中、太刀秘伝防具であるスピネルFX(通称イカ)は一式装備の時点で、太刀技【】、集中+2、効、見切り+3、耐震+1が発動し、装飾品込みで火力を落とさず保護スキル備する事ができたため、シェンガオレンの覇種太刀である殻王【玉鋼】(属性リーチ長)と共に爆発的に普及、Gの初期までメゼポルタ広場を席巻する事となった。

これらの事から最近でも「太刀は秘伝スキルを発動し気ループが最適」と考えられる事が多かったが、机上DPSが重視されていたのは過去の話で、Gに入ってしばらくしてからはループコンボを出し続けるような運用はされておらず練気ゲージの回収も問題ない。
とはいえ、フォワード後期から猛威を振るったためかGに入って長らく上方修正がされなかったことで他の武器種に火力で置いて行かれ気味となり、秘伝スキルの1.1倍込みでようやく秘伝スキルい他の武器と肩を並べることができるという状態、つまり火力を確保するためにはお世辞にも発動が容易とは言えない秘伝スキルの必要性が高いという問題がG中期になってもまだ残っていた。
しかし、これも上述した気状態補正の上方修正(運営でも秘伝と非秘伝の差は問題視されていたようで、この上方修正が秘伝スキルと同じ1.1倍なのはこのため)で解決。
このように環境の変化やG9、Zでのバランス調整などでこの問題は解消されたと言える。

モンスターハンター3(Tri)からの新要素

モンスターハンター3では、新たに「気回転斬り」「横移動り」が追加された。

回転斬り:3回連続で気りを出した後にA(MHP3ではR)を押すと発動する。
広範囲をなぎ払う事ができ、さらに攻撃がヒットすると、錬気ゲージの色が変わり、攻撃若干上昇する。
しかし、ロックラックでは「気大迷惑り」と呼ばれるほど、他のハンターを巻き込みやすいため、ロックラックを拠点とした狩り(つまりオンラインプレイ)では使い所を考える必要がある。

横移動切り:攻撃中に、(MH3)左右ひねり+-ボタン、(MHP3)スライドパッド左右と○+で発動。
した方向に移動しながらり付ける攻撃。左右方向に移動できるり下がりとも言える。
り下がりほどではいが、やはり移動方向に対し広めの攻撃範囲をもつため、使用する際は敵の動きに注意するとともに味方の動きにも十分注意を払う必要がある。

ちなみに、モンスターハンター3での太刀は気りをしても練気ゲージが減らず、ゲージ減少の要因のほとんどは時間の経過のみとなっており、ゲージ色の保持が非常に容易になっている。だが、それは気回転斬りを多用する原因であり、他ハンターへの配慮が一層必要になるという事である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%AA%E5%88%80
ページ番号: 721607 リビジョン番号: 2513814
読み:タチ
初版作成日: 08/11/15 20:06 ◆ 最終更新日: 17/08/10 09:15
編集内容についての説明/コメント: 極ノ型追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


太刀

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太刀について語るスレ

460 : ななしのよっしん :2017/07/10(月) 19:51:03 ID: 9RAjXGxecK
>>457
そもそも荒らしに文句なんて言う必要ないし
まともな頭してるなら黙って削除依頼だろ
461 : ななしのよっしん :2017/07/10(月) 19:58:41 ID: BuAAvjZ5+o
90mまでが太刀…?
462 : ななしのよっしん :2017/07/10(月) 20:00:33 ID: cVHhkD1yai
13kmまでセーフ
463 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 15:18:21 ID: ahljC1HDRH
マイナーエリアル太刀を使いたいけど
エア回避→ジャンプ攻撃→からの大回転斬りができない
コツってあるの?
464 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 15:22:29 ID: aSi4DHPA32
アレジャンプ攻撃後の着地からの
じゃないと出ないんじゃなかったか
465 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 19:24:38 ID: ahljC1HDRH
>>sm30709059

この動画みたいに極めたいけど地上に着いてから大回転ができないんだ
466 : ななしのよっしん :2017/09/19(火) 12:30:53 ID: vu4PxRRyGg
エリアル太刀は「エリアル太刀」っていう別武器だからねぇ。
他の太刀とは全然別物。
後相性差がものすごい。初めはアカムトルムとかのデカい相手に練習するのがいいんじゃないかな。あれでキリンとか行くとものすごい大変よ。
467 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 14:01:03 ID: RuzTasKa/1
エリアル太刀は練気ゲージがすぐ減るから練気開放円りは欠かせないよね
468 : ななしのよっしん :2017/09/29(金) 08:12:57 ID: W3mA5eCWBv
>>464
ゲージ色なら跳躍中R+X+Aで気2連切りが出てここからRで気2に繋がる
以上なら同じ操作で気3連切りが出てさらにRで大回転に直接繋がる
通常攻撃が他武器以上に暴発しやすいから気を付けれ
R押しながら踏みつけ→A押しながらXが良いそうな
469 : ななしのよっしん :2017/10/04(水) 14:22:40 ID: ahljC1HDRH
長らく三つ同時押しに気づかなかったです。ハイ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829