単語記事: 太陽の牙ダグラム

編集  

太陽の牙ダグラム』とは、日本サンライズ製作地球を遠く離れた殖民惑星ロイ独立戦争を描いた人兵器(コンバットアーマー / CBアーマー / Combat Armor)が登場する、SF未来政治フィクションアニメである。

題名の「太陽の牙」は主人公の所属する反政府ゲリラコマンドチームの名称である。

の腕は萎え、の脚はを失い埋もれたは二度と火を噴く事はない。
戦士は死んだのだ。
も死んだ、獅子も死んだ。
心に牙を持つ者は、全て逝ってしまった...

概要

物語題は、地球に搾取されている殖民惑星ロイアを独立させたいゲリラ側と、資確保のために現状維持したい地球側の対立である。政治家、軍人、ゲリラ民間人がそれぞれの思惑で行動し時代のうねりを作っていく群像劇である。今時のアニメと違って出てくるのはその地位相当のおっさんばかりである。オヤジ萌えにはたまらない。少年少女も出てくるが出番の多い脇役である。

玩具会社がスポンサーであったため、戦闘はにコンバットアーマーと呼ばれるロボットで行われる。当時人気の『機動戦士ガンダム』から始まったリアルロボット路線をさらに推し進め、リアルさを出すために戦闘ヘリや輸送用トレーラなどのメカも多数登場する。作中にはビーム兵器は登場しない。ゆっくり進むビームリアルに見えないからだ。代わりにリニアガン(他のSF作品ではレールガンとも呼ばれる)を使用する。

玩具ヒットにより(後述)、予定より延長され全75話と言う大作になった。映画化もされたが到底一本にまとめられる長さではないのでドキュメンタリーという形式をとった(『ドキュメント 太陽の牙ダグラム』)。

「視聴率は良くなかった」とされる向きもあるが、日本サンライズオリジナル作品としては『無敵ロボトライダーG7』に次ぐ第二位であり、むしろ良かったと言える。番組開始から半年間、裏番組として人気アニメの『六神合体ゴッドマーズ』(日本テレビ)が放送されていたことを考えれば、大健闘と言えよう。ゴッドマーズはその後三十分前倒しとなるのだが、ダグラムはそれ以前に五分前倒しになっていたので、五分間被ってしまうという悩ましい事態がその後もしばらく続くこととなった(当時のアニメにはアバンタイトルがなかったため、ダグラムの暗~いOPとCMを見ずにゴッドマーズをギリギリまで見るという回避策がとられた)。

音楽ウルトラセブンなどの作曲で有名な冬木透。その寂しげなBGMは決して喜びだけではない独立運動を描き、名場面を更に心に刻ませる。

物語の始まり

地球は七つの自治州とそれをまとめる連邦政府から成っている。デロイアの歴史地球人の移民から始まったが、殖民惑星として地球から搾取され続けていた。デロイア人は地球に対して大きな不満反感を持っていたが発言も戦もない。そこにデロイア人であるが地球側の軍人フォン・シュタインが独立のため上官を射殺したことから歴史は動き出す。しかしクーデターは元々筋書きのあったもので、デロイアは独立ではなく表向きには八番の自治州へ、フォン・シュタインが代表となり実質的に地球側の傀儡政権となった。ここから独立運動が始まる。

主な登場人物

群像劇としての役と言える人物だけ挙げてある。 

ドナン・カシム

地球連邦評議会議長。地球側の代表として、最大多数のためには多少の犠牲はやむを得ないと言う考えから、デロイアの独立阻止しようとする。独立は時期尚とも言ったり、ゲリラ側の考えも理解しており、決して独裁者的な人物ではない。重い持病のため物語の決着を見ずに他界。彼の死もストーリーの流れに大きく影する。

ヘルムート・J・ラコック

ナンの補佐官。秘書みたいなもの。地球人。若いが政治的野心丸出しの男で手段を選ばない。ドナンく「有能だが徳がない」。物語後半では弁務官に就き実質地球側のトップとなり、デロイアをが物にする。しかし、そういう人間にはそれ相応のラストが待っているのである。

フォン・シュタイン

ロイア人だが連邦軍の第八軍の大佐地球の士官学校を出て長く暮らしていたため思想的には極めて地球寄り。偽りのクーデターを画策してデロイア州政府代表となる。しかしラコックと対立しデロイアのために行動を起こしたところで事故死。ここは名場面のひとつである。

デビッド・サマリン

ゲリラ側の導者。歴史学者で作中では博士と呼ばれる。ドナン・カシムとは反対に少数のも聞くと言う姿勢、年長者としての重みのある言葉が若いゲリラ達の尊敬を集めた。デロイアの全な独立すが、事務レベルという名の政治的駆け引きに負け、志半ばに倒れる。

ヘシ・カルメル

ゲリラ側の穏健導者。強硬なサマリンと対立し名ばかりの独立と引き換えに地球側の要を飲んだが、その弱な部分を突かれ、結果的にラコックに利用されただけであった。しかしラストゲリラ達の武装解除に関しては連邦軍と全面戦争も持さない覚悟を見せた。単にキレただけかもしれないが。

ジャッキー・ザルツェフ

連邦少佐有能な軍人でゲリラ側にかなりの損を与えた。しかし誤解からフォン・シュタインと対立し軍刑務所送りになるところをゲリラに救出される。以後はゲリラ側の参謀としてそのを発揮するも、停戦後政治的取引のため逮捕された。停戦を知らせに来たサマリンの言うに言われぬ事情を察して自らその身を差し出す。

コール・デスタン

かつてはゲリラリーダー的存在。そのころは理想に燃える、きれいなデスタンだった。ただ頑固で理想だけでヘタレな性格も災いし他のゲリラ達とが合わず活動からは離れてしまった。その後は情報屋としてラコックのパシリ的存在となる。その情報が元になり独立運動の生ぬるい決着となった。最終回では物語を終結させる役回りをしている。奈落の底へ落ちていく徴的存在。

ディック・ラルターフ

ジャーナリスト民間人なのでゲリラ側、自治政府側ともに出入りできる。かなりゲリラ寄りの取材をする。フォン・シュタインのクーデターを始めから仕組まれたものであることを感づいていた。独立運動の影の功労者とも言える。

レーク・ボイド

カシム結婚。優秀でな軍人であるが行政官となる。その優しい性格が災いし政治家としての甘さを摘され、デロイア人反乱兵の説得に失敗して失脚。野心を持たない政治家は大成しない見本のような人。でもいい人だよ。

ナナシ

ゲリラの一員だがの多い人物。名前も年齢も不明。おそらくデロイア人。いつも上半身裸。北極ポートでも防寒着を着なかった。「~だなっす」を始め独特のしゃべり方をする。ゲリラ達のムードメーカーであり、暗くなりがちな作品のムードメーカーでもある。

クリン・カシム

ナン息子だが偉大なに反発した少年ゲリラ仲間になる。メカダグラムを奪還したのを機にパイロットとなったが、頑丈で高性すぎるダグラムがなければ序盤で死んでいただろう。地球人だがサマリンから地球人とデロイア人が対等に付き合えることのとしてダグラムを託された。でも、いらない子だろ。

コンバットアーマー・ダグラム

本作品に登場する10mクラスの人陸戦兵器・コンバットアーマーのひとつ。磁気ガスXネブラにより地球コンピュータ誘導兵器が役に立たなくなるというデロイアの特殊環境に対応した初の「Xネブラ対応コンバットアーマー」。デロイゲリラが持てる科学的研究成果を注ぎ込み、対コンバットアーマー戦を念頭に入れて開発された。

リニアガン・リニアカノンなど強火力装備を施されているほか、構造は過酷な環境での継続運用や分解整備に適し、装甲もケタ外れの硬さを持つ対リニアガン装甲を採用、気密装備・腕・脚・跳躍などのも非常に高く、単機で地球連邦軍を向こうに回して戦うにふさわしい性を誇る。だが皮なことに、ダグラムパーツの7割は面下で供給された地球メーカー製の部品である。

リアルロボットアニメブーム

アニメ本編ストーリーはあまりにも難解で、メインターゲット層である子供には容易に理解出来るような作品ではなかった。だが、タカラの発売したプラモデルにはガンプラでは飽き足らない当時のプラモ少年青年)が飛びつき、記録的な大ヒット商品となる。その結果、一年間の放映予定が延長され全75話という大長編となったのである。

これに危機感を抱いたのが、ガンプラを展開していたバンダイである。ダグラムの翌年に放映開始された『戦闘メカ ザブングル』では、ロボザブングルこそもうひとつのメインスポンサーであるクローバーの意向によりスーパーロボット的な貌となったが、それ以外の脇役ロボミリタリー的なデザインを取り入れ、プラモデルパッケージもまるでタミヤのスケールモデルのようなデザインとなった。
また、同時期に1/100ケールガンプラの成色を変え、デカールを同梱させた「リアルタイプ」というシリーズも展開していた。

ただこのブームも徐々に沈静化し、ダグラムの後番組である『装甲騎兵ボトムズ』はほどほどのヒットに終わった。

関連動画

関連商品

 

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E7%89%99%E3%83%80%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0
ページ番号: 508559 リビジョン番号: 2479959
読み:タイヨウノキバダグラム
初版作成日: 08/08/30 14:51 ◆ 最終更新日: 17/04/16 08:45
編集内容についての説明/コメント: 動画追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ヘルムート・J・ラコック

ドナン・カシム

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太陽の牙ダグラムについて語るスレ

85 : ななしのよっしん :2016/06/24(金) 23:20:57 ID: TJh7wQbg8k
今になってDVDで全話観てきたが、これを群像劇とは思わなかったな。
むしろ、当時タカラが押してた大河アニメという呼び名がピッタリだと思う。
それと、クリンはどうみても主人公で要る子だろ。
若く、未熟で、だからこそ向う見ずなまでに熱く突っ走れる彼らを通して物語が展開するからこそ、周りの大人たちの大義、打算、策謀などがより深みをまして感じられる。
ただ単に大人たちのドロドロとした政治劇が展開するだけではこのアニメ名作足り得なかった。
86 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 12:43:52 ID: jHvFLSZrz2
グレートメカニックG 2016SUMMER (双葉社MOOK)がダグラム特集だったので
87 : ななしのよっしん :2016/07/08(金) 14:09:51 ID: lH4XjEUGjw
>>83
ちょっと前までは結構置いてあったけど最近ない

>>85
話のどん中にいる人間が必要なのよね要は
ナンもサマリーも現場の人間ではないから
物理的に渦中にいる人間がどうしても必要になる
ダグラムを爆破したことで視聴者を番組の外に返す役割も兼ねている


>>81
鉄人はどうなんだ?
88 : ななしのよっしん :2017/02/08(水) 00:37:10 ID: nRFhLaizzV
>>azB01LXDO69X


当時タカラスポンサーだったのにバンダイからこんな商品が出るみたい
なんかバンダイとは色々あったような気もするが
89 : ななしのよっしん :2017/04/10(月) 18:57:42 ID: eIDsC9AUnr
この記事を読んで「子持ちのおじさん主人公息子サブキャラとして活躍する話なのか。ドラゴンボール大河ドラマみたいで面そうだな」と思って詳しく調べてみたら普通息子主人公じゃないか
どうしてこんなアンサイクロペディアみたいな記事になったんだ
90 : ななしのよっしん :2017/04/11(火) 15:26:04 ID: bt5qMoPBZv
ストーリー上意図された演出とはいえ、大局に影を及ぼし続けたのはサマリンやドナン、ラコックらであって前線でひたすらドンパチしてた太陽の牙じゃないからクリンはこういう扱いをされやすいのよ
実際に視聴してみるとそこまで影薄いわけじゃないしちゃんと主人公してるんだけどね
91 : ななしのよっしん :2017/04/24(月) 00:43:30 ID: 0gutE8Ea1u
第1話冒頭での朽ち果てたダグラムを初めて見たときはかわいそうと思ったが・・・・・・
最終回では大人たちに渡されずクリンたちの手で始末してもらったダグラムはあのキャノピーしかない顔がドヤ顔しているように見えた不思議な思い出。
92 : nanasi :2017/08/03(木) 18:48:44 ID: h49/D4rKvi
ダグラム物語に見立てるとクリンは義経だもんね。活躍してないってわけじゃないし、全体の主人公としてふさわしくないわけでもない。
ただしこの記事のキャラの並び順はこれでいい。面いから。
93 : ななしのよっしん :2017/09/28(木) 01:31:30 ID: 0ahMTnKrQE
「内政の事は州首相の彼に言ってくれ」
このドナン台詞一つでもちゃんと理解できる人はちゃんとおるんだろうか。そんな台詞に満ちているアニメ
94 : ななしのよっしん :2017/10/31(火) 10:00:49 ID: 68dmG/i1hT
まあセリフの一つ一つに色々な重さがあるからなぁ

クリンは重要な役割だと思うけど他の作品だと主人公が特殊すぎるのが多いからね、クリンも立ち位置は十分特殊ではあるけど

昭和の頃の戦闘アニメ第二次大戦期のエピソードとかから持ってきた話も結構あるので歴史好きにはニヤっとするシーンやシチュも結構ある
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829