単語記事: 夫婦別姓

編集  

夫婦別姓とは、結婚した後も互いに姓を変えずに元々の姓を名乗る(ことができる)という制度である。

概要

現在日本では夫婦同姓であり、結婚後はどちらかの姓に統一しなければならない。それを別姓にするかどうかが議論されている。同姓にするか別姓にするかを選べる制度を選択的夫婦別姓といい、全な別姓と併せ、導入すべきかどうかが議論されている。

夫婦別姓デメリットとしては、夫婦家族の一体感を壊す、日本の伝統を壊す、病院などで家族と認識してもらうのが難しくなる、子供の姓をどうすべきかの問題が生じる、などがある。

またメリットとしては、名前を変えずにすむので面倒な手続きがいらなくなる、仕事で築いた人間関係を保てる、などがある。

日本の伝統は夫婦同姓か?夫婦別姓か?

夫婦別姓議論においてはしばしば歴史的に日本夫婦同姓であったか別姓であったかという話になることも多く、これについても「明治民法において当時の西洋の真似をして夫婦同姓が義務付けられる前は日本では夫婦別姓常識であった」というと「氏からを重視するようになった中世の頃からは既に夫婦で同じ名字を名乗っており夫婦同姓は日本古来の伝統と言える」というがある。

なお、夫婦別姓議論でよく引き合いに出される北条政子、日野富子、前田まつ、細川ガラシャ大石りくなどの近世以前の歴史上の有名な女性の名前はあくまでも現在歴史学において便宜上使用している学術用に過ぎず、彼女たちは何れも生前そういう名前を名乗っていたわけではない(例えば北条政子は生前は御台所と呼ばれており、吾妻などでは二品尼などと記されている)ので歴史日本夫婦同姓であったか別姓であったかの根拠として引き合いに出すには不適切である。

また、余談ではあるが歴史の授業で「明治以前の庶民は名字を持たなかった」と習った人も多いかと思うが、近年の研究によりあくまでも江戸時代公式の場では名乗ることが禁止されていたというだけで、実際には鎌倉時代以降は庶民も名字名乗り、幕府に使用を禁じられた江戸時代ですら日常生活では名字を名乗っていたことが判明しており当時における庶民の名字はしばしばこ議論におけるの根拠とされることもある。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E5%88%A5%E5%A7%93
ページ番号: 5378459 リビジョン番号: 2302975
読み:フウフベッセイ
初版作成日: 15/11/05 00:09 ◆ 最終更新日: 15/12/21 00:41
編集内容についての説明/コメント: 前回の編集で日本語がおかしかった部分を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

夫婦別姓について語るスレ

683 : ななしのよっしん :2018/01/16(火) 12:47:59 ID: 4cUpH7O2+u
>>681
選択のパラドックスはあくまで両者の価値が本人にとって等分であるときに適用できる話なので、夫婦別姓にはほとんど当てはまらない。
というか、心理学を持ち出すなら自己決定理論のほうが重要だ。夫婦同姓にしろ、別姓にしろ、自分の人生を自分で決定してる、ということは、幸福感の増大に大きく貢献する。

選択できる欧でも8〜9割が夫婦同姓ということは、日本デフォルトはそうなるだろう(どっちでもいい人は夫婦同姓になるってことであり、幸福感は減少しないか、積極的に同姓を選ぶことで増大する)。一方で、夫婦別姓を選びたい1〜2割は確実に救われ、全体の幸福感が増大することになる。

あと、夫婦別姓「程度で」結婚制度の根本的な見直し、となる方が不思議。
夫婦別姓自体は日本人外国人夫婦ではすでに対応しており、大局的な制度の変更、とか大げさなものではない。役所もすでにどっちにも対応してる。日本の伝統的にも特に問題はない。
制度の継ぎ接ぎ、は夫婦別姓に限らず、明治期の民法を継いでる日本にはすべて当てはまる話で
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
684 : ななしのよっしん :2018/01/16(火) 19:05:39 ID: fvv+EkGBS0
結婚は別姓にできるから実はすでに別姓には対応してる、はおかしいでしょ
外国人の配偶者は戸籍に入らずに日本人の身分事項欄に備考的に記載されるだけなんだからそのまま日本人に適用できるわけじゃない
住民票での処理と戸籍での処理がごっちゃになってる
685 : ななしのよっしん :2018/01/16(火) 20:32:29 ID: 1nrl6Tvt0e
戸籍のフォーマットについては過去レスで散々やっていて(>>304とか>>332とか)、
その時にも同じIDで出てきて話にも絡んでた人がなんら新たな知見もしに蒸し返すのは、
さすがに意図的にやっているとしか評価出来ない。
以前から>>666摘したような議論態度の方ですけど、ほとぼりが冷めて来るたびに戻ってきては
同じような蒸し返しを繰り返すのは全に議論だと思うので、やめていただきたい。
686 : ななしのよっしん :2018/01/16(火) 20:32:31 ID: 4cUpH7O2+u
>>684
「戸籍が対応してるか」ではない。「日本国の制度が別姓に対応してるか」だ。両者をごっちゃにしてるのはそちら。

日本人外国人結婚の場合、夫婦が同姓か別姓かに関わらず、結婚した外国人だけでなく結婚した日本人【も】、日本人同士の既婚者とほぼ同等の法的扱いを受ける。
戸籍の記載がどうであれ、ここでは関係がない(どう記載してあろうが、日本国は両者を「夫婦」として扱う)。

つまり結婚では別姓も同姓にも対応してるが、日本人同士の場合だけ、法的不備から別姓を選択できない不利な状況におかれてる。>>677の裁判は、その点を問題にしてる。
687 : 名無し募集中。。。 :2018/01/18(木) 04:28:59 ID: ag04/KkK1E
他人に迷惑かけなければ自由にしようという論理だと同性婚も一夫多妻なども当然に認められるよな
688 : ななしのよっしん :2018/01/18(木) 14:47:41 ID: 4cUpH7O2+u
同性婚は個人の福の観点から、実際、先進国では容認の国家が増えてるし、日本でも渋谷区世田谷区パートナーシップ制度等、地方行政では立場が認められつつある。また、外務省人権保護の理由から、外の同性婚者を実質上は夫婦として扱う方針を既に取ってる。
実際、選択的夫婦別姓民の4割以上が賛成、同性婚5割以上が賛成。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/kenpou70/kaisetsu01.html
ただし同性婚は、養子以外で嫡子の問題が発生しないので、法的保護でカバーされる範囲がちょっと違う。

一方で、一夫多妻制、一妻多夫制、多夫多妻性は、カップル制度と人数が異なってくるので、仮に進めるなら、法的保護でどこまで認めるべきか、という議論がまず必要になるだろうね(法的保護を受けない形では、愛人関係のようなものが既に存在する)。
689 : ななしのよっしん :2018/01/20(土) 18:08:41 ID: ZUgieC9Yn2
>>687
それらも別にいいと思うけどねぇ…。
今でもによっては普通に認められてるし、日本でも検討に値すると思う。
690 : ななしのよっしん :2018/01/20(土) 19:10:47 ID: WhvM3tiQt2
いや、一夫多妻はさすがにアウトやろ。女性人権にかかわる問題やし。
691 : ななしのよっしん :2018/01/21(日) 09:51:19 ID: ZUgieC9Yn2
>>690
確かに一夫多妻だけを導入するのはまずいが、
一妻多夫や多夫多妻も含めた重婚としてなら検討に値すると思う。
692 : ななしのよっしん :2018/01/22(月) 09:47:12 ID: xty39cpjlZ
>>691
個人的には一夫一婦制がベターかなって気がする
相続の問題や養育権の問題、色々解決しなければならない問題が多いような気がする
一夫一婦以外なら、一夫多妻だけではなく多夫一妻や多夫多妻も取り入れるべきだってのには賛成だね
一夫一婦か男女ともに重婚を認めるかの何方かになるべきだ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829