単語記事: 奇怪噺 花咲一休

編集

奇怪噺 花咲一休とは、週刊少年ジャンプにて2011年23号から同年38号まで連載されていた漫画である。原作小宮山健太作画河田冶。

概要

昔々、ある寺にとんちが得意な一人の「一休」という僧がいた。彼は立ちの際に「咲」という号を授かり、とんち問答が好きな化物カルマと共に、衆生救済のため、カルマの失くした12個の「願印」を探すに出る。

時代は室町時代あたり。理難題をとんちで解決していくのが話の題となっている。また、妖怪天狗などの人外のものも存在していると言う世界観である。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A5%87%E6%80%AA%E5%99%BA%20%E8%8A%B1%E5%92%B2%E4%B8%80%E4%BC%91
ページ番号: 4726321 リビジョン番号: 1312763
読み:キカイバナシハナサカイッキュウ
初版作成日: 11/09/20 00:02 ◆ 最終更新日: 11/10/07 15:16
編集内容についての説明/コメント: あらすじ→概要に
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

奇怪噺 花咲一休について語るスレ

1 : are :2011/10/07(金) 04:23:28 ID: WWrJaQJS8F
好きな漫画だったのに、すぐ終わっちゃったのが残念。
2 : ななしのよっしん :2011/11/22(火) 10:54:39 ID: yo+63Z916H
まぁ、そもそも連載向きの設定とは思えなかったからなぁ
読み切りとしては面いけど連載は理じゃね?」ってのはマル掲載の頃から散々言われてたし
3 : ななしのよっしん :2012/01/31(火) 23:05:39 ID: b68zMYwKoT
だんだんとんち以前のただの屁理屈っぽくなってっちゃったしな
好きだったんだけどなあー キャラの描き方も上手くってさ
4 : ななしのよっしん :2013/12/13(金) 12:25:59 ID: m9xAKnOhJ1
意外とネタ切れしてないまま終われた印
5 : ななしのよっしん :2014/10/06(月) 17:26:55 ID: GcwQmwR1NK
まさかのスモーキーB.B.のタッグとは思わなかったよ
というかスモーキーB.B.が原作つきだと初めて知ったよ
いいタッグたよ、どちらも頑ってる
けどジャンプ打ち切りハードルが高いからな
相方のせいにはしないで欲しいな
6 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 10:09:11 ID: eoNcP7TkNF
前から気になってるのが、原作者の執筆姿勢
特に発言の多い人でもければ情報があるわけでもいので、余り話題に上がる事はいのだけれど、作品の展開を見ると少々悪い意味での疑念が残る

1-3話:連載会議分。ジャンプで連載が始まる作品が絶対に用意している、執筆の保障された内容。つまりそれ以降が、作者リアルタイムで書く内容になる
4話:それまで1話完結だったにも関わらず、くも二話完結。後述の参考データべると、明らかネタ切れすぎる
5話:前話の解決編。しかし解決までの伏線は全てこの回で賄われている上「部屋にあった土産矢を見て今回の展開を思いついた」という同号の作者コメントより、書き貯めではなくその場で思いついた可性大
6-9話:4話完結。この数字だけでもネタ切れぶりの半端なさが伺い知れるが、それ以上に疑念を感じるのはとんちの内容。これも矢にわるもので3話に登場。ネタが思いつかずさんざん引っった挙句、使ったばかりのインテリアから苦し紛れに考えた事になる。
残り:1話完結を挟み、ラストは4話完結。しかし肝心のとんちが出てくる密度は高くない中身

※参考:他の1話完結ジャンプ漫画が1話完結形式を捨てたタイミング(言い換えると、ネタの供給が追いつかなくなったタイミング)
遊戯王カメレオンジェイル:単行本の二巻あたり
アウターゾーン:シリーズ連載版開始からカウントすると連載半年分くらい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
7 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 10:14:03 ID: eoNcP7TkNF
以上の通り、幾ら何でもネタ切れすぎるのが解る
そして、ジャンプ漫画は連載会議の通過から開始まで半年の余裕がある(ソースバクマン)

そして本題。この作者は半年間何をやっていたのか?
この間ネタを練る時間は十分にあったはずだし、思いつかなくても担当と連携を取る事ができたはず。怠惰怠慢でもなければ、こんなにネタ尽きるのはおかしいし、士気に対して疑念がよぎる
まして、先に例のあげた、期にネタの尽きた漫画は「世にも奇妙な物語1話相当の内容」「オリジナルゲームとその対決に至るまでの伏線キャラの濃い悪役」「顔の変えられるとそれを事件解決に繋げるまでのプロット」という理難題を一週間で用意する必要があった
それに対し、本作はとんちが一つ思いつけば一本ネタが仕上がるため、どう考えても先の作品よりプロットの準備が容易である(また遊戯王とアウターゾーン作画の時間がある点も考慮すべき)

以上をめると、本作の作者はあまりにも怠慢過ぎるし、士気があったとも思えない。ネタの用意が余りにもいい加減で、「作画
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
8 : ななしのよっしん :2017/01/27(金) 13:13:47 ID: OC0piGwIUX
それに対し、本作はとんちが一つ思いつけば一本ネタが仕上がるため、どう考えても先の作品よりプロットの準備が容易である
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

お前がどれだけ考えようとゴミみたいな意見しか出せないのはよく分かった
全体的に精論過ぎるし
つかソースバクマンて・・・・・
9 : ななしのよっしん :2017/10/17(火) 10:52:23 ID: 19AgqPLvUW
>>8
いやいや
こんなほとんどの人間が忘れてるようなどうでもいい漫画相手にここまで長文を書けるのはひとえにとしか言いようがいよ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829