単語記事: 奇鋼仙女ロウラン

編集

奇鋼仙女ロウランとは、ガンジス(映像企画会社)製作テレビアニメ作品である。監督平野

概要

2002年11月15日から2003年5月30日までキッズステーションなどで放送された。
28話(うち3話は総集編)1話15分構成で、だいたい2話で1セットの流れで話が進む。
声優今野宏美の初演作品でもある。

VHSDVDが発売されているほか、後述する漫画版も存在する。
ちなみにDVD一枚に全話収録された台湾版のDVDもあったりする。

あらすじ

今からさほど遠くない時代の日本
自衛隊国連軍に編入されてなくなり、護の役ASYと呼ばれる組織が担っていた。

ある時、東京湾に巨大な怪物が出現する。かつて日本を秘術で影から操っていたという組織・護衆が放った「雷獣」だ。雷獣は強な電撃を放ち、戦闘機の攻撃もものともせず進んでゆく。
そこへASYが誇る超兵器・鋼仙の一つ「子」が出撃。雷獣の攻撃に屈することなく、パイロットの御子ヤマトは見事これを撃破する。

任務了にほっと胸をなで下ろすヤマト。しかし突然子が何者かの攻撃を受ける。
「殺したな……?」急襲に困惑するヤマト裏にく。
「だ、誰だ!?ヤマトの眼前に現れたのはの球体、その正体は宙に浮かぶ一人の少女だった。

ロウラン…オマエを壊すためにきた!」

特徴

登場人物

 民間人

ASY

日本政府が創設した平和維持組織。読みは「アシュ」。足ではない。国連PKOに編入された自衛隊に替わり、日本国民、牽いては人類の安全を守るために戦う軍隊である。創設者の神子博士が開発した五体のロボット・鋼仙や移動基地・富士などの科学装備を持つ。

城護宗

カルティックな日本を影から操り続けてきた秘密結社。読みは「しろもりしゅう」。様々な姿で人間社会に潜伏した僵屍達を配下に持つ。物語の数ヶASYが本拠地を襲撃した際に全滅したと思われていたが、孤の屋敷をアジトにASYへの報復、鋼仙破壊のために活動を開始した。

実は古来より霊日本を影から護る役を担っていた組織であったが、ASYと手を組むことを決めた政府に裏切られ、ASYによる襲撃を受けたというのが事の相である。

  • 粕屋(CV麦人):首領として護衆を束ねる老オカルティスト。通称「粕屋翁(かすやおう)」。下の名前は「そうげん」というらしい。ASYへの報復活動中に撃したロウランの凄まじい興味を持ち、彼女を引き入れようとする。アジトの地下深くに眠る屍解仙女の復活を待ち望んでいる。
  • オニマル(CV森川智之):粕屋の部下である僵屍。妖怪童」に変身できる。他の僵屍達より階級は上らしく、彼らに命令を下す実動部隊長的な役割も担っている。ロウラン作戦阻止されていくうちに、彼女に対抗心を燃やすようになる。
  • イテヅキ(CV大谷育江):粕屋に付き従う護衆の一人。おかっぱ頭の少女の姿をしているが年齢は不明で、その言葉遣いは大人。幕屋の中の粕屋の言葉を部下達に伝える。

メカ

音楽

本作の音楽は西洋の管弦楽器のほか、中国古典楽器である二胡男女コーラスが合わせられたものとなっている。またエンディング以外にヴォーカル曲が5曲存在し、ALI PROJECT片倉三起也氏が作曲アレンジに、宝野アリカ氏が作詞に関わっているものがある。

主な用語

  • 鋼仙(ごうせん):ASYの持つ五体のロボット。後述する仙を動としており、護衆の妖怪にも対抗できる強を備えている。ロウランはなぜか鋼仙のことを「(キ)」と呼び敵対視している。
  • (せんこつ):脊柱の一部。五個の仙椎からなる等三角形で、盤の後をなしている。
    ……ではなく、鋼仙の動となっている未知の物体。鋼仙のASYのエンブレムの中に格納されており、これを破壊されると鋼仙は再生できなくなってしまう。
  • 僵屍(きょうし):護衆の実働部隊である生体兵器。普段は人間として正体を隠して暮らしている。各々が特殊なを備えているほか、自分以外の物質に憑依する(もしくは体内に取り込む)ことで巨大な妖怪変身することが出来る。
  • 屍解仙女(しかいせんにょ)(CV佐久間レイ):護衆が潜伏する屋敷の地下深くにられている仙女。70年間眠り続けたままだったが、ロウランが鋼仙と戦い始めたことで覚めはじめる。ちなみにアニメ版ではられないが、僵屍はこの屍解仙女の細胞から粕屋が生み出したものらしい。
  • 東京郷(とうきょうとうげんきょう):東京湾の産廃処理場跡地。不法入・滞在者など本土に住むことを禁じられた人々、また日本政府の革に反抗した・護衆に関ったとして公安に追われる者たちが生活している。そのため、ここの住民達は政府やASYのことを快く思っていないが、住民同士の結束は強い。

漫画版

ユナイト双児氏によるマガジンZKCレーベル漫画版が存在する。全2巻。1巻巻末には平野監督ユナイト双児氏両者のキャラクターのラフ画資料が付いている。アニメべて話数が少ないためか登場しない設定も存在するが、話の伏線は随所で回収されてから最終話を迎えている。また基本的な流れはアニメ版と一緒だが、展開やキャラの立ち位置が異なる部分があり、に以下のような特徴がある。

アニメ版を見た人も、違いを楽しみながら読むことが出来るだろう。

関連動画

関連商品

リンク

Star Childスペシャル:奇鋼仙女ロウラン:残念ながら用集の「妖怪」「地図」は未完成らしく、閲覧することが出来ない。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A5%87%E9%8B%BC%E4%BB%99%E5%A5%B3%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3
ページ番号: 5350761 リビジョン番号: 2232110
読み:キコウセンニョロウラン
初版作成日: 15/07/13 01:43 ◆ 最終更新日: 15/07/14 20:58
編集内容についての説明/コメント: 記事作成乙です。「関連項目」に「2002年のアニメ作品一覧」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

奇鋼仙女ロウランについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2015/10/02(金) 05:44:44 ID: Y/VC8evPWS
ロウランについてこんだけ詳しいニコ百が書かれているとは…なにもんの仕業だ
2 : ななしのよっしん :2016/06/14(火) 20:31:44 ID: yY0ImHNT5m
どんだけロウラン好きなんだよ・・・すげぇな・・・
3 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 01:30:40 ID: haQ/7V20al
この作品ほど振り返られないロボアニメもないのでは…。それもネタ系ではなくてちゃんとシリアスストーリーロボアニメで…
致命的なまでにコテコテオタクフェチアニメで、メインキャラクター以外のデザイン世界観に捻りとか拘り何もないことを除けば、一応ちゃんと見れるお話なんだけどな。とてつもなくコテコテである、ホントそれだけを除けば…w

2chにも専スレはあるけどなんかよくわからんガイジしかいないし…

まぁ個人的には結構好きな部分も多いし記事作成者にはGJと言わざるを得ない。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829