単語記事: 学生運動

編集  

学生運動とは、戦後に行われた大学生大学運動政治運動の総称。

大抵の場合は1960年代後半の新左翼的思想を持った者による暴力的な政治活動を意味する。

概要

戦後に起きた大学生による大学運動政治運動のこと。

医大卒業インターン制度反対・学費値上げ反対・大学の自治要など、大学当局の運営怠慢学生生活への不安に直接関係する問題に対する運動も見られた。しかし同時にベトナム戦争、日安全保障条約などの大学と直接関係ない政治的議題の反対・阻止をも的とした。全般的に上記の運動は後期になればなるほど左翼的な思想が横行して過化、暴徒化した。
しかし大学生に直接関係ある運動大学当局の態度善や歩み寄りによって解決されるに至ると、学生運動全に失速してゆく。

ちなみに右翼にも学生運動団体はある。日本青年協議会や全学生自治体連絡協議会、生学連は民族学生運動団体として知られている。

過去

1960年代は、インターン制度という免許試験前の医学生をこき使う問題の善を欲求した東京大学医学部学生達の抗議運動から端を発し、東大の他学部や全各地の大学へも反・大学当局の流れが拡大。日本大学の不正会計問題を切っ掛けに大学の垣根をえた全学共闘会議(全共闘)が結成される。また同時期にベトナム戦争開戦や日安全保障条約延長締結、成田空港建設に際しての土地強制接収などの動きがあり、それに対しても学生組織が反対運動を展開した。

特に60年代末の70安保闘争が有名である。これは日安全保障条約の自動延長や日本ベトナム戦争への間接的協に反対する学生による一連の騒ぎであった。この時期には学生が授業をボイコットしたり、学生大学を占拠(学園封鎖)して機動隊と衝突したり、東大安田講堂に篭したり、学生国会前でデモを行ったり、酷いと内でテロ同然の騒擾を起こしたりした。その結果東大では1969年入試が中止される自体にまで至っている。

学生運動の火は大学だけにとどまらず高校生浪人生にも波及し、高校でも封鎖やデモが起きた。

なお全ての学生が熱意と高い意識を持って運動に参加していたわけではなく、中には「女にモテるから」「友達に誘われて」などのいい加減な感覚でデモに身を投じていた者も居た。

70年以降は学生に直結した問題が大学側の態度軟化で解決してゆき、また学生運動の中核をなした新左翼グループの過化や逸脱、思想の違いによる内ゲバに嫌気が差したことで多くの学生運動から離脱。学生運動は一気に下火となる。
しかし同時期に新左翼グループの中でも特に鋭化した少数の学生達は極左テロリスト化し、日本赤軍連合赤軍東アジア反日武装戦線と言ったテロ組織を結成。
よど号ハイジャック事件(革命的な世界があると信じ、朝鮮民主主義人民共和国への亡命)、テルアビブ乱射事件(パレスチナ解放をすPFLPとの連帯)、あさま山荘事件(逃走中連合赤軍による立てこもり)、連続企業爆破事件(三菱重工をはじめ日本アジア侵略に協する企業への攻撃)、北海道庁爆破事件(アイヌモシリを占領統治する北海道庁への攻撃)などを起こした。
この一連のテロがまだ学生運動に同情的だった学生たちと世論を運動の否定へ傾かせ、新左翼学生による政治運動は己ので止めを刺される形となったのであった。

80年代以降は大学での運動全に沈静化し、一部の学生がスピーカーで騒ぐ程度まで落ち着いた。(それでも学生運動やそれに準じた団体はあり、最盛期と較してかなり小化しているが、現在も一応続いている)

おこの時期に学生運動と極度に鋭化した学生運動達による極左テロが起こったのは日本だけでなく、欧州でも西ドイツ(当時)の「バーダー・マインホフ・グルペン」やイタリアの「団」と言った学生体の極左組織が悪なテロ事件を引き起こした。

現在

狭義の意味での「旧来の新左翼に属する学生政治運動」は歴史の古い大学などで細々と命脈を保っているものの、往時学生や世間に与えた影はもはや残っておらず、現代に残る過去の亡霊と化しているのが現状である。

広義の意味での「学生達が自発的に行う政治・社会運動」については現代でも活発に行われている。
世相の変化も相まってかつての狭義の学生運動のようなイデオロギー性や暴力性は失われ、社会企業やNPO・NGO催のボランティアに参加して地社会貢献活動や社会問題の変革運動に関わるのが現代の流となっている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AD%A6%E7%94%9F%E9%81%8B%E5%8B%95
ページ番号: 5361760 リビジョン番号: 2591391
読み:ガクセイウンドウ
初版作成日: 15/08/25 17:10 ◆ 最終更新日: 18/05/21 05:02
編集内容についての説明/コメント: 現在の部分を改訂、及び関連サイトの削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

学生運動について語るスレ

90 : ななしのよっしん :2018/05/12(土) 09:15:20 ID: rCvIWXyh+e
>>88
学生運動の頃はそういう時代背景があったの。
この頃の若者はバンカラで熱血な気質がまだ強かったし、大学生は今以上に教養があったから政治哲学を自分で学ぶのが当然だった。
高教養から来る中二病と時代特有の不良属性はあの時代の多くの学生が備えてたわけ。
91 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 01:02:34 ID: vtQALOl/wN
教養(クソ文系の研究と称した感想文を有難がり、検証もせず自分が正しいと思い込む)

バンカラで熱血(後先考えず思慮も足りなきゃ周囲への配慮も足りない)

……結局ろくすっぽ物事を考えられないおバカちゃんだったってことやな
「当時と現在価値観が~」なんて言い訳も、「当時の人たちからしてすでに『ろくに考えて行動してない』って認識されてるよね」で論破されちゃうし、まぁ擁護は不可能ですな
92 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 01:39:23 ID: DWagyTRAUi
>>80
ネットでの炎上とかモロ「連帯」じゃん。互いの立場や利関係越えてその場限りだけで離合集散繰り返す。
そもそも「学生運動」だけで考えるから変になるのであって、当時からして「社会運動の中の学生運動」、既存の共産党や消費者団体の流れと時に連帯、時にスピンアウトしながら動いていたものだし。
もっと言えば際的な政治運動や知識人からも影受けてる。特定の何かで徴は出来るかもしれないが、イデオロギーだけであそこまで膨れ上がったわけじゃない。

>>84の現状認識には同意。80年代までのメディア状況と90年代以降のインターネットという技術革新を経たあとの個人化という点を踏まえないと、議論が変になる。
>>87
現在の部分は詳しければ書いてもいいと思うけど原則は過大評価避けて世論へのインパクトが減ったっていう線で書いたほうがいいと思う。
大学生政治活動という意味での学生運動」という線で書ければ現代的じゃないかな。そもそもこの半世紀の間学校側も変化してきたから「反学校
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
93 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 19:41:37 ID: rCvIWXyh+e
>>92
「旧来のイデオロギー闘争的なものはほぼ壊滅し、社会貢献や市民運動へのボランティア参加が流になった」みたいな書き方でいいかなあ
94 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 19:50:38 ID: WLqB68ZAoJ
この言葉を聞くと漫画ゲッターロボ神隼人を思い出す
95 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 20:02:52 ID: vtQALOl/wN
>>92
ネット炎上は悩みを共有してもきゃ「組織を越えた連帯が~」なんて意識もないぞ
殴ると面そうなやつがいるから一発殴ってスッキリしよう、そう思ったが「たまたま」数多くいたから炎上したってだけで、学生運動(笑)みたいなものとは性質が違いすぎるでしょ
96 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 21:30:44 ID: rCvIWXyh+e
ネット炎上でもバカし者にして楽しむパターン正義の怒りを社会悪にぶつけるパターンがある。
でもって学生運動後者炎上と構造的な類似性を持っている。
最近だとけもフレ監督解任騒動が往時の学生運動に最も近いタイプ炎上だな。
97 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 21:33:15 ID: k6X8LFTQ9/
共産主義テロ正義の要素いです
98 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 01:07:06 ID: dW3R+y34B/
最初は正義でも、どんどん正義面した勘違い野郎が暴走する所は炎上と似ているな
99 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 02:42:20 ID: DWagyTRAUi
>>93
そこらへんが一般論としては穏当だと思う。

>>95
炎上社会ではあるけど、社会運動ではないって点を挙げるとしたら確かに思想性自体からの逃避かもな。
運動」っていうからには一応思想性がないと「群衆」との区別がつかない、連帯とは呼べないと言われると、否定はし辛い
似たようなこと荻上チキとか他の本でも見た気がする。

1990年代だと小林よしのりが「デモが終わったら日常に帰れ」って事件の時に言ってたわけだけど、そことのバランスなんだよなあ。思想性がないといざって時集まりづらいし、かといって思想性に引きずられると「一貫性」をめられて何か近寄りがたいものになる。

あえて炎上社会運動のいい面を打ち出せるようになったとしたら、そういう思想性のなさだけど「偶然」や「告発」に頼ってるって意味じゃ弱いんだよなあ。
科学性」と「思想性」と「大衆」の3つがちょうどよくないと一気に広まる事ってあまりない。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829