単語記事: 宇宙

編集

宇宙とは、

森羅万象、全ての物を包み込む間のこと、

また、地球以外のその間のことである。

曖昧さ回避

概要

宇宙とは、一般的な意味ではを見上げた時の間。地球から見て、地球以外の間のこと。また、地球をひっくるめた全ての間。数多くの惑星があり、銀河があり、地球もその多くの惑星の一つしかいと感じる広い場所の事。

語源

宇宙は、中国で紀元前2世紀頃に書かれた「南子(えなんじ)」という書物によると以下のようになる。

「往古来今」これを「宙」と言い
「四方上下」これを「」と言う。

通りの意味だと、「東西南北、上下左右、過去未来現在、全てひっくるめて宇宙」ということである。

地球宇宙だし、地球以外も宇宙過去宇宙だし、未来宇宙、あなたが今いる場所も宇宙

あれ?過去宇宙未来宇宙って何かおかしくない?現在の意味が変わりすぎてない?」って感じる人もいるかも知れない。

例えば、夜空っているは実は一番近い恒星でも4年ほど前のである。あなたが、「あのきれい」って感じたら、それは一番近いでも4年前のということ。

場合によってはあなたが「あのきれい」と感じた100億年も前のだったってこともある。

そういった意味では、宇宙という言葉は、非常に深い意味を持つ言葉とも言える。

以下、この記事では地球以外の間の「宇宙」に付いて解説する。

宇宙の広さを実感してみる

.

↑このドット太陽だとすると隣の恒星アルファケンタウリは15km離れたところにある。
シリウスは29km離れたところにある。
オリオンは5,437km離れたところにある。
銀河系の中心は8.8万km離れている。
アンドロメダ銀河までは782万kmある。
宇宙の(観測出来る)端までは46兆5512億km(約4.9光年)ある。

何処からが宇宙空間?

宇宙空間空気も気体もない)と思っている人が多いが、実際には水素ヘリウムが1立方センチ当たり1個くらい存在している。 さらに、大気は上へ行くにつれて徐々に薄くなるので、上何kmからを宇宙空間と呼ぶのかは意外と曖昧である。

航空連盟などでは上100kmを大気宇宙空間界としている。 この定義だと、スペースシャトル国際宇宙ステーション宇宙空間を飛んでいると言えるが、実際にはこの高度(上400kmくらい)にも薄い大気がある。

◆上0~11km:対流
なんかの気は全部ココで起こっている。エベレストも対流の中にすっぽり納まる。ジェット機は対流のかなり上のほうを飛ぶ。
◆上11~50km:成層
 対流とは逆に上に行くにつれて温度が上がるところ。有名なオゾン層もここにある。気観測気球はこの辺りまで飛んでいく。
◆上5080km:中間
 寒いところ(均気温-92.5℃)。流星流れ星)は大体この辺りで燃え尽きる。電波を反射する電離層もココにある。
◆上80800km:熱
 名前の通り、熱いところ(最高気温2000℃以上)。ただし、大気が薄いので実際に熱の中を飛んでも熱はほとんど伝わらない。スペースシャトルもほぼ熱の中を飛ぶ(周回可な高度は185963km)。北極南極ではオーロラもできるよ。
◆上800~10000kmくらい:外気
 一番外側の大気の層。この外側を大気圏外あるいは宇宙空間と呼ぶこともある。

 (※ニコニコ大百科宇宙空間について語るスレより)

宇宙に関するよくある間違い

(1) 宇宙宇宙ステーション写真を撮った場合、背景は写らない
、山頂からを見たとき、が慣れないとほとんどのは見えない。それほどというものは暗いのである。この上で、カメラに少し詳しく、「絞り」だの「露出時間」だのの概念を理解しているなら何が言いたいのかはすぐ分かるであろう。
つまり、明るい宇宙ステーションを取る際には、レンズを絞ったり露出時間を短くするのが自然である。そんな中、などとべてとても暗い物は写りはしないのである。
(2) 宇宙しで宇宙空間に出ても"眼球が飛び出し、孔からは血が噴き出し、血液が沸騰して破裂!"はしない
というものがいかに人間にとって未知なる物であったとしても、それは起こらない。1971年のソユーズ11号(ソ連)の事故が明している。ソユーズ11号の事故において、カプセル内の空気は約30秒間に急速に失われたが、そのときのクルー3人にそのような現は生じなかった。彼らの死因は窒息死である。
なお、このような状態において、窒息死以外にあり得るな死因は、空気塞栓あるいはスペースデブリによる傷であろう。
前者(空気塞栓)は、宇宙空間で思わず息を止めてしまうと発生する。肺にかかる内圧が高くなり、大量の空気を突っ込まれたのと同じ状態になる。対策は、もうあきらめて息を吐いてしまうことである。窒息しない間に助けが来るのを待つしかない。
後者スペースデブリ)は……もはやどうしようもない。ちゃんと装備をして出ましょう、としか言いようがない。不可抗力とはいえすっぽんぽんで宇宙に出るなどというのは厳禁である。また、不可抗力でなく自らの意思ですっぽんぽんで宇宙に出ることも厳禁である。他にも、太陽フレア生時に大量に出る放射線による被曝なども考えられるが、これは上の2つにべれば視しても良いだろう。

以上の事から、『2001年宇宙の旅』におけるあの描写は、半分正しくて半分間違っている、というわけである。

関連動画

関連静画

関連コミュニティ 関連チャンネル

関連商品

関連項目

実況プレイヤー宇宙うちゅ~)については「サイレン(SIREN)を喋りながらやってみた」および「神の灯(カルマ)」を、
生放送主のうち、宇宙gdgd雑談オーナーについては「宇宙(そら)」を、
宇宙オーナーについては「宇宙【そら】」をご覧ください。


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%87%E5%AE%99
ページ番号: 345439 リビジョン番号: 2371609
読み:ウチュウ
初版作成日: 08/07/13 05:04 ◆ 最終更新日: 16/06/11 19:11
編集内容についての説明/コメント: 天文台チャンネル
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


宇宙

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙について語るスレ

179 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 13:00:32 ID: 2aTLzlMpHM
>>178
>生の体験に意味がないという持論
いやあの、「地球と寸分違わぬ環境」まあ寸分違わぬとは言わないも、生身で活動出来る程度には大気組成・重力共に地球と同等の環境でなければ"生の体験"は不可能だから何重も防護纏って活動するんだったら遠隔操作or自無人機に開拓させた方が良いっていう話。
それで取って来た情報を地上の人々が気軽にアクセス出来るようになれば市民の知識も広がるし宇宙開発への理解と情熱も多分深まるっしょ。
別に色々不自由でも宇宙体験したいという手合の気勢を削ごうという狙いはないって。ただ大航海時代みたく船に糧積んで一か八かの船出するとか理だし送り出してからも継続的な支援が必要なのが宇宙開拓だから、まずは無人機に先行させて相当程度のインフラ整備させないと入植は厳しい。ここに件の共利関係という考えが必要になってくるというのが持論といえば持論だよ。

>危険で意義の薄い仕事をさせている例
これも明らかにおかしい。宇宙での活動はそれだけ危険と不自由を強いられるもの
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
180 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 13:11:51 ID: 2aTLzlMpHM
あと「地球環境の延命という問題にまで拡大」とかいってるけど話を拡大してんじゃなくそれが"必須事項"ではないか思われるから
「いずれ人類は地球を飛び出していく」って別にそれノアの方舟的に住めなくなった地球を脱出するみたいな話でなくさっきも言ったように地球から継続的な支援必要とする訳でしょ?
だったらその支援体である地球と人類社会環境的にも政治的にも安定していないと継続的な支援は出来ないだけど。

入植先で全に自活出来るような一いを入植者と一緒に打ち上げてあとはバイバイという話が標なら、それが可な技術が整い次第然るべき動機を持った集団を形成して実行に移せばいい。この場合地球環境や人類社会の安定は特に関係いだろう。
181 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 13:30:42 ID: 2aTLzlMpHM
好奇心やチャレンジそのものを馬鹿にすることを現実追随義に陥る恐れがあると批判した
これは全く不当な批判だから。人類が自らの築いた文明社会の維持管理を地球環境の保全と合わせてその手で行えるかっていうのはての時代に問われたことのないものでありそれこそ福利厚生や市場原理がどうたら言う既存の概念では解決不可能な難題。
御宅の方こそこれが人の手では不可能だという一種の"現実追随義"を受け入れている嫌いがあるように思えるが。
適切な地球環境の維持管理ノウハウの構築とその遂行が継続的な宇宙開発の必須条件だと思うから言ってる訳だよ。別にそれがくても大丈夫というのであれば方舟的発想で盛り上がるのも結構だけど
182 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 19:02:09 ID: alBdahswhB
 頑なに構造体と共利関係の説明をしてくれないのはどうして?興味があるし、自明とは思えないので繰り返し質問してるんだけれど。
構造体の方は「遠隔操作or自無人機」ということで良いのかな?自無人機には先に触れた、フレーム問題と自己メンテナンスの問題が付きまとう。未来永劫解決不とまでは言えるかは分からないけど、個人的にはやはり現段階では遠に思える。何度言えばいいのか分からないが、共利関係は説明してくれないと分からない。

>(略)・・それで取って来た情報を地上の人々が気軽にアクセス出来るようになれば市民の知識も広がるし宇宙開発への理解と情熱も多分深まるっしょ。
これは賛成。別に対立するものではない。ただ、それで全に代替可だと言ってるように見えたので理性限界を引き合いに出して反論してたのよ。

宇宙での活動はそれだけ危険と不自由を強いられるものだという話なのに
これは謝る。誤解だった。
183 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 19:04:30 ID: alBdahswhB
>学者にそれなりの待遇と予算つけて研究させとけばその内技術開発が進んで可になるだろうというのが特段楽観的とも思わないが
 これに関しては、丸々引用すると長くなるから上の部分を言い換える的で出しただけだよ。地球環境の延命にそういった手段を用いるという趣旨ではない。
しかしながら経済学環境経済学の分野で扱っているように、不全ながらも政治経済システムに落とし込むことで解決が図られ一定の成果は上げてきている。
例えば、昨今では危険な化学物質を取り締まる際的な組みもそうしくないし、温室効果ガスに関しては京都議定書という一つのテストケースも行われた(あれが明らかザルだというのは認めるが、単なる理論で終わっていないとは言ってもいいだろう)。
論それだけではなく、特に絶滅危惧種の保護なんかでは非営利的の活動が実を結んでいる例もある。
「福利厚生や市場原理がどうたら言う既存の概念(?)では解決不可能な難題。」とまで断じられる根拠なり踏み込んだ説明が欲しいな。仮に解決不だとして、そこで宇宙開拓に用いる手段として構造体を用い
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
184 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 20:41:08 ID: 2aTLzlMpHM
>頑なに構造体と共利関係の説明をしてくれないのはどうして?
いやものには順序ってものがあるから人類の入植々の話から先にしてただけ。そっちの方が話の体だったし

構造体については無人機っていうかまあ諸々の施設等含めた機械的構造物としての総体をさして言ってた言葉。共利関係については前も言ったように要は人類は宇宙に関する知識や情報を、構造体側はその活動領域を宇宙空間や外惑星に広げていけるという間柄が構築出来れば良いねという考え。
現に衛星飛ばして人類は地球宇宙に関する情報を手に入れ、構造体は活動領域を軌上に広げてるのがその例とは思ってるよ。
機械人施設は生命ではいのだから人類が一方的に使役すればいい話で共利関係とか構築しようがないって考えならまあそういう考えでいて下さい。別にそれは機械と疎通図れる者達が進めていけばいい話なので万人に期待すべき事柄ではいでしょう。
個人的には宇宙開発役は構造体で、人類始め有機体はその裾分けに預かれるかもっていう程度に考えてるんでね。
185 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 21:05:25 ID: 2aTLzlMpHM
あとその入植って気になってたんだけど具体的にはどういう惑星が入植先の補に上がってるの?
順当に考えれば火星木星衛星辺りなんだろうけどどちらも地球より重力は小さいしこれといった資もないから入植しても長続きしなそうなんだけど具体的にどういう集団が何をめて行くと考えられるんだ?
テラフォーミングはワープ航法並に技術の域だし太陽からも一段二段遠いあれらのに人類が辿り着いても何も得るものがないっていうのは昔からよく言われてきたことだよね?

別に気勢を削ごうってんじゃなく惑星移住ってのはそれだけ困難が伴うし入植者にも強い動機が、つまり何としてでも地球にこれ以上居たくない、どうしてもここを離れたいという強かつ継続的な意志が不可欠になるからこう言う訳で。
それは夢とかロマンよりもっと切実な、例えば地球上にこれ以上いると身が危ういとか、全く不自由な生活を強いられるとかそういう類の物じゃないと中々そこまでに至らないと思うんだよね。
仮に地球環境が人がまともに住めない程悪化すればそういう動機付けの一つにはなりそうだけどそれにしても
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
186 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 15:25:34 ID: 6GsU/QaQEn
宇宙と調和しない者の意見はくに値しない
187 : ななしのよっしん :2016/06/20(月) 00:25:07 ID: qPRwwTn4WS
亀レスですが

>>173
隕石が生命の起ですか、もそういう説を見聞きしたことあります
なんだか花粉に運ばれて雌しべが受粉する様に似ているような気がします
意外と宇宙で起こっている現地球で起こっている現って
根本的なところでは同じかもしれませんね
188 : ななしのよっしん :2016/06/20(月) 10:52:17 ID: 2aTLzlMpHM
ホモサピエンスで宇宙と調和した者がいるならその意見は是非聞いてみたいね。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015