単語記事: 宇宙の騎士テッカマン

編集

宇宙の騎士テッカマンとは、1976年に放映されていたタツノコプロ制作SF変身ヒーローアニメである。打ち切りのため当初の予定より大幅に短縮された全26話。

2015年4月30日まではニコニコでも配信が行われていた。

概要

新造人間キャシャーン』『破裏拳ポリマー』に続くタツノコ作品で、放映当時には不人気により打ち切りになった(本来の予定では悪のテッカマンになった父親と戦うなどの展開が後半予定されていた模様)。しかし、他のタツノコ作品同様にファンの評価は非常に高く、特に詳細に練られた設定や宇宙重力感を重視した演出は、現代にり継がれてきている。

後にタツノコにより、『宇宙の騎士テッカマンブレード』が制作され、TV放映された。
しかし、設定の一部を共有はしているが、前作との関連性は極めて希薄であり、別の作品である。

2012年5月30日よりニコニコでの配信が開始された。
毎週五話づつ更新され、開開始から1週間のみ無料
しかし2015年4月30日をもって配信は終了し、見ることはできなくなった。

ちなみに後年、テッカマンカプコン格闘ゲームタツノコVSカプコン』に他のタツノコヒーロー達と共に出演。ブレードもその続編となる『タツノコVSカプコンUAS』に出演し、『UAS』においてはテレビ本編でもなしえなかった新旧テッカマンの共演が実現している。

あらすじ

時は近未来公害戦争の影地球は滅びかけていた。地球環境を復元するための「クリーンアース計画」も凍結され、地球はあと3年で滅びると予想されている。そこで、宇宙開発センター太陽系外に「第二の地球」をめて宇宙船「スペースエンジェル号」を送り込んだ。しかし、突如太陽系へと飛来した「悪党団ワルダスター」にスペースエンジェル号は破壊され、乗員も全員殺されてしまった。

スペースエンジェル号艦長南恒星息子・南二はの敵を討つために宇宙船「ブルーアース号」に乗り大気を脱出、ロボット「ペガス」の「テックセットシステム」を使い「テッカマン」に変身、見事に敵円盤群を撃退する。

宇宙開発センター局長テッカマン二、局長のひろみ、それに青年アンドローと、ミュータントのムータンを加え「スペースナイツ」を結成した。彼らはテッカマンを中心にワルダスター地球侵略に立ち向かって行く。

また、それと同時に、光速を越えて宇宙を航行する「リープ航法」の解明も急がねばならない事案である。第二の地球へとたどり着くことが出来なければ、やはり人類は滅びてしまうからだ。

戦え、テッカマン。負けるな、テッカマン宇宙騎士

登場人物

二(森功至
主人公テッカマン変身することのできる青年
もともと直情で頭に血が上りやすいことに加え、父親をワルダスターに殺されてしまったために異人を強く憎んでいる(それが災いしてワルダスターとは関係である異人が乗った船に襲いかかるというヒーローにあるまじき行為をしでかしたこともあった)。しかし、サンノー人のアンドロとぶつかり合ったり、地球人と敵対していない異人達に出会うことによって、全ての異人を憎むことはなくなった。(視聴者からはTボゥイとも呼ばれる細胞さはちょっぴり傷のままだが物語を通して成長していったキャラであり、アンドローとの友情も深いものとなっていった。
スペースナイツリーダーだが、テッカマン変身できることから指揮官というよりは戦闘隊長に近い立場である。
地ひろみ(上田みゆき
二の人。とても化粧が濃い。一時期タツノコ公式サイトにもこのことが書かれていた。
普段は後方支援が多いが、単身ワルダスター生物兵器と渡り合える等以外と戦闘も高い。
アンドロー梅田山田康雄
金髪アフロ男。その正体はサンノーからやってきた異人である。変身らしきもので地球人の姿をとっている。
クールでニヒルキャラで斜に構えたところがあり、地球人を見下すような言動が多いことから二と喧になることもしばしば。しかし、何度もお互いにぶつかったことで友情を深めていくことに。
序盤はサンノーに帰るためにワルダスター宇宙船を奪わんとして独断専行をすることも多かった。後半になってもサンノーに戻りたいという思いは残り続けたが、二たちとの交流を通した結果地球にも強い着を持つようになった。
超能力やワルダスターに関する知識でスペースナイツを幾度となく危機から救う。視聴者からはテレポートの際のポーズが「アンドロー梅田かっこいいポーズ」と好評。
名前の元ネタは「アンドロメダ」。 
名前の表記については「アンドロー梅田」と「アンドロ梅田」が混在しているが、タツノコプロHPの作品データベースでは「アンドロー梅田」表記になっている。
ムータン(小宮和枝)
サンノーミュータント可愛い格好して(というか初登場時にべるとどんどん可愛い方にデザインが変わっていってるような)目からビームを発射することができる。
ガス徳丸完
局長の作ったロボット二(テッカマン)の相棒である。ひろみよりもよっぽどヒロインに相応しい。
テッカマン変身するためのセッタールームを脚部に備えている。
戦闘時はテッカマンを乗せて宇宙を駆け、共に攻撃し、息のあった見事なコンビネーションを見せる。
致命的な傷を負ってでも二を守ろうとする非常に相棒思いの素晴らしいロボット
しゃべることができるが、回を追うごとに口調がおかしくなっている。
北斗勝(浅井淑子)
24話のサンドバータウンでのオカルトメカの一件の際スペースナイツの面々を助け、そのまま実質彼らの一員になった少年ガッチャマンに出てくるバードランのような「フライングボンバー」を操る。
25話でも実質役回のような扱いなのだが、登場したのが残り3話の段階のため物語の中で特に立った活躍もできず、最終回においてはこの後スペースナイツに入れることを二から約束され地上に残った。
局長内海賢二
宇宙開発センター局長。ひろみの父親でもある。優れた科学者であり、テックセットシステムやペガスを開発した。
二の父親とは昔からの知り合いで、彼の息子である二のことを気にかけている。
ナレーションも担当。 
クリング局長徳丸完
宇宙開発センターの一員であり、かつて地球環境汚染を対策していた「クリーンアース計画」の責任者
そのため8話の食人植物グリーントラップ」の回などワルダスターの地上作戦の際にはたびたび登場する。
次長であるブレーンなど「クリーンアース計画」側の人間には第二の地球探索を推し進める局長などのスペースナイツ側に良い印を持たない者もいるが、彼自身はこれに対し好意的である。
シュビダー令官(藤本譲)
地球防衛軍の長官であり初期から宇宙開発センターで行われている会議でたびたび姿を見かけ、スペースナイツの活動の傍らで最終回におけるまでたびたびこれの支援を行っている。
13話ではワルダスターの侵攻に対し防戦一方であることを憂い、無敵艦隊を率いて攻撃するも太陽系外が引すら異なる全く未知の間であったことをワルダスターに利用されほとんど自滅させられた。
ただフィクションにおける典的な無能軍人ではなく、他のセンターメンバーと同じく地球未来について摯に考える信念を持っている。
アーサー長官
宇宙開発センタートップであり、たびたび会議の場面などに登場し重要なイベントの際には名前が言及されているが、上述したメンバーべるとほとんどセリフもなくいまいち印が薄い(地球側の作戦もほとんど局長が中心になっているということもある)。
ランボス(滝口順平
悪党団ワルダスター団長。毎回作戦に失敗してはドブライに怒られて、土下座&お仕置されている。
そんな彼もこの数年後に泥棒の神様になり「おしおきだべぇー」という立場になるとは予想もしていなかっただろう。
終盤はガニラを自分専用のロボットのように操る。
宇宙帝王ブライ桑原たけし
ワルダスター帝王。悪の親玉である。打ち切りの影により詳しいことはあまり解説されなかった。
ゲームタツノコファイト」にてようやくテッカマンと戦う事ができる。その際は自らテックセッターを施すなどオリジナル要素も加えられている。
自ら立案する作戦の特徴として、合体メカ好きに定評があり、他のタツノコ作品に出没しては批評コメを投下していく(ゴッドフェニックス合体は邪らしい)。しかし悲しいことにニコ生では名前がNGワードなためコメを投下できない模様。

テッカマン

テッカマンは元々、人間が宇宙で作業する為のものとして開発された。しかし未完成故に

  1. 特別な波長の合う人間しかテックセットできない
  2. 変身プロセスに問題がある(後述)
  3. 変身時間の制限が厳しい(二の場合は37分33秒)
  4. 上記の条件を満たさなければ死んでしまう

など、宇宙作業用として利用できるものではないことが分かる。

二はこれらのデメリットを知りながらも、ワルダスターの野望を砕くために、テッカマン変身して戦うのだ!

変身プロセス

テッカマン変身したい!」という子供が少ない理由は変身プロセスにある。

テッカマン変身するにはペガスに「テックセッター!」と叫び、ペガスの脚部にあるセッタールームに入る。そして「パワーラップ!」と叫ぶことでプロクターが装着されテッカマンへの変身了する。

……と、書けばごく普通ヒーロー変身のように思える。しかし実際には「パワーラップ!」と叫んだあとに

  1. トゲのついた鎖帷子で全身を覆われ
  2. その上から全身にプロクター)と額にボルテッカが覆いかぶせられ、
  3. 電磁波が装着者の身体に流される

…というに、非常に苦痛に満ちたプロセスを経なければ変身することはできない。実際に、変身シーンでの二の明らかに苦痛を訴えていた。

宇宙の騎士テッカマンブレード(関連作)

前作と同一の名称が一部使われているが、オリジナル新作となるTVアニメである。
こちらでは、テッカマンが複数存在し、敵テッカマンとの戦闘などが描かれている。

謎の生命体ダム突然地球侵略に対して、人類は打つ手もなく、地球上を占拠されてしまう。
そんな時、宇宙開発機構にの若者が現れ、テッカマン変身しラダムと戦う。
「Dボウィ」と名付けられた彼は、宇宙開発機構スペースナイツの一員としてラダムと戦っていく。

詳細は『宇宙の騎士テッカマンブレード』を参照。

関連動画

公式配信

その他

【痛々しい変身

MADテープ

ageによるパロディ化。】

関連静画

関連商品


関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%B3
ページ番号: 222138 リビジョン番号: 2200811
読み:ウチュウノキシテッカマン
初版作成日: 08/06/09 20:32 ◆ 最終更新日: 15/05/04 17:33
編集内容についての説明/コメント: 宇宙開発局になっていた箇所を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙の騎士テッカマンについて語るスレ

119 : ななしのよっしん :2013/07/09(火) 23:49:45 ID: gQaLa/tEPO
ワルダスター戦闘機やリープ航法メカが生体兵器だったってのは
初見時には結構新に感じたな
120 : ななしのよっしん :2013/11/29(金) 14:26:54 ID: 9Q5qLOD4Cf
まぁ宇宙人宇宙平和の為に(同族同士で殺しあっている好戦的種族である)人類殺をたくらむのは
古くはシルバー仮面やW3(ワンダースリー)
テッカマンより後でもザンボット3スパロボインスペクター等割とありふれた設定だしね
(W3やザンボットはまだ宇宙進出なんてレベルに達してないが)
言ってる割には(W3を除いて)悪党が多い点も
121 : ななしのよっしん :2014/02/09(日) 23:14:22 ID: 5hKLVru/Pu
 ところで今更ながらうかがいますが、テッカマンデザインもオガワラ博士なんですか?
122 : ななしのよっしん :2014/04/26(土) 19:26:01 ID: QQ8r/sUFIj
今更だけど
キャラデザ地球側が吉田夫、ワルダスター側が九里一
ガス天野氏で、オガワラ博士はワルダスター側のメカ
担当されてたと何かの本に書いてあった。

その中でも20話のガニラは当時の超合金とかで出てて、
メカの商品化としてはアニメ史上初?かもしれないとか
123 : ななしのよっしん :2014/09/20(土) 07:22:41 ID: y3hLh1jZ5J
再放送バンザイ!
124 : ななしのよっしん :2014/09/23(火) 19:47:22 ID: c97pLfToUz
生放送テッカマンで一気に評価盛り返したな
125 : ななしのよっしん :2014/10/17(金) 22:05:45 ID: ThXK18AVVv
クソ生放送16話見れなかった
ブライ様の合体好きが明らかになる話なのに
126 : ななしのよっしん :2015/11/12(木) 07:40:04 ID: hhVYpOp6bY
テッカマンブレード世界に南二が事故か超自然現象により来てしまい、ラダムと戦う二次小説とかないですかね。探してみてもなくて…。
127 : ななしのよっしん :2016/04/05(火) 22:34:33 ID: uO931EfG5c
ゴーゴー!トリトーン
ゴーゴー!トリトーン
ゴーゴーゴーゴーゴー!(ジャン
テッカマーアーン♪
128 : ななしのよっしん :2016/04/06(水) 13:18:41 ID: tfkzbeD207
誰だ誰だ誰だーぅ!
デッデッ
テッカマーァーン♪

書店でタツノコクロスオーバー漫画を見つけ浮かれました。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015