単語記事: 宇宙の騎士テッカマンブレード

編集  

宇宙の騎士テッカマンブレードとは、タツノコプロ製作1992年2月18日から1993年2月2日までテレビ東京系列で放送されたテレビアニメである。

2012年7月10日よりニコニコでの配信が開始された。
毎週五話ずつ更新され、開開始から1週間のみ無料
各話の動画説明において、公式がネタバレ気味なものもあるので、未視聴者は注意。
しかし、2015年4月30日をもってニコニコでの配信は終了してしまった。

あらすじ

連合地球192年、地球宇宙生命体ラダム侵略されていた。
宇宙開発基地であるオービタルリングを占拠された人類に打つ手はく、地上におけるラダムの支配圏は徐々に拡大していった。

そんな中、外宇宙開発機構に所属するノアルとアキは巨大なクレーターの中心で青年を発見する。
彼は「テッカマンブレード」と呼ばれる人へと変身しラダムと対等に渡り合うを持っていたが、自身は記憶喪失だとしてその素性は知れなかった。デンジャラス・ボーイ=Dボゥイと名付けられた青年は疑念と好奇のを集めるが、ラダムと戦えるを持つのは彼のみ。

かくして外宇宙開発機構はテッカマンブレード(Dボゥイ)を中心とする「スペースナイツ」を結成、ラダムへの反抗を始めるのだった。

概要

テッカマン」や「スペースナイツ」といった単から、1975年に放送された『宇宙の騎士テッカマン』の続編と思いきや、作品内容は大きく異なっており、リメイクや続編といった関連性は存在しない。ただし『宇宙の騎士テッカマン』の設定や構想が一部流用されている。

またOVA『DETONATORオーガン』ともデザインなどが近似しているが、これはオーガンが旧作テッカマンオマージュとして製作された作品であり、さらにその影を受けて本作が誕生するという流れで発生した現である。

ストーリーにおいては今でも類に見ない程の鬱展開を多分に盛り込まれており、主人公のDボゥイはアニメ史上屈不幸主人公とまで呼ばれ、あまりにも救いがないストーリースタッフが「人でない」と罵られるほどの重い脚本である。しかし、そんな中でもラダムと戦い続けるDボゥイの姿にはしも胸が熱くなることだろう。
ちなみに、ロボットぽい外見をしていてもロボットではなく変身ヒーローに相当する。そのため、『スーパーロボット大戦』への参戦には首を傾げる人も多いだろう(ペガスロボットだが…)。

ちなみに後年、格闘ゲームタツノコVSカプコン ULTIMATE ALL-STARS』に出演。
前作『タツノコVSカプコン CROSS GENERATION OF HEROES』にも出演していたテッカマンと新旧共演を果たした。

ネタバレストーリー大筋(ドラッグ反転

  • 幼いころにの不注意で火事により母親死亡(焼き尽くされて、になってボロボロ崩れる母親を見る)
  • 家族と知人と総出で宇宙探索船に乗って立ったら地球外生命体ラダムにまとめて拉致される。
  • 体が不適だという事で期に解放というか排除されていた父親により改造システムから救出される。ただし、最後の仕上げ(後述)こそ免れたもののまで全に改造済み。一方のも半端な改造の影で余命僅か。
  • その父親洗脳された兄弟、知人友人を地球を破滅させる大罪を負わせないように全て殺すように言われ、名前を捨てる。
  • 地球側の戦と合流しても自分の過去を何一つらなかったため、最初は信用されず、付けられた呼び名は「D(デンジャラス)ボゥイ」。
  • 変身したら30分間しか意識を保てず、それ以降は改造によりに刻み込まれたラダムの本に従う暴走状態になってしまう。(ちなみに旧作タイムリミット37分33秒)。
  • そんな苦難を乗り越えて仲間達との友情を深めた末に、ラダム洗脳されなかったと再会するが、と同じく改造に適してなかったので余命僅か。
  • そのを誘き出すエサとしてや知人らにり刻まれる。を救うためら諸共に自爆する
  • さらには自分も 度重なる変身のために体が崩壊し余命半年とされる 。
  • 一気に戦いを終わらせる為にパワーアップする手段「ブラスター化」が提示されるが、余命が1ヶになるというもの。しかも成功率50。もちろん実行。
  • でもいざパワーアップしてみたら余命問題を解決。よかった・・・
  • 負担が全部細胞にいってただけでした 。このせいで徐々に記憶を失う。
  • Dボゥイと呼ばれる理由や、かつての戦友の事、更には変身方法すらも忘れたりする 。が、仲間のフォローで乗り切る。
  • ダムへの怒りすら忘れるのを恐れ、かつての自宅に戻り、家族との楽しかった思い出を振り返りと10年前に埋めたタイムカプセルけ、ラダムへの怒りと憎しみを心に更に深く刻みつける。
  • 双子と対決し、自ら手を下す 。この際、家族洗脳されたのは小の敵に寄生されたためと知る。
  • その後、人間としての自分を捨て、人に別れを告げる 。
  • が、最後に残ったとの決着の前に、限界が来て 全ての記憶を失う 。
  • それでも消えなかったラダムへの「怒り」と「憎しみ」、憎悪の感情だけで復活。 既に人間としての意識はなくなっている。
  • この時眼がくなっている、すなわち暴走状態。精を喪ってもまだ戦えるのが、ラダムのもたらした体のおかげという皮論、もう戻れない。
  • なので、最終話BパートのDさんの台詞はほとんどが「うおおおおおっ!!」か「ラダムゥゥゥゥゥゥッ!!」。
  • 相棒サポートロボ・ペガスからの攻撃をかばい破壊される。その際のペガスセリフは「Dボゥイ……」とまるで自があるかのよう。
  • ガスの呼びかけに反応しブラスター化。バルザックとの約束通り「Dボゥイ」と呼ばれる事だけは残っていたのか。(その名すら、ラダムが来たから生まれた物ではあるのだが。)
  • 最後に残った家族であるに手を下す 。 これで友人、家族全てその手で殺したことになる。
  • 地球に帰還するも、も記憶も全て失い全に廃人になっていた。でも 全部忘れてしまう事自体が彼に与えられた救いと言われる。
  • テッカマンブレード

作画

話数によってかなりクオリティに落差がある。毎回登場人物が変わると言われるほど。
OPは大張正己によるバリバリ作画だが、本編作画は担当していない。


過去作品の公式配信の宿命として作画絡みのコメが荒れがちなので、気になる人は「作画」をNG登録しておいた方が精衛生上良いかもしれない。

登場人物

スペースナイツ 

Dボウイ / テッカマンブレードCV森川智之
主人公であり、記憶喪失であると自称する。名前すら話さないので、ノアルの発言から「D(デンジャラス)ボウイ」と呼ばれるようになる。なおDボゥイと表記されることも。
テッカマンブレード」にテックセットするを持ち、通常兵器の通用しないラダム一対抗できるを持つ。
彼が何故そのようなを手に入れたのか、それはラダムのおぞましい生態と、Dボウイの身に起きた悲劇が関係している・・・。
<以下ネタバレ>
本名は相羽タカヤ18歳宇宙アルゴス号の乗組員で、家族クルーとともに探に出る途中でラダムに遭遇し、家族クルーもろとも戦闘用テッカマンの素体として体をフォーマットされる。タカヤのみがラダムに寄生される前に・孝三によって救出され、アルゴス号の脱出ポッドによって地球へと帰還する。
この経緯のため、敵として現れるテッカマン家族仲間のなれの果てであることを知っていた。
アキキサラギCV林原めぐみ
ヒロイン。19歳。ブルーアース号のパイロットであり、次第にDボウイに惹かれていく。
忍者の末裔という設定があるのに本編で生かされなかったり、名字が設定されたのは『II』になってからでCDドラマではアキ・タケジョウ(あき)と勝手に名字を付けていたりと、設定面で不遇。
ノアル・ベルース(CV松本保典
ブルーアース号のパイロット20歳。軽い口調で斜に構えた男。最初の頃は素性を明かそうとしないDボウイに敵意を向けていたが、やがて親友となっていく。
ミレッタ・ルルージュ(CV横山智佐
スペースナイツのオペレーター。16歳。Dボウイからは「に似ている」とミユキの面影を重ねられている。そこ、全然似てないじゃんとか言わない。なお本編ではフルネームが不明であり、一貫してミリーという称で呼ばれていた。ミリィと表記されることもある。
ハインリッヒ・フォン・フリーマン(CV鈴置洋孝
スペースナイツチーフであり、外宇宙(そとうちゅう)開発機構の創設者。35歳。よくその回の作画準を測る際の基準にされる。こっくりさんが得意。
有能で沈着冷静、情に厚い理想的な上だが、政治的駆け引きにも長けるため冷酷に見られたりする。
本田CV飯塚昭三
スペースナイツメカニック。42歳。気のいいおやっさんであり、フリーマンにとっても良き理解者。
レビン(CV中原茂
オカマメカフェチという業の深い男だが、本田相棒を務める優秀なメカニックである。21歳。本作の緊迫したストーリーで一息つける場面を与えてくれるコメディーリリーフでもある。
ガスCV飛田展男
テッカマンブレードサポートロボ。元々はスペースナイツ作業用ロボットだったが、自でのテックセットができなくなったDボウイのために、テックセットの補助機や武装にくわえ変形機構まで搭載したサポートロボ魔改造修された。
バーナー軍曹の歌っていたダニーボーイロンドンデリーの歌)を覚えたり、Dボウイの呼び出しに応じてどこでも飛んで来たりと、さまざまなことができる高性ロボあと電子レンジもついててクックセッターが可

連合防衛軍

真空管ハゲコルベットCV大滝進矢
連合防衛軍の准将。利己的な性格であり、テッカマンブレードを配下に引き入れようとしたり、スペースナイツライバル意識をむき出しにして足を引っったりする。ある意味敵よりも厄介な味方。ただしこれでも軍人としての責任感がある分、連合防衛軍上層部ではマシな方である。ハゲたのは無能な上層部に苦労させられたせいかもしれない。
なお「真空管ハゲ」という別名の命名者はレビン。
バルザックアシモフCV堀内賢雄
連合防衛軍の少佐コルベットの命により、UPF通信社の従軍記者という肩書でスペースナイツに接触し、テッカマンブレードの秘密を探る。
初登場時はもボサボサだが、を剃ってを整えると誰だお前な美形になる。
Dr.マルロー(CV辻谷耕史
化学班の科学者で、バルザックとともにスラムで育った。
バーナード・オトゥール(CV池田勝
特殊部隊所属の軍曹。一年前の高速宇宙艇奪回作戦で多くの仲間を失う。その後、連合軍のオービタルリング侵攻作戦時にDボウイと出会い、戦場での心構えを説く。

ラダム

<以下ネタバレ>

を大きく発達させた種族であり、知性と強い本を持つ。その反面、その昆虫状の体は脆弱である。
そこで他の知的生命体に寄生し、頭を支配して自身の体とする。

惑星の侵攻初期には、まずラダム自身よりも強体の知的生命体をテックシステムに取り込み、遺伝子レベルでのフォーマットを行い素体テッカマンへと改造する。その後戦闘用テッカマンへのフォーマットを行い、最後に髄に寄生して支配下に置くことで生体兵器テッカマン』の完成となる。これらは遺伝子レベルでの急な変化を伴うために、適合出ずに組織崩壊を起こして死亡するものが多い。
『I』テッカマンは全てこちら。

 

一方、侵攻の最終段階ではラダムに知的生命体を取り込み、長期間をかけてゆっくりとしたフォーマットを行う。こちらは初期のフォーマットべ戦闘に劣るが、不適合者が発生しにくい。
II』のメインとなる三人は、この状態の素体テッカマンだったものを救出し、地球の技術でフォーマットしたもの。

名前の由来は『ノストダムス』とされる。

テッカマンダガー / フリッツフォン・ブラウンCV飛田展男
アルゴス号の乗組員。テッカマンとしては最初にブレードの前に姿を現した。策を弄してブレードのテッククリタルを破壊するが、ペガスの助けで再び変身できるようになったブレードボルテッカに敗れ去る。
本作のテッカマンの中でボルテッカが使えない。コスモボウガン(笑)
それに加えて、言動が小物臭かったり、Dボウイをにはめるために生存者のふりをして救援をめるという迷演技を披露したり、テックセットになっていたから仕方ないとはいえDボウイがプラスチック爆弾程度で倒そうとしていたりと、そんな調子だからか公式配信視聴者からは「ダガーさん」と親しまれて?いる。飛田展男モブキャラが出るとダガーさんと呼ばれる程度に。
テッカマンアックス / ゴダード(CV島香裕
孝三の親友で電子工学を修める助手であり、タカヤシン兄弟格闘技を手ほどきした文武両な人。
ダムテッカマンとしてフォーマットされてからもエビル(シンヤ)のことを気にかけている。
テッカマンランス / モロトフ(CV小杉十郎太
アルゴス号の乗組員。詳細は『テッカマンランス』の項を参照。
テッカマンソード / フォン・リー(CV横尾まり
アルゴス号の乗組員であり、ケンゴの婚約者。
ダムテッカマンとしてフォーマットされて以後はオメガケンゴ)への情が暴走して狂気じみている。
テッカマンエビル / 相羽シンヤ(CV子安武人
タカヤ双子で、アルゴス号の総手。そこ、双子なのにあんまり似てないとか言わない。タカヤコンプレックスがあり、テッカマンにされてからはテッカマンブレードに強く執着する結果となった。
なお子安武人は当時声優としての将来に悩んでいたといい、この役がきっかけで立ち直ったという。
テッカマンオメガ / 相羽ケンゴ(CV:若本規夫
相羽長男であり、・孝三の助手を務めていた。
ダムテッカマンとしてフォーマットされて以後は、ラダムテッカマンの総令として侵略を進める。
その体はラダム母艦と一体化しており、人間だった頃の姿に戻ることはない。
親への情はある程度残っているようで、エビル(シンヤ)やソード(フォン・リー)を気に掛ける様子がある。
ダガー?やはり、ダガーでは理だったか・・・。

その他

<以下ネタバレ>

テッカマンレイピア / 相羽ミユキ(CV水谷優子
Dボウイことタカヤで、相羽の末16歳タカヤのことが大好きなブラコン
フォーマット後に不適格として弾き出され、残り少ない命を振り絞って脱出し、タカヤの元に辿り着く。
そしてラダム情報を伝えた後、ラダムテッカマンらに戦いを挑んで捨て身のボルテッカを放ち、その命を散らす。
レイピアボルテッカエネルギー生成はできても発射口がいため、使用=暴発となる。
なお名前の由来は「(制作当時)一番不幸女性か」「それは近々あかほりさとる結婚する北川みゆきじゃないか」というスタッフのやりとりから。
余談だが、変身シーンが色々と有名であり、LD全巻購入特典としてこのシーンを再現したフィギュアが配布された事もある。
相羽孝三(CV麦人
相羽兄弟たちの父親で、アルゴス号の船長。素体フォーマットの段階で不適格として弾き出される。
組織崩壊の進行する体でなんとかタカヤを救い出した後、アルゴス号を自爆させてラダム母艦へと不時着させた。
リルルCV松井菜桜子
瀕死の重傷を負っていたバルザックを看病し、とともに3人で暮らす。後にバルザックの子を身籠っていたことが判明する。

ネタ

テッカマンランス

噛ませ役として名高い、ラダム側のテッカマン
スペックにおいてはブレードの宿敵であるテッカマンエビルをも上回っているのだが、ブラスター化(二段変身)の当てにされてしまった。
「ふっ、いくら進化したと言えどこの至近距離からのボルテッカではひとたまりも…… なにっ!?

リダイレクトとはいえテッカマセランス大百科記事が存在するなど、ある意味されている。

テッカマンランス(漫画版)

アニメとは大きく異なる内容の漫画版にも登場する。仲間セイバーアックスと一緒に噛ませをしている。
かしこちらはコラ素材として多用され、鬱クラッシャーズなどでの活躍が覚しい。
セイバーアックスボルテッカだ!」

OVA『宇宙の騎士テッカマンブレードⅡ』

1994年から1995年にかけて全6巻が発売された。テレビ版の10年後を舞台とした続編。

新生スペースナイツにおいて新たに誕生した三人の地球テッカマンの戦いをが描かれるが、『I』余りに作が違いすぎる為に前作のファンからよく黒歴史扱いされる作品である。
なんといっても元気で明るい16歳少女ユミ・フランソワが憧れのテッカマン変身して頑青春ドラマであり、前作のDボゥイの悲痛な戦いを見てきたファンにとってその差は衝撃的だった。

とはいえ売り上げが悪い訳ではなかった様で、当初3巻のみの予定だったが最終的に6巻まで製作された。後半は新生テッカマン一の男性であるダービットを軸に据え、脚本もシリアス分とBL分を増した。

詳細は『宇宙の騎士テッカマンブレードII』を参照。

タツノコ劇場2012年9月18日(火)配信予定。

スーパーロボット大戦では

スーパーロボット大戦J』では『Ⅰ』が参戦、『スーパーロボット大戦W』では『』も含め登場することになった。

特に『W』においてはシナリオ時系列を入れ替えられ、『Ⅰ』物語の中に『』の出来事が組み込まれるという展開になっており、名シーンはそのまま生かし、迷シーンは名シーンに昇するなど、良質な編で『』を黒歴史とするファンからの評価も高い。

関連動画

公式配信

Dボウイ「あの、陰気な大作が遂に公式配信になって登場!」
アキ宇宙の騎士テッカマンブレード!」
ノアル「ブレードランサーがうなるとき、また家族が死ぬ!」
ミリー「雰囲気っ暗に、各話210ptで絶賛配信中!」
Dボウイ「今、人生が暗い・・・」

特典映像のサブエピソード

本編後に作られた物なので色々ネタバレ含む。本編完走後の視聴を推奨。

本編13話

本編48

への間

その他

関連静画




関連商品

2016年1月27日についにBDBOXが発売される。OVAである宇宙の騎士テッカマンブレードIIに加えて今となってはプレミア物のCD-SINGLE COLLECTIONにマスカレードなど4曲が追加されたものも収録されている。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89
ページ番号: 3621546 リビジョン番号: 2301395
読み:ウチュウノキシテッカマンブレード
初版作成日: 09/06/11 18:07 ◆ 最終更新日: 15/12/17 02:29
編集内容についての説明/コメント: BDBOX追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙の騎士テッカマンブレードについて語るスレ

532 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 22:47:43 ID: 3jLq5siil4
>>530
ハンマーはわかるがバットはどうなんだ。
ジャコビニ流星打法でもやるのかな?
533 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 22:25:57 ID: Pbj0Px6i8J
IIもそうなんだけど、後番組も当時のアニオタからどう思われたか気になるな
ノアルので「次回作 疾風!!アイアンリーガー 正々堂々試合開始!」なんて言われた際のギャップはいかほどのものかw
リアルタイム当時はほんの子供だったので自分の記憶がどうだったかなんて流石に覚えてない・・・
534 : ななしのよっしん :2017/01/02(月) 00:37:13 ID: oRg/jgnFwX
最終回で色々と対になっている演出いいよね…。
ダムが人類を滅ぼすために使っていたコロニーを今度は人類が地球を守るために使うところや、第1話でDボゥイが忘れたフリをして戦おうとしていたけど最終回では何もかも忘れ戦いが終わったところとか...。
とりあえずゆっくりと休んで欲しいよDボゥイには...

あとDボゥイに限らず森川智之さんが演じるキャラって、
・よく裏切る、裏切り者扱いされる
兄弟がいる
最終回で大怪する
このいずれかの共通点がある気がする。
ガンダムXのシャギアジョジョ吉良吉影とか
535 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 15:15:09 ID: aq9KScegER
テッカマンブレードほど長編で美しいアーチ構造のシナリオを構築した作品を他に知らないし、プロット自体も石ノ森章太郎先生から連綿と続く変身ヒーローモノの一連のフォーマットを採用する作品のベンチマークになる璧なものだと思う。
特撮でいえば仮面ライダークウガがこれに次ぐ正統派な出来で良かった。
536 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 22:53:53 ID: oRg/jgnFwX
>>535
言われてみればテッカマンブレードって仮面ライダーウルトラマンに似ているところあるね。改造されて助かったが仲間を殺さなきゃいけないとか、変身に時間制限があるとか。

もう一回で良いからスパロボ出てくれないかなぁ… ガンダム00と共演しやすいと思う。同じく改造された身のアレルヤ親を殺してしまい別の名で戦う刹那、復讐のため戦うルイス地球外生命体との戦い、ト裸ンザムとか...とりあえずなんでもいいからスパロボ出てほしい!それ位この作品とDボゥイを愛してる
537 : ななしのよっしん :2017/02/25(土) 23:13:41 ID: yCVF++64k0
>>534
こうしてみると『銀魂』の佐々木三郎も漏れなく森川キャラの典だったんだな。
538 : ななしのよっしん :2017/03/24(金) 01:03:11 ID: pR/dZF+7Gt
>>537
最初に出て来た時の一連の話の最後、高杉背中合わせで話してる所。
・・・駄に戦慄しながら見てた・・・で、一言。「松平片栗虎が足りない・・・」
539 : ななしのよっしん :2017/04/02(日) 12:08:58 ID: F8XPmL3h05
>>535
即席ラーメン食べろ、カロリーメイト食べろ
540 : ななしのよっしん :2017/10/05(木) 17:05:15 ID: nnFIEflPiZ
テッカマンブレードすき
541 : ななしのよっしん :2017/10/07(土) 02:43:03 ID: vyDvhiKG/Y
今でもスパロボWテッカマンを追うルート選ぶと泣く
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829