単語記事: 宇宙世紀

編集  

宇宙世紀とは、機動戦士ガンダムシリーズ作品の多くで採用されているシェアードワールド設定である。

概要

シリーズ第1作の「機動戦士ガンダム」時点でこの設定が登場しており、劇中では地球人類が宇宙への移民を開始して以降の紀年法として用いられている。

作中では西暦されており、この0001年が西暦の何時なのかは諸説あってハッキリしない。宇宙移民の開始年を0001年としているが、これも後付の設定である。一時期の作品では2045年説を採用していたり、さらに別の資料でも1999年説など様々な解釈がされていることもあったが、現在ではそれらの設定はされて具体的な時期についての明言を避けており、0001年になろうとする間が描かれた「機動戦士ガンダムUC」においても具体的な設定がされることはなかった。少なくとも現在よりは相応に遠い未来である事だけは確実と言える。

記し方は1000年以前でも常に四桁を前提として上の桁に0を付ける表記が一般的である。これは西暦から元される際、多くの人が西暦の四桁表示に慣れていたことが影しているのかもしれない。また、上の桁の0はオーと呼ぶ。例えばナレーションなどでは0079年は「ダブルオーセブンティナイン」と言われ、他には0123年が「オー・ワントゥエンティスリー」0001年は「トリプルオー・ワン」となる。

また、英語表記ではユニバーサルセンチュリーとなり、厳密な正式名称は日本語読みではなくこちらである。「機動戦士ガンダムUC」の登場人物であるリカルド・マーセナスによれば、単に宇宙を意味するユニバースではなく、全ての人にとって普遍的であるようにと、あえて誤りとも言えるユニバーサルを用いたと言う。英語表記の場合はU.C.と言う略語が使用されることが多い。

宇宙世紀の正史とは

長い歴史と作品数を持つシリーズの常として、時代毎の整合性や物語・設定の食い違いが表面化することもあり「どれが正しい歴史なのか」という話題が発生することはガンダムシリーズでも日常茶飯事と言えるほど頻発している状況であり、特に物量の多い宇宙世紀世界ともなればその傾向はさらにしい物となる。

ちなみに、サンライズの方針としては「映像化された作品・映像に登場した要素は公式」となっているらしく、少なくともこれが最低限のラインとなるのは確実で間違いのないことだと断言できる。同じ映像作品でもTV劇場版などで設定に違いがある場合もあるが、とにかく全部公式ということになる。

しかし、その他のメディアで多く取り上げられ認知度の高い作品などに関しても、認・公式・監修などを謳っていても映像作品ではないので厳密な意味では公式扱いとはならないが、実質的に同じような扱いをされている事もあり、さらにそれらの作品から設定が映像作品に取り入れられ、部分的に公式化されている物もあるため、判断要素は非常に複雑化している。

また、現在ではそれらの存否を確定できるような厳密な年表設定の様な物は提示されておらず、たまに出る年表もアニメ作品を羅列する程度の場合が多いため、やはり細かいところは判断のしようがない。今後も増産され続けるであろうガンダム作品の制作の際に取捨選択をする余地を残すため、縛りにならないように意図的に曖昧な状態にしているとも言えるのかもしれない。

結論として、映像は少なくとも確実に公式・他の細部についてはご想像にお任せという事になるようである。

時代変遷・西暦~宇宙世紀へ

(以下は映像化された作品が公式とされるサンライズルールに従い基本的には映像作品準拠。足りない部分は設定資料や小説など。また、小説でも原作者による作品、例えば『閃光のハサウェイ』などは例外的に取り上げています。)

作中での西暦時代の末期爆発的な人口増加や環境問題により、もはや地球の「収容限界」に達していた。小説版などでは後進と呼ばれる国家も消滅し、全ての地域の人々が厳しい自然環境(つまり破壊)したと言う描写も存在する。人類は人口抑制政策を取り文明を停滞させて節制するか、宇宙に進出して生存圏を拡大するかの選択に迫られたと言う。概ねの国家後者を選択し、1999年権を放棄した上で宇宙移民政策を前提とした地球連邦立する。

一方、宗教・思想・ナショナリズムを理由にこれに反発する国家も存在し、いつからかははっきりしないものの地球連邦しい戦争に突入した。この戦争50年にも及んだが、最終的には地球連邦側が有利に戦況をすすめる。概ね戦火が収まった頃合いにはスペースコロニーと呼ばれる地球外の居住施設も完成し、ついには宇宙移民の本格的実行にこぎつけることに成功。

地球連邦宇宙移民開始と言う記念すべきこの年を祝福し、西暦した上で宇宙世紀元年とした。そして、西暦最後の大みそかを祝おうと宇宙に建造した首相官邸「ラプラス」で大々的なセレモニーが行われる運びとなったのだが…。

0001年~0040年代

宇宙世紀0001年へのと同時に、ラプラス突然爆発、瓦解した地球連邦首相であったマーセナ首相を含め多くの政府要人が死亡し、宇宙世紀の始まりは血で贖われることとなった。

事件後、新政権はのちにラプラス事件と呼ばれるこの事件を地球連邦に反対する「分離義者」のテロと断定。マーセナスの息子であったジョルジュ・マーセナスらを中心に「リメンバーラプラス」と唱えて地球連邦に反対する組織に徹底的な弾圧を加える。最終的には宇宙移民と言う名の強制移住[1]の促進もあり、宇宙世紀0022年は地球上のあらゆる民族宗教国家の紛争終結を宣言するに至る(ただし、潜在的な脅威は存在し、のちのジオン軍やその残党と結んだ不満分子は確認されている)。

地球連邦の基盤はこれで磐石になったかに見えた。しかし、当初順調であった宇宙移民も人口の約半分程度が移住した段階で停滞を始める。これは地球に既得権を保持している人々が財産やコネを使って宇宙移民を拒否したことと、宇宙移民がある程度進んだことで地球の人口が西暦末期以前の「適正人口」に戻り、宇宙移民的が達成されてしまったことにあるとされる。

一方、嫌々宇宙移民に仕立て挙げられた人々からすれば、彼らの言動は自分たちの犠牲の上で地球での安楽な生活を手に入れると言ういわば裏切りであった。もともとの経済格差に加えて、コロニーの建設料や維持費を税として払わされると言う搾取もありコロニー住民の間で不満が噴出する。宇宙世紀0046年、この不満を反映し宇宙移民の代弁者として活動していた地球連邦評議委員のジオン・ズム・ダイクンは「スペースコロニーに国家としての権を与えるべきだ」とする旨の、いわゆるコントリズムを発表。争いの火種は地球から宇宙へと移ることになる。

0050年代~0070年代

ジオン・ズム・ダイクンは急進的に過ぎ、さらに連邦の画一的なコロニー支配へのこだわりと官僚利権もあり当時の議会で受け入れられることはなかった。連邦内での革に失望した彼は自身の理想を実践に移すべく0052年にサイド3に移住、翌0053年には首相に選出される。

一方、地球連邦では0050年代に人口120億のうち90億人が宇宙移民となったことを皮切りに、0051これ以上の宇宙移民用として計画の凍結を宣言スペースノイドとアースノイドと言う身分はほぼ固定化する。これに反発する形でエレズムと言う地球聖域化思想(つまり全人類の宇宙移民化)もコロニー側から唱えられ、前述のダイクンらのコントリズムと合流しジオニズムと呼ばれる一大ムーブメントが起きる。

0058年ついにはサイド3が独立を宣言ジオン共和(当時はサイド3共和)が成立する。これにダイクンが積極的に噛んだかどうかは諸説あるが、防隊の発足も伴って地球連邦との関係は加速度的に悪化。軍拡競争と経済制裁さらに0067年、最期の妥協案とも言えるコロニー自治権整備法案が棄却されるともはや両の衝突は時間の問題に過ぎなくなる。

0068年にダイクンが急死すると、後をついだデギン・ソド・ザビは翌0069年に権の集中化を名に王政施行を宣言。号をジオン公国とし反対粛清ダイクンらの遺児であったキャスバル・レム・ダイクン地球へと亡命する。

ギンは自身の縁戚者を軍内部に入れることで自身の地盤を固める。成功したかのように思えたが、老齢もあり実権は建直後から長男ギレン・ザビに移ったとされる。軍事的な才に恵まれていたギレンジオン不足を危惧。これを補うべくミノフスキー粒子(ちょうどこの頃に発見された電磁波かく乱粒子)散布下でも戦闘が可機動兵器の開発を下令。これがMSであり、0073年に試作機が完成。翌年にはザクⅠ(いわゆる旧ザク)がロールアウトする。

一年戦争

MSと軍備に自信を得た彼は0079年ついに開戦を決意(一年戦争)。1月3日宣戦布告とほぼ同時にサイド1、2、4を電撃的に奇襲しガスを注入して住民を殺戮。コロニーに核パルスエンジンをつけて地球に落下させると言う暴挙に出る(ブリティッシュ作戦)。この過程で作戦阻止しようと連邦艦隊が出撃するが、ミノフスキー粒子による電波攪乱により電子装備に頼り切りだった宇宙戦艦は手も足も出ずにジオン側のMSに撃破され、連邦は大敗し結果的に人類の25パーセントほどが死に絶えると言う惨劇となった。

ジオン軍はさらなるコロニー落としを決行すべく、サイド5へと出撃。これを迎え撃った連邦との間でしい戦闘が行われる(ルウム戦役)。この戦いでは奇襲が成立せず、連邦の抵抗もしかったためコロニー落としは成功しなかったが、連邦艦隊の被害も甚大でありブリティッシュ作戦によるものと合わせて半数以上の艦艇を喪失した。

連邦はこの時点ですでに弱気になり降伏を含めた議論もなされ始めるが、捕虜となってから帰還したレビル将軍の「ジオンも疲弊している」と言う演説を受け態度を硬化。焦ったジオンは戦線拡大方針を取り地球へと進行し戦闘着状態へと入る。

旧態依然とした軍制を敷いていた連邦であったが、ジオンMSに対抗すべくガンダムを中心にしたMS開発計画を始動(V作戦)。9月、関わった正規兵の大多数と技術者であったテム・レイを失うなどの不手際もあったが、結果としてアムロ・レイ難民たちがこれを引き継ぎジオン軍相手に多大な戦果を挙げる。これを見て首部もMSの有効性を認識。この頃にはジオンの人的資限界に達し、連邦軍は各地で反攻を開始する。その集大成が11月オデッサ作戦であり、ジオン軍地球より撤退。以後のイニシティブは連邦が握り、戦場宇宙へと再び戻る。

12月24日にはジオン軍の要塞があったソロモンを巡ってしい戦闘が行われ、要塞令官であったドズル・ザビ中将が戦死。要塞は陥落する。30日、相次ぐ身内の死と民の疲弊を憂慮したデギン王は宇宙要塞ア・バオア・クー回してサイド3本に侵攻しつつあったレビル艦隊と和会談を持とうと接近。これを阻止すべくギレン完成したソーラ・レイコロニーレーザー)を発射。レビルとデギン死亡し、連邦30パーセントの戦を喪失する。

31日、連邦は戦不足のままア・バオア・クー攻略に着手。ギレンの巧みな揮もあり当初はジオンが優勢であったが、殺しに憤慨したギレンであるキシリア・ザビギレンを射殺。その一の隙をついて連邦軍が要塞に取り付き侵入。陥落は時間の問題となる。混乱の中でキシリアジオン・ズム・ダイクンの遺児であったシャア・アズナブルに殺され、ザビはミネバ・ラオ・ザビを除いて全滅戦争導者層を失ったジオンダルシア・バハロを中心に共和臨時政府を立し連邦への停戦を要請。疲弊していた連邦もこれを受託し、00801月1日都市グラナダで正式に停戦合意が結ばれ一年戦争は終結した

0080年代

デラーズ紛争

一年戦争は終結したが、ジオンの一部勢は敗戦とその後に誕生したサイド3のジオン共和を認めず継戦を。大多数はザビの生き残りであるミネバを擁するアクシズアステロイドベルトに存在した小惑星)へと逃亡。また少数はギレンであったエギーユ・デラーズデラーズ・フリート)に糾合され地球圏での抵抗を継続した。

008310月、まずデラーズが先手をうち「」と言われた作戦を発動。核搭載MSであるGP02Aを連邦から奪取し、11月に行われた連邦宇宙艦隊の観艦式を核攻撃。およそ参加艦艇の三分の二を撃沈もしくは大破に追い込んだ。続けて開発途中だったコロニーを奪取して北の穀倉地帯へと落下させる(地球の食糧自給率を下げ、もって宇宙の発言権を増やす的だったとも、その後のアクシズ台頭を意識していたとも)。

最終的にデラーズ・フリートは壊滅(残存兵はアクシズに合流)するが、危機感を抱いた連邦政府はジャミトフ・ハイマンの提案に基づき治安維持部隊ティターンズを結成。スペースノイドへの弾圧を強化する。

00857月サイド1の30バンチコロニーで行われていた反連邦集会をバスク・オム旗下のティターンズ部隊がガス攻撃により鎮圧する事件が発生(30バンチ事件)。スペースノイドを中心にした連邦軍将兵の反発を招き、ブレックスフォーラらが反ティターンズ軍閥であるエゥーゴを結成する。

グリプス戦役

以後、散発的な小競り合いが続いていたが、00873月エゥーゴによるガンダムMK奪取事件を機に両者は本格的な内戦へと突入する(グリプス戦役)。

8月にはジャミトフによる議会工作によりティターンズの権限を引き上げる法案が採択され、その直後にエゥーゴ導者であったブレックスも暗殺されてしまう。一挙に有利となったティターンズであるが、宇宙ではコロニー落としガス攻撃の失敗が続き戦況は着した。10月にはアクシズハマーン・カーンがミネバを擁して地球圏へと帰還。戦場は三勢が入り混じり混迷の色を深めた。

11月レックスの後を継いだクワトロ・バジーナつまりシャア・アズナブル連邦議会が存在したダカールを占拠。自らの正当性とティターンズの横暴ぶりを連邦市民に訴える。結果、自分たちの味方であるはずの議員たちにまでを向けると言う失態を全世界に知らしめられたティターンズは急速に世論の支持を失う。焦ったティターンズはまず12月完成したコロニーレーザー(グリプス2を改造したもの)をサイド2・18バンチに発射。続けて21バンチにガス攻撃を仕掛け、多くの人命を奪う。

00881月、アクシズエゥーゴと組み、ティターンズの拠点があったゼダンの門(旧ア・バオア・クー)を破壊。ジャミトフもアクシズとの交渉に赴いた際、部下のパプテマス・シロッコに暗殺される。2月、勢いにのるエゥーゴは決着をつけるべくメールシュトローム作戦を発動。グリプス2を奪取した上でティターンズ艦隊に掃射。ティターンズは壊滅し、シロッコも戦死。グリプス戦役はエゥーゴの勝利に終わった。

第一次ネオ・ジオン抗争

勝利したエゥーゴではあったが、シャア・アズナブル行方不明となりだったパイロットたちは戦死または戦線から離脱した。疲弊した連邦軍をにアクシズ地球圏の制圧に乗り出す。グリプス戦役が集結した2月にはくもジオンの復を宣言(ネオジオン)。各コロニーに部隊を兵している。

3月ブライト揮下のエゥーゴアーガマ隊がサイド1のシャングリラコロニーに入港。当初は機械部品を狙ったジュドー・アーシタらに付きまとわれるが、のちに彼らジャンクグループエゥーゴに参加。カミーユたちと代わって新たな戦となる。

6月、ついにネオジオン地球に降下。連邦政府には組織的な抵抗を行える部隊はなく、表面的な懐柔政策に終始している。8月までに旧ジオン軍地球に残っていた分離義者の残党、さらにティターンズの生き残りまでを吸収し、その勢は最大規模となる。10月連邦政府はサイド3割譲を条件にネオジオンとの和を画策。それに反対するブライトジュドーを一時的に拘束する。また、ネオジオンダブリンコロニー落としを行うなどの恫も強行。

11月最終的にサイド3は割譲され、ネオジオン地球から撤退。的は達せられたように見えたが、同時期に各コロニーで反ネオジオンレジスタンスが一斉に起。12月、この間隙を縫ってハマーン旗下のグレミー・トトが反乱を起こす

00891月ネオジオングレミー・トト軍との間でしい戦闘が行われグレミーは戦死。ハマーンジュドーに討ち取られ導者を失ったネオジオンは瓦解(ミネバは再び行方不明)。第一次ネオジオン抗争と呼ばれた一連の紛争も終結する。

0090年代

アクシズと言う大規模な拠点を喪失したジオン軍残党にはもはや組織的な抵抗は残されていないように思えた。もっとも、最期の大物と言えるシャア・アズナブルは依然行方不明のままであり、連邦政府には漠然とした脅威が残されていた。

そこで連邦ティターンズに代わる治安維持部隊として皮にもエゥーゴに接近。連邦タカ議員であったジョンバウアーが音頭をとり0090年3月エゥーゴ連邦軍外団体ロンド・ベルに発展解消される(ただし、流は各地の治安維持部隊でありエゥーゴはその一部でしかなかったとする説もある)。

第二次ネオ・ジオン抗争

しかし、これら一連の動きはスペースノイドから見て裏切りであり、ロンド・ベルは第二のティターンズとして憎まれ、不穏分子への捜はあまり実を挙げることはなくかえって火に油を注ぐ結果となったらしい。またロンド・ベル自体もニュータイプの反乱を恐れた連邦政府からは疎まれ、人事や装備で妨を受けるなど挟みにあっていた。

0092年12月、ついにシャア・アズナブル起しスウィートウォーターを占拠アースノイドの粛清を掲げてスペースノイドの支持を集める。0093年2月には事実上の宣戦布告が行われ、3月には5thルナと呼ばれた小惑星連邦の首府が置かれていたラサに落下させる。この恫に屈した連邦政府はアクシズ譲渡と武装解除を引き換えにした和を受託。しかし、これは全な偽装であり、シャアは投降を装ってアクシズを占拠。これをそのまま地球に落下させて寒冷化させ、人が住めなくなる環境を作ると言う乾坤一擲の賭けに打って出る

これに対し、上述の連邦政府による妨により本領を発揮出来なかったロンド・ベルではあったが、ジョンバウアーの尽により戦補充に成功。特にアムロ・レイνガンダムを駆って獅子奮の働きを見せ、最終的にシャア・アズナブルを捕縛。落下軌に入ったアクシズを押し返すと言う超常現象とも思える戦果(アクシズショックとも)を挙げ第二次ネオジオン抗争と呼ばれた戦いは終結した。

この過程でシャア・アズナブルアムロ・レイと共に行方不明となり、前後の状況から戦死は確実とされ捜も数年で打ち切られた。ネオジオンの残党もほとんどが消散したらしく、以後は掃討戦に移ったと評されるまでになる。しかし、地球連邦にもスペースノイドよりの閥は存在し、サイド3も0100年の自治権返上が迫る中で様々な丁々発止が繰り広げられ、こうした間隙の中で残党たちの蠢動は再び活発化し始める。

ラプラス戦争

0096年、ピストの長老でありビスト財団を通じて0001年の宇宙世紀開闢以来、連邦最大の弱味である「ラプラス」を保管していたサイアム・ビスト連邦による絶対的な支配とそれによる文明停滞を恐れて開示することを決意する。

まず、ネオジオンに譲渡しようと図るが、ビストの内紛に乗じた連邦軍の介入もあり失敗。孫で当またはエージェントとして活動していたガーディアス・ビストも死亡してしまう。しかし、への「鍵」として用意してあったユニコーンガンダム息子であるバナージ・リンクスに託すことに成功し、これをもってラプラス戦争(または第三次ネオジオン抗争)が勃発する。

もはや残党に過ぎないとされたネオジオンではあったが、袖付きと呼ばれた中心部隊は精鋭であり、またシャアの再来と噂されたフル・フロンタルの活躍もあり戦局を優位に進める。一方の連邦を巡る内部対立やロンド・ベルの練度不足もあり対応は後手後手に周り、当初は事件勃発の当事者であったネェル・アーガマ単艦で作戦行動を取らざるを得ないと言う悲惨さであった。

しかし、パイロットとしてネェル・アーガマに乗り込んでいた初代首相リカルドの子孫であるマーセナの子息であったリディ・マーセナスを通じた上層部への工作、事態を重く見たブライト・ノアの活動、ネオジオンから和のために出奔したミネバ・ラオ・ザビの登場で事態は複雑化。この間にを巡る交渉に従事しつつ、独自行動を取り始めたスベロアジンネマンと彼の元に身をよせていたバナージの活躍もあり、開示は着々と進んで行った。

最終的に、フル・フロンタルによる一連の騒乱サイド3の自治権返上を阻止したいモナハン・バハロダルシア・バハロ息子)の陰謀であることが明かされ、ミネバの説得により彼らに味方していたサイド3の造反部隊は停戦。フル・フロンタルを巡った戦いでバナージらに敗れて戦死した。また、コロニーレーザーによりごと関係者を殺しようとした連邦の企みもアクシズショックを応用したバナージ、リディ、アルベルト・ビスト(バナージの異)の共闘の前に潰え、戦闘は終結した。

0099年9月ジオン共和においてクーデターが勃発。これは期に鎮圧されそのまま自治権返上を宣言。翌0100年にジオン共和は消滅したとされる。(しかし、ガンダムUC作中においてはすでに0096年の段階で自治権返上が決定されており、矛盾した設定が存在することになる)。いずれにせよ。ジオンを巡る戦闘は作品的にも宇宙世紀的にもこれによりひと段落ついたとされる。

0100年~0110年代

宇宙世紀が始まって1世紀が経過したこの時、予定通り0100年にジオン共和は消滅した。しかし、スペースノイドの不満は解消されることはなく、新たな抵抗組織が散発的な抵抗を続けていた。その中でもを持ったのは「マフティー」であり、0103年より地球において活動を開始する。

マフティー動乱

ブライト・ノア息子であり植物監察官の補生になっていたハサウェイ・ノアは、シャア・アズナブルの思想に共感。マフティーの導者であったクワック・サルヴァーにオルグされ、地球連邦の腐った体制に絶望。マフティーに参加して「マフティー・ナビーユ・エリン」と名乗り軍事面のリーダーとなる。

01054月地球アースノイド私物化をさらに進めかねない「連邦政府調権の修正法案」の可決を阻止すべく、議会が開かれていたオーストラリアのアデレートを強襲。しかし、これはハサウェイの親友であったケネススレッグに阻止され、ハサウェイ逮捕・処刑されるケネスブライトにその死を知られないように配慮したが、政治工作の結果失敗に終わる。以後のノアの動向は不明であり、一年戦争以降ほぼ全ての戦闘に参加したブライトの活躍もここで終わる。

0106年、のちの戦乱の火種を作るクロスボーンバンガードが結成され、反地球連邦活動そのものの質が大きく変化することになる。

0120年代~0130年代

マフティー動乱から0120年まで概ね地球圏は平和な時代を迎えており、大きな騒乱は確認されていない。しかし、地球連邦の腐敗と退振りは留まることを知らず、その絶対民主主義や官僚義にしい憎悪を抱く人々も少なくなかった。

その中心人物の一人だったのがブッホ・コンツェルンの総帥であり、ロナであったマイッツァー・ロナである。から貴族義思想(現代で言うノブレス・オブリージュ)を叩きこまれていた彼は優秀な若者たちを集めてクロスボーンバンガードと呼ばれる私兵集団(表向きは連邦軍への人材派遣会社または予備校)を結成。婿となったカロッゾ・ロナの尽もあり、0120年代には大規模な一大軍事組織へと発展を遂げる。

第一次・第二次オールズ・モビル戦役

0120年、火星においてジオン軍最後の残党であるオールズモビル(火星独立ジオン軍とも)が起。その後地球圏においても活動を開始するが0122年にはエイブラム隊のベルフ・スクレット少尉らの活躍で鎮圧されるが、背後にはクロスボーンバンガード支援があり重な実戦データを得る。

コスモ・バビロニア建国戦争

01233月、ついにクロスボーンバンガードが本格的な起を決行。現地の連邦部隊を制圧し、フロンティアサイドと呼ばれたコロニー群を占拠。コスモバビニアを宣言する。当初は住民の協を得るために懐柔政策を取るが、カロッゾ・ロナはその背後でバグと呼ばれた大量殺人兵器を制圧したコロニーに導入。凄惨な殺戮が繰り広げられ、であるセシリー・フェアチャイルドベラ・ロナ)やシーブック・アノーしい反発を買う。最終的にシーブックによりカロッゾは討ち取られ、フロンティアサイドでの戦闘着状態に入った模様である。

以後のコスモバビニアとその戦争の推移は作品で描かれていないため詳らかではない。ただ、セシリー・フェアチャイルド貴族義を否定したために内部分裂を起こして崩壊したことが、漫画版の続編である「クロスボーン・ガンダム」で示されているのみである。この作品では単にクロスボーンバンガードと呼んだ場合、ベラ・ロナキンケドゥ・ナウシーブック・アノー)によるレジスタンス組織をすため、ほぼ組織としては消滅していたことがうかがえる。

木星戦役

0133年、木星帝国と呼ばれた木星開発組織を率いていたクラックス・ドゥガチ地球圏を滅亡させるために起。しかし、これは上述のレジスタンス組織クロスボーンバンガードトビア・アロナクスの尽により短期間で鎮圧され、宇宙には再び穏が訪れた。

0140年代~0150年代

宇宙戦国時代

コスモバビニア戦争とそれに伴う木星戦役は散発的な紛争で終結した。しかし、連邦の弱体化とコロニーの発言権増大は決定的となり、0140年代にはすでにコロニーには実質的な自治権が与えられているような状況であった。この過程でコロニー間にも経済格差や資を巡る争いが表面化し始め、宇宙は「戦国時代」とも揶揄される不安定な状況へと突入して行った(宇宙戦国時代)。

この状態を憂いたマリア・ピァ・アーモニアは0141年にサイド1のアルバニアンにおいて人生相談所(占いともヒーリング活用した代替医療とも)を設立。自身が売婦であり父親の知れない子供を産んだ経験から男性義的な社会を否定。社会への回帰と地球なるものとして聖域化することをし、徐々に支持者を獲得して行く(マリア主義)。

0145年には木星団の重鎮であったフォンセ・カガチマリアに接近。0146年にはガチ党が結成されアメリア政庁の第三勢にまでのし上がる。0147年には贈収賄に関与したグループギロチンにかけ殺。この私刑に震え上がった人々は次々に口をつぐみ、同年には政権を奪取されてしまう。

ザンスカール戦争

一連のマリア主義の理想と行動のしいギャップに抵抗感を抱いた人々は0148年、ジン・ジャハナム(複数人いるが実質はハンゲルク・エヴィン)を中心にリガ・ミリティアを結成。一方、ガチ党は0149マリア主義を支持するコロニーを糾合してサイド2にザンスカール帝国を宣言。0152年には地球に降下し、連邦関心をよそに制圧作戦を展開して行く。これに呼応し、リガ・ミリティアも抵抗を本格化させヨーロッパを中心にしいゲリラ戦が展開される。

01534月、故郷であるカサレリアザンスカール帝国軍(ベスパ)とひょんなことから敵対関係になったウッソ・エヴィンがリガ・ミリティアに参加すると戦局は一変してリガ・ミリティアに傾く。途中、導者の一人であったオイ・ニュング(伯爵)が逮捕され処刑されるなどの悲劇もあったが、より一層団結心を高める結果となった。また、この頃には連邦の一部部隊もリガ・ミリティアに合流。バグレ隊と呼ばれた連邦軍の起も起きている。

5月、本格的な連邦軍の戦闘への参加を恐れたザンスカール帝国連邦と休戦協定を結ぶ。時間稼ぎをしている間に、木星で組み立てていた「エンジェル・ハイロゥ」と呼ばれる巨大サイコミュ兵器地球圏へと運搬。これは数万人のサイキッカーを動員して強サイコウェーブを放射、もって人類を幼児退行させ闘争心をなくすと言う代物であった。6月作戦は順調に進むかに見えたが、ギロチンにかけられ処刑寸前まで追い詰められたタシロ・ヴァゴ大佐がカガチに対し謀反。女王マリアを誘拐しエンジェル・ハイロゥから離脱する。駆け付けたウッソ・エヴィンはタシロを追い詰めるが、タシロマリアを射殺してしまい助け出すことはできなかった。さらに、バグレ隊に続いて戦闘に参加したムバラク・スターン旗下の連邦軍の参戦もあり、ベスパ宇宙艦隊は壊滅する。

代わりにであるシャクティ・カリンがキィルームと呼ばれた中心部で平和への祈りをげてエンジェル・ハイロゥの制御を破壊。カガチもこの過程で死亡し、シャクティの祈りに応じたサイキッカーたちのベスパの残存兵は強制的に戦場から離脱させられる。導者層を失ったこともあり、ザンスカール帝国は崩壊する。

0150年代~0220年代

ザンスカール戦争以降の宇宙世紀歴史については、TVアニメ制作されていないため詳しい設定はされていないが、一部の作品ではこれ以降の時代を舞台とした作品が存在しており、例えば0203年のマハの反乱を描いた「ガイア・ギア」や0223年のガイア事件を描いた「G-SAVIOUR」が確認されている。

しかし現在これら作品群の扱いは不明瞭であり、前者は小説という媒体であることや執筆年代からくる各種設定の大きな矛盾作者の事情などによって実質パラレル状態にあり、後者については映像作品であるが実写形式であることや、そもそも時代が遠く設定の繋がりも薄いためか実質放置されている状態にある。

その他一部の外伝作品などでは未来の時代設定が描かれる場合も僅かにあるが、それぞれの設定が衝突しあっていることもあり、多くの場合未確定状態である。

0152年、ネオジオンの残党の系譜である組織ズィー・ジオンシャア・アズナブルの記憶を持つメモリークローンを生み出そうとする計画「シャア存続計画」を開始。0155年にはズィー・ジオン体とした反連邦組織、後のメタトロンが活動を開始する。スペースノイド寄りの連邦軍人なども集まり、年を経て戦を拡大していくこととなる。さらに0184年にシャア存続計画によって誕生したメモリークローン地球に移送される。彼はアフランシ・シャアと命名されて南太平洋に位置する自然保護地区にて秘密裏に育てられていく、その容姿はどことなく本物のシャアにも似ているようだが、実際の関係は不明である。

01976月地球連邦軍は地球内の不法移住者などの摘発を行う秘密警察組織、通称マハの組織権限の拡大を承認、不法移住者の摘発を強化する態勢を採る。同様の任務を行う組織は0090年代にも確認することが出来る他、時代によりその厳格さにも差が見られる描写が存在している。

マハの反乱

0203年、ガイア・ギアにおいてはこの頃には既にモビルスーツに変わる新たな兵器としてマン・マシーンが実用化され、普及するようになっている。2月、マハは半地球連邦運動の中心地で会ったサイド2・ヘラスへ進駐し、拠点とすると共にメタトロンへ対する強い弾圧を行い、メタトロンとマハの争いが本格的な物となっていく。成長し、宇宙へと出たアフランシはメタトロンに迎えられて活動を開始する、しかし長い時を経て硬直化していた組織とは乖離が見えつつあった。一方マハは一部のエリートにより地球を管理するという思想から地球移民計画を発表、ヌーボ・パリ地球連邦政府を制圧した末にヨーロッパ地域でメタトロンとの最終決戦に臨むが、アフランシ達に敗れて組織は崩壊のを辿っていった。

かしこの時既に高い自意識の元独自の行動を続けているアフランシに見切りを付け、マハに対して危機感を覚えていた地球連邦との間によりマハの殲滅を条件としたメタトロン地球連邦への吸収という裏取引がされており、その後その通りに契約が遂行されていったと思われる。

地球連邦崩壊

0200年前後、当時の退役軍人やジャーナリストなど幅広い層で構成されるプライベートクラブを前身として秘密結社・イルミナーティが設立し、0170年代より化の一途を辿っていた宇宙戦国時代の情勢を鑑みて、地球圏の調停と警護な活動方針に定めて本格的な活動を開始する。しかしその後も地球連邦軍の弱体化に伴うコロニー同士の争いはしさを増すばかりであった。

0217年、宇宙戦国時代と呼ばれる情勢になってから既に半世紀以上の時が流れ、ここにきて地球連邦軍が強硬策としてサイドの武制圧を開始する。しかし当然しい抵抗に遭い、地球圏全域を巻き込んだ高列度紛争へと発展する事態となる。そして翌年0218年にとうとう地球連邦は崩壊してしまう。

その後0222年に連邦政府とコロニーとの和が成立するが、連邦の体制は大きく再編され、地球圏は旧連邦軍がサイド2,3,5,7と共にセツルメント国家議会(CONSENT)を、残るサイド1,4が都市と共にセツルメント自由同盟を結成するという二大勢の構図へと変化、そして残るサイド6と当時建設中だったサイド8最初のコロニー、ガイアは中立を保っていた。

中枢に堂々と食い込むようになった事でもはや「植民地」を意味するコロニーという名称が敬遠されたのか、この時スペースコロニーの名はスペースセツルメントへとめられている。この頃には既に地球環境は相当悪化しており、生産の不足による食糧問題が深刻さを増していくようになる

ガイアの光事件

0223年、サイドガイアの研究者が開発に成功した食糧問題対策の鍵となる生物体を独占しようとする議会軍強硬であるガーノー提督が部隊を率いてガイアへと侵攻を開始する。議会軍は旧式MSで抵抗するガイア軍を圧倒するが、元議会軍パイロットであったマーク・カランやイルミナーティMS部隊の奮闘もあり敗退、ガーノー提督もまた死亡した事で、議会は状況の収拾のためガイアに対してサイド8として正式に自治権を承認する。この出来事はガイア事件として、各地へ波紋を呼ぶことになった。

  • ガイア・ギア」と「G-SAVIOUR」は時代設定こそ別であるが、一部設定において衝突している部分が見られる。また、特に前者は作品自体が80年代後半からの執筆と言うこともあり、後の作品で描かれたMSの小化やニュータイプという概念の衰退などは当然想定されていないものとなっている
  • この時代の技術設定もやはり作品によって異なる部分があり、「ガイア・ギア」においては機動兵器の名前がマン・マシーンとなっている他、サイコミュ搭載機の発達やミノフスキーリアなどの防御技術、飛行技術の普及などの設定が存在している。一方「G-SAVIOUR」では引き続きモビルスーツが使用され続けており、詳細な設定はないものの、単体での飛行の向上に加えてさらに周りなどに装着する長距離飛行ユニットが普及していることや、モビルウェポンというMSが開発されているといった状況が描かれている。

その後~宇宙世紀の終焉とリギルド・センチュリー

技術の進歩とともに、地球上に軌道エレベーターが建設されるなど宇宙世紀はさらなる繁栄を遂げていくが、それは同時に「消費の促進」という副作用をも引き起こしていた。

の消費が進んでいった結果、宇宙世紀末期には、地球の資はもはや徹底的に消耗し尽くされた状態となってしまっていた。スペースコロニーも地球もすでに枯渇しており、人類の大半は死に絶え、種としての絶滅の淵へと立たされたのである。

共食いを始めるほどに貧窮を極めた人類だったが(なお、当時の"食料"…すなわち喰われる側だった人間は「クンタラ」と呼ばれ、千年が経過した後の時代においてもなお、下級民族として虐げられ続けている)、その後千年もの年を費やして、かろうじて地上での復を果たした。

宇宙世紀の終焉がいつだったのかは定かでないが、この人類絶滅危機から復のきざしをつかむまでの間に、年号が宇宙世紀から「リギルドセンチュリー(R.C.)」へとめられている。リギルドとは「再メッキ」の意味であり、文明崩壊から千年後の、文明を繕い直した世紀であることを表している。

この時代において、人類の生活圏は地球ベースとしており、かつてのスペースコロニーはすべてゴミと化している。しかし、リギルドセンチュリーの千年の間に、そのゴミを使用しての裏側と金星衛星にそれぞれスペースコロニーが再建されており、徐々にではあるが宇宙へとふたたび手を伸ばしつつある。

ギルドセンチュリーでは、宇宙世紀時代の技術体系を進歩させることがタブー視されている。中でも核エネルギーの使用は徹底的に否定されているが、代替のエネルギーとして登場した「フォトンバッテリー」により、エネルギー問題については一応の解決をみている。フォトンバッテリーは内部へ圧縮・蓄積させた光子)をエネルギーとして消費する装置であり、手帳サイズひとつでモビルスーツ一週間駆動させられるほどのエネルギー効率を持つ。この装置は地球では生成することができず、前述の金星衛星に再建されたスペースコロニー「ビーナスグロゥブ」にて生成されている。そこから宇宙船によってスペースコロニー「トワサンガ」へと運ばれ、軌道エレベーターを経由して地球へともたらされている。

この次世代のエネルギーが、皮にも新たな争いの火種となってしまっている。軌道エレベーターを保有する宗教国家「キャピタル・テリトリィ」がフォトンバッテリーを独占しており、それに対抗して宇宙海賊が略奪行為を行うなどの問題が発生している。

また、さらに遠い未来では「∀ガンダム」の時代である正歴へと繋がっているとされるが、やはりそこまでの経緯は明確には描かれてはいない。ただ本編の舞台である正歴2343-2345年の10000年または5000年前に文明が消滅したというセリフもあるため、最大でそこから逆算した時期までは続いたのではないかと言う推測がファンの間ではなされている。

宇宙世紀の人々

大きく分けて地球に住む人々であるアースノイドコロニーに住む人々であるスペースノイド面に住む人々であるルナリアの三つに分類される(0100年以降は木星人も確認されている)。

時代変遷でも触れたように、移民の経緯から「持つ者」であるアースノイドと「持たざる者」であるスペースノイドは対立関係にあるとされ、0100年までの戦闘のほとんどはこれが要因である。実際、ベルナルド・モンシアブラン・ブルタークのようにスペースノイドを「宇宙人」と侮蔑的に呼称したりバスク・オムのようにもはや人間とは見なさず虐殺を実行したりする人物も存在する。

ただし、カイ・シデンが述べた有名な「地球があるだけでエリート」と言う発言は正確とは言えず、地球に住みつつ貧困にあえぐ人々も少なからず描かれている。そう言った貧困層の多くは宇宙からの密入、または移民を拒否して不法に地球に残った人々とも思えるが、ガンダムUCでは歴史的な習俗の保存を名に居留が許された人々、存在そのものが価値とされ本人たちもなため「もはや移民の対にすらならず放置」された人々も存在している。

スペースノイドについてはアースノイド以上にピンキリであり、経済的にはマハルシャングリラ、エデンに代表されるスラム的なコロニーがある一方、サイド6のような中産階級的なサイドも描かれている。作中に登場する成功者たちは、例えばアナハイムエレクトロニクス(実質はルナリアンだが)、ビスト財団、ペルガミノ、ペペ・メンゲナン、ブッホ・コンツェルンなど、ほとんどは宇宙に基盤を持っており地球香港を除くと繁栄地域は限られていることと対照的である。また、問題を引き起こしたギレンに代表される選民思想も支持者は少数であり、サイド3を除くと影は限定的と言える。

ルナリアンはその政治自体があまり描かれることはない。多くの戦闘では中立的であり、アナハイムエレクトロニクスに代表されるように戦闘当事者双方に武器を提供して潤う会社も存在する。このためか、ルナリアンと言えば作中世界では二言目には的な人物・勢を揶揄する言葉である。

ただし、連邦議会への選挙権ならびに被選挙権は地球居住者のみとする説もある[2]ため、政治的な中心地は依然地球に存在していることは確かである。もっとも、0140年以降は連邦政府のも形骸化が進み、各コロニーには実質的な自治権がすでに与えられていたのが現状であったらしい。また、スペースノイドにとってはすでにコロニーが当然の故郷であり、地球に対する関心は徐々に薄れて行った(この傾向は一年戦争の頃からも見られていたのだが)。更にVの時代では地球連邦政府が面のフォン・ブラウンへと移転したと言う設定も有るらしく、これ等に伴ってかVガンダムの時代ではスペースノイドの劣等感も減少し、アースノイドにも高圧的な姿勢は見られなくなっている。

人種分布については不明である。作中制作年代の放送コードの問題もあり、人種問題が表ざたになるような描写は存在しない(特にリュウ・ホセイのネグロイド設定がはねられたことはアニメ史をる上でも有名)。ただし、小説版ではマイッツァー・ロナ差別義者であることが描かれていて、黄色人種粛清にする発言を残しているため、全て解消したと言う訳ではないようだ。

習俗・文化その他

基本的に詳細な部分が描かれることは少ないが、ジャーナリストになったカイ・シデンが「いつでもバチカンに行けるように」と常に正装で居たりバナージ母親の葬儀に神父が呼ばれたりと、少なくとも儀礼的にキリスト教・カトリックは残っているようだ。ただし、西暦された経緯を見ても分かる様に、精・思想面での影は限られていたらしい。反面、小説版やオリジン版でジオン・ズム・ダイクンが自身を常にイエスとなぞらえる言動を取っていたことからも、偉人としてはり継がれていたことは伺える。

イスラームに関しては宇宙では信者は確認されていない。ZZでは旧世紀からの伝統を持つFLN(アフリカ民族解放戦線)と言う反地球連邦組織が描かれおり、イスラーム色が見られるが直接的ではない。小説版UCではマハディ・ガーベイがムスリムであり、旧来の分離義者としてはおそらく最期のテロ事件を起こしている。その、ロニ・ガーベイによれば伝統的な生活を保存すると言う名でかなりのムスリム地球に残っていたらしい。宇宙での影が見られないのはこの辺に理由があるのだろう。

仏教・その他宗教については宇宙地球でもほとんど信徒は見受けられない。仏教についてはクェス・パラヤが瞑想を実践していたりベラ・ロナ仏教的な輪廻転生観をっていたり(小説版)と少なくとも教養としては残っていたようだ。ニュータイプ論とも相性が良かったと見え、彼らとブッダとを重ね合わせる表現も度々なされる。ユダヤ教については上述のマイッツァー・ロナが侮蔑的な発言を残しており、勢としてはまとまった数が残っていた可性もある。設定ではアナハイム社会長のメラニーはユダヤ人であると言うものがあり、何らかの因縁を感じさせる。また、黒い三連星のうちマッシュが戦死した際、他の二人が独特の葬送を行っていたが、これが何らかの宗教によるものかは不明である。

については作中では明確に公用語が何であるか示されたことはない。作中人物が言により意志疎通できないと言う描写は存在しないため、少なくとも統一言が普及している様子は伺える。ただ、訛りは存在するらしく、特にジオンのものは有名であったらしい(漫画作品などではGをジーではなく、ゲーと呼ぶなどドイツ語が意識されているものもある)。また、アルファベットの使用は広範に見られる。

男女関係や庭観は現代の先進国とそれほど変わっている描写は存在しない。ただし、戦争が続いた影かマーサ・ビスト・カーバインによれば旧世紀の男女平等思想は退潮傾向にあったらしい。また、Vガンダムではマリア・ピァ・アーモニア男性社会批判、女系社会への回帰をし支持を集めると言う事を起こしている。もっとも、女性であっても兵士として前線に出ることは一年戦争の時点ですでにしいことではなく、Vガンダムに至っては半数以上のパイロットが実際に女性である。シロッコの「女性の時代」とはこのことをしていたと解釈する向きもある。

生活様式は当然ながら、作中制作年代の文化(西暦1979年)からみた未来世界であり、その頃に予測できなかった電(携帯電話インターネットデジタルカメラなど)は存在していない。ただ、怪の功名(?)か、ミノフスキー粒子設定が存在するため、それらが存在しない理由は説明がなされている作品もある。ガンダムUCにおいては一年戦争後の生まれであるバナージ・リンクスは、個々人が全ての世界の人々とつながる端末を所持していた時代を「信じられない」と評しており、0079年をに大きな溝があるという描写がされていた。ただし特に近年の作品によっては現代の認識に合わせた何らかの先進的ガジェットが登場する場面も当然描かれている。

その他の宇宙世紀社会の構成や環境については作品によって様々であり、また軍事体の作品である事も相まって非常に多くの想像の余地が残されている状態になっていると言える。

その他ガンダムの年号

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *1st劇中で強制移住政策であった事を示唆する発言が見られる。但しテム・レイの様に自分の意志で移住した人間も居る。
  2. *も、宇宙移民を強引に推し進める為には必然と言える体制である。またガンダムUCもこの説を取っている。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E4%B8%96%E7%B4%80
ページ番号: 5188743 リビジョン番号: 2528282
読み:ウチュウセイキ
初版作成日: 14/01/09 02:11 ◆ 最終更新日: 17/09/30 13:04
編集内容についての説明/コメント: 誤字を訂正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙世紀について語るスレ

130 : ななしのよっしん :2018/04/21(土) 19:55:56 ID: KoCuD/ZOSj
0079 ファースト
0080 トラブルメーカー
0081 ガンダム戦記
0082 ファントムレット
0083 スターダストメモリー
0084 カタナ
0085 エコール
0086 AOZ
0087 Z
0088 ZZ
0089 審判メイス
0090 ジョニ帰
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
131 : ななしのよっしん :2018/04/22(日) 01:38:10 ID: 348bGcdWOw
>>123
もう太陽系内にこだわる必要なくない?(暴論)
ワープ航法が実用化されてるスペオペとか、地球とは別のどこかのの人類とか
132 : ななしのよっしん :2018/04/24(火) 01:46:11 ID: VfnLHUIcRo
そろそろV以降の話も作ってほしいところ。
>>126の言う通りいつまで宇宙世紀に縛られてるんだよ。
133 : ななしのよっしん :2018/04/24(火) 02:02:38 ID: 8fA9MItc35
Vから大幅に開いてる宇宙世紀218年の連邦崩壊までやってほしいな
134 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 12:47:08 ID: 00vxq9VwHM
地球の過剰人口が問題になってるけどなんで多くなり過ぎてるんだっけ。
逆シャアだと地球に住む人々は地球にしがみついている、閃光のハサウェイだと多くの人が戻ろうとしようとしているって言ってけど。

135 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 16:54:57 ID: eyb1wI/2uR
>>134
0079年以降に限って言うと、戦争被害によるコロニーの減少と帰還兵や難民たちによる
ベビーブームシャア演説で言及してるように、それに伴ってコロニーの住環境
0120年代あたりまで非常に悪くなり、アースノイドに対する反感と地球への憧れが一時的に
強くなった。

戦後了したと言える0120年以降は、地球スペースノイドの興味の対では
なくなって行く。0200年以降は宇宙に追い出すどころか、宇宙の余剰人口を地球への
強制連行と強制労働で減らすことまでやり出す。
136 : ななしのよっしんた :2018/04/28(土) 03:21:51 ID: EOCp8SPJng
作るのにかかるコロニーが戦争で何基も破壊されたからな
しかも連邦政府は地球の戦災復優先なのでどうしても宇宙は後回しの放置になって、スゥイートウォーターみたいな適当政策になる
137 : ななしのよっしん :2018/04/28(土) 07:35:04 ID: KoCuD/ZOSj
そういやアナハイム・ラボラトリー・ログ宇宙世紀0100年だったか
138 : ななしのよっしん :2018/04/28(土) 12:30:09 ID: 00vxq9VwHM
ここまで過剰人口が問題になるとアースノイド同士の戦争スペースノイド同士の戦争が起きてもおかしくないな。
地球宇宙も資も土地も足りないじゃ奪い合いになるし。
139 : ななしのよっしん :2018/06/16(土) 20:56:06 ID: l743rrKtme
>>132 V以降の宇宙世紀ならGセイバーがあるじゃないか
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829