単語記事: 宇宙刑事シリーズ

編集

宇宙刑事シリーズとは、特撮ジャンルの一つである。

概要

メタルヒーローシリーズの礎を築いたカテゴリーであり、メタルヒーローシリーズは程度の差はあれど、宇宙刑事シリーズの影を大きく受けている。その影内にとどまらず、ハリウッドも参考にしたほどである。

宇宙刑事ギャバン宇宙刑事シャリバン宇宙刑事シャイダーの三作品が該当する。

登場の背景

東映ではこれまで多くの特撮が世に出されてきたが、1970年代後半の仮面ライダーシリーズの最新作である「スカイライダー」の視聴率が振るわず、その一方でスーパー戦隊シリーズである「バトルフィーバーJ」が大当たりし、安定した人気を誇っていた。しかし、いずれにしても新しさには乏しく、さらに80年代に入ると仮面ライダーシリーズウルトラシリーズが終了し、特撮番組がスーパー戦隊シリーズのみという状況に至った。

これに危機感を覚えた東映ではまったく新しいヒーローの形を提案、それまでの概念を打ち破る金属質のヒーローを誕生させた。これが宇宙刑事シリーズであった。

宇宙刑事シリーズの特徴

これまでの特撮の概念を打ち破る新機軸が多く採用された。例としてその当時としては最新鋭だった合成技術を採用、制作にかかる予算を相当つぎ込んだらしく、失敗したら責任者の首が飛ぶほどであったといわれる。

その名前も日本ではなく欧となっており、ギャバンシャイダーはいずれも実在する海外俳優から引用されている。シャリバン一説によるとサリバンと読む俳優からの引用と言われているが、それ以外にも諸説流れておりはっきりしていない。

コスチューム

宇宙刑事のコンバットスーツ金属的なきを強調したスーツとなっている。それまでの特撮スーパー戦隊シリーズに代表されるようなナイロン製のスーツFRPのマスクといった具合であったが、コンバットスーツスーツに至るまでFRPとし、金属感を出す為に銀色素材を蒸着加工させた。周囲の風景が写りこむほどに綺麗に加工されたコンバットスーツはそれだけでもインパクト十分である。なお、この蒸着は宇宙刑事ギャバン変身の際のコールに採用された。なお、アクション用にはシリコンのような素材を使っており、しい動きをするとくねっとなったり、光沢感がない。その他にも写り込み防止の為に光沢を抑えたものなど数種類のスーツが用意されていた。普段の衣装もウエスタブーツや革ジャンと言ったアメリカになっている特徴がある。

なお、数年ほど前まで都内某所において本物と思われるギャバンのコンバットスーツが展示されている店があったが、現在では不明である。

銀河連邦警察

シリーズを通じて、「銀河連邦警察」の存在がある。現実世界警察の様な組織であり、そこから地球担当として派遣される設定は3作共通であった。そして宇宙刑事には女性パートナーが存在する。主人公背景に存在するドラマも大きな特徴である。ギャバン行方不明父親捜し、シャリバンは祖先より伝わるイガクリスタルをめぐる攻防、シャイダー銀河連邦警察の設立にまつわるフーマとの攻防があげられる。

キャスティングはコム長官役に西沢利明を起用、どちらかと言えば時代劇などで黒幕役が多かった彼であるが、そのキャリアをいかんなく応用、冷静沈着で重厚感のある役を演じた。

ジムニー

彼らの時における足は劇中ではジープと言われていた「スズキ・ジムニー」である。スズキ自動車特撮バイクスポンサーとして従来よりおなじみであったが、この作品ではバイクのみならず自動車提供した。仮面ライダーでもおやっさんとしては登場していたが、主人公ともなると注度が大きいものとなった。爆発や悪路走行などのアクションが多い番組内ではジムニーの持つポテンシャルがいかんなく発揮され、ドルギランやサイバリアングランドバースバビロスといったメカべても全く普通であるにもかかわらず、視聴者には強い印を残したであろう。

特にギャバンの乗ったジムニーは最後の2ストジムニー(通称SJ30)として名の誉れが高く、タマ数もあるので宇宙刑事気取りたい人はやってみるといいだろう。そしてジムニー乗りの中には「宇宙刑事」を見てあこがれたとか、ギャバンと言ったキーワードで通じる程である。

ちなみにギャバンの乗っていたジムニーSJ30で本来は軽自動車であるが、番組内では普通車ナンバーとなっている。この辺りの事情はお察し下さい。

シャリバンシャイダーはSJ40という1000cc普通車となっている。ギャバンのものにべて排気量も大きく、特にシャイダージムニーはロールバーやフォグランプ付きと言うカスタマイズが施されている。また、色も各々のイメージカラーとは異なっている(ギャバンシャリバン)であるが、シャイダーのものはとなっている。なお、上よりお値段もグレードも上のに乗っている件についてはお察し下さい。

JAC

アクション担当には千葉一率いるジャパンアクションクラブが起用された。既にスーパー戦隊シリーズではアクションを担当していたが、単体ヒーローとしては本格的な起用となった。それまでの仮面ライダーに代表されるアクション担当の大家である大野剣友会が所謂殺を中心にした時代劇なものであったのに対して、JACはアクロバティックかつスピード感を前面に押し出したアクションとなった。

主人公には長らくスタントマンを担当し、バトルフィーバーJで遂に顔出し俳優デビューした大葉健二宇宙刑事ギャバンで起用、アクションも演技も両方できる希有の俳優としてその名を知らしめた。次作シャリバンでは若手の渡洋史を起用した。それ以外にも敵組織の面をつけた戦闘員等もJACが担当。これ以降、JACは特撮には欠かせない存在となっている。論、彼らのアクションノースタントであり、変身前と変身後に出てくる違和感を極抑えている。なお、シャイダー役の円谷浩オーディションで選ばれており、元々アクションの人間ではなかった。その為、当初はしいアクションにおいてはスタントマンに入れ替わる事も多く、すぐに変身してしまう事も多かったが、撮影の中で色々と技術を会得して行ったという逸話がある。

パートナー

宇宙刑事には女性パートナーがついており、ギャバンにおいては和の着こなしに定評のある貴子演ずるミミーであった。ミミーはコム長官のであり、ギャバン幼馴染でもある。正式な宇宙刑事と言うわけではなく助手という立場であり、どこかお嬢様な感じである。ストーリーに大きく影するキャラとなっている。

シャリバンではリリィが登場、正式に宇宙刑事の範疇に含まれる事になり、戦場においても第一線で活動する事が多くなった。また、船内着も設定され、シャリバンに準じたデザインとなっている。どういうわけか最終回において地球においてきぼりにされ「私も行きたかった」とつぶやいた。

シャイダーにおいてはアニーが登場。前述した通り、円谷アクションの人間ではない為にそれを補う意味で当時JACで売り出し始めていた森永奈緒美を起用した。奢な体に似合わずしいアクションを披露、大きなお友達からパンチラ的な意味で人気を集めた。また、アニー専用も用意され、黄色い初代RX-7であったが、円谷く「運転はの方が得意で、森永はよくぶつけていた」との事。

串田アキラ

オープニングエンディングソウルフルな歌定評のある串田アキラが起用された。強い歌は新時代を切り開くにふさわしい歌であり、彼自身のキャリア然とくものとなっている。

レーザーブレード

であるレーザーブレード管を加工したものであるが、そのヒントには宇宙刑事シリーズが放映される数年前に開された「スターウォーズ」のライトセーバーがあるといわれている。テーマ曲はおおむね似たような旋であるが、ギャバンで起用された時はマクー襲撃を念頭に使われていた

なお、3人共レーザーブレードを振り下ろす度が異なっておりギャバンは上から下に振り下ろすスタイルとなっており、シャリバン斜めから振り下ろすスタイルシャイダーは横一文字スタイルとなっている。

影響

それまでの特撮の概念を打ち破った宇宙刑事シリーズはたちまちに人気となり、それ以降はメタルヒーローシリーズとして宇宙刑事シリーズフォーマットを採用することとなった。また、影内にとどまらず世界にも飛び出した。とりわけフランスではこのシリーズは人気となった。なお、ギャバンという名前が同実在俳優から拝借したものであったためか、同ではX-OR(エクソール)という名前で放映されている。大葉健一は同を訪問した際に熱な出迎えを受けたとされている。

一方、ハリウッドではロボコップ制作にあたって、監督ポール・バーホーベン東映に直接デザイン引用を申し出ており、快諾したと言われている。そしてロボコップをいわば逆輸入して、日本テイストを加えたのが機動刑事ジバンと言われている

その他、OVA作品として「学園特捜ヒカルオン」が作られたが、その内容は宇宙刑事シリーズを下敷きにしたものに疑いの余地はない。

映画化

宇宙刑事シリーズにおける映画化は近年までは「宇宙刑事シャイダー」だけであった。元々、メタルヒーローシリーズ自体、他のヒーローシリーズべても映画化されたケースが多くない。

そんな中で宇宙刑事ギャバンの本放映から30年を経過した2012年、「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」が開され、ギャバンを演じる大葉健二氏が往年の活躍を々に見せてくれた。そして、来る10月ギャバン単体での映画宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」が開されることになった。

関連動画

まさかのコラボw まぁ、元ネタだし、仕方ないね

番外。実際はこんな感じなんだろうか。

関連商品

関連コミュニティ

宇宙刑事シリーズに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%88%91%E4%BA%8B%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
ページ番号: 4895222 リビジョン番号: 1680349
読み:ウチュウケイジシリーズ
初版作成日: 12/05/25 23:15 ◆ 最終更新日: 12/11/17 01:38
編集内容についての説明/コメント: 女宇宙刑事の部分を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙刑事シリーズについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/12/05(金) 22:13:44 ID: MDhEbNx46O
記事です!

宇宙刑事NEXT GENERATIONについても軽く触れた記述をお願いします。
2 : ななしのよっしん :2014/12/27(土) 22:36:18 ID: MDhEbNx46O
>>sm24926055
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015