単語記事: 宇宙戦隊キュウレンジャー

編集  

 

シリーズ初!9人組ヒーロー誕生!

9人の救世主宇宙を行く!

宇宙戦隊キュウレンジャーとは
2017年2月12日より放送開始したスーパー戦隊シリーズ41の作品である。

 

概要

先述通りスーパー戦隊シリーズ41で、全体のモチーフには宇宙メンバーごとのモチーフ星座を配置した、文字通りの宇宙戦隊。例年通り昨年に商標登録が行われ、同年12月最終週に公式発表がなされている。

初期戦士は5人以内が定例だった同シリーズにて、史上初めてその制約を突破するという初期戦士9名の大所帯が大きな話題を呼んだ。他にも、

と、人数以外にもメンバーに関して初となる要素が多くみられる。この多人数チームからはオールファンの間では同じ東映特撮の「忍者キャプター」や14年前に放送、こちらも星座モチーフの「超星神グランセイザー」を連想する人もいたとか。とはいっても若手俳優演じるヒューマン系5名とスーツアクター声優が担当する非ヒューマン系4名の構成であり、前者の部分はシリーズ共通。また、初期メンバー全員が各星座系出身の宇宙人でもある。

9名のキャストの中でも特に注すべきは「海賊戦隊ゴーカイジャー」でゴーカイイエロー/ルカ・ミルフィ役として出演した市道真央声優M・A・O」としてワシピンク/ラプター283を演じる点だろう。以前も宮内洋春田純一のように複数の戦隊メンバーを演じた人物はいたが、顔出し俳優着ぐるみキャラ声優という両方の観点から戦隊メンバーを演じるケースは史上初となる。因みに複数のレギュラー戦隊メンバーを演じた女優としても初(番外戦士を含めた場合は木下あゆ美に次ぐ二例)。

また、ここ最近になってスーパー戦隊親善大使なる役職に就いた黄色の腰こと松本寛也も、宇宙一の人気を誇るアーティスト・ホシミナト”として友情出演している。番組内では本編やEDにチラッと映ったりCMの宣伝をしていたりと色々なところに出没する模様。題歌CDカップリング曲も歌った。

ナレーションは前作ではボウリンゲンを演じた木村昴が担当。他にも変身アイテムであるセイザブラスターや作中のラジオの音も兼任している。

メインプロデューサーは、「仮面ライダーW」以降「仮面ライダー鎧武」や前作「動物戦隊ジュウオウジャー」など複数の東映特撮作品にサブプロデューサーとして関わって来た望月卓が担当。彼が本格的にメインプロデューサーを務めるのは今回が初である。メインライター望月鎧武で共に仕事をし「手裏剣戦隊ニンニンジャー」ではサブライターを担当した毛利音楽は同じくニンニンジャーに参加した山下康介パイロット版監督ジュウオウジャーに引き続き柴崎行が担当するなど、過去2作を支えた面々が格となって製作される。
キャラデザインには、過去にも何度か戦隊シリーズに参加しているK-SuKeと「ノブナガン」「エリア51」「ジャバウォッキー1914」などを手掛ける漫画家久正人の二名が起用されている。また、星座イラスト腑破十臓充が担当している。 久はコンセプトアートやキュウレンジャージャケット宇宙船及び敵怪人デザインなどを中心に関わっている他、Blu-ray COLLECTIONに付属する描き下ろし漫画を担当することも発表されている。
なお、変身後のスーツや戦隊ロボなどのデザインは財団Bの管轄との事。

ここ最近定番となりつつある過去スーパー戦隊との共演は今年も存在。Vシネマスペース・スクワッド」発売に合わせ、特捜戦隊デカレンジャー&宇宙刑事ギャバンとの共演回が放送された。

コラボ回の描写からキュウレンジャーの活躍する世界は他戦隊が守って来た世界とは異なる時である事が示されている。 映画やジュウオウvsニンニンでは特に説明なく顔出してただろとか言ってはならない

あらすじ

時ははるか未来宇宙を形成する88星座系は宇宙幕府ジャークマターの手に堕ちていた。
しかし、宇宙にはある伝説が伝えられていた。

宇宙が心なきものの手に堕ち、人々が涙する時、9が現れ宇宙を救う」

その名は「宇宙戦隊キュウレンジャー」!宇宙を解放するために、今、伝説が始まる。

1人1人がスーパースター!9人ってオールスター

主な登場人物

リベリオン

ジャークマターから宇宙を解放するために結成されたレジスタンス組織。宇宙伝説である「キュウレンジャー」を集めるべく、宇宙船「オリオン号」を拠点として活動している。現在リーダーショウロンポー。

9人のキュウレンジャー

伝説られている「9人の救世主」であるいわゆる初期メンバーメンバー全員宇宙人で、人間の容姿をしたヒューマンタイプ5名と獣人機械生命体などの非ヒューマンタイプ4名によって構成される。

その他のメンバー

宇宙幕府ジャークマター

本作の敵勢本編開始時点で宇宙88星座系ほぼ全てを制圧する大勢を有する。階級はピラミッド式で、ショーグンドンアルマゲの下、「ギョイサー!」と従うヒエラキーが存在する。

デザインモチーフにはUMA超常現象オーパーツなどのオカルティックな事物が採用されている。カローに関してはそれに加えて各星座モチーフも取り入られている模様。

ショーグン

フクショーグン

ジャークマターの最高幹部にしてドンアルマゲの側近。

主なカロー/ショーグンの刺客

カローは各星座系のダイカーン総括する存在である。

下層部、その他

アイテム・マシン

装備

キュウボイジャー

キュウレンジャーが各自で乗り込む巨大メカキュータマが巨大なキュータマコクピットになって各メカ合体・操縦する。それぞれに得意な活動環境が設定されている。単純な乗り物ロボサイボーグが入り混じっている。

巨大ロボ

主なスタッフ

製作

主題歌

関連商品

玩具

 

CD/DVD/書籍など

関連チャンネル

外部リンク

関連項目

スーパー戦隊シリーズ
前作 今作 次作
動物戦隊ジュウオウジャー 宇宙戦隊キュウレンジャー 快盗戦隊ルパンレンジャーVS
警察戦隊パトレンジャー

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%88%A6%E9%9A%8A%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC
ページ番号: 5462330 リビジョン番号: 2556800
読み:ウチュウセンタイキュウレンジャー
初版作成日: 16/12/26 12:33 ◆ 最終更新日: 18/01/25 08:59
編集内容についての説明/コメント: 次作の欄にルパパト追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宇宙戦隊キュウレンジャーについて語るスレ

1914 : ななしのよっしん :2018/02/08(木) 21:19:28 ID: zLIJ2J4h+w
やらない理由を考えても分かんなかったから速攻近づいたスペースジャーニーキュウレンジャーだから…
1915 : ななしのよっしん :2018/02/09(金) 11:23:13 ID: G3Gbv0PzkW
1クール分以上常に仲間かしらの身内と戦ってた戦隊って意味では独自色出せたんじゃないですかね
そこまでやるならいっそジャークマターの幹部全員キュウレンジャーかしらの身内位突き抜けるべきだったとも思うけど
1916 : ななしのよっしん :2018/02/10(土) 00:41:27 ID: T+v7U9yo+R
キュウレンには色々と不満は確かにある。レッド贔屓が過ぎるというか
スタッフレッドを持ち上げれば何とかなるだろって感じでレッド
頼りすぎて他のキャラが蔑ろになってる。ハミィも終盤で急に
ヒロインズラして意味わからなかった。後いまいちスリルに欠ける消化
試合じみた展開も気になった。ラッキーラッキーレッドとしては微妙というか個性を感じられない。これこそラッキーと言える物を
持ってない。
ただ、悪い所だけじゃなく面エピソードもあったしツルギキャラ
自体は良かった。実験的な要素も色々とあってスタッフも自分たちなりに新しい事を模索しようと努してたのは分かる。
キュウレンジャーは良くも悪くも意欲的な作品だったけれどもキュウレンジャーという作品を作った事は決して駄ではないと言えるだろう。
1917 : ななしのよっしん :2018/02/12(月) 00:20:50 ID: Pe7o8Nezaf
どうせゴーストと同じようにニコニコ上じゃ罵倒にまみれた反会と>>1897みたいなこじつけ批判で埋もれるんだから擁護なんていくらしても駄だよ
1918 : ななしのよっしん :2018/02/12(月) 01:52:20 ID: T+v7U9yo+R
キュウレンゴーストよりはマシだから。
1919 : ななしのよっしん :2018/02/12(月) 07:47:03 ID: z+ppW+ItUd
>>1915
か何か知らんが、ライブマンジェットマンを見た事がないってレベルじゃなくご存じでない?

>>1916
ハミィに関しては、冷静に考えると「着ぐるみキャラじゃない女性」としては一のメンバーだから自然と出てきてただけでは?
それでも、ヒロイン面っていうのはそこまで感じなかったが
あと、その場合はズラじゃないヅラ
1920 : ななしのよっしん :2018/02/12(月) 08:23:08 ID: 4tBD//GF90
ようやく最終回を見れたので
不満はあるが、一年間キュウレンジャーを見ていて良かったと言える最終回だったよ
最終回まで見て、キュウレンジャーでやろうとしたことは選抜メンバー制で、実際にやった事は従来の戦隊に必ず何人かいる変身しないレギュラー出演者を変身させてみたという事だったと理解できた
まあ、下手に何人かの掘り下げをするんじゃなくて、いっそのこと全員深く掘り下げないまま最後まで進んだら、違った評価があったとは思う

>>1915
過去レスを見れば分かるけど、その人少なくとも20世紀の戦隊は知識でしか知らない事は確実
1921 : ななしのよっしん :2018/02/20(火) 20:46:25 ID: 0+qe9K6Oy4
キュータマジンデザインが最後まで好きになれなかったから
最後のロボ戦があれだけだったのが残念だった

個人的な不満点はそれぐらいだな
後は勢い良くて楽しめた
ジュウレンに続いてスパロボ参戦してほしい(無茶振り)
1922 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 21:43:10 ID: sefXGHTzus
>>1771
そう、惑星トキで幻影として出てくるのはあくまで「その人の記憶に(良くも悪くも)強く残っている人物」であって、死者の亡霊ではない
だから、その時点では善人としてのアントンしか知らないはずのチャンプの記憶から、悪のアントンなんて出てくるはずがないわけで
何で1エピソードの中ですら描写が矛盾してるんだ

もう言われてると思うけど、ラプターは他の組織系戦隊にも居るようなバックアップ要員で通せば良かったのになと。令官はまだしもパイロット兼オペレーターまで戦場に出す必要性感じないし
もし着ぐるみの予算を節約したいなら、だけ出演の艦載AIみたいな感じにするとか
1923 : ななしのよっしん :2018/02/24(土) 07:32:32 ID: 4tBD//GF90
>>1922
>もう言われてると思うけど、ラプターは他の組織系戦隊にも居るようなバックアップ要員で通せば良かったのになと。令官はまだしもパイロット兼オペレーターまで戦場に出す必要性感じないし

逆だよ
キュウレンジャー企画コンセプトは「くじ引きで5人選ぶ」で「9人の究極の救世主」は後付け
だからラプターとかスパーダとか小太郎とかのサブキャラまで変身させて人数を稼いでいる
仮にラプターとスパーダサポート専門に回しても薄いキャラが二人増えるだけ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829