単語記事: 守備妨害

編集  

守備妨害とは、野球ソフトボールにおいて野手(投手含む)の守備を妨する行為である。

概要

野球ソフトボールにおいて、ボールを処理しようとしている野手は最優先とされる。そのため、その守備を妨しようとした場合は守備妨害が宣告され、何らかの処置が行われる。

打者の妨害

打者の妨で一番問題になりやすいのは、盗塁を刺そうとしている捕手の妨である。単なる振り(俗にいうアシストスイング)であれば問題ないのだが、バッターボックスの外に出る、故意に足を出すなどの行為で妨すると守備妨害が宣告される。基本的には打者がアウトとなるが、打者が三振アウトとなっていた場合は代わりに最も本塁に近い走者がアウトとなる。なお、スイングした勢いでバット捕手に当たってしまったのであれば守備妨害とはならず、ボールデッドとして走者は塁に戻される。

また、打球がフェア地域で再びバットに当たった場合、ファウルボールを故意に狂わせた場合、バット(折れたバットの破片は除く)がフェア地域に飛んで野手を妨した場合も守備妨害となる。いずれも打者がアウトとなり、走者は戻される。

走者の妨害

まだ野手が触れていない打球に触れた場合は守備妨害となるというのが有名。なお、内野手が一度触れた場合や内野手の後ろに飛んだ打球は対外であるため、前進守備で内野手の間を抜けていった打球に触れてしまった場合は故意でなければ守備妨害にならない(実例として2015年5月29日日ハム中日戦の大島)。また、打球を処理しようとしている野手を妨げた場合は守備妨害となる。

その他にも併殺阻止しようとして妨した場合も守備妨害だが、体の一部でもベースに向かっていれば守備妨害としないとするのが不文となっている。しかしながら2017年以降はNPBでも厳しく判定されるようになる模様。

ベースコーチの妨害

ベースコーチも守備を妨すれば守備妨害として打者のアウトとなる。

審判員の妨害

球審が捕手に当たって盗塁阻止を妨したと判定した場合は守備妨害として走者は元の塁に戻される(妨に関わらず走者をアウトにできた場合を除く)。

内野手を通過していないフェアボールに触れた場合は守備妨害として、打者に一塁が与えられる。記録は安打となり、走者は四死球の時と同じとなる(走者が一塁なら一二塁に、一三塁なら満塁に、満塁なら押し出し)。つまり、審判は必ずしも石ころではない。なお、このルールプロ野球中継の解説ですら把握していないこともよくある。
2015年6月3日ソフトバンクDeNA戦のCS放送では実況松下賢次と解説の佐々木主浩が自分たちが誤解していたにもかかわらず審判批判して、抗議していた工藤公康監督を「工藤さんはルールに詳しいですから」と擁護していた。なおルールブックで自分たちの認識が誤っていたことが分かった後はルールブック批判していた模様。

その他

ボールボーイがフェアボールファウルボールと勘違いして拾ってしまった場合、二塁打とされることが多い。

観客が身を乗り出してフライをとってしまい、本来であればアウトとなっていたのを妨したと判定された場合は守備妨害としてアウトとなる。なお、野手側がフェンスに身を乗り出していたような場合は、危険を承知で行っているプレイであるとして守備妨害とはしない。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%88%E5%82%99%E5%A6%A8%E5%AE%B3
ページ番号: 5439503 リビジョン番号: 2398075
読み:シュビボウガイ
初版作成日: 16/08/24 20:39 ◆ 最終更新日: 16/08/24 20:39
編集内容についての説明/コメント: 新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

守備妨害について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 守備妨害についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829