編集  

安倍晋太郎単語

アベシンタロウ

安倍晋太郎(1924~1991年)とは、日本の元政治家で、外務大臣、通産大臣(現:経産大臣)などを歴任した。

政治家安倍寛(かん)、義は元総理大臣岸信介、義叔父は同じく元総理大臣佐藤栄作、次男は第90代、96総理大臣安倍晋三。三男はの養子となる信夫。

経歴

東京で生まれるがすぐにの地元である山口県に引っ越した。

岡山の第六高等学校を1年半で繰り上げ卒業して東京帝国大学(現:東京大学)に推薦入学する。その後滋賀航空隊に予備学生として入隊する。戦後東大に復学するが、翌年にが急死する。 1949年に毎日新聞社に就職。

岸信介、洋子と結婚する。1956年に義が外務大臣として入閣すると、毎日新聞を退職して外務大臣秘書官を務める。内閣が誕生すると、総理大臣秘書官を務めた。

1958年に義らの反対を押し切って衆議院議員選挙山口1区から立補、当選を果たした。 
1963年選挙では落選するものの、1967年選挙で返り咲きを果たし、亡くなるまでその地盤を維持し続け、息子安倍晋三へと渡された。

1974年三木内閣で農大臣(現:農産大臣)に就任、1977年福田内閣では内閣官房長官に就任、1981年鈴木改造内閣では通産大臣に就任した。
一方で、1976年には自民党国会対策委員長に、1979年には政調会長に就任し、務大臣と自民党役員を歴任した。

1982年自民党総裁選では、中曽根康弘河本敏夫、中川一郎らと争うものの、最初の予備選で中曽根2位河本ダブルスコアで票を獲得し、他の三補は辞退をした。
その後中曽根内閣において外務大臣に就任し、第二次内閣までの4年弱を務め続けることとなった。その原動となったのは、義アメリカの人脈があってのものだった。

中曽根内閣が退すると、総裁補として再び出するも、中曽根名により竹下登が総裁となった。竹下内閣では自民党の幹事長に就任した。

1988年リクルート事件において秘書リクルートコスモスを譲り受けたために、責任を問われる立場となったが、その際に膵臓がんが見つかり手術に及んだ。
退院後、自らの総裁就任のために多くの若手を起用し、衆院選当選させることに成功する。しかし病状は悪化し、ソビエト連邦ゴルバチョフ大統領を来日させたことが最後の功績となった。

1991年東京都文京区病院で死去。享年67総理大臣の夢は、次男三によってなされた。

関連動画

安倍晋太郎に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

安倍晋太郎に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

安倍晋太郎に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E5%A4%AA%E9%83%8E
ページ番号: 5120221 リビジョン番号: 1860148
読み:アベシンタロウ
初版作成日: 13/07/26 17:10 ◆ 最終更新日: 13/07/26 17:10
編集内容についての説明/コメント: 新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

安倍晋太郎について語るスレ

20 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 23:54:10 ID: vOgmG3pklv
権腐敗を批判していたを尊敬しながらリクルート事件に手を染めたんだな
21 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 12:40:47 ID: d58qHayQt9
リクルート事件は秘書が勝手にやったこと
甘利と同じで監督責任はあったかもしれないが太郎が悪いわけではない
22 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 17:10:14 ID: 58kPoCxr9m
>>16
安倍晋太郎1985年に古巣の毎日新聞に寄稿した両親の追憶をった手記「若い日の私」を読む限りでは父親への反発心を露わにしていた様子は伺えなかったけどな。この手記の中で太郎は特攻隊への志願の動機についても、太平洋戦争の戦局が厳しくなる中「『どうせ死ぬなら、々しく散りたい』という気持ちからだった」としており寛への反発を理由としているような書き方はしていないし
実際の所、安倍寛とその妻静子の離婚については詳細な事情はよくわかっていない。だが1945年軍時代の太郎家族との面会を許され郷里に戻って病床の寛を見舞った時、寛本人から「夫婦仲は良かった。だが、同士の問題で離別し、お前は既に亡くなっている」と言されている事を踏まえると、寛が一方的に静子を捨てたと断ずるのは計な気がする
あと岸信介安倍寛に好意的な評価をするようになったのも1944年終戦間際に東條英機との轢が決定的になり、寛達と「防長尊攘同志会」を結成して以降の話だからな。それ以前から寛が満州経営で得た大な資背景経済面から東條内閣を支えていた同志
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
23 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 17:12:53 ID: 58kPoCxr9m
>>22
>>18
ごめんアンミス
24 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 18:13:27 ID: dBvhlH1pGG
同志ではないだろ。
ただし岸信介戦後の左が言うような軍義者でないのも事実だな。
だからこそ手を組む余地はあったのだろう。……といっても岸信介が頼りにしたのは安倍というより岡田首相や若槻元首相のような政府に影のある人物だと思うが。影々では安倍はあくまで外野でしかないからな。

東条内閣経済面で支えてたというのはどこの情報なんだ?
25 : ななしのよっしん :2017/10/14(土) 08:58:35 ID: /RAS9SL1Uf
>>24
だが
日産義介と組んで片密売で資を作ったという説だろう
26 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 19:20:59 ID: jFjyTcsc0H
それよく言われるけど、満州産の片で利益を得てたのは上海で密売してた連中だけなのよ(里見とか)
満州国での片取引は片断禁政策で禁止されてるから満州では密売できないのよ
そして満州片を管理してたのは古忠之と亜院
岸信介上海には入ってないし、片を管理する立場でもなかった(というか当時の岸信介の身分で片に関与してたら即バレ)
そもそも片密売は中国語が堪で相当の中国通じゃないとできなかったから、義介とかは論外ですわ
27 : ななしのよっしん :2018/02/03(土) 12:25:44 ID: IAcVxl6Gx+
>満州国での片取引は片断禁政策で禁止されてるから満州では密売できないのよ

禁止されてるのに取引するから「密売」っていうんじゃないでしょうか・・・

犯罪は禁止されているから犯罪は起きないみたいなガバガバ理論やめてぇ
28 : ななしのよっしん :2018/02/05(月) 20:04:57 ID: jFjyTcsc0H
密造してた関東軍が、満州国内での取引を禁止してるんだから
その軍に密売を委託された連中が、満州国で密売できないのは当然なんですが
勝手に横流ししたら密造元の軍と亜院に逮捕されておしまいですな
それを現役の満州国高官だった岸信介が関与してたと言うなら即座に特定されて今頃資料に残ってる
そもそも現役政府高官の岸信介に密売なんて話はまず回ってこないんですがね

まあ、個人で栽培してたなら満州でも密売できたかもしれないけど
たった数年しか満洲にいなかった岸信介が、官僚やりながら軍のをかいくぐって片を一から栽培して
これまた軍のをかいくぐり、密売に成功してたらの話だけど
それも一切の足跡を残さず巨利を得られる程の大量の片をね
29 : ななしのよっしん :2018/07/19(木) 15:24:03 ID: BkOaGn7c6o
もしかして歴代最長内してる?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829