単語記事: 安土桃山時代

編集

安土桃山時代(あづちももやまじだい)とは、日本の時代区分の一つで、1573年~1603年の間をす。

概要

室町時代の次で、江戸時代の前。つまり室町幕府滅亡(1573年)から江戸幕府成立(1603年)までの中間の時代である。名称は織田信長の拠点・安土と、豊臣秀吉の拠点・伏見(別名を)から取られている。二人の姓を取って「織豊時代」(しょくほうじだい)とも呼ぶ。

戦国時代」という区分に関しては、そのスタート地点やゴール地点の見解が様々であるが、概ねこ安土桃山時代戦国時代の中に含まれている。前後も含めた世の流れについては戦国時代の項を参照していただきたい。ここでは特に室町時代江戸時代との中間に位置する安土桃山時代、という視点で説明する。

信長秀吉ともに政治体制・後継体制が整う前に死去してしまったため、政権としては短命な時代に終わってしまったが、続く江戸時代への礎になった部分も多々存在する。

歴史

織田信長の時代

戦国大名織田信長は、室町幕府15代将軍・足利義昭を擁立し、初めはそれなりに協しながら政治を行っていたものの次第に対立。1573年に信長により義昭は京都を追放され、室町幕府は滅亡した。義昭自身は1590年まで征夷大将軍の位を持ち続けていたが、中央政権の座は足利から織田へと移ったので、これをもって幕府滅亡、安土桃山時代スタートとしている。

この時点では未だ畿内にも敵が残っている状況であり、統一政権には程遠い状況であった。

この後、敵対する戦国大名たちを次々と破り、本願寺や比叡山といった寺社勢も屈させ、朝廷にも積極的な献を行うなどして影を高めて信長は右大臣に就任、織田の威信は加速度的に増していった。

遂には征夷大将軍関白・太政大臣のいずれかに任じる、というところまで来たが(三職推任問題)、1582年、明智光秀による本能寺の変に巻き込まれ織田信長とその後継者・織田信忠が共に横死する事態となる。

豊臣秀吉の時代

明智光秀羽柴秀吉が素く討ち、信長の孫・三法師を当とする形で織田政権は保たれた。だが、実際には光秀討伐の功績を挙げた羽柴秀吉の影が日に日に増していく事となる。

織田の重臣・柴田勝家や、同盟者・徳川家康といった勢を撃破した秀吉織田政権事実握する。彼は出自こそ低かったが、朝廷の支持を得て猛スピードで位階を駆け上っていった。そして朝廷内部の権争い(関白相論)に介入した結果、1585年に関白に就任。豊臣の姓を賜る。

これと並行して四国九州関東の敵対勢を打ち破り、1590年に全の諸大名を従えたことで天下統一事業がひとまず完成した。この時には既に、織田秀吉配下の一大名に過ぎなくなっていた。翌1591年には州における反乱を諸大名に命令して鎮圧し、群雄が争う乱世の時代は終焉を迎える。

豊臣政権は狩、太検地といった政策で日本の統制を図る。と同時に中国明王朝の征し、諸大名を朝鮮へと派遣する。大陸兵は二度に渡ったが(文・慶長の役)、1598年に豊臣秀吉が死去した事で打ち切られる。

徳川家康の台頭

秀吉の遺児・豊臣秀頼は幼かった為、秀吉の遺言に従い五大老・五奉行による合議政治が行われることになった。しかし、五大老のひとり・徳川家康は独自の動きを見せ始める。一対抗できる存在であった前田利家も1599年に死去する。

元より豊臣政権内においては、武断と文治の対立が化しており、家康はそれを利用して秀吉子飼いの大名たちを巧みに味方につけていく。これに対し石田三成上杉景勝直江兼続らが然と反旗を翻し、1600年、関ヶ原の戦いが起こった。

この動乱は全各地で発生したものの、本戦である関ヶ原の戦いは一日で決着し、徳川家康全に覇権を握るに至った。家康豊臣視して(名上は代理で)独自に各大名の恩賞・処罰を行い、豊臣摂津周辺を領するだけの一大名に転落してしまった。

徳川家康1603年に征夷大将軍に任命され、江戸幕府を開いた。以降は江戸時代となるが、豊臣との雌雄を決する大坂の陣が終わるまで、もうしばらく戦は続く。

織田がつき 羽がこねし 下もち 座りしままに 食うは徳
安土桃山時代の流れを示す歌として有名である。

太閤検地

豊臣秀吉が行った日本での大規模検地である。検地(田畑の調)自体は織田信長も含め、多くの大名が行ってきた事ではある。太検地の大きな違いは、土地の持ちではなく、実際に田畑耕作している農民たちを対として税を課した事にある。それまでは荘園に代表されるように、土地を守ってもらう為に有者に寄進、それを更に有者に寄進、といった行為が横行しており、中間層が税を逐一とっていた。こうした構図を全に破壊して、農民から領(大名など)に直接年貢を出す、という形式にめたのである。

また、これによって土地の面積ではなく石高によって土地の価値を計算する、という江戸時代まで続く方式が確立した。全の度量衡単位統一にも一役買っているが、実際にそのように安定した形式として機するのは江戸時代になってからである。

刀狩令

検地と並んで秀吉が行った事としてテストに出るであろう単。農民からを取り上げ、帯の権利をなくすというもの。

による武装起を防いでいるようなイメージがあるが、実際には兵農分離、武士と農民を区分けする的で行われている。これによって戦国時代のような身分をえての下克上は防がれ、また農民が戦争に駆り出される事もなくなるので農業の安定にも繋がるのである。この辺もまた江戸時代に引き継がれていく。

ちなみに同時に海賊禁止令も出されており、かつての村上軍のような者たちは各大名武士として生きていく事になる。

五大老・五奉行

豊臣秀吉の遺言によって構成された豊臣政権の首。初め小早川隆景も入る予定だったが秀吉に先だって亡くなった。秀吉の五カ条の御掟(+九カ条の御掟追加)に従って政治を行う……はずだったのだが。ちなみに御掟は以下の通り。

秀吉はあらかじめ家康をこのルールに組み込んだ上で、前田利家というストッパーを用意する事で家康暴走を止めようと考えていた。が、利秀吉の死の翌年に亡くなってしまった事で、あっという間に五大老制度は機しなくなってしまった。

制度が成熟化する前に政権崩壊に至ってしまったので、何とも言い難い。秀次事件とか起こしちゃうからこんな事に…。

官位

織田信長臣や嫡男・信忠らに官位を授けてもらうよう朝廷に要請しているが、豊臣秀吉の時代には更に顕著になる。というか秀吉自身が関白・太政大臣と朝廷側のコントロールを握ったので、臣や大名たちに地位保障とばかりに官位を与えまくっている。例えば先の五大老だと、家康が内大臣、利が大納言、ほか3人が中納言である。

豊臣政権時代の関白を頂点とした政治体制を「武家関白制」と呼ぶ。詳細は個別項を参照。

だがこの結果、本来朝廷の政事を行うべき公家たちが(武が埋まってしまい)昇進できないという本末転倒な状況に陥ってしまった。江戸時代には、武の官位と公家の官位とは別扱いという事にして、この問題を解決している。

文化

戦国時代の項に詳しい。鎌倉時代室町時代仏教に基づいた文化にべると、諸大名や商たちがその権勢を誇る手な文化となっている。一方でわびの文化なども発展していった。西洋文化やキリスト教も流入し、その影も見られる。

庶民たちが文化の担い手になるのは江戸時代を待つことになる。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%89%E5%9C%9F%E6%A1%83%E5%B1%B1%E6%99%82%E4%BB%A3
ページ番号: 4738400 リビジョン番号: 2497763
読み:アヅチモモヤマジダイ
初版作成日: 11/10/08 13:46 ◆ 最終更新日: 17/06/08 22:24
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「天正大地震」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

安土桃山時代について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2011/10/08(土) 14:50:19 ID: 0vwDREB+zg
ブラウザの表示設定ひとつで改行位置なんてガタガタになるんだから、理に改行しようとして元からガタガタな文章になるぐらいなら、理な改行はせずに回り込み処理に任せた方がいいぞ。
2 : ななしのよっしん :2015/03/21(土) 19:30:17 ID: j4L3/1PuBa
斉藤濃姫じゃないやろ
3 : ななしのよっしん :2015/12/29(火) 02:34:24 ID: gkJUsoepF4
記載内容に誤りが多かったり、文章構成がおかしくて読みづらい部分が立ったり、「戦国時代」の項と被っている部分が多すぎたり、とあまりにも問題点が立ったので、思い切ってほぼ全文書き換えてしまいました。前のバージョンHTMLタグで非表示にして一応残してあります。

気になってた点
足利義政は出していない。
・義視は西軍、義尚は東軍。逆。
早雲や経久の身分が低いというのは…むむむ
信長は次男(嫡男)。庶の信広がいるが、少なくとも三男ではない
斎藤義龍濃姫ではない
・義昭は傀儡のごとく信長を利用し ←逆では?
・清会議での争いは信雄と信孝ではなく、三法師と信孝
百姓の血筋だから征夷大将軍になれないというのは???(源氏しか就任できないというのはデマ
・羽名字豊臣は本姓、名したわけではない
・関ヶ原の話が他にべて長いよ…っていうか大谷の話多いよ…
4 : ななしのよっしん :2016/03/18(金) 00:17:51 ID: aP1ZWCJj1l
山から江戸創期は応仁の乱からそれ以前までの時代とまとめて戦国時代と一緒くたにされることが多い時代だけど、よくよく考えてみると戦国とはかなり異質な時代であることが解る
大名の動向を一例に取ると、戦国時代は地方に覇権を打ち立て何ものを支配することがされたけど山以降は強大な中央政権に臣従しつつ一を支配してその元を固めることが志向されるようになってゆく
5 : ななしのよっしん :2017/03/28(火) 18:55:50 ID: rL3QrIWSof
>>3
義政は出してます。
6 : ななしのよっしん :2017/09/10(日) 09:50:12 ID: DN5M4bnl/V
個人的に戦国時代上杉武田虎相打った中島の戦いから
豊臣が戦った大阪までの期間だと勝手に思っているww
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829