単語記事: 安彦良和

編集

安彦良和とは、アニメーターキャラクターデザイナーアニメ監督漫画家イラストレーター小説家である。

ライディーンコンVゴーグクラッシャージョウアリオン

概要

非常に幅広い分野で活動している稀有なクリエイターのひとり。自作漫画アリオン』『ヴイナス戦記』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』をアニメ化の際に自分で監督したことでも知られる。

経歴

1947年北海道遠軽町生まれ。幼い頃から漫画好きで雑誌「冒険王」への投稿経験もある。高校は地元の遠軽高校に通う。奇しくも、のちに安と同じように富野由悠季作品でキャラクターデザイン作画監督を務める友謙と同じ高校であったが、2人はアニメ業界で出会うまでまったく面識がなかったという。

漫画家になる夢をあきらめ弘前大学へと進学するが、ここでベトナム反戦を掲げる学生運動に参加したことが原因で逮捕、次いで退学させられる。その後マッチラベル描きのアルバイト、写植屋勤務を経て、虫プロ広告をきっかけに高校時代の絵を持ち込んで合格となり、1970年アニメーターへと転職する。

1973年虫プロ倒産してフリーになると「宇宙戦艦ヤマト」に参加。手がけたのは絵コンテだったが、当時のアニメファンくもその独特な絵柄に注していた。続いて「勇者ライディーン」「超電磁ロボ コン・バトラーV」などに作画スタッフとして参加すると、それまでのロボットアニメ流であった永井豪的な男臭いタッチとは異なる、麗でスマートな画調を提示して人気を確たるものとした。特に「コン・バトラーV」では、キャラ設定の王道とも言える五人の性格分けを完成させ、長浜忠夫監督を慨嘆せしめたといわれる。

他にも「さらば宇宙戦艦ヤマト」では、西崎義展プロデューサーがポスターの絵とクライマックス作画を安にすべて任せて「絶対に修正するな」と厳命。小説クラッシャージョウ」をスタジオぬえ社長だった高千穂が刊行する際、挿絵を安に依頼するなど、業界の内外を問わず安の絵はファンを魅了した。

がんだむ富野監督とは「ライディーン」以降のつきあいだったが「無敵超人ザンボット3」は「わんぱく大昔クムクム」と制作行していたため、キャラデザインとOP・EDのみの参加に留まらざるをえなかった。続く「機動戦士ガンダム」はその内容に惹かれて総作画監督を務めようと励んだものの、理がたたって体調を崩し途中降してしまう。この念もあってガンダムブームから再び描く機会を得た「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」では、半分以上が安の手による作画に刷新。アニメ史に残る傑作となった。

1979年からはもともと漫画家志望であったことを思い出し、新たな創作活動の場として漫画も描くようになる。のちに自らアニメ化監督した「アリオン」がデビュー作であった。1980年には「シアトルエレジー」で小説家デビューも果たしている。

ヤスヒコアニメ1983年からは「クラッシャージョウ」「巨神ゴーグ」「アリオン」「ヴイナス戦記」といった原作ものやオリジナルアニメ監督を務めたが、いずれも商業的にはふるわず、宮崎駿押井守といった監督作品に「とてもかなわない」と感じて手を引いた。小説に関しても同様である。これに関しては「安の作は感傷的で展開が遅く、アニメーションよりは漫画に向いている」といった批評がある(「日本アニメ学研究序説」著・北野)。

年号が昭和から平成へ変わる頃、安は絵描き・小説家の素養と自分の興味を結実させ、ライフワークとして歴史漫画へ取り組むようになる。以降の「大国主ナムジ」「色のトロキー」「王道の狗」などは特に高い評価を得ており、近作の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」も歴史漫画の経験を反映させた作品として、単なるガンダムコミカライズにとどまらない味わいを獲得している。

2014年、「THE ORIGIN」の好評を受け、安は「ヴイナス戦記」以来、二十数年ぶりとなるアニメ監督を務めた。

画風

イラスト絵の魅と言われるのが、らしさや色気すら感じる柔らかく丸っこいキャラクターである。特に色気があると言われる、S字カーブを描いたような独特の立ち姿は「安立ち」などとファンに呼ばれている。キャラクターデザインで本人が最大の収穫としているのが「ザンボット3」の主人公らが着ている「ボタンがたくさんついた上着」で、これは「クラッシャージョウ」にも転用された。

メカニカル描写も上手く、特にロボット背中部など、およそ可動しない部分も人間らしく曲げて描くことで、メカデザイナーが手本として提出した資料より躍動感ある、また手描きでしか出せない迫を表現している。ほかにも実家農家であったことからといった身近な動物を資料も見ずにリアルに描けるといった特技がある。

漫画では筆圧が強いことから、ペンではなく筆で線を引いている。このため線以外の直線は曲がっていることも多々あるが、それが安絵としての味わいにもなっている。手がく、なんでも描けてしまうので、漫画アシスタント息子MASATO氏のみだが、「THE ORIGIN」ではコンピューター加工をプロダクションが手掛けた。

カラーイラストではガッシュを使用。小学校の時、絵の好きな校長先生導されたきりで、ほぼ流。背景色で全体を薄塗りしてから、基調色によってトーン付けし、暗めの色から明るい色へ書き起こしていく手法で、単行本の表などは5~6時間くらいで仕上げるという。

弟子

知名度のある子は以下のとおり。

主な作品リスト

アニメーターキャラクターデザイン
アニメ監督
漫画
イラストレーション
小説

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%89%E5%BD%A6%E8%89%AF%E5%92%8C
ページ番号: 5171865 リビジョン番号: 2175173
読み:ヤスヒコヨシカズ
初版作成日: 13/11/16 21:57 ◆ 最終更新日: 15/03/12 21:48
編集内容についての説明/コメント: 画像を追加しました。重い、見づらい、という場合は外しますので要請ください。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

安彦良和について語るスレ

32 : ななしのよっしん :2017/01/25(水) 23:54:50 ID: vAS9ZZhN3G
この人が本来書きたいのは、「歴史小説」の気がする。
一番描きたいのは、「滔滔たる時代の流れ」なのだと思う。
にも関わらず(?)、「その一の表情」を描き出すのが抜群に上手い。

シャーロックホームズの人」扱いされるのを嫌がり、
ホームズを一度殺すに至ったコナン・ドイルと同様のメンタリティと思う。
33 : ななしのよっしん :2017/08/06(日) 12:37:25 ID: kFojr7UtNM
ガンダムの間違った解釈が蔓延してるからそれを正すためにオリジン作ったと言ってるが、間違った解釈って何だったっけどこのインタビューで言ったっけ?

間違った解釈とはニュータイプ論のことか、英雄一人で戦況変えられる戦争のことか
34 : ななしのよっしん :2017/08/07(月) 07:51:56 ID: +suSR/6LcF
>>33
ニュータイプ論は結局富野さんでしか描けないものだってしも感じていただろうから、たぶん戦略論だと思う。コミックスでもスタッフとの話し合いが収録されていたし。

一年戦争の終盤は物量に劣るジオンが追い詰められていたというのが定番の解釈だけど、安さんは「宇宙ルナ2からソロモン経由一本の補給線ではあまりに細すぎる。さらにティアンムとレビル艦隊のも失われている一方、ジオンにはギレン・キシリア艦隊が残っている。デギンが死んだので講和もできず、不利でもア・バオア・クーに挑まなければならない状況に陥っていた」と解釈していたはず。
35 : ななしのよっしん :2017/08/12(土) 11:13:07 ID: kiccHdDbYx
最近のインタビューで「ストーリーゲーム化」をってたな。
確か、「今のアニメ役が無双して、世界を変えて、ハーレム作るのは馬鹿げてる。(自身の学生運動の経験上から)世界魔物だから変えるのは出来ない。」とってたけど、それ言ったら今の王道ものの大半を否定するようなもんだろ。
自分としては、なんか王道を否定するクリエイターが増えたというかする輩が増えたな。
常に役が負け続けたり、悲惨な結末ばかりだったら流石に飽きられるぞ。
36 : ななしのよっしん :2017/08/12(土) 11:20:25 ID: SRij6pgVNJ
>>35
いや、そうじゃなくて
例えば1stならアムロ以下ホワイトベース隊はあくまで連邦軍の一部隊でしかなく、一部の戦場で活躍したり敵エースを討ち取ったりはしたが
それで連邦勝利、ジオン敗北という結果を彼らだけでもたらしたわけではない

だけど最近のガンダムでは主人公世界の中心にいて一人で世界平和を実現するとか大言壮を吐いて英雄になる。そういうのがまかり通ってるってことでしょ
37 : ななしのよっしん :2017/08/14(月) 20:01:33 ID: bmJ4bYv3+i
>>35
まず王道イメージ貧困すぎ。大体、無双の否定=常に役が負け続けたり、悲惨な結末ばかりというのが全く論理的じゃない。「たまには負けて短期的に悪くなるけど最後は勝つ」だって無双の否定だし、古典的にはこっちが王道だろう。ジャンプ主人公なんてみんなどれだけ負けてることか。
そして飽きられるというのはそのまま無双作品に当てはまるよね。主人公が一人で世の中をなんとかし、ヒロインがどんどん増える系統はあってもいいとは思うけど、安がいってるのはそればっかりになってるという話でしょ?(妥当な現状把握かは知らんけど)
38 : ななしのよっしん :2017/08/31(木) 02:25:18 ID: ZKWDLlXOEg
伊集院光とらじおとゲストガンダムについて話してた。面かった(小並感)
39 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 18:27:58 ID: GD3Dga/uhv
>>30
というか時代に取り残されたのでは
残されたというより残ったと言った方が良いか
40 : ななしのよっしん :2017/09/28(木) 18:05:58 ID: J2qQ0ZOYXJ
メカがズーパーミニプラで続投してるな
41 : ななしのよっしん :2017/10/03(火) 08:32:12 ID: p+Xzy0Lqte
>>35
いいってのが名作にはあると思う
どちらかを極端に描写したら強な癖は出てしまうし
こっち系だからこれでいいって開き直りは隙ができるよね
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829