単語記事: 完全生命体イフ

編集

完全生命体イフとは、「ウルトラマンマックス」に登場した怪獣である。

「己が身に受けたあらゆる攻撃を自分のにして限に強くなる」という全生命体の名に恥じないを持つため、直接的な攻撃では絶対に倒せない。その事から、ウルトラシリーズにおいては「最強無敵」の部類に扱われている。

概要・ステータス

完全生命体イフ
登場作品 ウルトラマンマックス
サブタイトル 第15話
「第3番惑星奇跡
体長/全長 第1形態:4メートル
第2形態:27メートル
第3形態:31メートル
第4形態:52メートル
最終形態:54メートル
体重 第1形態:32000トン
第2形態:35000トン
第3形態:43000トン
第4形態:46000トン
最終形態:49000トン
出身地 宇宙(詳細不明)

三池崇史監督した「ウルトラマンマックス」第15話「第3番惑星奇跡」に登場する。

デザインは、第15話の脚本を担当した「NAKAMURA(なかむら・まさる)」で、三池崇史作品の常連でもある。

宇宙から突然降ってきた巨大なドーム状の生命体でまったく動く気配を見せなかったが、防衛チームDASHが焼き尽くそうと焼夷弾で攻撃した際に、「あらゆる攻撃を吸収して自分のにして限に強くなる」と言う”全生命体”の名に恥じないを発揮。炎を吐く怪獣の姿に変身した。

さらなるDASHミサイルレーザーによる攻撃を受けると、身体にミサイルレーザーの発射口を作り出した姿に変貌。現れたウルトラマンマックスの必殺線マクシウムカノンを受け爆発四散したかに思われたが、次はそれすらも取り込みマクシウムカノンばりのビームを乱射するを得て復活、マックスですら撤退せざるをえない状況に追い込んだ。

地球上で最強の威を持つマックス線を取り込んだあげく、それを乱射できる姿になってしまった以上完全生命体イフを破壊することは出来ず、全に地球終了のお知らせだったのだが…

瓦礫の中から盲目少女アッコが完全生命体イフの前に現れ、

怪獣さん、そこにいるよね。
怪獣さんは、音楽、嫌い?私はね、大好きなの。

と言う言葉と共にピッコロ演奏しはじめた。するとその音を聴いた完全生命体イフは、演奏コピーして己の身体を巨大な楽器の様な姿に変貌させ破壊を止める。その後、演奏するアッコを伴ったウルトラマンマックスに誘われ宇宙へと消えていった。そもそもイフが暴れだしたのも人間が攻撃したからであり、要するに「イフを倒そうとすること」自体が不毛だったのである。

※第15話が収録されているウルトラマンマックスDVD5巻には、三池監督による別のエンディングが収録されているが、次の第16話で使う予定だった映像がまぎれたものだと思わざるをえない内容となっている。もしくは第16話はこのエンディングが採用された際に、視聴者に内容を忘れさせる為に存在するのかもしれない。

最強の怪獣

ウルトラマンシリーズにはそれぞれ数多くの怪獣宇宙人が登場する。

その中でも歴代ウルトラマンを倒した「強敵」といえばウルトラマンを倒したゼットンウルトラセブンを捕らえたガッツ人、帰ってきたウルトラマンバラバラにしたスノーゴンゾフィー兄さんネタキャラにしウルトラマンタロウまで倒したバードンなど数多く存在したが、それらの怪獣宇宙人は最後に復活した歴代ウルトラマンかしらの手によって倒されている。

しかし「完全生命体イフ」には、「あらゆる攻撃を吸収して自分のにして限に強くなる」と言うチートが備わっており、倒せば倒すほど限に強くなって復活するというそのから、「ウルトラQ」に登場した「あらゆるエネルギー限に吸収して巨大化する」怪獣バルンガ」と並んで、正攻法では絶対に倒せない怪獣と言われている。

本来こういったウルトラマンが倒せない要素を持つ怪獣は、完全生命体イフ同様に攻撃を受けることで強くなるを持つ変身怪獣ザラガス」の様に、ダメージを受けた事でが発揮されなくなって倒されるといった弱点を設けておき、最終的にはウルトラマンに倒されることになるのがセオリーだったが、完全生命体イフにはそんな弱点が存在しないというのも最強怪獣と呼ばれる由縁である。

※弱点と呼べるか解らないが、攻撃されなければ自分の意思で破壊活動を行わない事やアッコのピッコロ演奏で巨大な楽器になった事は、完全生命体イフの数少ない救いと言えるだろう。

外観は、地球に落ちてきた際の巨大なドーム状で手足も頭も顔も何も無い状態から始まり、攻撃をうけることで顔や手足が現れ、ウルトラマンマックスを退散させた第4形態に至っては、禍々しさを伴う獣の様なデザインにまで変化している。最終形態は荘厳な楽器集合体な姿をしており、その取り扱いによってにも悪魔にもなる存在である事を明示していると考えられる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%94%9F%E5%91%BD%E4%BD%93%E3%82%A4%E3%83%95
ページ番号: 3702169 リビジョン番号: 2187652
読み:カンゼンセイメイタイイフ
初版作成日: 09/06/17 03:52 ◆ 最終更新日: 15/04/05 14:14
編集内容についての説明/コメント: 画像の追加、文章の推敲、
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


もしもせかいがへいわだったなら

イフ第一形態

夢の対決!(胡蝶の夢だけに

いっふいふにしてやんよ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

完全生命体イフについて語るスレ

788 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 08:44:31 ID: ZRVzzApfef
戦闘での攻略法が見つかった時点で何だかなあ
逆にハイパーゼットンを吸収し返してハイパーゼットンイフにでもなれば
別だったんだが
789 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 13:33:13 ID: RmTOiS7lxv
>>788
まあ小説の独自設定の面が強いだろうからそこまで気にする必要はないと思う
790 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 18:27:15 ID: Wj8KGNv6Km
ウルトラマンFは前から好かなかったがなんかなぁ……TRPGとか好きなのかな作者
なんか合わないと思ってた部分がハッキリした。ダメだあの作者
791 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 05:01:09 ID: 0kxRC0n1p/
なんでわざわざイフをゼットンのかませにしたんだろうな
元がホラーSF小説作家の人だからああいう話は気に食わないのかもしれない
何より戦闘で普通に突破されてしまったというのが残念、話のテーマが全否定されているに等しい

一応フォローしておくと小説テーマが「人類に限界などない」「絶対に越えられない壁などない」というものだったから、全生命体であるイフですらも倒した究極のハイパーゼットンえることでそれを示したという感じではある。
792 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 17:46:54 ID: RmTOiS7lxv
>>791
ただ小林さんはあのイフがマックスの物と同一とは明言してないよ
個人的には「パラレル宇宙にはこういうもいる」と解釈してる
793 : 名無し :2016/05/26(木) 16:45:22 ID: nqHS4qtt+e
イフを大人しくさせるんじゃない
お前ら大人しくなるんだ
勝者などいない
794 : ななしのよっしん :2016/05/28(土) 15:02:46 ID: oegyW2imNS
「第3惑星奇跡」の話に突如ハイパーゼットンが転移してきてイフを食ってしまったとかなら確かにフザケンナだが
キャラクターはあくまでも一登場キャラクターであってその立ち位置は話のテーマによる
キャラクターテーマを内包することはないというのが円谷スタンスなんだろうか
他のウルトラマン怪獣も容赦なくゲスト出演で噛ませ的に負かさせたり
オビコが合体怪獣パーツになってたり
それはそれこれはこれで全に割り切ってる部分はあると思う
795 : ななしのよっしん :2016/05/28(土) 15:29:51 ID: z/N/8rLfj5
そもそもイフの限界って作中じゃ描かれてないからなぁ。
だからこの掲示板でも「こういう攻撃にはどう反応するんだ?」って
話題が時々出てたわけだし。それにイフを吸収する事は可ってのはあくまでも
作者の解釈の一つなわけで…そこまでくじら立てることではないと思うんだけどな。
796 : ななしのよっしん :2016/06/15(水) 23:43:56 ID: fCfC4YCCkq
イフが作中で「倒されない」ことが明言されている以上、色々議論されてるけど波旬だろうが屍だろうがくたびれかけた男だろうがHOTUサノスだろうがイフには勝てない気がする。

良く、「このキャラは全知全で全宇宙にすることが出来るからイフは殺される」とか言われているけれど、からすると、その攻撃の直後に宇宙消滅レベルの全知全を持ったイフが再生する未来しか見えない。

イフだったらたかが「」にされたくらいで終わるとは思えないんだけれどなあ。

魔デウスとかのメタキャラだったら何とかなるかも知れんが。
797 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 18:50:04 ID: 2j/dVMA9TO
実際に効くのかどうかはともかくイフが再生できなくなるまで延々と攻撃し続けるってのはゼットンらしいごり押し攻略法で好き
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015