単語記事: 完結

編集

完結とは、大シリーズが終わることである。

長い間概要をお読みいただきありがとうございました。

長期化したシリーズ大団円を迎える際にに用いられる

要は最終回のことであるが、『完結編』などと銘打った場合はそれよりもやや意味が重たくなり
以降のシリーズ続編製作は一切行わない、作品世界の根幹を明るみにし、を全て回収する、重要登場人物や主人公の死といった重要かつ重厚な展開が為される場合が多い。

特に、アニメーション作品や小説映像化作品では、連続シリーズ最終回とは別に映画での完結編が製作される例が少なくない。これは、原作作品に映像作品が追いついてしまい、「一時的な結末」「一旦のしめくくり」「クール制故に必要な回」「テレビシリーズラスト」として番組を終わらせなければならないとしての話を作らざるを得ない状況下において多発する。この場合、製作された完結編は「本当の結末」として全シリーズの時間軸において最も未来にあたる出来事を記すことになる(論、「うる星やつら 完結編」のような例もあるため一概には言えないが)。

逆にこれを利用してわざと連続シリーズで終わらせず、不完全燃焼最終回を造り、映画行収入を伸ばすため、映画でわざわざ完結させるということも常習的に行われている(「仮面ライダーディケイド」のように大きく非難を浴びた例もある)。

このため、人気映画作品や小説漫画などでシリーズクライマックスを執筆する、製作開始となると、その発表前から話題となり、作者側も受け手が必ず納得の行く終焉を作品や作中人物に与えなければならなくなるため、長期化したシリーズほどその製作は困難を極めることとなる。

完結が著しく困難に陥った著名な例として、『サイボーグ009』がある。この作品は「次に執筆する長編で完結」としつつも、あまりに話が壮大になりすぎ、プロジェクト自体が2度も中断してしまい、原作石ノ森章太郎でさえ、全ての構想を画化することがわず、死没。後年になって遺族が小説の形で完結製作プロジェクトを立ち上げ、数年がかりでようやく物語エンドマークをつけることができたというものがある。画版もアシスタントが引き継いで執筆し、2014年完結した。小説では同じようなプロジェクト新田次郎の『孤愁−サウダーデ』があり、こちらも絶筆作を引き継ぎ、完成2015年に書籍にめられた。
また、これは作者存命中に許された稀有な例だが、『シャーマンキング』は多くのと未回収伏線を残したまま打ち切りとなったが、作品人気事態が衰えなかったことで完全版刊行時に完結編執筆を許可され、4年越しに最終章に持ち込むことができた。
逆に作者が犯罪を犯したことで打ち切りなった『世紀末リーダー伝たけし!』は最終章執筆中だったため、作者の復帰後になんとか完結に漕ぎ着けている。

しかし、009のように製作者没後に完結が許された作品は多くなく、寧ろ全てを回収した円満完結作品の方がしい。大抵は「長くなりすぎ、結末を描けぬまま未完」「(作者読者双方にとって)不本意な結末」となり、後年にシリーズ再開ということも多い(「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」「宇宙戦艦ヤマト完結編」はその典である)。

現代の漫画作品(特にジャンプ作品)は、その看作の多くが長期連載作だが、「いつまで経っても話が進まない」「最終回が観たい」といった作品が多くなりつつあり、「人気故に完結が許されなくなる」という例も散見される(「ドラゴンボール」「ルパン三世」などもこれに当たる)。逆に描きたいことが多すぎ、執筆ペースアイデアの表現に追いつかないという「ベルセルク」のような例もある。
このほかに原作者が年内完結を宣言しながらも完結に陥った「バガボンド」のような例がある一方で、アイデアがさらに膨らんだことで完結巻を先延ばしにして完結した「AKIRA」のようなもの、完結巻を明言した「ピアノ」「無限の住人」「あさりちゃん」のように宣言どおりきちんと完結した作品もある。
漫画作品における完結は、その執筆者個人の量、即ち「きちんと最終回を描けるのかどうか?」もその作者の実の一つといえるだろう。

映画では、当初2で全ての結末を付けられていた「ターミネーターシリーズ役者の地位向上に伴い完結編を製作した「仮面ライダー電王」が、『人気故に再開』とされた例がある。

変則的な完結編では、スター・ウォーズシリーズがあり、シリーズ全体としての完結エピソードは「ジェダイの帰還」であるが、映画シリーズ完成完結編はそれよりも過去を描いた「シスの復讐」で、シリーズを先に未来の出来事を描き、過去を明かすという、作品の欠落部をパズルのごとく埋め合わせて完結として作品であった(但し、数年後に「ジェダイの帰還」以後の物語製作されることが決定し、2015年に『スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』が開、2017年エピソード8が開され、2019年エピソード9で完結予定である)。

アニメーションの場合は基本的に完成作品が開作品となるため、未完の絶筆、というものは多くはいが、手塚治虫の最期のアニメ伝説』は第一楽章、第四楽章のみ本人が手がけたまま逝去、数十年放置されていたが、息子手塚眞製作を引き継ぎ、2014年に第二楽章が完成現在は最終となる第三楽章が製作中である。
これも広義には先述の遺族による引継ぎ完結の一種と言える。

音楽の場合、完結作は引退作品や解散コンサートラストアルバム遺作といった形で著されることがほとんど。いかにもラストというに作られたX JAPAN「THE LAST SONG」のような例もあればTHE YELLOW MONKEYの「プライマル。」ように敢えて明るいいつもどおりの作品であったりとさまざま。しかし、遺作と言う場合で完結する音楽家は死を意識した作品が多くなる(モーツァルトレクイエム」、尾崎豊「放熱への」、忌野清志郎Oh! RADIO」など)。Syrup16gラストアルバムはその全ての作品が五十嵐自身によるバンドの終わりを徴する完結作といえる作品で、ラストライブでは文字通りの解散曲を新曲として披露し、その模様は十字架を浮かべた棺桶のようなジャケットDVDめられた。(但し、数年後に再結成し、今ではラストアルバムではなくなった)
このほか、大滝詠一は『EACH TIME』というアルバムアルバム作品としての遺作となったが、これは死の30年前に完成した作品であり、以後大滝音楽活動をセミリタイアしたことで、以後アルバムが作られなかったために結果として遺作となってしまった作品である(シングルでは「するふたり」だが、これも死の11年も前の作品)。後に遺族により発見された音にて32年ぶりのニューアルバムDEBUT AGAIN』が製作され、オフシャルオリジナルアルバムに位置づけられるが、当然これは本人は関与しておらず、どちらかというとThe Beatlesアンソロジーシリーズに近い位置づけの作品と言える。
一方で、Mr.Childrenプロデューサー小林武史との決別作アルバムとなる『Reflection』のラストトラックを「未完」としている。これはこの作品の完成度が歴代最高傑作と成り得たことや、桜井和寿自身の「これが遺作となってもいい」という思いが表れているという。(当然ながら、まだバンドは現存しているので遺作ではない)

そして、ニコニコ大百科ニワンゴが破綻でもしない限りは永遠に未完である。ネバーエンディングとも取れるこの百科事典の最終記事とは何だろう? 果たして、ニコニコ動画大百科完結は如何なるものになるのであろうか? 書籍化や巨大アーカイブとしての終了? それとも運営会社の不祥事や倒産?

それは、未来の執筆者の君にかかっている!

ニコニコの関連動画は本作をもって全て終了です。

動画本編伏線は全て回収されているため不要です。

関連商品

売御礼! SOLD OUT!!

関連コミュニティ

全て閉鎖致しました。ごありがとうございました

関連項目

シリーズ終焉により、真っ白燃え尽きました。

                                                                        

 


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%8C%E7%B5%90
ページ番号: 5145514 リビジョン番号: 2348967
読み:カンケツ
初版作成日: 13/09/21 22:00 ◆ 最終更新日: 16/04/12 00:20
編集内容についての説明/コメント: 完結したいから完結の加筆。今度こそ書くべきものは無くなった。完。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

完結について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/11/30(土) 23:54:50 ID: 7VOnxtKte8
概要完結しちゃってるじゃないですかー!やだー!

完結編が出てから「人気作を終わらせるのは惜しい」ということで続編が出ちゃうのもよくある話で、
その場合は大抵、蛇足になりがちなものだ
2 : ななしのよっしん :2013/11/30(土) 23:56:53 ID: OFacuYJ3/5
せっかく完結した作品を後になって実写映画化するのが最近のブームらしいぜ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015