単語記事: 官渡の戦い

編集  

官渡の戦いとは、三国志における前半最大の見せ場である。ちなみに中期はで、後期は関羽死亡の樊の戦い、
劉備惨敗の夷陵の戦い、そしてかの有名な諸葛亮の北伐と言えるだろう。

概要

西暦200年と言う、何とも切りの良い数字でかつ中華中原地域の覇者を決める重大な戦いである。
当時、中原地域(河と長江の間にある地域)を支配していた曹操と、河北(河以北)を支配していた袁紹
共に勢が均衡し、ついには両者雌雄を決せざるを得なくなる時がやってきた。それがこの官渡の戦いである。
、領地で勝る袁紹。数多の人材を集め、その質に定評のある曹操
勝った方が相手の領土を手に入れ、中華最高の勢を誇る事となる、いわば歴史ターニングポイント
両者とも、決して負けられない戦いであった。

戦局

まず先に動いたのは袁紹であった。文を発し、兵を集めた袁紹曹操へと宣戦布告をする。
そしてこの時に先鋒に出たのが、音に聞こえた猛将顔良。演義では関羽曹操の将として戦慄の登場をする、の戦いである。
緒戦のの戦いにおいて、顔良曹操軍に破れ戦死。またその後、軍を引いた曹操を深追いした文醜が倒れ袁紹軍はその二枚看を失う事となる。
しかし、二枚看を失ったといえども袁紹軍は強大で、未だその勢いは衰える事を知らなかった。
袁紹は圧倒的な兵を活かした圧迫形でついに曹操軍を官渡砦に押さえ込む事に成功。ここに戦況は着する。
領地の関係上兵站の量に差があった曹操営は、徐々に食料が底を突き始め、一時は撤退を考えるまでにまで追い込まれた。

さて、もが袁紹の勝利を予想していた中、この状況を変化させる者が現れた。名を許攸袁紹軍の元軍師である。
袁紹に献策を却下されるなど不満がたまって居た彼は、曹操営へと投降。袁紹軍の兵糧庫の場所を教えた。
曹操軍はこれを打ち破り袁紹軍の兵站を大きく破壊。これにより軍の維持が困難となった袁紹軍は敗走し、三国志前半における最大の合戦、官渡の戦い曹操の勝利で幕を閉じた。

 

豆知識

なお、実はこの敗戦直後の段階では、未だ袁紹の方が勢は大きかった。
これを疲弊させ、ついに曹操に倒されたのはひとえに後継者騒動による物が大きい。
この事柄は後に曹操の後継者を決める際にも引き合いに出された。

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%98%E6%B8%A1%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
ページ番号: 4443044 リビジョン番号: 873104
読み:カントノタタカイ
初版作成日: 10/08/22 02:42 ◆ 最終更新日: 10/08/22 02:42
編集内容についての説明/コメント: 初版作成しましたー
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

官渡の戦いについて語るスレ

23 : ななしのよっしん :2015/11/07(土) 18:24:45 ID: 9cQ1D3aH0o
侵攻のタイミング、渡河作戦、逆兵糧攻め、巣での部隊展開…
調べれば調べる程袁紹の打った手は悪くない・・・どころか常識かつ理に適った戦術を採ってるんだがな。
いかんせん、戦術面において曹操類なき才と強運の持ちだったのが痛い。まぁその辺がい者に歴史英雄はなれない、って事なのか。
24 : ななしのよっしん :2015/12/14(月) 01:56:29 ID: 0ONkM24OLx
袁紹もそうだが孫策命も後1年、いや3ヶもあれば官渡決戦の最中に横が入って曹操は益々厳しい状況になり歴史が変わってたかもしれないな
そう考えるとこの時点でのもしもを考えると本当に面い、まさにターニングポイントだったのだろう。
25 : ななしのよっしん :2016/01/04(月) 20:34:31 ID: MfX62TjgW7
結果論になるけど、袁紹田豊沮授の献策を採用してればねぇ。
沮授はともかく、田豊は強情で上に逆らうってくらいだから採用したくなかったんだろうけど、自分に心地よい佞臣よりもに痛い者のを採用する方が結果的にうまく行きそうだ。

官渡の戦い以前に袁紹の失敗は
袁術を形だけでも仲良くして生かしておかなかった
劉備曹操に襲われてる時に助けなかったor許攻めをしなかった
官渡の戦いの時に曹操が戦続きでジリ貧だが、自分は勢的に優位なのに持久戦じゃなく、短期決戦を挑んだ(まぁ寿命が近かったら致し方ないかもしれんけど)
後継者を明確に決めなかった

戦いに際しても
兵糧警備を十分にしなかった

簡単に考えるだけでこれだけ欠点があるんじゃねぇ。袁紹無能じゃなかったけど曹操の方が機知・機転に優れ、部下の使い方・まとめ方、運のよさ、全て上だったのがまずかった。
26 : ななしのよっしん :2016/02/07(日) 21:14:47 ID: x2Vp87oqza
後継者問題はどうにもならないよ
このの後継者問題は「袁紹が後継者問題を起こした」のではなく「袁紹の後継者に問題があった」のだから…
27 : ななしのよっしん :2016/02/21(日) 09:10:28 ID: 9cQ1D3aH0o
>>25
袁術を活かさなかったというのは中々おもしろい。
実際できたか?はさておき、袁術の趨勢が決定付くまでに手は打っておくべきだったかも。それを進言した部下の記録もいし、外交的にも常しか取れなかっったってのはあるかもね。
曹操呂布張繍馬超果ては孫権までも外交的には上手く使っていでたもんなぁ
28 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 02:54:01 ID: MfX62TjgW7
>>26
後継者に問題というよりか明確に決めなかったのが大問題。特に長男の袁譚に決定して、本拠地に配置しておけば良かったと思う。(結果、家康みたく大御所将軍みたいな事をしない上、明確に後継者を決定せず、袁譚は本拠地から遠い州に行かせて、かわいがってた袁尚を後継者にと匂わせてたし)。
※徳秀忠が後継者をかわいがってた次男の忠長じゃなくて長男にして安泰にさせたくらいだし。

>>27
袁術を形だけでも生かせておけば曹操を挟み撃ちにもできたし、劉備劉表とも囲んで3方向から焦らず・じわじわ攻撃すれば(さらに張繍馬騰なんかも巻き込めば)まず曹操は勝てないからね。(これが田豊の持久戦策じゃないんかな~と思う)。まぁ、袁紹に、ここまでの外交・度量の大きさがあるかは疑問だけど。
29 : ななしのよっしん :2016/03/26(土) 01:18:13 ID: fzZ2Rxs+EK
袁術活用は……、が当時の袁紹でも嫌だなぁw
あの人、敵に回すと小うるさくて厄介だけど、味方にしても役に立たないどころか足引っるもんw
厚かましいし、強欲だし、泣きついてくるから滅亡寸前を救ってやってもろくに感謝もせず、それどころか督争いに手を突っ込んで引っ掻き回しそうだしw

この時期の袁紹は、勝利の自信もあったろうし、
戦後」にも思いを馳せてたろうから、厄介トラブルメーカー曹操に潰させてその戦を消耗させればそれが
もっとも好都合と考えたんじゃないだろうか。

30 : ななしのよっしん :2016/04/09(土) 04:26:10 ID: MfX62TjgW7
>>29
いやいや、袁術活用曹操(あとは劉表)を倒すまでで、それまで攻めることはしなくても、背後を脅かしてくれるだけでも生かしとけばって事。
さすがに袁紹もそれくらいしか袁術をあてにしないだろうし、曹操劉表倒せれば悪政を理由に滅ぼすだけ。
実際、背後に敵を抱えると結構怖いもんだよ(曹操張繍攻めの時に呂布を懐柔してたし、袁紹領土攻めるときも背後を孫策劉表に襲われるのを警してたし(結果的に攻めてこなかったけど))
31 : ななしのよっしん :2016/05/27(金) 00:49:39 ID: x2Vp87oqza
そもそも袁術袁紹助けてあげなかったせいで戦死したとかではないし
あまりにバカすぎて内政が回らず浪費の果てにそこらへんで野垂れ死んだだけだし
「生かしておけば」ってどんな想定でいる?食料援助か?
そんなのあいた袋にドンペリ注ぎ込むような真似をしていたら袁紹への経済的負担も馬鹿にならんだろ
32 : ななしのよっしん :2016/07/23(土) 10:36:48 ID: dkdR+3nY0h
袁術は自分の領地すら守れなくなったから余があるうちに
袁紹の領地に逃げ込もうとしてその途中で死んでる。
助ける助けない以前の問題やろ。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829