編集  

宝塚歌劇団単語

タカラヅカカゲキダン

宝塚歌劇団とは、兵庫県宝塚を本拠地に、未婚の女性だけで構成されている日本歌劇団。
阪急電鉄株式会社の直轄組織となっており、同社の社内部署「創遊事業本部歌劇事業部」が事業運営を行っている。

理事長は小川友次。

概要

1914年に初の演を行って以来、今日人気を集める女性歌劇少女歌劇)の劇団。第1回の演は意外にも桃太郎を題材とした「ドンブラコ」で、一時男子部もあった時期がある。

宝塚」「ヅカ」などと略して呼ばれることも多く、劇団員(「生徒」と呼ばれる)は「タカラジェンヌ」と呼ばれ親しまれている。

宝塚大劇場(兵庫県宝塚)と、東京宝塚劇場(東京都千代田区)を中心に演を行っている。また、中劇場の宝塚バウホール宝塚)も所有しており、こちらではトップ補生たちが演を行っている。

2001年より、劇場中継や演案内を中心とした専門チャンネルTAKARAZUKA SKY STAGE」の東経110CS放送が行われていて、そちらでは舞台で見せる美しい姿のほか、オリジナルバラエティ番組内で普段の演では見られないタカラジェンヌの一面を見ることができる。
女性だけの劇団であるため男性役も女性が演じる。なおかつ演じるのは少女漫画で描かれるような理想の男性であり、それも宝塚歌劇人気の要因となっている。

また「オクラホマ!」「ウエストサイド物語」「ミー・アンド・マイガール」「エリザベート」「ファントム」「スカーレット・ピンパーネル」「ロミオとジュリエット」を日本で初めて上演した劇団でもある。

舞台

宝塚歌劇団演形式は宝塚大劇場・東京宝塚劇場で行われる本演と、宝塚バウホールで行われるスタッフも含めた若手のための演がで、他の劇場(梅田芸術劇場など)での演や全ツアーも行っている。その中身は芝居(ミュージカル)とショーの2つに大別され、これらを組み合わせた2本立てで演することが多い。

年末にはタカラカスシャルという特別演が行われる。そこでは東京宝塚劇場での演がない4つの組が勢いし、各組個性あるショーを披露する。普段は同じ舞台に上がることのない別の組の生徒たちが一堂に会し、トップスターたちが言葉を交わすというファンにはたまらないイベントである。
100周年の節である2014年のみ東京宝塚劇場から組が中継で参加し全組勢いとなった。中継のラグなどで割と微妙な感じではあったが

その年に行った演をネタにしたコントをやったり、流行のギャグに全乗っかりして「ああ宝塚って関西の劇団だった…」というのを思い出すぐらいに全ではっちゃける。昔はトップ同士の交換や男役の役挑戦というかなり思い切ったこともやっていた。

ミュージカル(芝居)

基本的にオリジナルの新作を毎年演しているが、海外で上演されたミュージカル(例:「ミー・アンド・マイガール」、「アーネストインラブ」、「エリザベート」など)をやったり、漫画ドラマなど原作付きの作品をやったりもする。人気があれば再演されることもある。特に「ベルサイユのばら」は、宝塚歌劇団の名を日本中に知らしめた不朽の名作であり、今も再演される事が多い。

また、「逆転裁判」や「戦国BASARA」などゲーム原作とした作品も作られ、「逆転裁判」に至っては3作上演された。
最近は漫画ドラマなどの舞台化にも積極的であり、2012年に「銀河英雄伝説」が宙組で、2015年には「ルパン三世」が演で舞台化され(しかもどちらもトップコンビ宝塚大劇場お披露演である)、翌年には同じ組で「るろうに剣心」が舞台化された。過去にはドラマ相棒」やハリウッド映画オーシャンズ11」を宝塚で舞台化という予想をえた方向へと進んだことも。

2018年組の「ポーの一族」を皮切りに、宙組の「い河のほとり」と組の「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」が演予定であり、宝塚歌劇団ファンのみならず原作ファンも惹きつけるラインナップとなっている。

オリジナル作品では「ノバ・ボサ・ノバ」や「琥珀色にぬれて」、「するには短すぎる」などの作品が人気である。

芝居のお約束として、

というのがある。

例えば上記の「逆転裁判」では成歩堂龍一過去人が(原作元ネタが居るとはいえ)オリジナルキャラクターヒロインとして登場し恋愛模様を繰り広げ、「銀河英雄伝説」では恋愛描写があまりヒロインらしい立場で描かれたのはアンネローゼであったが、トップスターが演じたのが役であるラインハルトであったためトップ役は彼の将来の妻であるヒルダを演じることとなった。
また宝塚の定番作品でいうと「エリザベート」は元々エリザベート=女性キャラ主人公ミュージカルだが、宝塚で上演するに際してトップスター役にするためにトート=男性キャラ主人公に変えられている。

とはいえ例外がいわけではなく、トップ役が役になったり、2番手にあたる男役が複数人いる場合はそれに合わせてライバルキャラが増えたり、トップスターの相手役が男役演じる女性キャラだったり、専科生がゲスト演したためトップスターライバルキャラを演じることもある。

ショー

日本舞踊をアレンジした日本と、シャンソンやスパニッシュを用いた洋物(レビュー)がある。ほとんどがレビューで、演毎にきらびやかな衣装に身を包んだタカラジェンヌにより演出コンセプトイメージが具現化された作品となっている。2本立ての場合、ショーは休憩後にやるが、日本物の場合は先にやっている。ミュージカルと同じく毎年新作を上演しているが、人気のあるレビューは何度も再演されている。

レビューの場合それまでのミュージカルとは一切関係ない設定で進行するため、休憩前後で感情の乱気流に襲われることも多い。例えば戦争ものの悲の後にラテンの香りたっぷりの底抜けに明るいレビューが始まることもよくある。
芝居同様トップスタートップ役がに落ち成就する過程を歌とダンスで表現する。基本的に台詞はない。
順番は様々だが群舞、トップスター役たちのダンス、逆にトップ役と男役たちのダンストップスターと男役たちがを身にい大階段上で踊る通称:尾、トップスタートップ役だけがステージ上でダンスからのフィナーレという流れが定番。
大勢が一列に並びラインダンスをするロケットと呼ばれる演はこの中で行われる。

普通レビューフィナーレで、日本物の後半にやる芝居でやることもあるが、どちらの場合でも最後に大階段を降りてくるパレード(シャンシャンと呼ばれる長いリボンの付いたステッキ状の小具を持ちスター羽根を背負っているアレ)をやって、観客たちへ挨拶をする。ショーい1本立てや会場の都合で大階段がない場合は最後に少しだけショーを行い挨拶で締める。
基本的に生徒たちが観客に対してを掛けることはないが、舞台初日や千秋楽には、トップスター挨拶を行う。

大百科の記事が存在する宝塚歌劇上演作品

タカラジェンヌからトップスターまでの道のり

本項ではタカラジェンヌからトップスタートップ役も含む)になるまでの流れを説明する。なお、ここで挙げた流れはあくまで一例であり、必ずしもすべてのスターに当てはまるわけではない。

宝塚音楽学校

タカラジェンヌとなるには、宝塚大劇場にほど近い宝塚音楽学校で2年間日本舞踊やダンスなどの勉強をしなければならないが、入学試験15歳18歳までの4年間しか受けられないうえ、均倍率は20倍前後という狭き門をくぐり抜ける必要がある。ここで男役になるか役になるかを決め、特別な事情がない限り同じ性別の役を退団まで演じる。芸名は2年生(本科生)のときに決める。つける芸名にはいろいろルールがあり、家族と考えたり、恩師や先輩から付けてもらったりするのが一般的。

リキラムには自衛隊伊丹駐屯地における基本動作の訓練もあるなど、まさに軍隊のような規ががめられている。1年生予科生)のうちは毎校舎の至る所をありとあらゆる手で掃除している姿が過去映像に残っており、人に会ったら必ず挨拶する姿も印に残っている。(近年は規則が多少緩くなったようであるが)
また未来阪急電鉄社員であるため阪急電鉄に乗する時は必ず最後尾で着席も禁止、特に宝塚本線今津線は下時や車両を見かけた際は上級生や更に先輩である歌劇団の生徒が乗っている可性もあるので、最敬礼で見送らなければならない。これは歌劇団入団後も続けて守られるルールである。

ちなみに「学校」という名前ではあるが法律上は予備校自動車教習所と同じ扱いのため、高校中退入学した場合経歴上は中卒になる。最近は希望すれば高卒認定リキラムも受けられるようになった。

宝塚音楽学校での成績・卒業年度は宝塚歌劇団に入団してからも影し、これにより序列される。が、トップスターは決して成績がいい人ばかりなるわけではない。例えば元組・トップ役の檀れいは最下位の成績で入団している。

宝塚歌劇団入団後

宝塚音楽学校卒業宝塚歌劇団に入団すると、肩書は本科生から研究科1年生、略して研1となる。それと同時に阪急電鉄との雇用契約を交わす。研6までは阪急電鉄の社員として扱われ、それ以降はタレント契約になる。
入団と同時に生徒の年齢は非表となり、卒業まで明かされることはない。

その後稽古を積み、研1生全員宝塚大劇場での初舞台へ出演。ここで代表して数名が口上を述べ、ショーの中で一糸乱れぬラインダンスを披露する。

年によっては、班ごとに各組の演を回ることもある。それから正式に各組へ配属される。配属後、一定期間を経てから「組替え」といって会社の人事異動よろしく組を移動することもある。

将来性ある人の場合、俗に「路線」と言って新人演(本演の間に1日だけ、研7以内のメンバーだけですべての役をこなす演を行う)や宝塚バウホールでの演で演ないしヒロインを務める。本演でも徐々に主人公ライバルなどといった良い役・ソロで歌うなど美味しい場面を与えられ、テレビ出演など舞台以外の露出も増えていく。これがトップスターになる必須条件といってもいい。

いざトップスターへ!

一つの組で徐々に実績を積み上げてトップスターになるパターンもあれば、組替えにより昇格し、最終的にトップになる場合もあるなど決してトップスターへのパターン化されているわけではない。しかし、男役の場合概ね10年以上(場合によっては20年近く)、役でも3年程度は経験を積まないとトップにはなれない。
ドラマ等でお染みの女優天海希は、研7にして涼風真世の跡を継ぎ組のトップスターになったが、これは今も破られない最速記録である。役では黒木瞳が研2で組のトップ役になったのが最速である。

トップスターになったら、フィナーレで羽を背負うのだが、男役は20kgもある羽を背負い、最後にゆっくりと大階段を降りてくる。ちなみにこれは本物のダチョウの羽を使って作られたもの。宝塚代表のような形でテレビへの出演もするし、記者会見などにも出席したりするので大忙しである。そんなトップスターの任期はだいたい3年前後で、長くても5年程度である。短い時は1年もしないうちに、つまりたった1回の演で退団するはめになったケースもある。

そして、トップスターが交代するとき、それまでのスターは専科への異動がなければ宝塚歌劇団卒業、すなわち退団することになる。トップスターになる前に、結婚・定年(60歳の誕生日まで)などの理由で退団する人もいる。その時は各種セレモニー・千秋楽での退団スピーチが行われ、トップスターともなれば退団会見をマスコミがこぞって取り上げ、演にはファンが大挙して押し寄せる。退団後は宝塚歌劇団に何らかの形で関わったり、女優タレントとして芸界で活躍したり、引退して主婦になったりと様々である。

組構成

(そら)の5組からなる。それぞれ演男役(トップスター)、役(トップ役)がおり、舞台はほぼすべて彼らを中心に作られるスターシステムを採用している。また各組には組長と副組長がおり、組のメンバー組子と呼ばれる)の面倒を見る、いわば管理職である。そのため最上級生が就任することが多い。
各組の特徴としては「ダンス」「芝居の」「日本物の」「コスチューム」「コーラスの宙組」というのがよく言われている。

これらの組とは別に専科というがあり、専科のメンバー特定の組に属さず各組の舞台に必要に応じて出演する。一部例外はあるが高齢の役を演じるメンバーが多く、きらびやかな宝塚の舞台を陰でしっかりと引き立てる存在である。専科生だけの演もある。

以下は、宝塚歌劇団トップコンビと正副組長一覧である。

トップスター トップ 組長 組長
明日りお 仙名 みず希 野じゅりあ
りょう 希れいか ゆり るう
海風 希帆 ますみ はると
ゆずる 綺咲愛里 万里柚美 美稀千種
宙組 真風 まどか 寿つかさ 舞良
専科 轟悠 ―― ―― ――

(2018年6月30日現在)

大百科の記事が存在する生徒一覧(OG含む)

あ行~な行

は行~わ行

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87%E5%9B%A3
ページ番号: 4588100 リビジョン番号: 2603167
読み:タカラヅカカゲキダン
初版作成日: 11/03/17 02:38 ◆ 最終更新日: 18/06/30 08:06
編集内容についての説明/コメント: 全体的に内容補強
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宝塚歌劇団について語るスレ

26 : ななしのよっしん :2015/08/03(月) 13:03:27 ID: rsj+xOhPSo
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26708778
27 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 06:12:49 ID: 0XSNlY8K1X
宝塚出身の女優の演技に違和感しかない
全部の演技が常に5歳未満の子供りかけるような喋り方をしてる感じが
28 : ななしのよっしん :2016/10/30(日) 14:43:37 ID: v09JVn6Ec0
有名オタクサイト運営さんがはまったそうだ
29 : ななしのよっしん :2017/12/27(水) 18:57:12 ID: sI5O+74mpX
劇は素敵なんだけどファンが怖い
女の醜いところを煮詰めて凝縮した感じというか、変に気取ったり排他的になってる印
ファンクラブとか入らないで行楽として見に行くくらいがちょうどいい
30 : 削除しました :削除しました ID: qOep34vLpJ
削除しました
31 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 19:44:20 ID: /abDIQmWST
その内宝塚男性が入団できないのは男性差別だって言われるようになるのかな?
32 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 19:53:05 ID: 9VZgSZrAsJ
男子部あったんだけどな
33 : ななしのよっしん :2018/05/25(金) 04:40:38 ID: B5QD6hBOlw
男子部もあったし元々は男性客が多く役の方が地位が高かったけど、第二次大戦のせいで男客が減り女性向けの演出を増やした結果
トップスター以下男役を立てる構成に変化してそぐわないから男子部も消滅って歴史だしなあ
結果として清く正しく美しい良妻賢を育てる機関ともなったわけだから余計に異性交流の可性を劇団として容認することはないだろうな
とはいっても寿退団があるし在団中の天海希が合コン行ってたり、彼氏にお金借りて音楽学校受験した人もいるぐらいだから今更かもしれないがw

あとファンが怖いのは分かる
ファンとは関わりたくないから面そうな演のときだけちらっと見に行くぐらいの距離感だけど十分楽しめるから別にいい
34 : ななしのよっしん :2018/06/30(土) 01:00:30 ID: C2H7Wzsgdi
歌舞伎は男が、宝塚は女が、でバランス取れてる気がする。
35 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 21:22:58 ID: n1iNMobdKz
一度「虞美人」(1本立て)を宝塚大劇場に見に行ったことがあるけど、すごくよかった。
2本立ては劇+ショーなので劇の展開が駆け足気味なのにべて、1本立ては劇にしっかりと時間がとれるせいか見ごたえがあると思う。
それにフィナーレでちゃんと踊ってくれるからショーがないのもそんなに気にならない。
といっても地方演だと大概2本立てなんだよね。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829