単語記事: 実在

編集

実在(じつざい)とは、現実に存在していることである。哲学においては、観とは独立に、客観的に存在しているもの。また、様々な現の背後にある究極的で不変のもの。

概要

だからじゃねーって。

あの作品に出てきたやつ、本当にあるんだって。マジだっつってんだろ。

わかった?

用例

の山温泉実在するもので、あそこへはも再三遊びに行つた。

坂口安吾枝町その他』(1935年)

実在は経験的認識を越したものである、すなわち不可知的である。世界相は現実在との差別観を越したところにあるのである。

井上哲次郎『明治哲学界の回顧』(1932年)

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%9F%E5%9C%A8
ページ番号: 5324941 リビジョン番号: 2186701
読み:ジツザイ
初版作成日: 15/04/03 22:01 ◆ 最終更新日: 15/04/03 22:49
編集内容についての説明/コメント: 用例と関連商品と関連項目追加、冒頭文と読み仮名修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

実在について語るスレ

1 : R :2015/05/09(土) 19:12:38 ID: 1nckTFTCae
淫夢実在します。とりとり
2 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 07:18:21 ID: nvB1tuiSAo
STAP細胞は?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015