単語記事: 寄生虫

編集

寄生虫とは、寄生生物のうち動物に分類されるものの総称である。

概要

詳しくは寄生生物の項も参照すること。

あえて動物に限定する理由は、一般的には小寄生生物は病原体、大のものは寄生虫として区別するが、そのどちらにも当てはまらない寄生植物などが存在するため。寄生植物として有名なのはヤドリギやラフレシアなどが挙げられる。

ヒトの寄生虫

以下に代表的なものを挙げる。

ノミ、ダニ、シラミなど

いわゆる外部寄生虫とよばれるもの。節足動物に属していて、ノミとシラミは昆虫ダニクモ仲間である。

毛や衣服の中に住み着いていて、人の血を吸ったりフケなどの老物を食べたりしている。性感染症として人から人へ伝染するものや、血液を介して他の病気を伝染するものもあるので疑わしいと思ったらすぐに対策すること。

なかには毛に棲んでるニキダニなんていうダニもいるが、これは大抵の人に住み着いていて基本的に

サナダムシ

たぶん一番有名な寄生虫仲間で、条と呼ばれるもの。長いひも状の種類が多い。感染経路はだいたい動物性の食物から。ただし、キツネを触った手から経口感染するエキノコックスのようなものも存在する。

1つのポイントは、人間に寄生するサナダムシは自然に人間が食べる可性があるものにしかいない、ということ。つまりイノシシ(を畜化したも)などの動物言わずもがなを遡上するサケマス類は生で食べるのは避けるべきである。これが刺身から作られる理由の一つでもある。

吸虫類

肝臓ジストマ土病として恐れられた日本住血吸など。Wikipediaの記事が秀逸なことで有名なので、暇な方は一読をお勧めする。

カタツムリナメクジなどの類は中間宿であることがあるため、これらを安易に素手で触れるのは避けよう。

回虫

昔はごくありふれた寄生虫だった。生野菜などから感染する。口から入ったが腸で孵化し、それが大きくなったら人経路でを排出する。そして人を肥料にして育った野菜などから再び人へと感染する、という生活サイクルを送っている。

現在日本ではほとんどが化学肥料になってしまい、人は下処理場へ直行するため見かけることはごく稀。ただし、世界的に見ればすこぶる蔓延している。寄生虫キムチなんかはこういった危険性がある食材である。

蟯虫

これも昔はごくありふれた寄生虫だった。この項を読んでいる人はだいたい小学生の頃にセロハンテープを肛門に押し付けるアレ)をしたことがあるはずである。

噛む癖があると感染しやすい。

その他

西郷隆盛が感染していたことで有名なフィラリア(余談だがそのせいでキ○タマサッカーボール大まで膨れていたらしい)や、鼻のに寄生するハナビル(宮崎県に多い)など、日本に棲息しているものだけでもまだまだいる。

対策

基本は「しっかり手洗いをする」「生に触れない・飲まない」「生食を避けよく火を通す」これを守るだけで大半の寄生虫から身を守ることができる。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AF%84%E7%94%9F%E8%99%AB
ページ番号: 5445376 リビジョン番号: 2410430
読み:キセイチュウ
初版作成日: 16/09/27 13:31 ◆ 最終更新日: 16/09/27 13:59
編集内容についての説明/コメント: 追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

寄生虫について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/10/06(木) 20:40:41 ID: xFTWQ9Vz6O
芽殖孤とか(寄生された相手は死ぬ)も恐いけど、
 昭和初期は、「サナダムシが人体へグロ単位でわく」のが普通だったというのも怖い。しかも下しをんだ後は 然るべき学校とか保健所みたいな機関へ何匹でたか報告せにゃならんかったらしい。うわぁああ。
2 : ななしのよっしん :2016/10/06(木) 21:24:59 ID: Rjusw64xW+
「アニサキス クジラ」で画像検索すると
数千から数万単位で腸に寄生したひも状の生物
3 : ななしのよっしん :2016/10/06(木) 21:48:34 ID: Rjusw64xW+
しかし寄生虫って動物に限定ってあるけど
トキプラズマとかマラリアとかの寄生性原生生物寄生虫として扱われてるが
原生生物動物でも植物でも菌類でもない生物だがそこら辺どうなんだろう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015