単語記事: 対数

編集

対数とは、数学の概念の一つである。数の反対の概念。

概要

手計算を行う際、足し算や引き算にべて掛け算や割り算は時間がかかる。累乗はさらに時間を要する。計算機がまだ開発されていなかった頃、数値の計算には多大な時間を要した。ここで、法則と言われる、下の式を見てほしい。

ax × ay = ax+y
(ax)y = axy

この式を見ると、掛け算数の足し算として、累乗を数の掛け算として表されているのがわかる。つまり、あらゆる数をある数の累乗で表すことによって、計算の手間を省けると考えたのだ。厳密な計算には向いていないが、手間をかけずに概数を得ることはできるので、物理学工学等で重宝された。

ニコニコ動画では対数より自然対数の底eのほうが好かれているようだ。

定義

ay = x (a>0,a≠1) であるとき、yをaを底とするxの対数といい、y = logax と書く。

また、法則対数の式で表すと、

logaxy = logax + logay
logaxy = y logax

となる。さらに詳しく知りたい方はWikipedia対数自然対数参照。

実際にやってみよう

  1. 鉛筆対数表を用意しよう。計算機は使わないでね。
  2. 2つの数を適当に決めよう。桁数が多いほうがいいよ。
  3. まずは普通に掛けてみよう。
  4. 今度は2つの数を対数表で変換して、足してみよう。
  5. 対数表を逆に使って、できた数を変換しよう。
  6. 普通に掛けた数とべてみよう。どうなったかな?

指数の反対の概念?

正確には"指数関数の逆関数"のことである。

具体例

2のx乗(すなわち2x)をPower(x)とするPower関数を作って表現すると、例えば2の5乗(25)はPower(5)と表現され、Power(5) = 32 となる。

ここでPower関数の逆関数(InvPower(x)とする)を考えると、例えばPower(5) = 32 であるから InvPower(32) = 5となる。 

Power(x)とは"(2の)x乗は何の数になるか?"であり、その逆関数であるInvPower(x)とは"xは(2の)何乗となるか?"である。上の方に書いてある対数の定義よりInvPower(x)はlog2(x)のことであり、つまりlog2(x)は2x(を関数で表現したPower(x))の逆関数ということになる。

結局何が便利なの?

乗算を加算にしたり、べき乗を乗算にしたりすることで、面倒臭い計算を1段下の簡単な計算に直すことができる。

さらには一番面倒な部分の計算を「対数表から引っってくる」という単純な操作に置き換えることができるため、より素く、簡単に計算できるようになる。昔の人が命を削って作った対数表に乗っかって楽をするためのフレームワークであると考えてもいいかもしれない。

バカでかい数字を取り扱う天文学者たちは、この対数の登場により寿命がぐっと伸びた、とも言われている(らしい)。

代表的な対数

対数を扱うときは底を固定するのがほとんどだが、有用性の高い底がしばしば用いられる。特によく使われるものが以下に挙げる3つで、状況に応じて使い分ける。どれも底を省略して log x と書かれる。同じ文章の中で下記を混在させて log x と書くことはないが、単に log x と書いた場合には底が何であるかを明確にしなければいけない。

自然対数

底がネイピア数である対数
ln x とも書く。xを変数とする対数関数微分積分が容易なため、数学対数というと自然対数を意味していることがほとんど。

自然対数のグラフ

常用対数

底が10である対数

例: log1010 = 1、log10100 = 2、log101000 = 3、…

これは、一、十、、千、万、…を、0、1、2、3、4 に変換するもので、元の数の桁数や、一十百千万の0の数がわかるので、10進数に慣れ親しんだ々にとって非常に親切。液性を示すpH等に用いられている。

二進対数

底が2である対数

2進数を扱う際に都合がいいため、計算機科学の分野でに用いられる。パソコンでお染みの情報量の単位である「ビット」は、この二進対数を用いて定義されている。

単に10進数が2進数に変わるだけで基本的な考え方は常用対数と同じ(桁数とか、100000などの0の数とか)。

対数関数

logax において、xを変数とする関数
数条件により定義域は x>0 である。指数関数 ax の逆関数であり、グラフは必ず(1,0)を通る。 a>1 なら上にな単調増加、 a<1 なら下にな単調減少。xの値を限りなく大きくしていくと、logax の絶対値は緩やかではあるものの、限りなく大きくなる。一方xの値を0に近づけると、logax の絶対値は(方向は先程と逆だが)すごい勢いで大きくなる。

複素関数としての自然対数

オイラー公式を用いて、自然対数の定義域をより広い複素数の範囲にまで拡できる。

※以下、x>0 の実自然対数(自然対数の項で既に定義したもの)を ln x と表し、
素数zの自然対数(これから定義するもの)を log z と表す。


素数zの絶対値をr,偏θとすると、

z = r (cosθ+ i sinθ)
 = eln reiθ
 = eln r + iθ

が成り立つ。ここから、

log z = ln r + iθ

となるのがわかる。但し、z=0 のときは絶対値が0になるので、log z は定義できない。
よって定義域はz≠0。

また、θ数の値をとり得るので、log z は多価関数(ひとつの値に対し、複数の値を返す関数)となる。


関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AF%BE%E6%95%B0
ページ番号: 737310 リビジョン番号: 1997334
読み:タイスウ
初版作成日: 08/11/24 13:56 ◆ 最終更新日: 14/03/29 09:34
編集内容についての説明/コメント: 二進対数に追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


z = r (cosθ+ jsinθ)??

z = r (cosθ+ j sinθ) ?

y=log2_x

自然対数グラフ

gurahu

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

対数について語るスレ

31 : ななしのよっしん :2011/10/25(火) 19:31:52 ID: VTPw6cicoi
今週のオススメ記事から来ました

z = r (cosθ+ j sinθ)って、こうだったよね・・・?
電気屋なんで、iじゃなくてjで


タイトル:z = r (cosθ+ j sinθ) ?
画像をクリックして再生!!
Twitterで紹介する

32 : ななしのよっしん :2011/10/25(火) 19:35:38 ID: VTPw6cicoi
ちょっと修正
これでいいかな?

タイトル:z = r (cosθ+ jsinθ)??
画像をクリックして再生!!
この絵を基にしています!
Twitterで紹介する

33 : ななしのよっしん :2012/09/24(月) 16:40:35 ID: kf139w819X
引く数=引かれる数-差
割る数=割られる数÷
この延長上が対数

差=引かれる数-引く数
商=割られる数÷割る数
この延長上が累乗根
34 : >>33の訂正 :2012/09/24(月) 17:23:57 ID: kf139w819X
足す数=和-足される数
掛ける数=積÷掛けられる数
この延長上が対数

足される数=和-足す数
掛けられる数=積÷掛ける数
この延長上が累乗根
35 : ななしのよっしん :2012/09/27(木) 22:33:58 ID: N6Pjyb7k8+
自然対数」のグラフだが、y軸に接したらアウトだと思うのだが・・・?
36 : ななしのよっしん :2012/09/28(金) 20:31:05 ID: UFnUHdErcm
>>35
図にすると実際あんな感じだよ。
0付近は線の太さに埋もれるぐらいが正確だと思う。
37 : ななしのよっしん :2013/10/30(水) 15:26:19 ID: MZ2nKS+tZK
あぁ微分と一緒に訳がわからなくなった悪夢
38 : ななしのよっしん :2014/07/31(木) 02:44:21 ID: jFhmuRB20p
ベンフォード法則
39 : ななしのよっしん :2016/02/06(土) 20:40:50 ID: 1I+Qz0C4Hz
底を省略するのは常用対数だけにして
自然対数はlnで統一してほしい
と思う現役学生であった
40 : ななしのよっしん :2016/07/06(水) 16:19:55 ID: GRTWgOVrL9
対数って底を10乗するごとに対数本体も10倍されるらしいのよね。
この法則を利用すれば筆算もどきでいけるらしいけど、記事に載せられるかな。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015