単語記事: 対象a

編集

対象aとは、フランスの精分析哲学者である『ジャック・ラカン』が提唱した、「欲望の原因としての対の概念を意味する言葉である。

※ 同名の楽曲については『対象a(anNina)』を参照してください。

概要

他人の中に埋め込まれ、私にとって非人間的で疎遠で、に映りそうで映らず、それでいて確実に私の一部で、私が私を人間だと規定するに際して、私が根拠としてそこにしがみついているようなもの、これをラカンの用で「対象a」と言う。対象aの代表格は、乳房、糞便、、まなざしの四つ組である。

引用元 : 新宮一成著 『ラカンの精分析』 1995 講談社 (講談社現代新書)

深く知りたい場合は、はてなキーワードこちらを参照してみてください。
また、Wikipediaなどで『ジャック・ラカン』を調べてみるのも良いでしょう。

つまりは

めるもの(=欲望の対)は、自分の記憶や経験に裏付けられているだけの既に存在しないもので、決して満たされることはないが、自分は常にそれをめ、そこにあるものだと認識しているもの。それは物理的なものかもしれないが、経験や記憶によって付加されている要素があるため、物理学的な解釈での)現実に存在するものと一致するわけではない。

といったところだろうか。
※ もっと良い解釈があるかもしれないので、参考程度に捉えて欲しい。璧な解釈は出来ないとも考えられるが…

非常に難解でイメージしづらい概念であるため、専門でないと理解は出来ないと思われる。なんとなくでいいだろう。
正直、編集者もよくは分かっていない。申し訳ないが、分かる人居たら修正・補足してください。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AF%BE%E8%B1%A1a
ページ番号: 2843482 リビジョン番号: 995559
読み:タイショウアー
初版作成日: 09/04/18 22:54 ◆ 最終更新日: 10/12/03 23:56
編集内容についての説明/コメント: 今更ですがたまたま見てみたら追加してくれと書いてあったので。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

対象aについて語るスレ

19 : 俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー :2012/07/08(日) 16:16:36 ID: CqxhXGVzvk
対象aとは「この私」の事ではないだろうか。
「この私」は例えば佐藤裕也というような名前を持つ。
しかし佐藤裕也という名前は反復可だ。
つまり佐藤裕也は言という記号を用いて徴された私にすぎない。

では「この私」はどこにいるのだろうか。
佐藤裕也という「徴としての私」と「この私」この二つの私の乖離から「欲望」が生じる。

しかしその「欲望」は言においてのみしか思考しえない。
つまり特定記号に規定して表するしかできないために「欲望」は決して満たされない。

というのはそのような性質を持つ。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
20 : ななしのよっしん :2012/11/06(火) 07:39:17 ID: CyEZxyPOQL
>>19
マルあげちゃう。
笑った。
21 : ななしのよっしん :2013/01/21(月) 05:38:18 ID: hYceO03+vI
対象a」をウィキペディアで読んだけど意味がわからなかった。
でも、この大百科で理解できた。ありがとう。
なるほどね。anNina対象aタイトル歌詞、見事に合致しているんだな。
22 : ななしのよっしん :2013/09/11(水) 20:04:45 ID: OMLufhzHQq
えーっと、つまり。

ある男の巨乳好きの原因がマザコンであったとして、実際の母親バストサイズとは一切関係がなく、また母親乳房を吸っても巨乳好きが治るわけでもないということでしょうか。


…私は「手のひらからちょっと余る」位が大好きです。はい。何の話かは知りませんが。
23 : ななしのよっしん :2013/10/20(日) 18:38:48 ID: uZXNtXc4wO
を満たす為に利用したもの捨てたものってことか?
aが欲しいと思っても実際にめてるものは?(欲)であって
aを手に入れる事で満たされた気になってるだけだと
24 : ななしのよっしん :2014/01/21(火) 07:09:59 ID: fFUFxlIaU0
>>23
対象aは決して手に入らないものじゃないか?
を満たすため、利用し捨てたものは、対象aの代替物であって
対象aそのものではないのでは?
25 : ななしのよっしん :2014/02/06(木) 23:05:04 ID: Wcmi+I94Oh
「この私」と言われると永井均と思い出す
たとえ記憶を全て洗脳によって書き換えられ、なおかつを別の体に移植する手術が成功したとする、というような思考実験において
「この私」はどこにいるのか、というような
もしくは、全く自分と同じ体をコピーし、現在の記憶を全にその体に移植できた時、自分を殺すことを容認できるかというような思考実験
26 : ななしのよっしん :2014/06/16(月) 03:12:58 ID: ZlIUi9ssFk
女は父親みたいな男をめ、男は母親みたいな女をめる、みたいな事か
27 : ななしのよっしん :2014/06/27(金) 22:28:32 ID: ITF0++Ye0g
仮面ライダーオーズグリードの設定が「対象a」に近いと思う。

コアメダルという生物の強大なパワーを封じ込めた10枚があって、この10枚から1枚を抜き取り、9枚という「欠けた」数字にしたことで、
「足りないが故に満たしたい」というメダル自信の欲望から自が生まれた。
それがグリードっていう怪物。

作中ではグリードは不全な形で復活したから自分のコアメダルめたり、自分の不全さをセルメダルという人間から作ったメダルで誤魔化そうとするんだけど、
結局コアメダルを9枚集めて全体になっても、残りの1枚がないから代わりに人間を喰らって、最終的には世界まで喰らおうとする「めるだけの存在」成り果てるんだよね。

この残りの「1枚」が「対象a」じゃないか?
つまりグリードたちはいつまでも満たされない運命であって、ひたすらこの「一枚」の代わりをめ続けるわけだ。
けど、この一枚がいからこそグリードグリードとして自を持てたわけで、そもそも一枚がければ意識すら持つことがなかった。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
28 : ななしのよっしん :2014/09/23(火) 08:56:12 ID: fFUFxlIaU0
まなざしは観で、視線は客観
まなざしは見ている人、他者がいなくても、(いないが故に?)成立するが
視線は他者がいなければ成立しない、とか?

グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015