単語記事: 将棋

編集

将棋とは、ボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。

概要

将棋の大盤解説風景

日本将棋、本将棋とも。9×9の盤の上で8種類の駒を操り二人で戦う。

チェスシャンチー中国将棋象棋)と同じく古代インドチャトランガを先祖とする。このタイプゲームでは世界で3番プレイヤー人口が多いといわれている。

相手の駒を捕って自分の戦として使えること(=持ち駒)が大きな特徴である。このシステムにより考えうる手数が指数関数的に増加し、戦略性を増す。

6075
NHKテレビ将棋トーナメント
6164
加藤一二三九段 ver.

基本ルール

△香 △桂 △銀 △金 △王 △金 △銀 △桂 △香
△飛 △角
△歩 △歩 △歩 △歩 △歩 △歩 △歩 △歩 △歩
▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩 ▲歩
▲角 ▲飛
▲香 ▲桂 ▲銀 ▲金 ▲玉 ▲金 ▲銀 ▲桂 ▲香
  • 二人が所定の位置に駒を置いた状態から、順に駒を動かす。初期配置は上の図の通り。
    駒は 玉将(王将)・飛行・将・将・桂馬・香歩兵 の8種類で、それぞれ動きが決まっている。
  • 相手の駒と同じ場所に自分の駒を進めると、その駒を取ることができる。
    • 取った駒は「持駒」となり、自分の番に駒を一つ動かす代わりに、その駒を盤上の他の駒がない好きな場所に打つことができる(いくつかの制約あり。例:二歩)。
  • 相手の地(の3列)に自分の駒を進めたり、相手の地にある自分の駒を動かすと、玉将(王将)・将以外はその駒を裏返すことができる(成り)。成ることで単純に強化される駒もあれば、元の動きを失う駒もある。
  • 相手の玉将/王将を取れることが確定したら(詰み)勝利となる。また詰まされることが決定的である場合などに、自ら負けを認めて対局を終了させることも多い(投了)。

他にも細かいルールがあるので、 将棋について:日本将棋連盟 を読むとよいだろう。

ルールイメージがつかめなければ、駒を動かしながら試せる解説ページハム将棋など)に行ってみよう。

将棋とコンピュータ

将棋コンピュータプログラムについては「コンピュータ将棋」の記事を参照。
1970年代あたりから開発が始まったとされる。

2000年代以降はコンピュータ将棋レベル向上を受け、イベントコンピュータプロ棋士との対局が組まれることも増加した。
ニコニコでは棋士コンピュータが戦う「電王戦」を日本将棋連盟と共催している。電王戦の対局の模様は下記記載のリンクからいつでも視聴可である。

タイトル

日本将棋連盟催するタイトル棋戦には以下のものがある。

タイトルを獲得する方法は「タイトル保持者に勝利する」ことである(七番勝負/五番勝負/三番勝負)。タイトル保持者への挑戦者は、保持者以外による対局(リーグ戦や単純なトーナメントなど)で決定される。
タイトル保持者は、名前の後に段位の代わりに保持タイトル名を付けて呼ばれる(「森内俊之名人」など)。
ニコニコ生放送では多くのタイトル戦の生中継が放送されている。タイムシフト視聴が可かは棋戦による。

プロ棋士

以下はニコニコ大百科に記事のある棋士である。(アイウエオ順)
ここにない棋士の記事を制作もしくは発見した方は、追記をお願いします。

男性棋士


女流棋士

将棋は「指す」もの

将棋プレイする」という意味の動詞には「す」が使われる。ニコニコでは「将棋を打つ」とコメントすると、突っ込まれる事がある。荒らされる事を防ぐ意味でも将棋は「す」と表現するのが難といえる。

将棋を「打つ」と言わない理由や「す」と言う理由にはプロ棋士でも「昔からの慣例だから」以上の答えはないらしい。ただし将棋で「打つ」を全く使わないわけではなく、盤面外から持ち駒を盤面内に置く事は「打つ」と言う。

ニコ棋士

当記事の掲示板お絵カキコ)で対局していた紳士たち。その模様は過去ログで参照出来る。     

er氏 第一回ニコニコ将棋名人戦挑戦者。
独特な玉形から快な攻めを繰り広げるも、氏に惜敗。
初代ニコニコ将棋名人。熱戦の末にer氏に勝利し、初代ニコニコ名人位を獲得。
棋譜から推測するに、四間飛が得意と思われる。

関連項目

将棋の関連項目一覧に記載

関連動画

関連生放送

関連静画

関連チャンネル

関連商品


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%86%E6%A3%8B
ページ番号: 221991 リビジョン番号: 2411861
読み:ショウギ
初版作成日: 08/06/09 20:00 ◆ 最終更新日: 16/10/01 17:43
編集内容についての説明/コメント: 棋士名追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

将棋について語るスレ

703 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 06:07:54 ID: Gw1wNvZh9S
レスだが、観る将す将は分かり合えないことにく気づくことをオススメする
まさに筋違い 全に一路ずれている 対話は成立しない
704 : ななしのよっしん :2017/04/02(日) 13:14:24 ID: YNs93N05/A
将棋界はここから数年が過渡期だろうね
果たして人間の将棋にどこまで魅があるのだろうか
705 : ななしのよっしん :2017/04/07(金) 05:43:26 ID: amJrtb++dA
>>702
まあ将棋だけの問題じゃないんだよな。
AIと人間の立ち位置をどのように定めるか、という段階に時代が入った、という事。

理知的な判断において非常に制度の高いAIがいて人件費よりも安く済むならあらゆる企業がそれを採用する。
そういう状況の中で人間が必要になる事とは何か?
将棋界は今後の世界を占う良い見本になるだろう。

個人的には最強という看を失ったプロレス界と同じ様に一旦規模を縮小して、
エンタメ路線に傾倒していくんではなかろうかと予想している。
706 : ななしのよっしん :2017/04/07(金) 06:31:54 ID: +astFSn+fe
普通に考えても不正が横行しないかぎり大丈夫でしょ
インターネットが普及してもクイズ番組は相変わらず人気だしw
707 : ななしのよっしん :2017/04/08(土) 01:44:48 ID: E77pbQJtWP
>>702
飛べる時代にスポーツやる居るの?
708 : ななしのよっしん :2017/04/09(日) 02:53:19 ID: Gw1wNvZh9S
>>707
それどういう例えなの?上手く言おうとして伝わってない典例だね・・・
飛べるならを飛びながらできるスポーツを考案すればいいじゃん
電子メールがある時代なのに伝書を使わなくてもいいってことを言いたいんだろうねきっと
あ、ちなみにこれ分かる人には分かるネタです
709 : ななしのよっしん :2017/04/10(月) 01:01:53 ID: YNs93N05/A
>>706
将棋の場合はクイズ番組とは違うと思う
絶対の正解がゲームから正解があるゲームに変わったからね
個人的には一般レベルには影ないけどプロの人気はこのまま何かしらの変化がいままなら結構落ちるんじゃないかと思ってる
710 : ななしのよっしん :2017/04/10(月) 14:42:24 ID: Gw1wNvZh9S
>>709
ま、将棋をしたこともない人から見ると将棋ってそう見えるんだね
いつまでも将棋にしがみついていないで嫌なら他の趣味見つければいいのに
自分中心に世界が回ってると思ってんだね
711 : ななしのよっしん :2017/04/17(月) 19:56:04 ID: Gw1wNvZh9S
将棋動画ガバだのホモだの淫夢系ばかりになったなぁ
712 : ななしのよっしん :2017/04/24(月) 00:23:52 ID: I/UmkmBfxp
将棋は他の動画カテゴリと違って高で頭のいいジャンルなのにね
ニコニコ動画で取り扱っていいものじゃなかったね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015