単語記事: 小保方晴子

編集

この記事は現在話題となっている人物を扱っています。 閲覧の際には、確たる根拠のある記述かどうか、よく注意してください。 ニコニコ大百科ニコニコ動画プレミアム会員であればでも編集できる」 ものであり、誤った内容や憶測に基づく内容が含まれることがあります。

ニコニコ大百科がすべてではありません。ほかのメディアも参照しましょう。

この記事を編集する方は、「あなたの編集内容に万が一誤りや偏りがあった場合、この記事対の人物、あるいは関連した人物に対する謂れのない非難や好奇のを招く可性がある」ということに十分に留意してださい。

ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

小保方 (おぼかた はるこ、1983年-)とは、日本の学者である。専門は細胞生物学。
2014年1月に外からの刺によって万細胞であるSTAP細胞の作成方法を世界で初めて確立したと発表し、話題となっている。

経歴

1983年 千葉県松戸市に生まれる。
1996年 松戸市立第六中学校入学
1999年 東邦大学付属東邦高等学校入学
2002年 早稲田大学工学部 応用科学科に入学
2006年 卒業後、同大学大学院に進学。
2008年 アメリカハーバード大学 医学大学院チャールズバカティ教授の研究室に留学。
2011年 化学研究所 客員研究員となる。
2013年 化学研究所 再生科学総合研究センター 細胞プログラミング研究ユニットリーダーに就任。
2014年

2015年

2016年

その他

研究室でのユニフォームは祖から受け継いだとされるい割烹着。
また研究室のにはムーミンの絵が描かれているとされる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%8F%E4%BF%9D%E6%96%B9%E6%99%B4%E5%AD%90
ページ番号: 5218968 リビジョン番号: 2323411
読み:オボカタハルコ
初版作成日: 14/04/09 15:37 ◆ 最終更新日: 16/02/10 21:22
編集内容についての説明/コメント: あの日
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小保方晴子について語るスレ

1248 : ななしのよっしん :2016/04/16(土) 19:06:11 ID: 13YNS4aXj1
ビッグコミックの「すばらしきかな人生」て漫画でまんまSTAP騒動がモデルの話がはじまっとる。「あの日」出版より前に話は出来てたそうだが、どうなるやら。
1249 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 23:42:44 ID: utes8e1IvH
たとえ京大卒の理研トップ天才研究者だったとしても、たった一度の失敗で自殺を選んでしまう。
それは、日本社会では一度失敗をしてしまえば、もう二度と外れてしまったレールには戻れないってわかってるからだ。
そう考えると、実験は大失敗した上に1人の人を死に追いやった小保方がなぜ気な顔してコソコソと生きているのか、これは純に疑問なんだよな。
1250 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 00:19:21 ID: Aat/eTezlX
本当に小保方さんが悪いのかなぁ…。第一そんなに気な顔してるかなぁ…。
なんか小保方さんをいてた人達絡みの行きが怪しくなって来たみたいだけど…。
みんなかを生贄にして楽しんでるだけなんじゃないかって気がして来た。
1251 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 11:38:00 ID: 13YNS4aXj1
失敗と捏造じゃ意味が違うし
日本じゃなくたって捏造した科学者は永久追放だろ
1252 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 11:40:05 ID: 13YNS4aXj1
ていうかよく見たら1249は実は小保方擁護派なんだな
捏造に触れずに失敗と言い換えるコメントには今後注意しとこう
1253 : ななしのよっしん :2016/05/27(金) 17:11:36 ID: utes8e1IvH
おお、こわいこわい
Aat/eTezlXみたいに小保方を擁護して、自殺した井さんに責任全部かぶせた挙句嬉々として死体蹴りするような輩は定期的に沸くんだなー
>>1250井さんが死んでくれて嬉しくて嬉しくて仕方ないんだろうな
それに小保方は女だから何しても許される節があるって思ってる人多いんだね
行き過ぎた女尊男卑社会悪でしかない
1254 : ななしのよっしん :2016/05/27(金) 20:45:26 ID: BdTIxNEurS
>>1253
井さん々は一切出てきてないのでNG。女尊男卑も関係ないよ。言ってもないことを勝手に盛るようじゃ1250のいうように単に叩きたいだけにしか見えん。ニーチェの怪物の話でも読め。

>>1250
情況拠自体かなりいが、仮に小保方の言い分を全面的に信じて意図的な捏造がなかったとしても、その失敗に至る、態度、過去杜撰な研究が何一つとして褒められないから非難されてるんだよ。
涙が本物だからといって仕事がいい加減で許される理由にはならない。小保方がするべきは手記を書くことでも瀬戸内寂聴に泣き言をいうことでもなく、自分の不足を認めて下積みからやり直すことなのに、この二年やって来たことといえば基本的に「私は悪くない」以外なにもないんだからな。悪意がなければ許されるというのは子供だけ。
1255 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 15:07:28 ID: pLq7/EjrAG
http://synodos.jp/science/16617
>STAP細胞をめぐる「流言」を検討する
>粥川準二 / ライター編集者翻訳

>繰り返される「流言」
3月19日、あるウェブ媒体が「STAP現米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが明」という記事を配信し、それに応じて「STAP細胞はやっぱりあった!」、「小保方さんは正しかったことを海外の研究者が明した」、「STAP現を否定したマスコミは反省しろ!」などといった発言がソーシャルメディア上に飛び交った。

結論からいうと、この記事の旨は昨年12月12日から数日間、ソーシャルメディア上にあふれた「流言」の繰り返しであり、多くの誤解にもとづくものである。
筆者は当時、この件について医療情報ウェブサイト『Medエッジ』同年12月13日付で、「その理解は誤り」であると解説した。
本稿ではその説明を繰り返すとともに、あらためてこの問題を整理してみる。『Medエッジ』掲載記事と内容的に重複があることをご了承されたい。

>「iMuSC細胞」とSTAP細胞
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1256 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 15:13:11 ID: pLq7/EjrAG
>対も方法も結果も異なる
ではヴォイニッツ博士らの研究結果は、小保方氏らの名誉をどれくらい回復するものなのだろうか? ヴォイニッツ博士らが行なった実験は、マウス筋肉細胞に「損傷」という物理的な刺を与えた、というものである。

まず実験が違う。小保方氏らはさまざまな細胞を使ったようだが、多性の確認に成功したと述べたのはリンパ球だけである。一方、ヴォイニッツ博士らは筋肉細胞である。方法もまったく異なる。
小保方氏らはさまざまな刺方法を試したようだが、多性の確認に成功したものとして論文にまとめたのは、である。それに対して、ヴォイニッツ博士らが行なった刺は、「損傷(裂傷)」である。

これらの事実からだけでも、ヴォイニッツ博士らの論文が、小保方氏らが『ネイチャー』論文で成功したと称したことを再現したわけではないことがわかる。

そして結果も異なることが重要だ。ヴォイニッツ博士らは、このiMuSC細胞が3種類の胚葉(内胚葉、中胚葉、外胚葉)に変わることは確認したが、「キメラ」という多性の確認方法では「全な生殖細胞系の遺伝」は確認できなかったと明記している。
つまり生殖細胞にはならなかったということだ。この論文では、分化し終わった筋肉細胞を「損傷」することによって「部分的に(partially)」初期化することができ、「多性様状態(pluripotent-like state)」にすることができたとされているのだが、
「部分的に」や「様(-like)」という言葉遣いからわかるように、体細胞の初期化や多性の獲得に、全に成功したとは述べていない。小保方氏らが『ネイチャー』論文で成功したとしたこととは異なる。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1257 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 15:16:56 ID: pLq7/EjrAG
「複数のグループ」に9から15までの文献註が付いていて、13が小保方氏らの論文である。つまり著者らは小保方氏らの2011年の論文を「矛盾する諸結果」の1つとして紹介したうえで、成功したものとは認めず、明確に否定している。撤回された『ネイチャー』論文については言及すらされていない。

なお13以外の文献註には、米国の研究者がつくったという「MACP細胞」や日本の研究者がつくったという「MUSE細胞」などを報告した論文が挙げられている。STAP細胞ばかりが取りざたされがちだが、体細胞から遺伝子導入を行なわずに多性のある細胞をつくろうとした研究はしくはない。
そしていずれもこの論文の著者らが書いている通り、確固とした評価は得られていないことが知られている。安定した評価が得られているのは、遺伝子導入を行なって人工的につくった細胞iPS細胞(人工多性幹細胞)だけである。

付け加えると、『サイエンティフィック・リポーツ』は、確かに読のある学術ジャーナルではあるのだが、読の基準は「技術的妥当性」のみで、「個別論文の重要性については、出版
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015