単語記事: 小保方晴子

編集

この記事は現在話題となっている人物を扱っています。 閲覧の際には、確たる根拠のある記述かどうか、よく注意してください。 ニコニコ大百科ニコニコ動画プレミアム会員であればでも編集できる」 ものであり、誤った内容や憶測に基づく内容が含まれることがあります。

ニコニコ大百科がすべてではありません。ほかのメディアも参照しましょう。

この記事を編集する方は、「あなたの編集内容に万が一誤りや偏りがあった場合、この記事対の人物、あるいは関連した人物に対する謂れのない非難や好奇のを招く可性がある」ということに十分に留意してださい。

ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

小保方 (おぼかた はるこ、1983年-)とは、日本の学者である。専門は細胞生物学。
2014年1月に外からの刺によって万細胞であるSTAP細胞の作成方法を世界で初めて確立したと発表し、話題となっている。

経歴

1983年 千葉県松戸市に生まれる。
1996年 松戸市立第六中学校入学
1999年 東邦大学付属東邦高等学校入学
2002年 早稲田大学工学部 応用科学科に入学
2006年 卒業後、同大学大学院に進学。
2008年 アメリカハーバード大学 医学大学院チャールズバカティ教授の研究室に留学。
2011年 化学研究所 客員研究員となる。
2013年 化学研究所 再生科学総合研究センター 細胞プログラミング研究ユニットリーダーに就任。
2014年

2015年

2016年

その他

研究室でのユニフォームは祖から受け継いだとされるい割烹着。
また研究室のにはムーミンの絵が描かれているとされる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%8F%E4%BF%9D%E6%96%B9%E6%99%B4%E5%AD%90
ページ番号: 5218968 リビジョン番号: 2323411
読み:オボカタハルコ
初版作成日: 14/04/09 15:37 ◆ 最終更新日: 16/02/10 21:22
編集内容についての説明/コメント: あの日
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小保方晴子について語るスレ

1256 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 15:13:11 ID: pLq7/EjrAG
>対も方法も結果も異なる
ではヴォイニッツ博士らの研究結果は、小保方氏らの名誉をどれくらい回復するものなのだろうか? ヴォイニッツ博士らが行なった実験は、マウス筋肉細胞に「損傷」という物理的な刺を与えた、というものである。

まず実験が違う。小保方氏らはさまざまな細胞を使ったようだが、多性の確認に成功したと述べたのはリンパ球だけである。一方、ヴォイニッツ博士らは筋肉細胞である。方法もまったく異なる。
小保方氏らはさまざまな刺方法を試したようだが、多性の確認に成功したものとして論文にまとめたのは、である。それに対して、ヴォイニッツ博士らが行なった刺は、「損傷(裂傷)」である。

これらの事実からだけでも、ヴォイニッツ博士らの論文が、小保方氏らが『ネイチャー』論文で成功したと称したことを再現したわけではないことがわかる。

そして結果も異なることが重要だ。ヴォイニッツ博士らは、このiMuSC細胞が3種類の胚葉(内胚葉、中胚葉、外胚葉)に変わることは確認したが、「キメラ」という多性の確認方法では「全な生殖細胞系の遺伝」は確認できなかったと明記している。
つまり生殖細胞にはならなかったということだ。この論文では、分化し終わった筋肉細胞を「損傷」することによって「部分的に(partially)」初期化することができ、「多性様状態(pluripotent-like state)」にすることができたとされているのだが、
「部分的に」や「様(-like)」という言葉遣いからわかるように、体細胞の初期化や多性の獲得に、全に成功したとは述べていない。小保方氏らが『ネイチャー』論文で成功したとしたこととは異なる。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1257 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 15:16:56 ID: pLq7/EjrAG
「複数のグループ」に9から15までの文献註が付いていて、13が小保方氏らの論文である。つまり著者らは小保方氏らの2011年の論文を「矛盾する諸結果」の1つとして紹介したうえで、成功したものとは認めず、明確に否定している。撤回された『ネイチャー』論文については言及すらされていない。

なお13以外の文献註には、米国の研究者がつくったという「MACP細胞」や日本の研究者がつくったという「MUSE細胞」などを報告した論文が挙げられている。STAP細胞ばかりが取りざたされがちだが、体細胞から遺伝子導入を行なわずに多性のある細胞をつくろうとした研究はしくはない。
そしていずれもこの論文の著者らが書いている通り、確固とした評価は得られていないことが知られている。安定した評価が得られているのは、遺伝子導入を行なって人工的につくった細胞iPS細胞(人工多性幹細胞)だけである。

付け加えると、『サイエンティフィック・リポーツ』は、確かに読のある学術ジャーナルではあるのだが、読の基準は「技術的妥当性」のみで、「個別論文の重要性については、出版
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1258 : ななしのよっしん :2016/07/06(水) 07:15:38 ID: KlBx7CiM42
明らかに基礎学力が足りていないけど、これでも千葉県下有数の名門校出身なんだよなあ
高校でも成績はそれなりだったらしいし、早稲田内でも恵まれたコースを歩んでる
いくらなんでも経歴の全てが情実で決まるわけもなし、少なくとも同世代ではそれなりに優秀だったんだろう

い話、小保方世代以下はバカばっかりだということ
もう日本は終わりやね
1259 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 19:31:10 ID: 1Eyvsi25Li
>>1258
オボちゃんは高校文系コースで入って、一般的な学力試験のないAO入試でW大に入ったんだよ
しかも当時のAO入試は始まったばっかりでひどかった
AO組は相当アレな人が多かった時代

高校はかなりの進学校で、成績下位の人や学力の足りない人
受験が本人のコースとズレてる時にAOをさせる高校だった
オボちゃんが理系できなかったのか成績足りなかったのかは知らん
1260 : ななしのよっしん :2016/07/12(火) 14:43:49 ID: KlBx7CiM42
>>1259
AOだろうとなんだろうと、小保方ぐらいの高校出身なら基礎学力や学習するはあると考えるのが普通なんだよなあ…
30年前なら中学で習うような英文法や単を理解してないが名門高校入って大学行くような時代なんやね
早稲田に入ってからは周りが小保方より要領悪いバカしかいないからコースに乗れたんだろう
おぼちゃん世代以降は若手向けの際的なアワードの受賞者も減してるし、そのうちノーベル賞も全く取れない時代がくるやろうね
1261 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 07:04:03 ID: 1Eyvsi25Li
>>1260
高校がいいところに入ったからオボちゃん世代以降がバカってただの暴論でしょ
この高校で成績下位がどのあたりの大学に行くのかちゃんと分かってるのかね
オボちゃん中学3年の時点ではけっこう賢かったのね、なら分かるが

ちなみにW大で恵まれたコースと言ってるが別にそうでもない
研究室も別に人気の優秀なコースという訳でもないし、温厚な教授
卒論が酷すぎてブチギレられる程度には評価は悪かったというね
1262 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 03:17:52 ID: 3Jh2lIL1E7
一方で小保方さんに嵌められて自殺した井芳さんは
愛知県トップ高校から現役で京都大学医学部を出た、文句なしの天才だった。
小保方さんみたいな推薦組は辞めようが死のうが代わりはいくらでもいるが、井さんの自殺国家レベルの損失だと思う。
1263 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 02:30:04 ID: qCOmn3Dk+Q
また名誉朝鮮人ID: KlBx7CiM42ちゃんがハッスルしてらっしゃる
1264 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 08:28:33 ID: tnRCsg/fvS
まぁでも再発防止作は絶対に必要だと思うわ
1265 : ななしのよっしん :2016/08/08(月) 10:39:42 ID: 3Jh2lIL1E7

http://i.imgur.com/xroy2pC.jpg
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015