単語記事: 小平奈緒

編集  

小平奈緒(こだいら なお)は日本スピードスケート選手である。

概要

1986年5月26日生まれ、長野県出身。相澤病院所属。

中学校時代から全大会で活躍した選手だったが、保健体育の教員免許等を考えたうえで実業団のオファーを蹴って信州大学教育学部に進学。 2009年にユニバーシアードで女子1500m優勝などの成績を残す一方、これといって特別な配慮を受けることなく自大学卒業した。信州大学卒業後は松本市相澤病院所属の選手となり、翌2010年にはバンクーバーオリンピックに出場。1000mと1500mでは5位入賞。 女子チームパシュートでは穂積子・田畑真紀とともにメダルを獲得した(地味に、小平は大卒女子選手のメダリスト1号となった)。

しかし4年後のソチオリンピックでは500mで5位入賞、1000mでは13位。メダルに手が届かなかった彼女は自分を鍛え直すべく、オランダに2年間留学することになる(この間、相澤病院は書類上小平を"長期出張"扱いにしている)。 これが功を奏して、2014-15シーズンISUワールドカップ女子500m金メダル2017年世界距離別選手権で500m優勝・1000m2位、世界プリング選手権優勝などの活躍を見せる。 おまけに、インタビュー対応ができるどころか早口言葉もいけるレベルオランダ語を身に着けた。

そして名実ともに日本エースとして迎えた平昌オリンピックでは、女子1000mでメダルを獲得し銅メダル高木美帆と並んで五輪女子史上初のダブル台を達成。さらに女子500mにおいては五輪新記録の36秒94を出し金メダルを獲得、このとき2位となった戦友イ・サンファとともにウィニングランをするシーン世界中から称賛され、同大会の閉会式でも「フェアプレーと友好を世界に伝えた選手代表」として登壇した。

そんな彼女だが、”氷上の詩人”という一面も持ち合わせており、

  • スケートが自分の足になってくる。さらに言えば、氷が自分の足になってくるような感じです
  • 与えられるものは有限、めるものは
  • 自分の氷としっかり対話して、とにかく自分の好きなようにこの氷を味わおうと思って滑りました

などなど、とにかく事あるごとに口から味わい深い名言を生み出すことでも知られている。
記録もさることながらその言葉にもぜひ注していただきたい。

関連動画

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%8F%E5%B9%B3%E5%A5%88%E7%B7%92
ページ番号: 5525800 リビジョン番号: 2582160
読み:コダイラナオ
初版作成日: 18/04/23 18:26 ◆ 最終更新日: 18/04/23 18:26
編集内容についての説明/コメント: 「一般会員記事作成記事編集依頼スレ」>>775より、新規作成しました(一部修正)。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小平奈緒について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 小平奈緒についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829