単語記事: 小林よしのり

編集

小林よしのりとは、日本漫画家である。
代表作は「東大一直線」「おぼっちゃまくん」「ゴーマニズム宣言」「卑怯者の島」。

経歴

小林よしのり(本名は小林善範)1953年福岡生まれ。

週刊少年ジャンプデビュー同期に友人で現在も親交のある秋本治(代表作「こち亀」)がいる。デビュー作「東大一直線」は、当時の受験戦争学歴社会ネタにしたギャグ漫画で、この時代を代表するギャグ漫画のひとつ。

その後、ラブコメ全盛期に小ヒットはするが大ヒット作がなく苦しんだものの、(本人く「ギャグ漫画家普通4年で才を消耗して大概が消えるやくざな仕事」)月刊コロコロコミック連載「おぼっちゃまくん」にて再び返り咲き、ギャグ漫画家としては難しい2本の大ヒット作品を生み出した。
特に東大一直線で70年代おぼっちゃまくん80年代90年代と違う時代でのヒットギャグ漫画ではしい。また、おぼっちゃまくん主人公・御坊魔が発する独特の言茶魔語」は子供達に大流行し社会にまでなった。ちなみにアニメ版はPTAの選ぶ「子供に見せたくない番組」にて常に上位であった。

1989年の第34小学館漫画賞児童部門に選ばれるも、授賞式で審員に「絵は下手だし下品だし、私にはこの作品のどこが面いのかわからない。来年以降は人気のみでなく、内容の善し悪しも基準に組み込みたい」と言われ、直後のスピーチで「こんな下品な漫画に賞をくれた審員の度胸に感謝します」と皮で返したエピソードがある。

小学館漫画賞の歴代受賞者&受賞作はこちら

この頃、宝島エッセ漫画おこっちゃまくん」を連載していたが、過な内容を編集部が化したりしていた為に本人のやる気がなくなっていた。そこにをつけた雑誌SPAが「ウチでもやってくれないか」と執筆を依頼し「ゴーマニズム宣言」が連載されることとなった。日常の出来事で気になったことをタブーなく描くうちに色々な論争を巻き起こす、読む人によって好悪しい作品である。新語・流行語大賞1994年員特選造賞に「ゴーマニズム」が選ばれるなど、世論にも影を与えた。

ゴーマニズム宣言にまつわる騒動

皇室

皇太子ご成婚の際にメディアの喧騒に疑問をもち「子妃が運動に取り込まれていたら」というギャグを書いたらSPAに掲載を拒否され漫画ガロに持ち込みをした「カバ焼きの日」騒動。(単行本には収録)

部落差別

出版業界の自主規制に異議を唱え、部落解放同盟と対談し議論を戦わせた結果である『ゴーマニズム宣言・差別スペシャル』を出版することで部落差別の解消案を模索した。しかし、一部の内容が差別につながると部落解放同盟削除められたが作者は折れず、議論の結果、漫画の途中に作者部落解放同盟の意見ページを入れての掲載となった。その後、部落差別解消以外の意見の違いから部落解放同盟批判しているが、部落差別自体には強く反対している。

オウム真理教

坂本弁護士一家事件でオウム批判し、オウムを擁護するテレビ・知識人・宗教学者を批判した為オウムに訴訟される。途中からオウム側が出廷しなくなった為裁判休止により実質勝訴するも、VXガスによる作者暗殺を計画されていたことが警察により発覚してニュースにもなった。この時SPA編集部がオウム側に付いたため対立し、結果としてSAPIOに移籍する事になる。

薬害エイズ

エイズ問題では、患者である子供達と知り合った事から情が湧き「HIV訴訟を支える会」代表に就任。自身の影活用し、漫画だけではなくオウム問題で依頼されることも多かったテレビでも宣伝・告知を努め大きなムーブメントとなり、厚生から謝罪・和解を引き出した。しかしその後、左翼による学生の団体への取り込みを危惧し運動からの日常復帰をめた。所謂14章問題である。

14章問題は1996年当時のネットで大いに議論され、10年以上を経た今でも検索するとその名残がある程である。運動団体に疑問を持っていた読者はこの前後で日常への復帰を果たすが、中には運動に生きがいを見つけた読者もおり、作者は容赦なく批判した。HIV訴訟を支える会からは一方的に解任され、視を決め込まれた。この経緯を情報開し運動の功罪を「脱正義論」として総括した。

大東亜戦争

エイズ問題の頃から、作者運動戦争責任追及や従軍慰安婦問題はエイズ問題とは別だと諫めていた。新聞紙上で従軍慰安婦問題が大きく取り上げられた際、朝日新聞産経新聞逆だった事に興味を持ち、連載上で疑問を呈すと、賛否入り乱れた膨大な反があった。事の重大さに気付き、生半可な気持ちで取り組むべきではない感じた作者は、取材や資料調を開始し歴史問題へ取り組むことになる。

その他

その後、戦争論や新しい歴史教科書をつくる会で保守と意見が一致する事が多かったが、非人的アフガン空爆や大義なきイラク戦争批判し、日本歴史伝統より対関係を優先する保守ポチ保守と皮った。また日本の高信用社会を崩壊させるとしてビッグバンの頃から市場義に警鐘を鳴らしており、「非正規雇用や貧困を是正するべき」との考えを小泉革時代からし続けていた。テレビや新聞に流され小泉革に乗った人間には「わしは警告した」「弱肉強食でわしは困らない勝ち組だが賛同してる人間はどうなっても知らんぞ」と釘を刺し、小泉支持者が不況になった途端に「弱者救済」と言い出すのは責任だと批判した。

小林よしのりの特徴として、批判したりされたりしても議論さえ噛み合えば相手のを受け取って有意義な論者として交流が生まれることが多々ある。例として、西部邁との和解、思想以上に人格を信頼している宮崎哲弥ブルセラ論争で批判しあいながらマル激などで対談するに至った宮台真司等がある。

エッセ漫画相手に似顔絵批判する人間を笑っていたが、論争相手が似顔絵漫画を理由に批判しだしてからは論争時の似顔絵をやめ、論壇誌に文章で書くなどして批判に対抗している。

おぼっちゃまくんパチンコ化された際、「北朝鮮に魂を売った」等とSAPIO編集への抗議電話があったときには、メーカー京楽産業日本企業である事を述べた上で、北朝鮮への送禁止法を施行するようめている。

14章問題時はインターネットを面い動きと表現していたが、近年の言いっ放し責任な匿名での言論には批判的である(元々、新聞記者匿名記事を批判していた)。しかしパール判事問題ではネット上における中島岳志批判レベルの高さに感心していたりする等、ネットでも評価するものは評価しているようである。

かつてはチャンネル桜を政府寄りだとして批判していたが、NHKJAPANデビュー問題での仕事ぶりを評価して応援する為に日本文化チャンネル桜二千人委員会に入った。

その後、番組を受け持つが皇位継承の問題で意見が対立し番組を降することになった。

「サヨク」について

小林よしのりが作った造カタカナの「サヨク」は明確な左翼思想やマルクス義ではなく、人権自由等・フェミニズム・反戦平和などのになんとなく引きずられて左翼に反対できない人・空気す。

思想

様々な言われようだが彼のの根底は「」と「郷土」の2点に集約される。
この2点さえ抑えておけばぶっちゃけ左とか右とかは割とどうでもよく、高度な柔軟性を維持しつつ臨機応変に対応する器量と知恵を持つことの方が大事としている。

言いたいことがあるのなら匿名掲示板に吐き捨てず公式ブロマガコメント欄に書くといいだろう。

関連動画

関連商品

関連項目(人物)

関連項目(その他)


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%AE%E3%82%8A
ページ番号: 4147759 リビジョン番号: 2464386
読み:コバヤシヨシノリ
初版作成日: 09/08/27 06:57 ◆ 最終更新日: 17/03/01 20:41
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に天皇論を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小林よしのりについて語るスレ

1969 : ななしのよっしん :2017/07/09(日) 07:25:26 ID: L+/4Uuhtql
ロリコン漫画家警察に事情を聞かれたから
表現の自由の侵、思想の自由の侵だとブロマガで書いてたけど
よしりんって「ロリコンは監視・監禁しろ、ロリコン罪を作れ」としてなかったか?
ロリコン罪」ってのが未遂とか予防的な意味で適用されるもんなのかは分からんけど
それ言ったら今回の表現の自由々のなんて詭弁以外の何物でもないと思うんだけど

それとブロマガコメントしてる規制賛成の人たちが
この意見に同意して「表現の自由を侵すとは許すまじ!」とか
「嫌いな言論が封殺されるならその言論を守る」なんてドヤ顔で言ってのがどうも…
賛成は「どんどん規制してロリコン叩き潰せ」ってぐらいにしてたけどなぁ

自分も賛成の側でコメントでよしりんのに意見したかったけど、
あそこコメントって異論には遠慮がないから恐ろしくて言うに言えないんだよな
1970 : ななしのよっしん :2017/07/09(日) 07:40:51 ID: L+/4Uuhtql
けどけど煩い文章になってるな、スマン
とにかくつい一ヶ前の意見とまるで逆なのが気になるって事なんだわ
もしかしたらこの人は表現々の話はまるでアテに出来ないのかもしれない

あと気になるのはコメントをしてる人たちってのは体性がいのかね
以前に自分が行ったはかなぐり捨ててよしりんの意見に賛同しかしないのか?
よしりんの意見でく程度の意志で賛成をしてたのかと思うとガッカリだわ
それなら一貫してを貫いていた規制反対のほうがずっと筋が通ってると思う
あれだけ非難されても根拠を上げて言い続ける姿勢は大したもんだわ、は納得できんけど
1971 : ななしのよっしん :2017/07/11(火) 17:34:34 ID: Oo17yXlRoV
よしりんがずっと貫いているスタンス
それは自分の発言に全く責任を持たないって点
あと柔軟性はけっこうあると思うよ
自分に都合よく論理をコロコロ変えるとか昔からよくやってたし

じゃあ昔と何が違ってこんなみっともない爺さんになっちゃかというと
エンターテイメントに昇できなくなったってところ
1972 : ななしのよっしん :2017/07/16(日) 12:10:44 ID: VtzGvwS7br
老いては何とやらを地で行ってて悲しい…せめて筋が通ってればまだしも今のよしりんでは…
1973 : ななしのよっしん :2017/07/16(日) 18:55:07 ID: tjWAx8WViK
>>1971
>>エンターテイメントに昇できなくなった

小林さんの強みはまさにこれだったんですよね。昔から刺画などはありましたが、政治漫画(でいいのかな)を一つのジャンルとして確立したのは小林さんの功績(反小林もこの点を認めている人は多い)だと思います。
ただ2000年代くらいからネット上で政治を論じやすくなったり、小林さん自体も衰えてきたり、一の強みではなくなったよう思います。
小林さんがいわゆる「ネットウヨ」をの敵にしているのもネット社会への恨み辛みがあるように見えます。
1974 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 02:07:55 ID: BhyZliwyik
ネットで色んな人間がドンドン発言しだして、埋もれていったな
ただそれは小林本人の責任なわけだが
所詮、本物にはなれなかった
1975 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 20:18:26 ID: 6B3T5htBx3
蓮舫の会見を賞賛しているね。ブロマガでは、信者小林氏の考えに同調し、
会見に疑問を抱いた有名人(つるの氏や小氏)を批判している。
こいつら、もしも小林氏が考えを手に返ししたら、あっさり追随するんだろうか。
1976 : ななしのよっしん :2017/07/21(金) 13:46:19 ID: +K8HJjssir
つるのや小べたら小林のほうが大分まし
1977 : ななしのよっしん :2017/07/21(金) 17:56:33 ID: mLa23ETP5E
小林自身は単に利己義者なんだろう。勝なんかも同類だと思う。
それ自体は別にいいけど、そういう人間の信者になってるは理解できん
1978 : ななしのよっしん :2017/07/21(金) 20:45:34 ID: PJQF3AJuGy
というか今や時事ネタにひたすら噛みついてるだけの爺さんになってる
他に連載作品や仕事があるんならまだしも本当にそれだけ
こいつ有り難がってるのってコピペブログ称賛してるのと変わらんぞ
ついてるフィルターが違うだけで
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829