編集  

少佐(HELLSING)単語

ショウサ

少佐とは、漫画HELLSING」の登場人物である。飛田展男
二次元でもしいカリスマのあるデブ

概要

少佐

本名は不明。後にミレニアムの首となり、「総統代行」「大隊指揮官」等の別称を持つ。

表向きは「少佐」と呼ばれている。ただミレニアムが作り出した私兵部隊「最後の大隊」においては、実質的にドイツ第三帝国総統と同等とされ、兵士からは「総統代行」「大隊指揮官」とも呼ばれている。
ちなみに彼に「テラスの老人達」と皮され、また少佐の独断専行を咎めて殴ったミレニアム大佐准将は、ナチス時代にあっては彼より階級が上ではあったが、内実は戦争よりも吸血鬼を操ってナチスドイツを復権させんとする「敗北義者」であった。
「最後の大隊」によって強権を得た少佐はこれら老人達を容赦なく粛清し、名実ともに総統代行となる。

極めつけの戦争狂であり、また"不死者"に対する独自の精論を持っており、これがためHELLSINGアーカードを攻撃する。
彼が立案した「第二次ゼーレヴェ作戦(英本土上陸作戦)」も、究極的には吸血鬼アーカードを破るためであった。

物語中においては「チビ」「デブ」という評価を下されるようなスペックの体を持つとされるが、漫画版での描写は立つほど太ってはおらず、身長もさほど低くはない(これは後述SS武装親衛隊)の選抜試験、ひいてはSSにおける美的感覚よるものであろう)。
しかし、OVA版ではデブを強調するためか、かなり太った上、横幅が広くなったので相対的にチビに見えるようになった。

漫画版において上述「第二次ゼーレヴェ作戦」の発布にあたり、約10ページに渡って少佐による熱の入りっぱなしな演説を行うシーンがあり、その界に色々な話題を提供した。後にOVA版でもこの演説をきっちりと最後までやり通したため、様々な音MADが誕生している。ニコニコ動画でもOVA演説部分を使ったMADが多く存在する(→少佐演説MAD初音デブ)。

備考

関連動画


関連商品

関連静画

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%91%E4%BD%90%28hellsing%29
ページ番号: 576267 リビジョン番号: 2407601
読み:ショウサ
初版作成日: 08/09/21 09:44 ◆ 最終更新日: 16/09/19 16:13
編集内容についての説明/コメント: モデルに関してのTwitterにて発言があったので追記。経緯説明として反応元のツイートも記載しておきました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

少佐(HELLSING)について語るスレ

166 : ななしのよっしん :2016/09/19(月) 17:27:38 ID: Qj2ejWTV8v
かつてないほど壮大で迷惑なかまってちゃんって感じだな。

婦警「そんなに死にたきゃ勝手に死ね!」
少佐「やだやだ、ただ死ぬなんてやだ~! 世間から忘れられたまま意味に死ぬなんてやだ~!」

色々要約するとこんな感じ。
本人的には幸せな最期だっただけに、付き合わされた人たちはたまったもんじゃなかっただろう。

167 : ななしのよっしん :2016/10/01(土) 20:24:50 ID: w2IRVBw492
少佐が自身が狂っている事を肯定してるからなぁ、本人く(狂っている?何を今更)それに彼(少佐)の言葉通り受け取ると色々惑わされるからなぁ

例えば手段の為なら的を手段を択ばないと言いつつ的をアーカードの打倒と言ってるし最後のインテグラアーカードの事を認めないと発言してる事と過去回想吸血鬼祖になれるチャンスはあったが手段の為なら的を選ばない彼が一他者の心の統合を強く拒絶してる所を見ると少なくともは言っていない。

彼の言葉の意味の解釈が本編全部見ると見ないとで最も分かりやすく変わるのは少佐のあの演説で総兵100万と1人の軍集団となるだと思う、最初は戦的な意味で自分は1人でそれ以外は一騎当千の戦の意味だと思ったけど彼の最後の人間と化け物の定義の話を聞くと一人の人間と100万の化け物としての軍集団と受け取れる。

彼のもっとも恐ろしい所は自身の損失こみで思うように事を動かす高度な策略と部下を思うように動かす扇動と弁舌そしてどんな状態でも笑みを崩さない狂気じみた精と自分のもっとも嫌がる事とはいえ、強大な
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
168 : ななしのよっしん :2016/10/01(土) 20:39:23 ID: w2IRVBw492
>>167 続き
社会常識や秩序では全に悪だが一概に色々計り知れない所があるのは一種の魅だと思う、もしかしたらアーカードのシュレディンガーを使った策略ももしかしたら戻って来ることも計算に入れてたのかもしれない。

彼の戦争の認識は限に奪い限に奪われるのだ、限に滅ぼし限に滅ぼされるのだ、だったっけか確かそんな事も言ってたし結局少佐は何を考えてこんなことしてたのか全に理解できないが少なくとも戦争行為を楽しむ、アーカードの打倒は本気だったんだろうとは思う色々は多いけど。

長文失礼いたしました。
169 : ななしのよっしん :2016/10/01(土) 22:52:47 ID: NblZr6WXhq
長いよ
3行で
170 : ななしのよっしん :2016/10/04(火) 10:20:09 ID: AKlq9tzNFr
>>164
よくあるタイプの典的な悪役って事よ
171 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 20:59:19 ID: k33tuskJpj
演説聞くと普通の兵隊がさせられるような戦いにも参加した事があるようだが
当時のドイツエリートでもそういう実戦経験積まれたのかな?
それとも少佐は士官学校出たがたたき上げなのかな?
172 : ななしのよっしん :2016/12/02(金) 22:55:42 ID: QEQETvpEik
OVA一気に見たけど最後ら辺の『初めて当たったぞ!』
って聞いたら笑ったと同時にキャラ的に好きになった
173 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 10:57:45 ID: 6hwo5/RPQA
映画帰ってきたヒトラー」の吹き替え版で、ヒトラー役が飛田展男さんだった。少佐から総統に出世したよやったねw
174 : ななしのよっしん :2017/07/27(木) 01:21:14 ID: fm5kz5RPTL
自分と同じ波長を持つもの、あるいはその芽があるものを熱狂させる才があるんだろうな
敵であったマクスウェルも少佐が放つ熱に浮かされてレコンキスタに走ったような気がする
の正気はが保障するんだという問いはマクスウェルにとってだったんじゃなかろうか
175 : ななしのよっしん :2017/09/02(土) 11:27:00 ID: ntI8yzBJ1o
少佐からするとそりゃ「の正気」には突っ込みたいだろうな
狂気の殺戮をやってきた当事者として、「お前らお前ら普通にやってるだろ」という感情は当然起きるべくして起きる
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829