単語記事: 少年法

編集

少年法とは、日本法律の一つである。

概要

少年というが少女も対である。

簡単に言えば少年少女刑事事件に関する刑法刑事訴訟法。

少年少女の更生の可性を考えて成人とは異なる刑、処分を下し、また少年に向けた特別な手続を定めた法である。

具体的には保護観察や少年院送致、実名報道を避ける努義務(強制ではない)、刑の減刑(18歳未満の者は死刑にならない)などがある。

議論 

ぶっちゃけ精神障害者の免責(刑法39条)と並んで評判の悪い法律である。止すべきというも多い。

理由は被者の感情、また死刑にならないことで少年少女悪事件を起こす、(ようするに犯罪の低年齢化)そうでなくても保護処分など軽い処分のせいで図に乗るという意見が多い。実名報道死刑は科すべきであるというわけである。

その一方で少年少女の責任の問題から維持すべきという意見もある。これはどういうことかというと、「少年大人と同じ罰を与える=大人と同じ責任があると判断する」ことを意味するから、例えば少年自動車運転免許選挙権を与えても良いことになるし、性風俗に走っても自己責任として片付けられ、守られなくなってしまう恐れがあるからである。「少年に対し大人と同様の刑罰を負う義務だけを与え権利を与えないことは人上あってはならないことである」という観点から、少年法を支持する者も居る。

また、成人の場合は刑法で定める犯罪に当たらない限り処罰することは許されないが、少年法の場合犯罪ではない非行(など)でも補導や裁での審判・保護観察が出来る。少年法止されると却って非行少年が野放し状態になってしまう。

量刑相場から見ても、成人なら執行猶予となり社会復帰できる件も、少年であるがゆえに少年院に送致され一定期間社会から隔離されるケースも多い。ゆえに「少年法があるから非行少年が図に乗って犯罪を犯すというは誤りである」とする意見もある。


いずれにしても、犯罪を犯した場合は大人と同じ刑罰を科し、その一方で権利に関しては「子供だから」という理由で制限を課すことは大人少年に対してダブルスタンダードを強いることを意味するものであり、憲法が保障する法の下の等に反する可性が高い。


また少年に対し事件や事故の責任を大人と同じ重さで負わせるということは、同時に親の監督責任を全否定することを意味するものであり(子供も大人と同じ責任=子供も1人の人間=親や周りの大人に責任はない、という理屈になる)、少年・子供にとって過酷な(=大人に都合の良い)社会が形成されてしまい、子供の未来に閉塞感を与えてしまうことが懸念されることなどから、少年大人と同じ罪の責任を被せることは好ましくないと言わざるを得ない。現在刑事裁判においては、社会復帰後の犯罪者の更生については本人の努にほぼ丸投げされており、社会経験に乏しい少年に対して同じことを行うならば、放り出された少年が更なる罪を重ねることにもつながってしまう。

実名報道の禁止に関しては少年法61条が根拠とされているが、それ以前に同法第1条の条文を読み解くと、少年といえど悪犯は非行の範疇外であると捉えることもできる。ゆえに61条の規定や人権にする弁護士らを恐れて萎縮し、あらゆる少年犯罪の実名報道自粛するマスコミ自体を非難するも挙がっている。

死亡者が1人の殺人罪や交通死亡事故などの重過失致死罪のように、大人であっても死刑にならないか、死刑となる可性が極めて低い犯罪に対し有期刑が下された場合も少年法のせいにするがよく挙がる。確かに少年の場合刑が大人よりも1段階軽くなるのが相場と言われているが、死刑々の話となるとそもそもが筋違いな大人でも死刑にならない=刑法による刑罰の重さの問題)になってしまうのであり、少年法とは別の問題として捉える必要がある(→死刑存廃問題の項も参照)。

ちなみに「18歳未満少年死刑を適用することが出来ない理由は少年法があるからである」というのは誤解である。少年法にもそのような規定はある(少年法51条)が、実質的にこれを禁じているのは「児童の権利に関する条約」という際法の方である。この条約では第1条で18歳未満の者を「児童」と規定し、第37条で児童の死刑及び終身刑を禁じているほか、第3940条においても少年犯罪者に対し相応の配慮がされるよう事細かく書かれている。日本国憲法では憲法を例外として一度批准した際法は内法に優越するとされており、仮に少年法を撤しても児童の権利に関する条約が適用され、死刑は禁止されることとなる。

この条約に批准している国家196193である。もしこの条約を破棄したり、例えば少年に対する死刑の執行を可にするため第37条aを留保するなど、条約の理念に反する形で留保をしたりすれば、社会における日本の立場がどうなってしまうかは想像に難くないであろう。…ただ、批准していない3カのうちの1つにアメリカ合衆国が含まれているのだが(一応署名はしている)。

仮に少年法を撤したところで、(18歳以上の者についてはともかくとして)犯行当時18歳未満であった者に死刑刑・適用することは際法違反の観点から到底不可能であることは現実として受け入れておかねばならない。

このように、少年法はとかく誤解に基づいた批判を受けることが多い。一部には、誤解に基づいて少年法を感情的に批判するが、少年法そのものより少年犯罪を増やしているのではないかという摘すら存在している。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%B3%95
ページ番号: 5400186 リビジョン番号: 2420483
読み:ショウネンホウ
初版作成日: 16/02/10 00:10 ◆ 最終更新日: 16/10/24 11:00
編集内容についての説明/コメント: 大幅に追記しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

少年法について語るスレ

272 : ななしのよっしん :2016/10/07(金) 12:32:20 ID: psiN/Pk+4J
「悪いものはゼロにしなければならない」というなら「間違って罪を背負うこと(冤罪)」についても
何故同じことが言えないのか、どうして自分達が間違いを犯さないという前提に立脚しているのか。
この場合、ドゥテルテ氏を支持するのは自由だけど、もしそうなら仮に自分がでもいいが相手側に
お前麻薬に関わってるから今ここで殺す」とされたらどうするのか。
言っておくが「自分は関係で実だからそんな訳ない大丈夫」とか「罪を立すれば気」
なんて気な認識は全く通用しないからね、それを選定する裁量権は自他共に個人の帰属なのだから。
では、そんな状況が普遍的になったらどうなるか…?考えるまでもない、
その場で殺し合いと虐殺が横行して事な日常なんて泡夢幻と消え失せるよ。
とんでもない本末転倒と思わないか…麻薬組織の横暴を止めようとして犠牲者を減らすどころか
善良とされる人同士で殺し合いが始まるんだよ?

例示としてはか話がズレた上に宣伝の様で悪いけど、最近メキシコ麻薬戦争を描いた映画
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
273 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 18:52:08 ID: wL4xzzrwPu
少年法に一番の物言いは「更生」の観点で言うなら大人にも適応すべきということかな。
刑務所でさえ居心地よくて再犯繰り返すジジイがいるこのご時世に。
「前科が付くと自棄的になって悪性が増す」なら前科の付く大人を野放しにするのは
自分らは害獣を有性をわかりながら野放しにする博義者(笑)ですと自己紹介してるも同然。
大人も保護するなんて言えばサイコパス認定されるのがわかってるから言わないんだろうけど
は統一性のない理念をを対話に足るレベルの人間とは思わん。
大人にも適用する」と一貫しても「法をに着て悪事が増える」とは掛け論にしかならないが。
さらに言えば知障含め「責任がない」犯罪経験者ならガッガチに拘束すべきという過激派だが。

>>271
「自己の所属するコミュニティに対し益な殺生は周囲の警を招くだけだからしない」なら理性的だけど
「(益性性問わず)人を殺してはならない」は理性には程遠いんだよなぁ。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
274 : ななしのよっしん :2016/10/23(日) 16:10:01 ID: psiN/Pk+4J
>>273
それは子どもが大人と同等の権利を有していない以上は理でしょう。
論、個々のケースによって極刑であったり情状酌量の余地が見出せる場合がありますが。
第一、悪質な前科のついた人間は相応の刑罰によって懲役刑に処せられてますし
悪犯罪にあってはそれも相応の重刑でする訳ですから自暴自棄になるから
野放しにするも何もないと思いますが。
なお「法をに着て悪事が増える」を自称される方が少年法スレ
その様な事を書き込んだからには何か具体的な少年犯罪の増加・悪化のソースは担保されてますか?
あと「良きにつけ悪しきにつけ、殺してはならない」とは申しておりません。
確かに誤解を招いたかもしれませんが、理性とは秩序を維持するメリットによる必要性や
「殺したい・殺したくない」という意思の次元のみで存在するものではない。
方の挙げた「益な殺生」を代表として様々な状況で顕在化する極めて形上の概念です。
275 : ななしのよっしん :2016/10/23(日) 16:15:30 ID: psiN/Pk+4J
>>273(続き)
仰った例示の前者のみに言及すれば「冷静」ではあっても「理性的」か否かの結論はでないでしょう。
その例示ではそもそも選択の余地はありませんし、仮にその論理では「的や条件が明確ならば
それはどんなものであれ理性的である」としてそれこそ「理性を騙って悪事が増える」
と断ずる事もできますが如何でしょうか。
私が理性という言葉を用いたのは「罪を犯せば罰則の下に罰せられる、しかし罰則はなければ
罪にはならないのか(犯罪を犯しても放免なのか)」そこにあって、法秩序の以前に
倫理や徳に準ずるものとして理性としたのです。
はじめに戻りますが「大人にも子ども並みに更生の余地を与えろ」とは統一性以前に破綻していますね。
単純に子どもに大人と同等の権利は認められてないのですから、保護や義務にあって
それ相応になるのは法治国家として自然です。
揚げ足を取る様ですが、「前科者は大人であっても保護すべき」という摘が
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
276 : ななしのよっしん :2016/10/24(月) 15:10:03 ID: 90YWpCc8HJ
再犯を繰り返すのは、日本の更生プログラムが甘いからであって
少年法の理念や刑務所の環境々はあまり関係ないと思う。
刑務所では自分の犯した罪を認めさせ、罪悪感を植え付けさせることで
再犯を防ごうとしているそうだけど、
それよりもセラピーとか傾聴といった手法で受刑者の話を聴いて共感する方が
犯罪者の更正に効果があると言った話が出てきている。

いくら犯罪者と言えども心を持った人間なんだから、
辛い、苦しい胸の内を聴いて浄化させ、その後で自分が犯した罪を反
償う方向へ持っていった方が良いと言うワケだ。
ところが日本と言うではそれをするとっ先に
「甘えるな」「被者の身になってみろ」というが飛んでくる。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
277 : ななしのよっしん :2016/10/24(月) 16:05:08 ID: psiN/Pk+4J
ここは少年法スレですから少年犯罪の再犯率については半年前>>94で書いたのでもう繰り返さんよ。
これでも尚「日本は再犯率が高いんだ、法をに着て悪事が増えてるんだ」
というなら、もうそのソースに籠っていらっしゃればよろしい。
現実の事より手前勝手な想像や妄想の方が優先されるその感覚を心底疑わざるを得ないが。
少なくとも、少年犯罪における俗説は排したからその他の成人犯罪については
刑法の記事でやってくれ、ここでは筋違いも甚だしい。
278 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 07:37:39 ID: dIGzhTaFSz
>>94を見ると数字はをつかない、だけど数字でいくらでもをつけるっていうのがよく分かるよね
279 : ななしのよっしん :2016/11/25(金) 17:38:25 ID: dIGzhTaFSz
時間がいた連投になるが
SNSが普及して顕著なのが自分勝手な正義に酔って>>113の言う通り私的制裁の加者っていう意識が低すぎる
むやみやたらに実名とか住所をしたりしていたら将来的に止言っている正義の方が殴られる側に回ってしまうという自覚はないのだろうか
280 : ななしのよっしん :2016/11/25(金) 19:01:26 ID: psiN/Pk+4J
何の権利があってあそこまで好き勝手他人を咎める事が許されると思ってるのでしょうな。
どんな大義名分を掲げたところでリンチでしかなく、大体にして人違いや誤認情報が流出した際
人を冤罪名誉毀損に追い込んだ責任はどうやって担保するのかね?
そうしたらまさか「周りがそう言っていたから」だの「軽い気持ちの出来心で」とか弁解するんか?
寂しさ惨めさ万引きしてる中高年かよ、そんな存在が法治国家の機不全を熱弁とか
笑い話にもならない悪い冗談だよ。
281 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 11:48:01 ID: dIGzhTaFSz
たとえ相手が犯罪者であっても異常だよ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015