単語記事: 少年法

編集

少年法とは、日本法律の一つである。

概要

少年というが少女も対である。簡単に言えば少年少女刑事事件に関する刑事訴訟法。少年少女の更生の可性を考えて成人とは異なる刑、処置を課す法である。具体的には少年院送致、実名報道を避ける努義務(強制ではない)、刑の減刑(死刑にならない)などがある。

議論 

ぶっちゃけ精神障害者の免責と並んで評判の悪い法律である。止すべきというも多い。理由は被者の感情、また死刑にならないことで少年少女悪事件を起こす、(ようするに犯罪の低年齢化)そうでなくても保護処分など軽い処分のせいで図に乗るという意見が多い。実名報道死刑は科すべきであるというわけである。

その一方で少年少女の責任の問題から維持すべきという意見もある。これはどういうことかというと、「少年大人と同じ罰を与える=大人と同じ責任があると判断する」ことを意味するから、例えば少年自動車運転免許選挙権を与えても良いことになるし、性風俗に走っても自己責任として片付けられ、守られなくなってしまう恐れがあるからである。「少年に対し大人と同様の刑罰を負う義務だけを与え権利を与えないことは人上あってはならないことである」という観点から、少年法を支持する者も居る。また、少年法があるから補導や裁での審判・保護観察が出来るのであり、少年法止されると却って非行少年が野放し状態になってしまう。ゆえに「少年法があるから非行少年が図に乗って犯罪を犯すというは誤りである」という意見もある。
いずれにしても、犯罪を犯した場合は大人と同じ刑罰を課し、その一方で権利に関しては「子供だから」という理由で制限を課すことは大人少年に対してダブルスタンダードを強いることを意味するものであり、憲法が保障する法の下の等に反する可性が高い。
また少年に対し事件や事故の責任を大人と同じ重さで負わせるということは、同時に親の監督責任を全否定することを意味するものであり(子供も大人と同じ責任=子供も1人の人間=親や周りの大人に責任はない、という理屈になる)、少年・子供にとって過酷な(=大人に都合の良い)社会が形成されてしまい、子供の未来に閉塞感を与えてしまうことが懸念されることなどから、少年大人と同じ罪の責任を被せることは好ましくないと言わざるを得ない。

実名報道の禁止に関しては少年法61条が根拠とされているが、それ以前に同法第1条の条文を読み解くと、少年といえど悪犯は非行の範疇外であると捉えることもできる。ゆえに61条の規定や人権にする弁護士らを恐れて萎縮し、あらゆる少年犯罪の実名報道自粛するマスコミ自体を非難するも挙がっている。

死亡者が1人の殺人罪や交通死亡事故などの重過失致死罪のように、大人であっても死刑にならないか、死刑となる可性が極めて低い犯罪に対し有期刑が下された場合も少年法のせいにするがよく挙がる。確かに少年の場合刑が大人よりも1段階軽くなるのが相場と言われているが、死刑々の話となるとそもそもが筋違いな大人でも死刑にならない=刑法による刑罰の重さの問題)になってしまうのであり、少年法とは別の問題として捉える必要がある(→死刑存廃問題の項も参照)。

ちなみに「18歳未満少年死刑を適用することが出来ない理由は少年法があるからである」というのは誤解であり、これを禁じているのは「児童の権利に関する条約」という際法の方である。この条約では第1条で18歳未満の者を「児童」と規定し、第37条で児童の死刑及び終身刑を禁じているほか、第3940条においても少年犯罪者に対し相応の配慮がされるよう事細かく書かれている。

この条約に批准している国家196193である。もしこの条約を破棄したり、例えば少年に対する死刑の執行を可にするため第37条aを留保するなど、条約の理念に反する形で留保をしたりすれば、社会における日本の立場がどうなってしまうかは想像に難くないであろう。…ただ、批准していない3カのうちの1つにアメリカ合衆国が含まれているのだが(一応署名はしている)。

仮に少年法を撤したところで、(18歳以上の者についてはともかくとして)犯行当時18歳未満であった者に死刑刑・適用することは際法違反の観点から到底不可能であることは現実として受け入れておかねばならない。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%B3%95
ページ番号: 5400186 リビジョン番号: 2375552
読み:ショウネンホウ
初版作成日: 16/02/10 00:10 ◆ 最終更新日: 16/06/21 20:30
編集内容についての説明/コメント: 議論を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

少年法について語るスレ

163 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 20:26:45 ID: z+ZFpON+cl
>>161
いや、そんな法則持ち出さなくても
そもそも犯罪者になる可性のある人間って
それ全人類なわけで……

犯罪者因子』みたいなSFじみた設定が現実にあるわけじゃないから
犯罪者を追放しても犯罪者が現れるのは当然。
きみもも、将来何かの拍子に犯罪者になる可性は普通にあるよ。
164 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 20:41:35 ID: psiN/Pk+4J
少し話が逸れたがめて申し上げておくと少年法を撤ないしは正したいという人は、
その為に必要な客観性を担保した拠による正当性をできないといけない。
さんざっぱら言い尽くした事だけど少年犯罪は増加も低年齢化も悪化もしていない、
それでも尚撤正を推し進めたいというのなら他に納得のいく論拠を持ってくることだな。
どうせ自分の惨めさを子どもに八つ当たりするに見えた感情論か、
政治家の人気取りの為の具になるのがオチだろうが。
165 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 21:02:36 ID: 1E0Obpeaed
>>158
多分、どっちも現状より陰惨としそうだな。
前者は隠蔽のための更なる犯罪が合理的になる。例えば警官に見つかったら逃げるより警官を殺して口封じ、とか。どっちも罪状は変わらんのだから
後者は寛容、というよか洗脳とかで更生、と言った具合になりそうだし、人間の徹底したリソース化を招きそうだ。伊藤計劃の『ハーモニー』みたいな

結局現行の法制度が経験則に基づいた妥協の結果で、差し当たっての最適解なんだ、ってことに落ち着くんだよね
166 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 21:29:53 ID: psiN/Pk+4J
>>165
「犯罪それ自体を認めない」という趣旨のしらみ潰し的な個人情報ないしはIDの厳格な管理統制は
現実世界でも現在進行形で推進されてるよな、同著者の作品で言えば『虐殺器官』でもあるのかも。
167 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 22:25:55 ID: 90YWpCc8HJ
>>163
そう、突き詰めれば、そのとおりです。だから、mixiなどSNS
「(不慮の事故を含む)犯罪者は有を言わさず即処刑!」と檄を飛ばしす人や
イイネ!を押す人の経をいつも疑うんですよ。
こういうのを「自分のことを棚に上げる」って言うんだよね。

不幸にも事故や事件に巻き込まれた人のことを思うときは
余計な感情を排除して、単純に「被者は運が悪かっただけだ」と捉える方が
理性を保つことができる。実際その通りだと思うしね。
168 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 00:09:57 ID: oC/9BR79dy
ふと思ったが何故保護者が代わりに刑罰や罰を支払うというやり方はダメなんだろうか
169 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 00:17:07 ID: q8oAwjyw1N
>>168
それで何がどうなるんだ?寝言は寝て言え
170 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 00:18:05 ID: 0Z5SXHmdJC
子供が全に責任無能と判断された場合はそうなることもある
子供に万引きさせた親を処罰した有名な判例があったはず

ただ未成年といえどもそこそこ育ってれば子供なりの判断や責任が認められうるのでその場合は子供自身の責任を問わなければならない
171 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 00:29:24 ID: oC/9BR79dy
>>170
解説ありがとうございました
172 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 05:01:55 ID: psiN/Pk+4J
>>167
度々例に挙げてきたけど、スマイリーキクチ中傷事件の加者となった
ネット上の匿名の人々も正にそれを地で行くものに他ならなかった。
「根拠はないけど自分は例外、棚上げして何が悪いの?」そしていざ、理不尽な立場に陥れば
「あいつが悪い、大衆が悪い、が悪い」と返しの居直りと開き直り。
も、これは法秩序の領域よりも災害の時に「自分だけは助かるに違いない」
みたいな特定状況下の心理バイアスの類かもしれませんがね。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015