単語記事: 少年法

編集

少年法とは、日本法律の一つである。

概要

少年というが少女も対である。

簡単に言えば少年少女刑事事件に関する刑法刑事訴訟法。

少年少女の更生の可性を考えて成人とは異なる刑、処分を下し、また少年に向けた特別な手続を定めた法である。

具体的には保護観察や少年院送致、実名報道を避ける努義務(強制ではない)、刑の減刑(18歳未満の者は死刑にならない)などがある。

議論 

ぶっちゃけ精神障害者の免責(刑法39条)と並んで評判の悪い法律である。止すべきというも多い。

理由は被者の感情、また死刑にならないことで少年少女悪事件を起こす、(ようするに犯罪の低年齢化)そうでなくても保護処分など軽い処分のせいで図に乗るという意見が多い。実名報道死刑は科すべきであるというわけである。

その一方で少年少女の責任の問題から維持すべきという意見もある。これはどういうことかというと、「少年大人と同じ罰を与える=大人と同じ責任があると判断する」ことを意味するから、例えば少年自動車運転免許選挙権を与えても良いことになるし、性風俗に走っても自己責任として片付けられ、守られなくなってしまう恐れがあるからである。「少年に対し大人と同様の刑罰を負う義務だけを与え権利を与えないことは人上あってはならないことである」という観点から、少年法を支持する者も居る。

また、成人の場合は刑法で定める犯罪に当たらない限り処罰することは許されないが、少年法の場合犯罪ではない非行(など)でも補導や裁での審判・保護観察が出来る。少年法止されると却って非行少年が野放し状態になってしまう。

量刑相場から見ても、成人なら執行猶予となり社会復帰できる件も、少年であるがゆえに少年院に送致され一定期間社会から隔離されるケースも多い。ゆえに「少年法があるから非行少年が図に乗って犯罪を犯すというは誤りである」とする意見もある。


いずれにしても、犯罪を犯した場合は大人と同じ刑罰を科し、その一方で権利に関しては「子供だから」という理由で制限を課すことは大人少年に対してダブルスタンダードを強いることを意味するものであり、憲法が保障する法の下の等に反する可性が高い。


また少年に対し事件や事故の責任を大人と同じ重さで負わせるということは、同時に親の監督責任を全否定することを意味するものであり(子供も大人と同じ責任=子供も1人の人間=親や周りの大人に責任はない、という理屈になる)、少年・子供にとって過酷な(=大人に都合の良い)社会が形成されてしまい、子供の未来に閉塞感を与えてしまうことが懸念されることなどから、少年大人と同じ罪の責任を被せることは好ましくないと言わざるを得ない。現在刑事裁判においては、社会復帰後の犯罪者の更生については本人の努にほぼ丸投げされており、社会経験に乏しい少年に対して同じことを行うならば、放り出された少年が更なる罪を重ねることにもつながってしまう。

実名報道の禁止に関しては少年法61条が根拠とされているが、それ以前に同法第1条の条文を読み解くと、少年といえど悪犯は非行の範疇外であると捉えることもできる。ゆえに61条の規定や人権にする弁護士らを恐れて萎縮し、あらゆる少年犯罪の実名報道自粛するマスコミ自体を非難するも挙がっている。

死亡者が1人の殺人罪や交通死亡事故などの重過失致死罪のように、大人であっても死刑にならないか、死刑となる可性が極めて低い犯罪に対し有期刑が下された場合も少年法のせいにするがよく挙がる。確かに少年の場合刑が大人よりも1段階軽くなるのが相場と言われているが、死刑々の話となるとそもそもが筋違いな大人でも死刑にならない=刑法による刑罰の重さの問題)になってしまうのであり、少年法とは別の問題として捉える必要がある(→死刑存廃問題の項も参照)。

ちなみに「18歳未満少年死刑を適用することが出来ない理由は少年法があるからである」というのは誤解である。少年法にもそのような規定はある(少年法51条)が、実質的にこれを禁じているのは「児童の権利に関する条約」という際法の方である。この条約では第1条で18歳未満の者を「児童」と規定し、第37条で児童の死刑及び終身刑を禁じているほか、第3940条においても少年犯罪者に対し相応の配慮がされるよう事細かく書かれている。日本国憲法では憲法を例外として一度批准した際法は内法に優越するとされており、仮に少年法を撤しても児童の権利に関する条約が適用され、死刑は禁止されることとなる。

この条約に批准している国家196193である。もしこの条約を破棄したり、例えば少年に対する死刑の執行を可にするため第37条aを留保するなど、条約の理念に反する形で留保をしたりすれば、社会における日本の立場がどうなってしまうかは想像に難くないであろう。…ただ、批准していない3カのうちの1つにアメリカ合衆国が含まれているのだが(一応署名はしている)。

仮に少年法を撤したところで、(18歳以上の者についてはともかくとして)犯行当時18歳未満であった者に死刑刑・適用することは際法違反の観点から到底不可能であることは現実として受け入れておかねばならない。

このように、少年法はとかく誤解に基づいた批判を受けることが多い。一部には、誤解に基づいて少年法を感情的に批判するが、少年法そのものより少年犯罪を増やしているのではないかという摘すら存在している。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%B3%95
ページ番号: 5400186 リビジョン番号: 2420483
読み:ショウネンホウ
初版作成日: 16/02/10 00:10 ◆ 最終更新日: 16/10/24 11:00
編集内容についての説明/コメント: 大幅に追記しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

少年法について語るスレ

444 : ななしのよっしん :2017/04/18(火) 18:08:58 ID: vtEBOsVvLs
都合が悪いとすぐ犯罪者扱いかよ
もしかして3行までしか読まない系かな?
445 : ななしのよっしん :2017/04/18(火) 18:56:40 ID: psiN/Pk+4J
具体的な論拠も提示しないで、「少年法が犯罪を悪化している!」
という情緒論・感情論ばかりが幅をきかせております。
一方で高齢者による暴行罪検挙数は20年間で49倍に跳ね上がっております、
しかしながらそれを問題視する世論は皆無です。
https://news.yahoo.co.jp/feature/511
キレるお年寄りにどう向き合う 増える暴言・暴力トラブル

自分の認識を妄想と判断できない善良な大衆の日常今日も続きます。
446 : ななしのよっしん :2017/04/19(水) 14:18:32 ID: cXInmg5TZx
者感情と言ってリンチしたいだけで実際にはすぐ忘れるだろうし絶対に当の被者なんてどうとも思ってないね
447 : ななしのよっしん :2017/04/19(水) 14:58:37 ID: cXInmg5TZx
書き方間違えたな
騒ぎたがる連中ほど被者のことなんてどうとも思ってないねって言いたかった
448 : ななしのよっしん :2017/04/19(水) 16:33:41 ID: OXxzLcYSNr
>>445
20年前はまだ明治大正まれの高齢者が多かった時代だし
現在暴れるほど体がある高齢者は昭和生まれしかいないから
生まれた時代でここまで質が変わるとは・・・
449 : ななしのよっしん :2017/04/20(木) 02:41:47 ID: 9hjf6cP1Un
>>442
君のように都合の悪いことは全てレッテル貼りして思考停止し罵倒するだけの輩がいるから問題の本質の解決に向かわないんだ
厳罰化、加者への圧の強化だけで犯罪がくなるのならばも苦労しないし、そうでないことは歴史明している。
いわゆるサイコパスケースを除き々がすべき事は特に少年を相手にするならば一にも二にも教育なんだ。彼らは可塑性に富んでいるし未来もあるのだから社会から追い出さずに教育し直し、社会に復帰させたほうが結局は々の利益になる。
理想論だなんだ言うかもしれないが、国家が理想の追求すらしなくなったらおしまいなんだよ
450 : ななしのよっしん :2017/04/20(木) 15:03:38 ID: NB//HbcRCB
考えてみると理想論だっていう反論はブーメランになるよな
現実義を謳ってるつもりならそもそも厳罰化に効果を期待しないだろ、だって現実は去年で殺人などの悪事件は過去最低叩き出したんだから、最近は特に何の厳罰もしてないのにね
ところがどっこいこれが現実ってやつだ
451 : ななしのよっしん :2017/04/20(木) 16:20:05 ID: psiN/Pk+4J
過去ログでも再三申し上げたかもしれないが、「治安悪化を善する」や
「増加・悪化に対抗する」等々の「的」を達成する為の「手段」が厳罰化の
それがどうしてか実際は増加も悪化もしていないのに厳罰化、ないしは少年法止を唱えるのか。
それどころか事実は逆、だとすれば論理の筋としてあるべきなのは「少年犯罪が減しているから
少年法止すべき」と方向性を示して、論理の正当性を立しなければならない。

>>449-450摘されている通り、現実が着実に理想へと向かっているのに
それと間逆の認識を露呈して気な人々がいる、これが私にはどうしても理解できない。
もはやリテラシーが低いとかそういった次元では済まされないくらいだ、
はっきり言えば冤罪を礼賛しているも同然だよ。
452 : ななしのよっしん :2017/04/21(金) 02:12:31 ID: 9hjf6cP1Un
別に私は元受刑者だからといって寛大に接しろと強要するつもりはないし
元受刑者や犯罪者への凄まじいまでの憎悪が辜の人への抑止になっているという事もこれもまた認めざるをえない事実だから全に否定はしない。
だけれど、それを鑑みた上でもやっぱり考えるべきなのは更生の事なんだよ。
臭いものに蓋をするだけじゃ世の中はいつか行き詰まるし、一人でも多くを踏み外してしまった人への救済はされなければならないと思う。少年だったら逸失利益の観点から鑑みれば尚の事。
たとえ更生重視で世間一般からは甘いと見られて抑止も弱まり、辜の人が犯罪に走ったとしても、それでもやっぱり更生は重視されなければならないと思う。
絶対にやり直しが認められない社会と一回から外れても救いのある社会。どっちの方が住みやすいか考えてみようよ。答えは自明だろ?
者感情とか犯した罰に大してどうのこうのというのは前にも言ったとおり機関社会の秩序に優先してそれに基づいた判断をするようになったら謙抑義や罪刑の均衡が失われて法治国家としては破滅だから聞くに値しない。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
453 : ななしのよっしん :2017/04/21(金) 11:20:28 ID: NB//HbcRCB
憎悪が抑止になってるか、っていうのは疑問
憎悪で法定速度をやや越えたり黄色信号の違反が0になると思うか?今あげた例は交通法違反だし自分が知る限り少なくとも自動車学校ドライバー全員が犯罪を起こしてることになるが、世の中で犯罪犯す人の大半はそういう感覚の人のが多いんじゃね

歴史的には憎悪が蔓延ってる社会の方が治安が悪いという例が多いしな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015