単語記事: 少年法

編集

少年法とは、日本の法律の一つである。

概要

少年というが少女も対象である。

簡単に言えば少年少女の刑事事件に関する刑法&刑事訴訟法。

少年少女の更生の可能性を考えて成人とは異なる刑、処分を下し、また少年に向けた特別な手続を定めた法である。

具体的には保護観察や少年院送致、実名報道を避ける努力義務(強制ではない)、刑の減刑(18歳未満の者は死刑にならない)などがある。

議論 

ぶっちゃけ精神障害者の免責(刑法39条)と並んで評判の悪い法律である。廃止すべきという声も多い。

理由は被害者の感情、また死刑にならないことで少年少女が凶悪事件を起こす、(ようするに犯罪の低年齢化)そうでなくても保護処分など軽い処分のせいで図に乗るという意見が多い。実名報道と死刑は科すべきであるというわけである。

その一方で少年少女の責任能力の問題から維持すべきという意見もある。これはどういうことかというと、「少年に大人と同じ罰を与える=大人と同じ責任能力があると判断する」ことを意味するから、例えば少年に自動車運転免許や選挙権を与えても良いことになるし、性風俗に走っても自己責任として片付けられ、守られなくなってしまう恐れがあるからである。「少年に対し大人と同様の刑罰を負う義務だけを与え権利を与えないことは人道上あってはならないことである」という観点から、少年法を支持する者も居る。

また、成人の場合は刑法で定める犯罪に当たらない限り処罰することは許されないが、少年法の場合犯罪ではない非行(夜間徘徊など)でも補導や家裁での審判・保護観察が出来る。少年法が廃止されると却って非行少年が野放し状態になってしまう。

量刑相場から見ても、成人なら執行猶予となり社会復帰できる件も、少年であるがゆえに少年院に送致され一定期間社会から隔離されるケースも多い。ゆえに「少年法があるから非行少年が図に乗って犯罪を犯すという主張は誤りである」とする意見もある。


いずれにしても、犯罪を犯した場合は大人と同じ刑罰を科し、その一方で権利に関しては「子供だから」という理由で制限を課すことは大人が少年に対してダブルスタンダードを強いることを意味するものであり、憲法が保障する法の下の平等に反する可能性が高い。


また少年に対し事件や事故の責任を大人と同じ重さで負わせるということは、同時に親の監督責任を全否定することを意味するものであり(子供も大人と同じ責任=子供も1人の人間=親や周りの大人に責任はない、という理屈になる)、少年・子供にとって過酷な(=大人に都合の良い)社会が形成されてしまい、子供の未来に閉塞感を与えてしまうことが懸念されることなどから、少年に大人と同じ罪の責任を被せることは好ましくないと言わざるを得ない。現在の刑事裁判においては、社会復帰後の犯罪者の更生については本人の努力にほぼ丸投げされており、社会経験に乏しい少年に対して同じことを行うならば、放り出された少年が更なる罪を重ねることにもつながってしまう。

実名報道の禁止に関しては少年法第61条が根拠とされているが、それ以前に同法第1条の条文を読み解くと、少年といえど凶悪犯は非行の範疇外であると捉えることもできる。ゆえに61条の規定や人権を盾にする弁護士らを恐れて萎縮し、あらゆる少年犯罪の実名報道を自粛するマスコミ自体を非難する声も挙がっている。

死亡者が1人の殺人罪や交通死亡事故などの重過失致死罪のように、大人であっても死刑にならないか、死刑となる可能性が極めて低い犯罪に対し有期刑が下された場合も少年法のせいにする声がよく挙がる。確かに少年の場合刑が大人よりも1段階軽くなるのが相場と言われているが、死刑云々の話となるとそもそもが筋違いな主張(大人でも死刑にならない=刑法による刑罰の重さの問題)になってしまうのであり、少年法とは別の問題として捉える必要がある(→死刑存廃問題の項も参照)。

ちなみに「18歳未満の少年に死刑を適用することが出来ない理由は少年法があるからである」というのは誤解である。少年法にもそのような規定はある(少年法51条)が、実質的にこれを禁じているのは「児童の権利に関する条約」という国際法の方である。この条約では第1条で18歳未満の者を「児童」と規定し、第37条で児童の死刑及び終身刑を禁じているほか、第39~40条においても少年犯罪者に対し相応の配慮がされるよう事細かく書かれている。日本国憲法では憲法を例外として一度批准した国際法は国内法に優越するとされており、仮に少年法を撤廃しても児童の権利に関する条約が適用され、死刑は禁止されることとなる。

この条約に批准している国家は196カ国中193カ国である。もしこの条約を破棄したり、例えば少年に対する死刑の執行を可能にするため第37条aを留保するなど、条約の理念に反する形で留保をしたりすれば、国際社会における日本の立場がどうなってしまうかは想像に難くないであろう。…ただ、批准していない3カ国のうちの1つにアメリカ合衆国が含まれているのだが(一応署名はしている)。

仮に少年法を撤廃したところで、(18歳以上の者についてはともかくとして)犯行当時18歳未満であった者に死刑を求刑・適用することは国際法違反の観点から到底不可能であることは現実として受け入れておかねばならない。

このように、少年法はとかく誤解に基づいた批判を受けることが多い。一部には、誤解に基づいて少年法を感情的に批判する声が、少年法そのものより少年犯罪を増やしているのではないかという指摘すら存在している。

関連動画

関連商品

関連項目

  • 少年
  • 少女
  • 不良
  • 刑法
  • 法律
  • 犯罪
  • 法律に関する記事の一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%B3%95
ページ番号: 5400186 リビジョン番号: 2420483
読み:ショウネンホウ
初版作成日: 16/02/10 00:10 ◆ 最終更新日: 16/10/24 11:00
編集内容についての説明/コメント: 大幅に追記しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

少年法について語るスレ

415 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 07:33:15 ID: 4FB4AemYS0
指摘されると少子化が進んでるから単純な比較できないはずだみたいな言い訳しようとしてるのもいるな
割合も下がってますが何か??
416 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 23:14:42 ID: 90YWpCc8HJ
某SNSでコメントをいただいて目からウロコだったのだが、
少年法廃止を声高にあげる人たちの意識の中にあるのは
「法治国家よりも徳治国家の方が良い」という確信から来ているんだそうな。

徳治国家とは、法律よりも道徳が優先される国家であり、
徳のある統治者がその持ち前の徳をもって人民を治める社会のことである。
一応法律もあるにはあるのだが、例えば道徳に反する行いに対しては
法律の規定を無視して重罰に裁かれる、といったような社会である。

この徳治主義国家、一見素晴らしいように見える方も多いと思われるでしょう。
法治国家は冷たい、法律にがんじがらめで何も出来ないと思っている方々にとっては。
しかし、徳治主義には致命的な欠点があるのをご存じだろうか。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
417 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 00:38:01 ID: psiN/Pk+4J
>>416
仮にmixiとかヤフコメの様な場では90YWpCc8HJさんのこの例示は少年法廃止を求める短絡的な、
これを言いたくはないがネトウヨ的な存在から蛇蝎の如く罵られているだろう。
しかし徳治主義とは「真実より感情を優先する」現代の社会にそぐわない歪な代物で、
実際は少年法廃止を唱えるそういった輩の方が韓国や中国と同じだった訳だ、
笑うに笑えないな…正にこれが本当のウリ二つ。
私は過去ログで「中国の様な人治主義」と言及したことがあったが、
上のレスはそれを見事に裏付ける明快な解説になっている訳だ。

http://action-now.jp/archives/10361
【慰安婦問題】韓国人が嘘をついても平気でいられる理由とその背景にある「徳治主義」という考え方

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
418 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 03:24:40 ID: Ros3dAuvBr
>>416-417
儒教を学んでいる側からするとその記事で言ってる徳治主義は儒教の考えとは全く別物だし、
あげられてる例もイスラミックステートばりに悪意をもって解釈してる。
子路第十三をあげてるとこがまさにそう。まああの部分は昔からあの手の悪意を持って
解釈されて悪用される部分の代表なんだけどね…
ぶっちゃけ本当の部分を探すのが難しいレベルのフェイクニュースだよそれ。
なのでこんな記事を例に出して徳治政治を語ってほしくはないかなー。
そんなことをやると、少年法廃止を叫ぶ人と同類になっちゃうのを危惧する。

あと、徳治政治には当たり前だけど(今でいう)法的規律はあるよ。
ただしそれは一般公開されない(成文法の形を取らない)。
そもそも儒教でいうところの「法治はダメ」というのは法家が主張するような
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
419 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 03:38:47 ID: psiN/Pk+4J
>>418
なるほど、本職で学ばれている方からすれば大いに誤解で失礼千万ということですね。
極めて安易に極端な考えに至っていた様で陳謝いたします。
必要であれば自主的に削除させていただきます、本当に申し訳ありませんでした。
量刑判断についても確かに仰る通り儒教的なものが関わっているというのも頷けます。
420 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 04:13:47 ID: Ros3dAuvBr
>>419
削除とかそういう必要はないと思う。実際儒教が誤解されているっていうのはたびたびあるんで…
こっちこそちょっと筆が荒くなって申し訳ない。

421 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 19:34:28 ID: psiN/Pk+4J
>>417で些か乱暴な理屈を言った手前お詫びといってはなんですが、では改めて少年法に纏わる
厳罰化ないしは廃止を求める世論と改善している事実関係の齟齬について少し私論を述べてみたい。
まず大前提として少年犯罪は凶悪犯罪・刑法犯と軽犯罪共に減少している。
だが確かに凶悪犯罪を犯す少年は現実にいる、無論これは少年法の存続・廃止
如何に関わらずという留意付きだが。

で、この少年犯罪者をどう罰するかについては極めて無理ゲーなお話ではあるが
やはりまずは国民のリテラシーを向上させるべきと思う。
何度も言った様に少年犯罪は改善されているし、検察への逆送致や年齢制限の引き下げ、
裁判上での被害者の意見陳述も導入されており厳罰化も十分であり、
これ以上の推進は児童福祉の観点からしても公益性を損じる本末転倒な結果の危険性が考えられる。
この他においては犯罪被害者の救済に対して公的補償を行う、過去ログ振り返って纏めると
これくらいしか今は思い浮かばないかな。
422 : ななしのよっしん :2017/02/26(日) 13:41:27 ID: 90YWpCc8HJ
>>418
解説ありがとうございます。改めてネット上では恣意的なブログや記事が多いのだと感じさせられました。
423 : ななしのよっしん :2017/03/01(水) 09:45:15 ID: 4FB4AemYS0
>>421
「刑事事件が減ってるなら厳罰化しても問題ないはずだ」
みたいなよく分からないことを言ってる人もいるけどな、正直言えば完全に自分の気持ちだけで法律を決めたがってるバカがいなくなってほしい

全然関係ないといえばないが、某事件での14年の判決みたいなのでも短すぎるとか言われてるが何を基準に短すぎると言っているのか分からんのだよな、あいつらは少年法廃止論者みたいに感覚だけで語ってるのかと思うとゾッとするね
424 : ななしのよっしん :2017/03/01(水) 10:00:56 ID: 4FB4AemYS0
https://lmedia.jp/2015/03/26/62921/
とまあ、実際に現場を経験している人が必要だと感じている時点で無関係の第三者が被害者感情ガーとかいうのが滑稽でしょうがないですね
そもそも勝手に被害者の代弁するなとしか言えない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015