単語記事: 少年法

編集

少年法とは、日本法律の一つである。

概要

少年というが少女も対である。簡単に言えば少年少女刑事事件に関する刑事訴訟法。少年少女の更生の可性を考えて成人とは異なる刑、処置を課す法である。具体的には少年院送致、実名報道を避ける努義務(強制ではない)、刑の減刑(死刑にならない)などがある。

議論 

ぶっちゃけ者の免責と並んで評判の悪い法律である。止すべきというも多い。理由は被者の感情、また死刑にならないことで少年少女悪事件を起こす、(ようするに犯罪の低年齢化)そうでなくても保護処分など軽い処分のせいで図に乗るという意見が多い。実名報道死刑は科すべきであるというわけである。

その一方で少年少女の責任の問題から維持すべきという意見もある。これはどういうことかというと、「少年大人と同じ罰を与える=大人と同じ責任があると判断する」ことを意味するから、例えば少年自動車運転免許選挙権を与えても良いことになるし、性風俗に走っても自己責任として片付けられ、守られなくなってしまう恐れがあるからである。「少年に対し大人と同様の刑罰を負う義務だけを与え権利を与えないことは人上あってはならないことである」という観点から、少年法を支持する者も居る。また、少年法があるから補導や裁での審判・保護観察が出来るのであり、少年法止されると却って非行少年が野放し状態になってしまう。ゆえに「少年法があるから非行少年が図に乗って犯罪を犯すというは誤りである」という意見もある。
いずれにしても、犯罪を犯した場合は大人と同じ刑罰を課し、その一方で権利に関しては「子供だから」という理由で制限を課すことは大人少年に対してダブルスタンダードを強いることを意味するものであり、憲法が保障する法の下の等に反する可性が高い。
また少年に対し事件や事故の責任を大人と同じ重さで負わせるということは、同時に親の監督責任を全否定することを意味するものであり(子供も大人と同じ責任=子供も1人の人間=親や周りの大人に責任はない、という理屈になる)、少年・子供にとって過酷な(=大人に都合の良い)社会が形成されてしまい、子供の未来に閉塞感を与えてしまうことが懸念されることなどから、少年大人と同じ罪の責任を被せることは好ましくないと言わざるを得ない。

実名報道の禁止に関しては少年法61条が根拠とされているが、それ以前に同法第1条の条文を読み解くと、少年といえど悪犯は非行の範疇外であると捉えることもできる。ゆえに61条の規定や人権にする弁護士らを恐れて萎縮し、あらゆる少年犯罪の実名報道自粛するマスコミ自体を非難するも挙がっている。

死亡者が1人の殺人罪や交通死亡事故などの重過失致死罪のように、大人であっても死刑にならないか、死刑となる可性が極めて低い犯罪に対し有期刑が下された場合も少年法のせいにするがよく挙がる。確かに少年の場合刑が大人よりも1段階軽くなるのが相場と言われているが、死刑々の話となるとそもそもが筋違いな大人でも死刑にならない=刑法による刑罰の重さの問題)になってしまうのであり、少年法とは別の問題として捉える必要がある(→死刑存廃問題の項も参照)。

ちなみに「18歳未満少年死刑を適用することが出来ない理由は少年法があるからである」というのは誤解であり、これを禁じているのは「児童の権利に関する条約」という際法の方である。この条約では第1条で18歳未満の者を「児童」と規定し、第37条で児童の死刑及び終身刑を禁じているほか、第3940条においても少年犯罪者に対し相応の配慮がされるよう事細かく書かれている。

この条約に批准している国家196193である。もしこの条約を破棄したり、例えば少年に対する死刑の執行を可にするため第37条aを留保するなど、条約の理念に反する形で留保をしたりすれば、社会における日本の立場がどうなってしまうかは想像に難くないであろう。…ただ、批准していない3カのうちの1つにアメリカ合衆国が含まれているのだが(一応署名はしている)。

仮に少年法を撤したところで、(18歳以上の者についてはともかくとして)犯行当時18歳未満であった者に死刑刑・適用することは際法違反の観点から到底不可能であることは現実として受け入れておかねばならない。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%B3%95
ページ番号: 5400186 リビジョン番号: 2375552
読み:ショウネンホウ
初版作成日: 16/02/10 00:10 ◆ 最終更新日: 16/06/21 20:30
編集内容についての説明/コメント: 議論を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

少年法について語るスレ

115 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 12:02:06 ID: 1E0Obpeaed
>>111
少年法も含めてから踏まえると、立法趣旨はそこじゃないんだよね。結局年少者は基本的には何しでかすかわからんし、ある程度のアソビ持たせて矯正利く間に矯正を図ろうって、趣旨で、現在の運用とさほど変わらんよ。
戦前少年犯罪』読めば昔の少年でも結構ハードな犯罪犯してたけど、あまり世論の非難は多くなかったというのが、おぼろげに判るよ。
116 : ななしのよっしん :2016/06/21(火) 20:19:10 ID: 90YWpCc8HJ
>>112
ただひたすら実名報道を要する背後には具体的にどの様な益がもたらされるか

実名報道益性を全否定するつもりはないけど、今のネット社会を見る限り
「ただ単に実名を出して叩きのめしたいだけ」にしか見えないんですよね…
掲示板SNSなどで見られる実名報道への欲求には、
ネットリンチ以外の合理性や理由を感じ取れる動機が他に見当たらない。
117 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 04:53:51 ID: psiN/Pk+4J
>>116
東日本大震災や先の熊本地震での報道なんか観ても感じるんですよね。
よく不特定多数の存在が巷で宣う「マスゴミ」という呼称にもある通り、
報道倫理を弁えない輩の傍迷惑な振る舞いには私も同意するものだけど、
他方それを批判する存在が明正大な報道の補情報運用が可なのかと。
当然そんな事は理に決まってますよね、大体にして先に挙げた中傷事件の加者は
不特定多数の「ごく普通の」一般市民だった訳でして。
そもそも、それが可だったら一種のユートピア民間メディアなんていらない、自明の理。
118 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 04:59:29 ID: psiN/Pk+4J
確かに、所謂人権屋ないしはリベラル・左胡散臭い偽善者なのは否定しないけど、
では仮に誤った情報が垂れ流されて冤罪の発生や一個人の社会的生命が殺される事になったら、
法秩序の組みとして一体どの様に責任を担保させるのか。
「重罪人には極刑を」と大で唱えるその実、何も考えてないならまだ良いが
もしくは自分達は常に正義の側に立っているとするつもりはないだろうなぁ?
言葉にして強弁するか意識に内在されているか、何れにせよその時点で自分もクズ確定ですよ。

これ自体は論旨が少年犯罪とは少し離れるし自己を棚に上げる様で恐縮だけど、
碌でもない輩を罵る前にまず自らを省みろと言いたい。
119 : ななしのよっしん :2016/06/22(水) 05:17:01 ID: TjxqHgSWhw
少年法はろくに知りもせずにいてるが大半だと思う。
何故か断片的な情報だけが独り歩きしてるな・・・
120 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 07:19:50 ID: 90YWpCc8HJ
>>118
あくまで想像だけど、
常に正義の側に立っているつもりだけならまだしも
自分の欲に絡む罪に関してだけ甘いという認識は持ってそうだな。

例えば人を死に至らしめる恐れのある犯罪を全て極刑にしろという反面
著作権法違反に関しては法律のほうがおかしいから全部罪で、みたいな感じで。
121 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 07:37:46 ID: OXxzLcYSNr
いるだろうな
正当な権利を行使してるだけのディズニージャスラックネットかれまくってる現状から考えて
122 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 19:28:23 ID: 0jCNMniBCl
>>119
ただ、この手の問題って、もう1つ「いてるのはオタクだけ。」と較出来るかつ逆の立場の人間を引き合いにして、バッシングしてる側面もあると思う。

よく考えると二次創作規制少年犯罪にべて、マスコミの印操作や規制絡みの条例が(自分の体感的に)酷く感じると思う。
また、少年法少年犯罪だと、当の加者側はこういう議論があって、ある程度は保護はあるけど、オタクだと変して「こいつらはキモいからアニメ漫画はもっと規制して潰しても構わない」や「話を聴いてほしかったらオタク卒業しろ」みたいな少年法の時とは逆に感情論むき出しでいてきてる感じだな。

あんまり言いたくないけど、大半の人間は下手に加少年を刺して報復されるより、オタクみたいな弱いしか狙いたくないんじゃないの?
でなきゃ、リアル二次創作ばかり規制されるわけないだろと思いたくなるな。
123 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 19:56:37 ID: psiN/Pk+4J
>>120
>著作権法違反に関しては法律のほうがおかしいから全部罪で、みたいな感じで。

其々別々の内実にも拘らず個人的価値観と観を然も共益と定義して憚らない…
正に傍迷惑な自警団気取りのダブスタの面躍如ですな。
前にも言ったかもしれないが、どういう訳か世の中この手の高に叫ぶ輩が幅を利かせやがる。

>>122
議論としては表現規制については漫画家を含めた芸術関連の団体が結構な論理的反論をしている。
しかしまぁ個人的な体感としてはわからなくもないです、
論これは客観的事実に基づく議論の範疇には含まれない言及ですが。
124 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 21:34:24 ID: 4e/mXYzs8A
>大半の人間は下手に加少年を刺して報復されるより

そもそも大半の人間はその少年のあずかり知れない所で文句言ってるんだろうし
報復のしようがないんじゃ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015