単語記事: 少年法

編集

少年法とは、日本法律の一つである。

概要

少年というが少女も対である。

簡単に言えば少年少女刑事事件に関する刑法刑事訴訟法。

少年少女の更生の可性を考えて成人とは異なる刑、処分を下し、また少年に向けた特別な手続を定めた法である。

具体的には保護観察や少年院送致、実名報道を避ける努義務(強制ではない)、刑の減刑(18歳未満の者は死刑にならない)などがある。

議論 

ぶっちゃけ精神障害者の免責(刑法39条)と並んで評判の悪い法律である。止すべきというも多い。

理由は被者の感情、また死刑にならないことで少年少女悪事件を起こす、(ようするに犯罪の低年齢化)そうでなくても保護処分など軽い処分のせいで図に乗るという意見が多い。実名報道死刑は科すべきであるというわけである。

その一方で少年少女の責任の問題から維持すべきという意見もある。これはどういうことかというと、「少年大人と同じ罰を与える=大人と同じ責任があると判断する」ことを意味するから、例えば少年自動車運転免許選挙権を与えても良いことになるし、性風俗に走っても自己責任として片付けられ、守られなくなってしまう恐れがあるからである。「少年に対し大人と同様の刑罰を負う義務だけを与え権利を与えないことは人上あってはならないことである」という観点から、少年法を支持する者も居る。

また、成人の場合は刑法で定める犯罪に当たらない限り処罰することは許されないが、少年法の場合犯罪ではない非行(など)でも補導や裁での審判・保護観察が出来る。少年法止されると却って非行少年が野放し状態になってしまう。

量刑相場から見ても、成人なら執行猶予となり社会復帰できる件も、少年であるがゆえに少年院に送致され一定期間社会から隔離されるケースも多い。ゆえに「少年法があるから非行少年が図に乗って犯罪を犯すというは誤りである」とする意見もある。


いずれにしても、犯罪を犯した場合は大人と同じ刑罰を科し、その一方で権利に関しては「子供だから」という理由で制限を課すことは大人少年に対してダブルスタンダードを強いることを意味するものであり、憲法が保障する法の下の等に反する可性が高い。


また少年に対し事件や事故の責任を大人と同じ重さで負わせるということは、同時に親の監督責任を全否定することを意味するものであり(子供も大人と同じ責任=子供も1人の人間=親や周りの大人に責任はない、という理屈になる)、少年・子供にとって過酷な(=大人に都合の良い)社会が形成されてしまい、子供の未来に閉塞感を与えてしまうことが懸念されることなどから、少年大人と同じ罪の責任を被せることは好ましくないと言わざるを得ない。現在刑事裁判においては、社会復帰後の犯罪者の更生については本人の努にほぼ丸投げされており、社会経験に乏しい少年に対して同じことを行うならば、放り出された少年が更なる罪を重ねることにもつながってしまう。

実名報道の禁止に関しては少年法61条が根拠とされているが、それ以前に同法第1条の条文を読み解くと、少年といえど悪犯は非行の範疇外であると捉えることもできる。ゆえに61条の規定や人権にする弁護士らを恐れて萎縮し、あらゆる少年犯罪の実名報道自粛するマスコミ自体を非難するも挙がっている。

死亡者が1人の殺人罪や交通死亡事故などの重過失致死罪のように、大人であっても死刑にならないか、死刑となる可性が極めて低い犯罪に対し有期刑が下された場合も少年法のせいにするがよく挙がる。確かに少年の場合刑が大人よりも1段階軽くなるのが相場と言われているが、死刑々の話となるとそもそもが筋違いな大人でも死刑にならない=刑法による刑罰の重さの問題)になってしまうのであり、少年法とは別の問題として捉える必要がある(→死刑存廃問題の項も参照)。

ちなみに「18歳未満少年死刑を適用することが出来ない理由は少年法があるからである」というのは誤解である。少年法にもそのような規定はある(少年法51条)が、実質的にこれを禁じているのは「児童の権利に関する条約」という際法の方である。この条約では第1条で18歳未満の者を「児童」と規定し、第37条で児童の死刑及び終身刑を禁じているほか、第3940条においても少年犯罪者に対し相応の配慮がされるよう事細かく書かれている。日本国憲法では憲法を例外として一度批准した際法は内法に優越するとされており、仮に少年法を撤しても児童の権利に関する条約が適用され、死刑は禁止されることとなる。

この条約に批准している国家196193である。もしこの条約を破棄したり、例えば少年に対する死刑の執行を可にするため第37条aを留保するなど、条約の理念に反する形で留保をしたりすれば、社会における日本の立場がどうなってしまうかは想像に難くないであろう。…ただ、批准していない3カのうちの1つにアメリカ合衆国が含まれているのだが(一応署名はしている)。

仮に少年法を撤したところで、(18歳以上の者についてはともかくとして)犯行当時18歳未満であった者に死刑刑・適用することは際法違反の観点から到底不可能であることは現実として受け入れておかねばならない。

このように、少年法はとかく誤解に基づいた批判を受けることが多い。一部には、誤解に基づいて少年法を感情的に批判するが、少年法そのものより少年犯罪を増やしているのではないかという摘すら存在している。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%B3%95
ページ番号: 5400186 リビジョン番号: 2420483
読み:ショウネンホウ
初版作成日: 16/02/10 00:10 ◆ 最終更新日: 16/10/24 11:00
編集内容についての説明/コメント: 大幅に追記しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

少年法について語るスレ

392 : ななしのよっしん :2017/01/08(日) 13:14:34 ID: RS54tZEU4C
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170108/k10010832161000.html
まぁ前々からあった話ではあるが
393 : ななしのよっしん :2017/01/11(水) 18:44:24 ID: psiN/Pk+4J
>>390
「本当は情状酌量の余地があるのだから温情判決か罪が下される」とでも確信しているのでは?
論これは想像だけど、少年法止を叫んでいる人々は冤罪を生み出すというリスクについても
実際の裁判を心底等閑視しているとしか思えない都合のいい解釈と予定調和を持っている。
日本刑事裁判の有罪率が99%以上という事実にあって、罪や酌量を得るのがどういうことなのか。

彼等は「視点」の様な代物が、これまた至極当然の様にあると思い込んでいて
当局である警察法当局の検察がそれを常に璧に遂行してくれると勝手に前提している。
論、警察や検察を悪者扱いしているつもりはないよ、しかし捜法も構成する体は
人間であるという以上、璧などないという認識が決定的に欠落している。
これでよく「お前は法曹が絶対正義で人格的にも素晴らしいと思い込んでる」
なんて言いがかりを他人に吹っかけられるもんだ。
394 : ななしのよっしん :2017/01/12(木) 12:58:38 ID: dIGzhTaFSz
それと被者は名前が出るのに加者の名前が非開ガーとか言うが法律じゃなくマスコミに言えよって話だよな
その問題は勝手に報道しているマスコミに言うべきであって少年法正または止すればというのは全く意味のない暴論だ
現時点でも悪犯罪加者なら特に非開じゃなくてもいいわけなんだし全部マスコミの裁量で決まっているんだよなぁ
395 : ななしのよっしん :2017/01/12(木) 13:12:50 ID: dIGzhTaFSz
全部ってのも言い過ぎか
者がされることに関して少年法は何の関係もないだろうに一緒くたに喋る人がいるのがまたよく分からない部分
まさか少年法止したら犯罪がなくなるわけでもあるまいに(成人済みの犯罪発生率を見ながら
396 : ななしのよっしん :2017/01/12(木) 13:23:00 ID: dIGzhTaFSz
あ、書き方がまずかったか、成人の犯罪が0にはならないってことが言いたかった
397 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 00:14:33 ID: 90YWpCc8HJ
>>393
「捜当局である警察法当局の検察がそれを常に璧に遂行してくれると勝手に前提している」一方で
警察絡みの事件になると「警察や検察は信用ならない」と言うんだからな。論理が破綻していますよ。

敢えて言うなら全ての事を知ってる全知全が現れて、
のもとで裁きが行われることを望んでいるのだろうか。

もし人間の過去の悪行を全て知ってる全知全が現れて裁きを行うことになったら、
少年法ガー言ってるヤツらにとってもかなりブーメランになりそうな気がするのですが。
昔から「けばが出る何とやら」とよく言うもので(苦笑)
398 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 00:27:56 ID: 90YWpCc8HJ
>>395
少年法をなくせば少年犯罪がなくなる訳は絶対にありえないですよね。
犯罪が起こる理由は、人間が元来持っている己の欲望や心の弱さが原因。
法律は人間社会で起きた問題に対してこうしましょう、というガイドラインを設けているに過ぎません。

法律を変えれば何もかもうまくいくと妄信しているは、
犯罪の本当の原因である己の心の弱さや欲からを背けているだけにしか見えません。
399 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 00:55:22 ID: psiN/Pk+4J
>>397
もしくは自分自身が全知全になっているつもりか…(苦笑)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2589425?news_ref=newsearch
少年院は「学校と寺と自衛隊が合わさった場所」少年法適用年齢を議論、経験者が
この記事コメント欄の大半を占める意見が彼等の論理、どんだけ人間の意思や行動を格化してんだと。
以前にも似たことをお話ししましたが、この高度情報社会の時代にあって不特定多数が
ツイッターでもまとめサイトでもいいけど根も葉もない噂やデマに加担していて、
いざ警察相を突き止めて自分達が垂れ流していたことが見当違いの大迷惑と判明した際
一体どうやって責任を取るんでしょうかね?見苦しい言い逃れと醜い責任転嫁の末に
そもそも疑われるクソ罪を立できないお前無能!」とでもぶち撒けそうですね。
400 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 00:56:29 ID: psiN/Pk+4J
>>398
そもそも法律は人間の倫理や徳を明文化したものではありませんよね。
社会を維持する上での決まり事であるけどそれは絶対的ではないし、
だったら法に書かれていないことならやっていいのか?曖昧なことがあった時はどう判断するのか?
結局、然ももらしい正義っている様でそこに体性の欠片も存在しない姿勢は虚像でしかない。

はてさて、最後のレスから2週間経つけど、HNNWUBZhPSさんはいつになったら
客観的拠とデータに基づいて論していただけるのでしょうか?
401 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 20:18:48 ID: 1E0Obpeaed
>>400
まあ、催促せずともよいかと。書き込むも書き込まぬも本人の自由ですから

もうご存知かも知れんが、アメリカでは18歳未満への死刑と仮釈放しの終身刑に対して連邦最高裁で違判決が出て以降、各州もそれにならう形で法整備が進んでるようだよ
当地では少年法の適用年齢引き下げが功を奏さなかった所為もあるらしく、適用年齢年齢引き上げの方向に傾いているようだね。まあ「児童の権利に関する条約」に沿った形になっていくんじゃないか?
あと飲年齢が18歳から21歳に戻されてるが、これは該当年齢での飲酒運転事故が落にならない数だったから、という理由らしい。全体的にはアメリカでも応報モデルから教育・更生モデルシフトしていく流れだろうね
もちろん多分にパターナリズムによる管理という側面もあるようだけど、生理学的に少年期の不安定さや可塑性に関しての実が進んで来たことも理由みたいだ

少年法に関して、日本は遅れていたのではなく、一周進んでいたのかもね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015