単語記事: 属性

編集

属性(ぞくせい)とは、する質のこと。あるものに備わっている性質や特徴のこと。特に共通性についてすことが多い。

概要

属性工学などの分野では学術的に使われる事が多い単である。物質に共通点がある場合などに使われる。また漫画アニメビデオゲームなどにも属性という言葉はよく使われている。

以下、この記事では漫画アニメビデオゲームなどにおける属性について解説する。

ビデオゲーム

ビデオゲームを初めとする各種の分野において用いられ、魔法などの具に付加されるエネルギー原理や相性関係を表すことに用いられることが多い。性格や価値観、種族などを示すこともあるがそこまで多くはい。
ビデオゲームではシステムの一部になっていることがどである。
に四大元素や陰陽五行思想をベースとすることが多い。(特に四大元素)
また、ビデオゲームの場合は、互いの属性が弱点同士になってる時が多く、3すくみになるパターンがよくある。

四大元素

「物質は、火、、土、空気の四元素からなる」という説。“空気”は“”や“気”“大気”と、“土”は“大地”と表記することもある。

元ネタは古代ギリシャの考え。現代で空気、土、火を置き換えるなら気体、液体、固体、プラズマあるいはエネルギーになる。

代表的なものとして、ファイナルファンタジー(第1作)の4体のカオスなどが挙げられる。また、これらをるものとして、四大精霊サラマンダーウンディーネノーム、シルフ)が出てくることが多い。東洋系の世界観では精霊の代わりに玄武朱雀白虎青龍聖獣が当てはめられることもある。

陰陽五行思想

中国春秋戦国時代ごろに発生した陰陽思想と五行思想が結び付いて生まれた考え方。

属性では特に「万物は木・火・土・の5種類の元素から成る」という五行思想を用いる。互いに影を与え合い、循環するという考え方が根底にある。

もともとが東洋の考えであるため、中国世界観や日本世界観の作品では四大属性よりもこちらが採用されることがある。また、木属性は攻撃に使えるようなを設定するのが難しいためか、他の属性に変更される場合もある。

光と闇

善悪二元論の世界観ではこの分類もよく使われる。

なる属性を持つものは、邪悪な属性を持つものは闇として分類され、時に四大元素の外や上位の存在として振舞うことがある。と邪、善と悪、正と負、と地()、秩序と混沌といった互いに相容れないはっきりとした対立が特徴といえる。ちなみにダークパワーっぽいのはナイトが持つとと闇が両方そなわり最強に見える。

この分類は上記の五行説に付随する陰陽の概念にも例えられる他、太陽と月モチーフとされることも多い。

物理・力学的な属性

による攻撃等、魔法的なものではないものにもりや突き、打撃のように力学的な属性が設定されることも多い。SF的な作品では運動エネルギー、熱エネルギー化学反応、ビームレーザープラズマ等が個別に設定されることもある。

その他の分類

作品によってはこれら以外のものが出てくることも多く、また同じものでも違う名称であったり、複数の属性を統合して一つとする場合、逆に一つの属性を更に細分化する場合もある。

その他の分類の例

コンピュータ

属性(コンピュータ)

萌え

萌え属性


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B1%9E%E6%80%A7
ページ番号: 456686 リビジョン番号: 1395751
読み:ゾクセイ
初版作成日: 08/08/12 22:44 ◆ 最終更新日: 11/12/31 22:14
編集内容についての説明/コメント: 概要加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

属性について語るスレ

175 : ななしのよっしん :2015/10/22(木) 17:59:33 ID: 4DGubfPn69
ていうかジョジョ属性スタンドは大体強い

火:マジシャンズ・レッド スピードキング
:ゲプ アクアネックレス ウェザー・リポート キャッチ・ザ・レインボー
ストレイ・キャット ウェザー・リポート ドゥービー・ワゥ!
土:ザ・フール オアシス アンダーワールド
レッド・ホット・チリペッパー ウェザー・リポート
氷:ホルス ホワイト・アルバム
ラット パープル・ヘイズ ウェザー・リポート

実際自然を自在に操るってかなり驚異だよね、あと主人公がこれらに入ってないのが興味深い
176 : ななしのよっしん :2015/11/10(火) 22:35:46 ID: V419EjmK3W
属性で強いのってかいる?
柱間以外で
177 : ななしのよっしん :2015/11/10(火) 22:42:33 ID: v5rjUIXA+Y
蔵馬とか?
178 : ななしのよっしん :2015/12/28(月) 20:30:01 ID: n4zYP8MlRp
属性って攻撃特化タイプキャラに使われやすかったり
ヒーローメインキャラに使われやすい分やかなイメージあるけど
上記の特徴のせいで作中線で考えると
「いざというときに役に立たない・いざというとき頼りにならない」
「対策されやすく酷い時には数回出しただけでもう通じない」
って割とヘタレな技になりやすい欠点もあるよな
まあそうしないとピンチシーン作れないからなんだけど
179 : ななしのよっしん :2015/12/31(木) 00:46:09 ID: 9mdRpF4g0n
ここの掲示板議論いな

ポケモンしかRPGまともにやったことがなかったから
属性地味・いまいちなイメージのほうが一般的なのをめて思い知った
考えてみれば凄く特殊な属性の付け方してるんだよなポケモンって
」じゃなくて「飛行」、「闇」じゃなく「悪」だったり、その癖「光」いし(最近「フェアリー」が出たけど)

でも地属性を地面・岩と二種類に分けたのは偉大だと思う
「地属性の岩攻撃が属性にきかないっておかしくね?」みたいな突っ込みを麗に回避できるから
相性も差別化できる程度には違うしね。に弱いのは共通だけど
180 : ななしのよっしん :2016/01/17(日) 17:47:05 ID: 4KE7zqrZKc
>>169
超スピードタイプの土属性を考えてるぞ
考えてみればチーターやらやら、陸上動物って走るのいやつが多いのさ
だから地面やを縦横尽に駆け巡ったり地中を高速潜行する土キャラも結構イメージできる

あと土属性には隕石→岩→石→砂→土→のようにバリバリ物理属性なんだけど多な形態変化による柔軟性があると思うわ
砂嵐中に土を漂わせれば火やの操作を妨できるし、土にを吸わせれば属性も防げる
霜柱でガードを崩せるような氷には弱そうだけど氷塊と岩ではどうやっても岩の質量が上(氷は再結晶による再生でのアドバンテージがあるように別にどの属性の1人勝ちというわけではないけど)

あとこれは本当に個人的な見解だけど「地属性」じゃなくて「土属性
どうしても属性属性と呼んでるような違和感があるんだよなぁ
181 : ななしのよっしん :2016/02/24(水) 10:48:20 ID: 5GeJcXDTTx
>>180
>どうしても属性属性と呼んでるような違和感がある
そりゃ君がバリバリ日本思考で考えてるからじゃ
ヨーロッパ由来の四大元素はearth、water、fireair
「地」と訳すのが一般的
まず「土」とはならない

その一方、「五行」は大抵「木火土」と書き表される

だから「五行」の属性を表すときは「土」で
「四大」の属性を表すときには「地」、
という暗黙の棲み分けがあるんだろう、多分
182 : ななしのよっしん :2016/03/21(月) 01:59:05 ID: O4Zygi7Atg
属性色のイメージ
つまりは渋くてかっこいいのだ
183 : ななしのよっしん :2016/04/10(日) 21:36:20 ID: zpndc3yl/X
富士山は複合属性持ち

属性:噴火、属性属性:暴、土属性:落石、
属性吹雪属性:落属性高山病、
属性:御来、闇属性:影富士
184 : ななしのよっしん :2016/05/22(日) 06:50:01 ID: a829+6raLk
属性はあくまで物理法則の範疇の戦いなら、使い手か作者がどれだけ物理学を勉強しているかで劇的に強さが変わるだろう。まぁその手の作品のターゲット層に断熱圧縮とか言ってもピンんと来ないかもしれないから敢えてやらないって作者も多そう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015