単語記事: 山

編集

とは、周囲より高く突起している地形のことである。

概要


周囲より高く盛り上がった巨大な地形で典的には頂が一つある。上部が坦なものは台地、高地と呼び、また低くく緩やかなものは丘陵(丘、)と呼び、山と区別される。中の山は山と呼ばれる。地球以外の体でも周囲より高い地形は山と呼ばれる。

山が集まったのものが山地で、山地が細長く連なったものが山脈である。

山の頂点は頂、山頂、峰と呼ばれ、山の下の方は麓(ふもと)、山麓、山裾と呼ばれる。

山を扱う学問に山岳学がある。

高さ

山の高さ(標高)を測るときは、抜(面を基準とした高さ)を用いる。地球上で一番高い山はエベレストで、日本では富士山である。

日本国:山一覧なども参照。

山の形成

山の形成にはいくつか種類がある。2つのプレートが押し合い地層が盛り上がってできるのが褶曲山地である。代表例はヒマラヤ山脈、アルプス山脈である。断層によって周囲より高くなったのが断層山地である。ほかにマグマが溜まって起したり、火山活動によって山が形成される。

山は侵食されると高地や丘陵となる。また周囲より相対的に侵食されにくい部分が山となることもある。

気候

山の気は周囲とべ冷・寒冷である。またが不安定での量が多い。

山の利用

鉱物の採取、木材の調達、などに利用される。また山で行うレジャーとして登山ハイキングスキー、などがある。

ニコニコ動画では

登山動画や山ドライブ動画ツーリング動画などが投稿されている。

また山頂でなにかする動画も多い(山頂シリーズ)。

比喩としての山

その他の意味

中国に山姓がある。

  • 山濤(205年 - 283年) - 三時代から西にかけての文人。の七賢の一人

漢字として

Unicode
U+5C71
JIS X 0213
1-27-19
部首
山部
画数
3画
𡶸
Unicode
U+21DB8
部首
山部
画数
9画
Unicode
U+2F2D
意味
山、鉱山、山のようなもの、寺院、という意味がある。〔説文解字(段注本)〕に「宣なり。く𢿱を宣べ、物を生ずるを謂ふなり。石有りて高し」とある。山・宣が畳韻であることによる解説で、〔荘子〕の釈文に基づくもの。
字形
山の形。
音訓
読みはサン、セン、訓読みは、やまくに、まち、むら。名のりに、さと、がある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校1年で習う教育漢字である。JIS X 0213第1準。
部首
山は部首山部を作る。山に関することを表す意符として用いられる。
山を符とする漢字は、仙、邖、汕、疝、訕などがある。
異体字
𡶸は、〔字彙補〕にある異体字。〔三老袁君碑〕にあるという。
互換文字
Unicodeにおいて山と互換とされる字で、部首としての山を表す。
・山陰・山・山影・山・山窩・山河・山・山塊・山岳・山間・山居・山菜・山荘・山地・山中・山脈

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B1%B1
この記事は自動でリンクされないように設定されています!
ページ番号: 4631935 リビジョン番号: 2312984
読み:ヤマ
初版作成日: 11/05/15 10:44 ◆ 最終更新日: 16/01/15 04:45
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「地球科学」「日本国:山一覧」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/04/11(金) 17:57:28 ID: kIfJIo7ybr
BB
2 : 初代記事作成者 :2015/06/26(金) 21:11:39 ID: 6bl69bCdgJ
なんでこんな丁寧な記事が有るんだw
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015