単語記事: 山内溥

編集  

山内溥とは、かつて任天堂に君臨したカリスマ組長である。組長

概要

1927年京都府京都市生まれ。本名・山内博(50歳のときに現在の名前に名)。1949年から2002年まで約半世紀にわたって任天堂の代表取締役社長を務める。2005年までは取締役相談役に就き、最終的には取締役も辞して同社相談役となった。

独自の経営哲学カリスマ性を兼ね備えたワンマン経営者として知られ、それはつまり悪く言えばそれは独裁的な経営であった。
本来会社においてそういった独善的な方針は部下達から毛嫌いされがちだが、宮本茂らが「社員はみんな社長の喜ぶ顔が見たいから頑ってる」という言葉を残しているように、社員達からの信頼は厚かったという。
全員全員そうではなかったであろうが、少なくともそういった人達が多かったことは間違いない。 

率直な物言いや、あたかもその筋の人のようなコワモテな貌から、ネット上では「組長」の称で呼ばれる。しかしそのおは意外と高めなハスキーボイスである。

京都のいち花札メーカーであった任天堂世界に名だたる企業にした立役者。また横井軍平宮本茂岩田聡などを見出してしかるべきポストにつけるなど、人物を見る確かなを持っているといえる。

「遊び方にパテントはないわけです」「ゲーム機ソフトプレイするために仕方なく買うもの」など、様々な名言を残している。

相談役となってからは、表舞台に名前が出ることすらほとんどなくなっていたが、2013年9月19日の午前、肺炎にて死去。85歳没。

若い頃

愛人と駆け落ちして失踪したことから、くから山内任天堂の次期後継者としてされていた。一方、当の本人は「東京に出て遊びたい」という奔放な調子で上早稲田大学法学部入学し、からプレゼントされた渋谷の一軒で暮らすようになる。
当時はまだ学生だというのに、友達らを巻き込んで毎日のように勢な暮らしをしていたと言われている。今でこそ組長というあだ名が付いているが、この頃の組長を一言で表すなら、持ちのボンボンであった。

さて、東京自由気ままな青春を満喫していた山内だったが、22歳の時、突如「社長(二代組長の祖にあたる)が倒れたから京都に戻って来い」という報が入る。これは、社長の座を彼を引き継がせるための呼び戻しだった。山内は事の次第を聞くと、「自分を社長業に就かせたいのなら……」と、条件を付けた。

山内の人間は、任天堂に自分一人だけでいい

つまるところ「任天堂に今いる血族を全員解雇しろ」というそれは、見ての通りかなり強な申し出だった。しかし、この条件は飲まれ、親族達は経営面から全に外された、ちなみに実際は要職から遠ざけられただけで、解雇ではなく、今でも血族の中には任天堂社内で働いている人もいる。

当時、経済のけの字も知らなかっただろう青年時代の山内は、いきなり快な手腕を見せつけると、業を継ぐことを承諾。そのため通っていた大学中退することになった。

社長としての経歴

こうして、山内任天堂社長として22歳の若さで就任した。もし父親が失踪してくれなければ今日任天堂はなかったかもしれない。
経営面において、賦の才を発揮した彼は、様々な人材を掘り起こしつつ、世界初のプラスチックトランプを開発、これを日本中の庭に普及させて会社を業界トップへとのし上げた。

その後経営規模拡大を狙って多経営(ベビーカーや食品業からタクシー会社、ラブホテル経営にまで及んだ)に手を出すがことごとく失敗する。これに懲りて1970年代以降は本業に近い玩具の製造・販売に業務内容を限定。1980年には横井軍平の開発した「ゲーム&ウオッチ」が大ヒットを記録、さらにその利益を使って開発した「ファミリーコンピュータ」(1983年)の発売・大ヒットによって娯楽産業における任天堂の地位を確立した。

先見性に富んでおり、いろいろ時代を先取りしたアイデアを提案したり、業界の未来を予見するかのようなコメントインタビューで残していたこともある。一方で上述のような失敗談もあるように、決して全てが成功したわけではなかった。

2002年社長業を引退し、自らの血族にその座を譲る……かと思いきや、やっぱり違う決断をした。

山内は、HAL研究所から任天堂取締役へと呼び寄せていた岩田聡を次期社長に任命した。この直前に岩田社長室へ呼び寄せてマンツーマンで経営哲学を3時間り、その際に前述の失敗の教訓から「異業種には絶対手を出すな」と厳命した話はよく知られる。

また、社長時代の最後に残していったとされる「2画面のゲーム機」のアイディアは、言うまでもく後にニンテンドーDSとなって、任天堂を再び業界トップに押し上げることになった。
その後継である3DSも、前々から山内が特に好み、こだわりつづけていた3D表現というテーマを本格的に昇させたものだという。(バーチャルボーイはその発想の始祖である)。
宮本茂は、組長がしきりに『3Dはどうや?』とか『飛び出さへんのか?』と聞いていたことを明かしている。

趣味

囲碁趣味で、アマ6段の段位を持っている。実はそれ以上とも。

任天堂には「山内との対局でゲームCPUが勝たなければ囲碁ゲームを出せない」という暗黙のルールが存在する、という噂がある。ちなみに囲碁ゲームの性質上ほかのテーブルゲーム較して思考ルーチンの組み立てが難しく、日本棋院が認定しているもっとも優秀なプログラムでもアマ初段。つまりこの噂が本当ならば、CPUアマ6段の組長に勝てというのはちょっとした無茶振りである

なお実際のところ今まで任天堂囲碁ゲームをほとんど発売していない。2008年8月5日には任天堂初の囲碁ゲームとして「通信対局 囲碁2700問」がWiiウェアで配信開始されたが、これは基本的にオンライン対戦ソフトで、コンピューターとの対局は初心者用の練習対局のみである。

寄附を行っている時雨殿の件からも解るように、百人一首も嗜んでいたらしく、寄附以前のインタビューで「子供達が百人一首興味を持って、遊ぶようになるようにしたい」といった希望を話していた事もあった。

投資・寄附

自らのポケットマネーで各所への投資や寄附を行ってきたことで知られる。以下はその例。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B1%B1%E5%86%85%E6%BA%A5
ページ番号: 1038863 リビジョン番号: 2403972
読み:ヤマウチヒロシ
初版作成日: 09/01/20 15:48 ◆ 最終更新日: 16/09/09 20:10
編集内容についての説明/コメント: ゲーム&ウォッチは1979年ではなく1980年発売、ファミコンの発売年(1983年)も足しておきます
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ピチュー(´;ω;`)

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山内溥について語るスレ

189 : ななしのよっしん :2017/03/09(木) 01:23:08 ID: eGxoZdHUXb
故人を美化しちゃいけないけど
今の任天堂の慌てぶりを見ると
ついこの人ならどうしたかなと思ってしまう。
190 : ななしのよっしん :2017/03/17(金) 01:17:33 ID: qV2+RnVQtR
ゼルダあんだけ寝かしたのに慌ててるわけないだろ!いい加減にしろ!
191 : ななしのよっしん :2017/05/07(日) 19:08:17 ID: z1/zdUuF9S
wikiく「トランプだけではちっぽけな会社で終わってしまう」って感じたのに、学生時に東京で一軒で生活させてもらうってとんでもない勢な生活送ってるんだな
それとも当時は東京での生活費はそんなにかからんかったんかな
192 : ななしのよっしん :2017/06/23(金) 03:11:36 ID: oeQVPSoWTP
任天堂組長社長に就任する前からそれなりの大手企業だよ
世界企業じゃなかったってだけで
若かりし頃に勢な生活の極みを送ったからこそその後の玩具商売を見極める眼を手に入れたのかもしれん
193 : ななしのよっしん :2017/07/11(火) 17:59:24 ID: gvIwHR9iG/
花札トランプ販売で日本一だったっけその時既に、娯楽産業の一分野で日本一って聞くと今と変わらないようにも思えるまあ規模は当時とは全然違うだろうが
194 : ななしのよっしん :2017/07/11(火) 18:27:55 ID: cjhZPoGNmJ
経営で大失敗した時代と違って任天堂ブランドが世間に浸透した現代なら保険とか不動産業始めてもそれなりに成功しそうと思うが絶対にやらないのかなあ
195 : ななしのよっしん :2017/07/11(火) 18:35:04 ID: iMxq+rc5Ub
ソニーみたいな電→ゲーム保険コースとかか
196 : ななしのよっしん :2017/09/16(土) 23:33:20 ID: Gs+lGagZIh
>>194-195
ソニーについては、「電→映像端末(ゲーム機)→プロ用機材→リース業→保険」なので、わかりにくいけど、繋がっているんだよ

一般的な説明だけど、なぜ多経営をやっちゃいけないかというと、販売と利益のサイクルが噛み合わないから
例えば、ラブホは建設してから利益が出るまで、年単位かかる
一方で、新しい絵柄のトランプは、半年もしたら利益が出る
ラブホが立地が悪くて赤字が続く場合、トランプで得た、新商品の開発に使える利益がラブホ埋めにつぎ込まれてしまう
ようやくラブホを諦める時には、古臭い絵柄のトランプしか手元になく、新しい絵柄を頼めるデザイナーすら雇えない、なんてことにもなりかねない
こんな感じで同じブランドでやると一部門の赤字が会社全体に影を与えてしまう
そのプロを雇って、お金を捨てるつもりで始めるぐらいの意識でやらないと、そしてそれでも多経営では大火傷をやってしまいがち
197 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 03:21:26 ID: dREaEGlVbr
組長は要点を掴むのは得意だけど、それを伝える情熱は全くと言っていいほどかった印(本人もヒットのノウハウを掴むという文脈で、「趙治勲囲碁名人)の強さを理屈で説明できないように、ヒットのノウハウなんて活字に出来ない」という旨の事を言ってる)。
そういう人が、何事も理詰めで解決しようとする、自分とは対極の人間であるいわっちを選んだのが面いとあうか、非なところの明みたいな話ではあるが。
そういう意味でも、組長の言葉を“解説”して“実践”する、いわっち逝は惜しまれる所なんだよなぁ。生きていれば、どれだけ山内組長の方法論が言化されてたかと思うとね
198 : ななしのよっしん :2017/12/15(金) 01:45:19 ID: OowKAFeOmF
そこら辺は組長の自身の分別もあったかもしれん
手元に「任天堂商法の秘密」という今から30年前、ファミコンが大ヒットしてる頃に出された本がある
当時の組長インタビューした重な資料なんだが、そこには
「発言しようにも、わたし自身、コンピュータのことはなにもわからんのです。わからんのだから、発言したくてもしようがないし、それはプロの受け持つ分野です」
とある
いわっち社長が訊くのような技術的な面も含んだ情報の伝え方、広げ方が組長かったのは、それは自分の役割ではないからという自覚があったからってのもあるかもしれん
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829