単語記事: 山月記

編集
 隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。

山月記とは、1942年に発表された中島敦の短編小説である。
精緻な文章から、国語の教科書などに掲載されることが多い。

概要

人間が狂乱して虎のようになるという逸話は東アジア・東南アジアではポピュラーなものである。
中島敦は、中国でのそうした説話「人虎伝」から着想を得て、独自のストーリーを加えて山月記を上梓した。

まるで漢文の書き下しであるかのように言葉が現れるため、よく国語の教科書などで引き合いに出される。
ただし一部に古風な表現が使われているため(恃むところ:たのむところなど)、注釈抜きで読むのは難しいかもしれない。

概略

唐の時代、隴西(いわゆる西涼)の李徴は博学で才もあったため科挙に合格して官吏に就くが、役人とその職務を"賎吏"として蔑んでいた。やがて賎吏で無為に一生を費やすよりも詩人となって杜甫・李白に及ぶ名声を残そうと思い立ち、山野に隠棲した。しかし年経ても大成せず、糊口を凌ぐためまた"賤吏"に戻ってしまう。かつての部下は賤吏の上役に昇進し、自身は賤吏となって元部下にコキ使われる日々を送ったため、鬱憤が溜まり遂に李徴は発狂して山野に逃げこんだ。

後年、官吏の袁傪(えんさん)は道中急ぎのあまり「人食い虎」が出るという道を強行する。果たして大虎に襲われかけるが、虎の側が足を止めて藪に逃げ込む。人食い虎は彼の旧友、李徴(りちょう)の成れの果てであった。彼曰く、自身が抱えていた「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」により、遂に浅ましき人食い虎に成り果ててしまったのだという。

☆Tips 『臆病な自尊心』と『尊大な羞恥心』について

授業風景を思い出して欲しい。

自分ではない誰かが発表してそれを褒められると、「もし間違ってたら恥ずかしい」と思っているのに、「俺もわかってたし」と心の中で見栄を張ったことはなかっただろうか?
これが尊大な羞恥心である。

一方、答えがわかっているから発表しようとするが、少しばかり自信がなく、おずおず小さく低く手を挙げる。自信たっぷりに答えられるにも関わらず、控えめに発表したことはなかっただろうか?
これが臆病な自尊心である。

すなわち、「どう評価されるのか分からないから発表しない」「けれども誰かが同じことで評価されたとき、心の中で『俺も分かっていた!俺の方が有能なんだ!』と高揚する」この二心を李徴は持っていたため、虎になったのだ。

確実と言っていいほどテストで問われる語句ではあるが、これだけわかっていても意味がない。李徴のどんな行動が『臆病な自尊心』と『尊大な羞恥心』にあたるのかを理解する必要がある。

関連動画

 

関連静画

関連商品

 

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B1%B1%E6%9C%88%E8%A8%98
ページ番号: 4398209 リビジョン番号: 2388453
読み:サンゲツキ
初版作成日: 10/06/26 09:36 ◆ 最終更新日: 16/07/29 03:12
編集内容についての説明/コメント: 「関連静画」を新設し、「有名文学を10ページくらいの漫画で読む。 第2話」(mg160823)掲載。記事冒頭の「山月記」を太字化
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山月記について語るスレ

193 : ななしのよっしん :2016/11/07(月) 23:56:14 ID: RqSgaQeMxC
>>175
ささくれPの「タイガーランペイジ」は同様の解釈を取っているように見える。

なまじっか才能があっても、他人と切磋琢磨することを恐れる人間は、だんだんと人と軸がずれていって、人間の世界では評価されず、末は化物になるしかない。
自身の尊大な羞恥心、臆病な自尊心を自覚し、自省できなければ、人間は人間ではなくなる。山月記が教科書に掲載されてるのは、そういう教育的な警句があるからだ。

でもそれはあくまで、人の世界のルールの上での評価。
自分のやってることの価値を人の評価ではなく、自分で決められるなら、人間のルールを破る虎のような生き方をしたって後悔はないだろし、立派な人生だ。
そこまで気づいてるなら、人間やめて虎になるのは悪いことじゃない。世の中の既存のルールがボロボロの現代は、むしろ、そういう生き方をしないと生き延びられないかもしれないからね。

(李徴は人の評価を避けながら、それでも人に評価される夢を見ている、というところがあさましく、哀しいのだけれども。これは李朝が
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
194 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 23:43:15 ID: bOBGfANF89
厨二病の奴がヘタに能力高かったせいでそのまま突っ走っちゃった感じ?
195 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 13:19:05 ID: VEfUM0Y+hv
李徴からは猛虎魂を感じる
196 : ななしのよっしん :2016/12/14(水) 21:04:24 ID: nEVhuntpDU
>>194
中二病の定義がおかしいし、他にも色々言いたいことはあるけど
何かにおいて自分は優秀だと思ったことがある人なら共感できる内容だと思うから
先入観入れずに一度通しで読めばいいと思うよ
197 :   :2016/12/23(金) 14:45:30 ID: 1O0uy0ih2A
袁サンが李徴の詩の素質は第一級に属すると言ってるんだから詩の才能が無いとは言えないだろう
198 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 14:20:24 ID: imEKqmSB8B
>>197
まあ確かに詩の素質あるんなら少なくとも食いっぱぐれることはなさそうだけれども
詩人としてやっていけなかったのは本人の性格が悪くて周りの人間からよく思われなかったからかな?
199 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 15:51:22 ID: EngW3NlIwM
人から褒められるだけの水準はあったけど、李徴が目指したような余人をもって替えがたいという域には達しなかったんだろうな
200 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 22:34:40 ID: KGnnDHvW1W
「もっと凡庸でも磨いて一流になったやつはいくらでもいる」と李徴自身が言ってるから、才能が本質じゃないってこった。つまり李徴は天才として自分が褒められたかっただけの人間で、詩人になろうとすることに誠実ではなかった。
201 : ななしのよっしん :2017/02/08(水) 17:24:43 ID: ORfnI2hAEZ
>>195
李徴、官職から怒りの撤退や!
202 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 17:45:36 ID: NWcpfhpUiq
「その声は、我がフレンズ、李徴子ではないか?」
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015