単語記事: 山月記

編集
 隴西の徴は博学才穎、宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。

山月記とは、1942年に発表された中島の短編小説である。
精緻な文章から、国語の教科書などに掲載されることが多い。

概要

人間が狂乱して虎のようになるという逸話は東アジア東南アジアではポピュラーなものである。
中島は、中国でのそうした説話「人虎伝」から着想を得て、独自のストーリーを加えて山月記を上した。

まるで漢文の書き下しであるかのように言葉が現れるため、よく国語の教科書などで引き合いに出される。
ただし一部に古な表現が使われているため(恃むところ:たのむところなど)、注釈抜きで読むのは難しいかもしれない。

概略

唐の時代、隴西(いわゆる西)の徴は博学で才もあったため科挙に合格して官吏に就くが、役人とその職務を"賎吏"として蔑んでいた。やがて賎吏で為に一生を費やすよりも詩人となって李白に及ぶ名を残そうと思い立ち、山野に隠棲した。しかし年経ても大成せず、糊口をぐためまた"賤吏"に戻ってしまう。かつての部下は賤吏の上役に昇進し、自身は賤吏となって元部下にコキ使われる日々を送ったため、憤が溜まり遂に徴は発狂して山野に逃げこんだ。

後年、官吏の袁傪(えんさん)は中急ぎのあまり「人食い虎」が出るというを強行する。果たして大虎に襲われかけるが、虎の側が足を止めて藪に逃げ込む。人食い虎は彼の旧友徴(りちょう)の成れの果てであった。彼く、自身が抱えていた「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」により、遂に浅ましき人食い虎に成り果ててしまったのだという。

☆Tips 『臆病な自尊心』と『尊大な羞恥心』について

授業風景を思い出して欲しい。

自分ではないかが発表してそれを褒められると、「もし間違ってたら恥ずかしい」と思っているのに、「もわかってたし」と心の中で見栄をったことはなかっただろうか?
これが尊大な羞恥心である。

一方、答えがわかっているから発表しようとするが、少しばかり自信がなく、おずおず小さく低く手を挙げる。自信たっぷりに答えられるにも関わらず、控えめに発表したことはなかっただろうか?
これが臆病な自尊心である。

すなわち、「どう評価されるのか分からないから発表しない」「けれどもかが同じことで評価されたとき、心の中で『も分かっていた!の方が有能なんだ!』と高揚する」この二心を徴は持っていたため、虎になったのだ。

確実と言っていいほどテストで問われる句ではあるが、これだけわかっていても意味がない。徴のどんな行動が『臆病な自尊心』と『尊大な羞恥心』にあたるのかを理解する必要がある。

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B1%B1%E6%9C%88%E8%A8%98
ページ番号: 4398209 リビジョン番号: 2168721
読み:サンゲツキ
初版作成日: 10/06/26 09:36 ◆ 最終更新日: 15/02/28 20:33
編集内容についての説明/コメント: 関連動画の江守徹版のリンクを差し替え(投稿者削除の為)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山月記について語るスレ

177 : ななしのよっしん :2016/04/29(金) 06:06:15 ID: sI3aO2m0/M
>>176
あぁ、良かった(苦笑)今読んでみると「自尊心羞恥心はダメ:という読み方の法がしっくり来てしまって当時の私の解釈はちょっととんがってたかなぁと思ってました。少しでも肯定されて安心しとります。どうもありがとう。
178 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 02:57:24 ID: B4J3tbLzDe
徴はいうて科挙に及第してるからな
ぶっちゃけ凡人が重ね見てもなあという気がそこはかとなく
179 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 03:07:16 ID: oZAKe2x2gE
自尊心も羞恥心しもが持っているもので、彼が有能かどうかという客観的な視点は二の次
詰まる所自分の心を奢りなしに見なければ理性を失ってしまうよというのが話の肝だと思われる
180 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 04:58:35 ID: B4J3tbLzDe
レベルのそれとハイレベルのそれではそもそも葛次元が違うと思うんだなあ
個人的には徴がエリートという視点視して自尊心と羞恥心
計るのは違和感がある
181 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 03:54:20 ID: 8Rt0XKIkmE
レベルハイレベルかって話ではないでしょ
「人間はでも猛獣使であり、その猛獣に当るのが、各人の性情だという」
徴は臆病な自尊心と尊大な羞恥心という性情で自分を損なった
それは徴の性情であって各人の性情に関しても同じことが言えるってことでしょ
山月記はこれに共感できる人しか評価しないでしょ。なんとなくわかるでは教訓や説教の類にしか感じられないと思う。共感できる人にはこの作品は「悔」でしかないからな。痛く抉る分、心に残る
182 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 11:37:49 ID: xe3Y4py3AR
青空文庫無料で読めるよ
http://www.aozora.gr.jp/cards/000119/files/624_14544.html
183 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 11:41:08 ID: xe3Y4py3AR
スマン、リンクされてたの気づかんかった
184 : ななしのよっしん :2016/05/31(火) 04:00:10 ID: JpTWr2yorU
>>178
これって根本の所が自己というしもが持つ物であるからそうと言えないんだよ。
恐ろしいのはこれらが常に自分より下を見て、あるいは自分より下を探し出し・見つけて行われるという事。
少しでも有能なればもちろんだけど、凡人凡人でその中で更に下を見つけて同じようになる。
185 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 01:41:05 ID: M+dEkM8LPd
なんか、課題で「話の続きを800字以上で考えろ」というのがでた

「袁参はりちょうの虎になった原因を科学的に突き止め、用することで一定時間虎化することのできる品を開発。これを利用することで、皇帝の座を奪い、また自らが作り上げた帝国を発展させてゆく。精の虎化をしたりちょうは袁参の行為に疑問を抱き、「打倒袁参」のために修行を重ねるのであった」
的なのでもつくろう
186 : ななしのよっしん :2016/06/21(火) 18:05:08 ID: yTYNeoYUc2
山月記の中身なんてすっかり忘れて長い時間をかけてやっとこの2つに気づいたよ
初めて読んだ時から心に留めておけばよかったな、随分な回りだった
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015