編集  

岩波書店単語

イワナミショテン

岩波書店日本の出版社である。広辞苑の発行元として知られている。本社の横には集英社小学館が立地している。

概要

岩波文庫・岩波新書・現代文庫・ジュニア新書などを出版している。『万葉集』や夏目漱石の『こころ』などの出版から始まった。古典文学哲学書や学術書・辞典などの発行を得意とする。返品制を導入せず買い切り制を導入している。そのため書店にて不良在庫が発生しやすい。

ハードカバー流の時代、欧州で普及し始めたペーパーバック(ソフトカバー)をいちく導入した岩波文庫は持ち運びが簡単で大衆に普及し、戦前戦後文学哲学志望者たちにされてきた。難解で知られるカント著『純理性批判』の翻訳を初期に出版した事でも知られる。余談だがカバーを取り払った装丁デザイン植物の文様がお落。これは正倉院に所蔵されている中国唐時代の古の文様を参考にしており、昭和2年(1927年)の頃からほとんど変わっていない。

岩波ホールという映画館を経営している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

岩波書店に関するニコニコミュニティを紹介してください。

リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%9B%B8%E5%BA%97
ページ番号: 4635640 リビジョン番号: 2085420
読み:イワナミショテン
初版作成日: 11/05/20 03:00 ◆ 最終更新日: 14/09/13 20:50
編集内容についての説明/コメント: 関連項目を1点追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

岩波書店について語るスレ

3 : ななしのよっしん :2014/08/29(金) 19:12:30 ID: lD3Z2syJl8
現代では、一般的な新書という形式を始めた出版社でも有名。
4 : ななしのよっしん :2014/11/14(金) 20:22:55 ID: +733c0dKv1
>>2
でも、岩波でないと読めない古典とか翻訳とかも結構多いんだよね
伝統や知識の継承って点では、ある意味、下手な保守団体よりも立保守やってる
5 : ななしのよっしん :2014/11/17(月) 12:36:45 ID: ivTkFBn3O2
哲学を学ぶものはまず岩波文庫をえ始める。
6 : ななしのよっしん :2014/11/17(月) 12:49:17 ID: Pp4Gi67gYO
>>4
一番トンチキなのは岩波ジュニアってそれ一番言われているから
7 : ななしのよっしん :2014/11/17(月) 13:24:21 ID: LcyLmiv78U
読み手の政治的立場なんかどうでもいい

そんなくだらないことより、古典の最大の擁護者、岩波書店日本に有って良かったと
考える読書人は恐らく多いだろうし、その事実さえ有れば良い
8 : ななしのよっしん :2014/11/23(日) 00:01:40 ID: +733c0dKv1
>>7
どう言い繕っても岩波ほどの質と量を持った古典の版元がないからね。紛れも事実として。

は気に入らんだろうけど、気に入らないなら右側で岩波以上の質と量を備えた古典アーカイブを作り、出版すれば良いだけの話。思想的に優れているなら、同質の物があれば、岩波は速やかに業せざるを得ないでしょうよ。
9 : ななしのよっしん :2014/12/23(火) 16:18:28 ID: UanGqfA8MB
物理学数学の教科書しか読んだことないけど、理系の教科書は結構いいと思うが…

左翼的な本を出しているのは知らなかったorz
10 : ななしのよっしん :2015/03/24(火) 03:49:31 ID: U6XZpF2Ok+
コネがある人しか新卒採用しないと言ったり『多民族国家中国』みたいな民族浄化を肯定している本を堂々と流通させてたりとか最近名を落としてるな。
あと岩波文庫は戦前の作品のみ入れるのを暗黙の了解にしてたようだが『大江三郎自選短編』の発刊で反故にした模様
11 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 15:45:20 ID: DSK3UTIuCb
かの有名な文庫や新書にある刊行の辞を読めば分かるように、岩波は良くも悪くも教養義を標榜してきた。
日本人としての教養を支える古典(寺子屋以来の伝統か?)の網羅、すべき知的準を示した硬な筆致、自を促す哲学書、科学ぶ重厚な数学物理講座シリーズったのはそういう背景がある。

>>9
岩波が左翼的だと見なされるのは戦前マルクス義者が経済系の講座シリーズをはじめたのが発端。私が思うに、今でも新書の執筆者で口だけ達者、もしくはコンセプトのみ立でその分析手法や中身が全く伴っていないものが多々あるのはその悪しき伝統を引き継いでいるせいだろう。
12 : ななしのよっしん :2018/02/16(金) 06:56:47 ID: ACSyynolIw
訳者解説とか後書きにプンプン臭ってくるようなこと気で書いてる本が多いので、岩波は基本本文以外読まないことにしてる
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829